最近にわかにブームとなっている車中泊。車中泊の人気の車種と言えばトヨタのハイエースで、最もおすすめしたい車です。そんなハイエースが車中泊になぜおすすめなのかを徹底調査。合わせてハイエースでの車中泊を快適なものにする仕様や便利グッズをご紹介していきます。

ハイエースの車中泊がおすすめ!快適な仕様や便利グッズも徹底調査

目次

  1. ハイエースの車中泊がおすすめ!
  2. ハイエースが車中泊におすすめの3つの理由とは
  3. 車中泊にハイエースが人気の理由①【ハイエースはとても広い】
  4. 車中泊にハイエースが人気の理由②【パーツが多い】
  5. 車中泊にハイエースが人気の理由③【カスタムしやすい】
  6. ハイエースの快適な車中泊仕様4選!
  7. 荷室を利用してハイエースを車中泊仕様にする方法
  8. ベッドキッドを使ってハイエースを車中泊仕様にする方法
  9. シートアレンジをしてハイエースを車中泊仕様にする方法
  10. 本格的なキャンピングカーでのハイエースの車中泊仕様
  11. ハイエースの快適な車中泊仕様【番外編】
  12. 車中泊を快適にするためのハイエースの便利グッズ
  13. ハイエースの車中泊が快適になるこだわりのグッズ
  14. ハイエースでの快適な車中泊の楽しみ方
  15. まとめ:ハイエースで快適な車中泊を!

ハイエースの車中泊がおすすめ!

最近ブームとなっている車中泊。一人で、家族と、友人と、また定年退職したご夫婦で車中泊をしながら日本中を旅をしている方が、実は今、とても多いのです。一度やったらやみつきになってしまう車中泊。車の中に寝泊りをするという非日常的なイベントが何とも楽しく、テントも張らずに手軽にできるプチキャンプのようなレジャーとなり、のめり込んでしまう方が多いようです。

また、人気となるその背景には、道の駅やパーキング、温泉施設など車中泊をしやすい環境が整ったことや、今まではかなり高額であったキャンピングカーが、小型化しコンパクトになることで手軽に車中泊がしやすくなったことも理由のようです。最近ではハイエースやミニバンなどを車中泊仕様にカスタムしたり、軽自動車でも車中泊が可能となる車もあり、さらに注目を浴びています。

そんな注目となっている車中泊ですが、どんな車でも快適な車中泊ができるとは言い難いものがあります。車内の空間はやはり狭く、限られたスペースをうまく利用し寝泊りをすることになります。また、車のシートは寝るには固く、ひじ掛けなど凸凹も多く、シートを倒してもフルフラットにならない車も多くあるからです。

そこでおすすめしたいのが、トヨタのハイエースなのです。広い車内と完全にフルフラットになるシートは車中泊に最も適した車と言え、それを完全に満たしてくれるのがトヨタのハイエースなのです。そんなハイエースを快適な車中泊仕様にする方法や便利グッズを徹底調査しました。ハイエースでの車中泊をしたい方、している方必見です!

ハイエースが車中泊におすすめの3つの理由とは

車中泊に適している車、車中泊をしたい車の人気NO.1のトヨタのハイエース。ハイエースが車中泊におすすめされる3つの理由について考えてみたいと思います。1つ目は、ハイエースはとても広いこと。2つ目は、ハイエースにはカスタムパーツの種類が多いこと。そして3つ目は、ハイエースはカスタムがしやすいことだと思います。では1つづ考えていきます。

車中泊にハイエースが人気の理由①【ハイエースはとても広い】

車内空間

車中泊をしたい人気車種、ミニバンを抑えて常に人気NO.1のハイエースの一番の魅力は、なんと言ってもハイエース自慢の広い室内空間です。趣味やレジャーなどとセットで行われることが多い車中泊では、荷物が多くなることが一番の問題です。ハイエースでなくても寝るだけならミニバンでも快適に行えるのですが、ミニバンには荷物の置き場所がないのです。

ハイエースにはいろんなサイズのハイエースのタイプがありますが、一番小さなクラスのハイエースでは、車体の大きさはアルファードなどと比べて大差はありません。ですが、室内の空間を比べると全く広さが違います。ハイエースはシンプルな箱型で、室内の空間がとても広いのです。特にハイエースの荷室の広さは他の車とは比べ物になりません。

内装のデザイン

ミニバンなどの街乗りタイプの車は、乗り心地がいいように設計されていて、シートはソファーのようにデザインされています。一方ハイエースの場合は、バンタイプのため内装はとてもシンプルな作りになっています。また、ハイエースのシートはフラットなベンチシートで凸凹もありません。

この内装の作りの違いで車内の空間は大きく変わってきます。車中泊仕様にカスタムする場合はハイエースのシンプルな作りの方が向いていると言えます。

車中泊にハイエースが人気の理由②【パーツが多い】

ハイエース用のカスタムパーツの種類が多い

ハイエース用のカスタムパーツは本当に種類が多いです。「車中泊」や「ハイエース」と検索するだけでもハイエース専用のカスタムパーツはたくさん出てきます。便利グッズもそうです。ハイエースは発売以来80年のロングセラーの人気車のためファンが多く、ハイエースのいろんな使用方法で広く使われている車だからです。

ハイエースは商用車として活躍していたり、車中泊として活躍していたり、介護者として活躍していたりといろいろなカスタム方法でいろんな活躍の仕方をします。なのでパーツを探すのに苦労はいりません。車中泊仕様のパーツだけでなくいろんな種類のいろんなパーツがあるのです。

どんな細かなパーツであってもハイエース専用のパーツが簡単に見つかります。またそれはハイエースの専用の物のため、セットするだけすぐに使えるものが多いのです。

車中泊にハイエースが人気の理由③【カスタムしやすい】

ハイエースは自分でカスタムしやすい!

ハイエースは内装の作りやデザインがシンプルなため、カスタムしやすいのが車中泊としてハイエースが選ばれる理由です。インターネットでも簡単にいろんなパーツを手に入れることができるハイエース。ハイエースのサイズに合わせていろんなパーツが作られているので、後は組み立ててセティングするだけでよく、ハイエースは自分でのカスタムがしやすいのです。

車中泊仕様にカスタムのする場合は、ハイエース用のベッドキットや収納棚、取り外し可能なテーブルなど必要なグッズのキットを購入し、セットするだけでハイエースは快適な車中泊仕様に手軽にカスタムできます。カーテンやシェードなどもハイエースのサイズに合わせて作られたものがありそれを揃えればもう車中泊仕様となるのです。

専門業者が多い

定期的に全国でもハイエースのキャンピングカーショーが開催されているなど、ハイエースのカスタムを取り扱ってくれる専門の業者がとても多いのは魅力です。自分ではできない専門のカスタムや、すでにハイエースが人気の車中泊仕様にカスタムされた車も多く、カスタムも頼みやすいのが人気の理由です。

ハイエースのカスタムのアイデアが多い

乗っている人も多ければ、カスタムする人も多いハイエース。パーツも多いためいろんなアイデアが生まれます。気に入ったものがなければ自作する方もいて、自分のスタイルに合わせた自己流の車中泊仕様ハイエースは多くあり、その方法は無限大です。ハイエースの車中泊の本などもあり、自分のカスタムの参考になるアイデアを勉強しやすいのも魅力の一つです。

日産のNV350とトヨタのハイエースを比較!買いはどっちだ! | MensModern[メンズモダン]

ハイエースの快適な車中泊仕様4選!

では、ここからはいろんな方法でカスタムされた車中泊仕様のハイエースをご紹介していきます。簡単なハイエースの車中泊スタイルだったり、ハイエースをキャンピングカーに負けない車中泊スタイルへのカスタムだったりをハイエースの魅力と共に4つご紹介していきます。是非参考になればと思います。

荷室を利用してハイエースを車中泊仕様にする方法

ハイエースの魅力、広い荷室を生かした車中泊仕様のハイエースです。何のカスタムもせず、荷室を利用します。後部座席を取りはずすか、折りたたむかしてベッドスペースを確保します。そのままでは痛いので、快適な睡眠がとれるよう、こちらのおすすグッズ「くるマット」を荷室に敷します。これだけでベッドスペースの完成です。一番手軽なハイエースの車中泊仕様のカスタムです。

足をしっかり伸ばして眠れるのでエコノミークラス症候群になることもなし!後部座席の1列目はそのままなので1列目に荷物を置き、ベッドスペースは広く使うことができます。大きな改造はいらないので本当に手軽な車中泊仕様だと言えます。

ベッドキッドを使ってハイエースを車中泊仕様にする方法

ベッドスタイルでハイエースを車中泊仕様にする方法です。簡単に組み立てられるようにキットになったハイエース用のベッドシステムです。車中泊をする人数に合わせて1段や2段、また、ハイエースのサイズによってベッドの大きさも選べるようになっています。

ベッドスタイルになると下の空間に荷物を積むことができるので、さらに広いスペースを確保することができるようになりますよ。キャンプや釣り、スキーなどレジャーを楽しむための車中泊をする方や、ファミリーで車中泊を楽しむ方におすすめのスタイルです。

シートアレンジをしてハイエースを車中泊仕様にする方法

ハイエースの車中泊仕様にカスタムしてくれる業者に依頼すればこのようにシートのアレンジができるようになったりします。2列目、3列目のみを使用してベッドスペースにしたり、すべてのシートを倒してかなり広いベッドスペースを作ることもできます。ファミリーで車中泊の旅をされる方にはおすすめしたいハイエースの車中泊仕様です。

シートのアレンジでの車中泊仕様のいいところは、普段はシートを起こせばそのままでハイエースを街乗りスタイルにすることができます。3人~10人ハイエースのタイプ、登録によって定員は変わってきますが、荷物だけではなく人もたくさん乗せられるのがおすすめポイントです。

本格的なキャンピングカーでのハイエースの車中泊仕様

本格的なカスタムしての車中泊仕様です。ここまでくると車中泊仕様というよりはほどんどキャンピングカーです。費用はかかりますが一番快適なハイエースの車中泊仕様と言えます。長期の車中泊の旅をする方や贅沢なハイエースでの車中泊を楽しみたい方におすすめのカスタム方法です。

ハイエースがキャンピングカーに?おすすめカスタム・ドレスアップまとめ | MensModern[メンズモダン]

ハイエースの快適な車中泊仕様【番外編】

ルーフテントを使用してのハイエースの車中泊仕様

ハイエースだけにかかわらず、外付けのテントを利用して車中泊仕様にすることもできます。この場合は車内のスペースはそのままで車中泊をすることができるので大人数でも車中泊が可能となります。また、車を買い替えた場合でも移動させることができるのでそのまま使うことができます。便利ですね。

車中泊を快適にするためのハイエースの便利グッズ

ベッドマット

ベッドマットは快適な睡眠を取るために必要なグッズです。車のシートは固く快適な睡眠ができません。エアーベッドやキャンプなどで使うマットなどでもOK。アウトドア用のエアマットは勝手に空気が入り、膨らます必要がなく手軽に利用でき便利です。また、アウトドア用のものは収納時がコンパクトになるのでおすすめします。

寝袋

マットの上に寝袋だけで快適にな睡眠をとることができます。寝袋がない場合はマットの上に布団でも大丈夫です。ハイエースに断熱工事をしていない場合は車内は冷えます。快適な睡眠のために寝袋か布団の使用は必須ですよ。

カーテン

防犯のためやプライバシーを守るために車中泊をする場合は中が覗かれないようにカーテンかシェードをするようにしましょう。ハイエースはカーテンもシェードも多くの種類のものが販売されています。手軽に取り付けたい場合はハイエースのタイプに合ったサイズの取りはずし可能なシェードがおすすめですよ。

車中泊用のカーテンでおすすめは?自作・手作りのポイントや選び方を調査 | MensModern[メンズモダン]

ハイエースの車中泊が快適になるこだわりのグッズ

ソーラーパネル

基本的に電気がとれない車中泊では、テレビはもちろん携帯を充電する事さえ難しくなってきます。車載インバーターなどを使えば走行中の充電は可能ですが、停車中は使えません。サブバッテリーやソーラーパネルを利用すれば停車中でもエアコンやテレビ、電気などを自由に使うことがでるようになります。長期で車中泊を考えている方におすすめします。

ヒッチキャリア

いくらハイエースだからとはいえ、スペースには限りがあります。大人数の場合や長期での車中泊となると荷物も多くなるもの。ハイエースの車内空間をさらに広げたい場合にヒッチキャリアはとても便利なグッズになります。ヒッチキャリアもハイエース用のものがあり、キットになっていますので自分での取り付けができます。

もともと背が高いハイエースだけにこれ以上背が高くなると通れない、入れない場所が出てきます。ヒッチキャリアだとその心配がらないところがいいですね。

換気扇

ハイエースにはハイエース専用の換気扇もあります。スライドドアの小窓につけられるようになっている換気扇です。車内が熱くなるのを防いでくれます。いくら暑くても、防犯上やはり開けっ放しでの就寝は怖いものです。換気扇があれば安心して朝までぐっすり寝ることができますよ。

バッグドアテント

とても便利なグッズ、バックドアテントです。ハイエースを専門にカスタムしている業者から発売されているので、ハイエースを知り尽くしてくつられています。バックドアを開けた状態でピッタリとテントが設置できるようになっているのですが、トップ部分はバックドアの窓に合わせて明り取りのため透明になっています。

車中泊のおすすめ便利グッズまとめ!快適に過ごせる必須アイテムは? | MensModern[メンズモダン]

ハイエースでの快適な車中泊の楽しみ方

ハイエースでの車中泊は車内に広いベッドスペースを作れることだけではありません。ハイエースの広い車内空間を利用してリビングスペースを作ることが可能なのです。後部座席は1列残しておき、リビングスペースを確保しておけば車内で簡単な食事をとったり、団欒を楽しんだりすることができる夢のような車なのです。

車の中という狭い空間も秘密基地のようなワクワク感があり、車中泊とはプチキャンプのようなものです。ハイエースでの車中泊では、目的地にはちょっと早めの到着をし、寝るだけではなく車内の空間も一緒に楽しんで下さいね。

まとめ:ハイエースで快適な車中泊を!

ハイエースは車中泊をするために、とても快適で最高におすすめの車です。便利グッズも豊富で快適な仕様に簡単にカスタムできます。これからの車中泊を楽しんでいくための参考になれば幸いです。車中泊仕様に快適にカスタムされたハイエースで素敵な車中泊を過ごしてくださいね。

ハイエースの盗難の手口まとめ!防止・防犯対策や盗まれる理由は? | MensModern[メンズモダン]

評価 4.2/ 5(合計10人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ