ヴェゼルは車中泊に向いてる?おすすめの方法や人気グッズを紹介

みなさんはホンダヴェゼルをご存知ですか。ホンダヴェゼルと言えば、コンパクトSUVの中でかつて販売台数No.1に輝いたことのあるコンパクトSUVになります。今回はこのホンダヴェゼルは、車中泊に向いているのか、車中泊のコツをご紹介していきます。参考にして下さい。

ヴェゼルは車中泊に向いてる?おすすめの方法や人気グッズを紹介

目次

  1. ヴェゼルで車中泊の魅力をご紹介!!
  2. 車中泊に向いている?ヴェゼルのスペック公開!
  3. 車中泊に向いている?ヴェゼルの内装とは
  4. 車中泊に向いている?ヴェゼルの口コミとは
  5. ヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズ①FIELDOOR
  6. ヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズ②サンシェード
  7. ヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズ③ArjanDio
  8. ヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズ④セイワ(SEIWA)
  9. ヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズ⑤岩谷産業
  10. ヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズ⑥GKM
  11. ヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズ⑦カクセー
  12. ヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズ⑧LIBERTA(リベルタ)
  13. ヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズ⑨キャプテンスタッグ
  14. ヴェゼルの車中泊の注意点とは?
  15. ヴェゼルの車中泊特集まとめ!

ヴェゼルで車中泊の魅力をご紹介!!

みなさんはホンダヴェゼルをご存知ですか。ホンダヴェゼルはホンダの製造するコンパクトSUVで、2014年、2015年と新車販売台数でNo.1を獲得したことのある非常に人気のクロスオーバーSUVになります。人気の理由は、コンパクトボディながら、ヴェゼルの内装はとても豪華な装飾がされており、このクラスの内装とは思えない程の、質感の良さが知られております。

また、SUVらしく見切りの良い視界と車体の高さで街中でも非常に運転がしやすいのです。それ以外にも、都会派SUVながら、オフロード性能も優れており、週末はアウトドアや海、川に行く人にも満足のできる車でした。とても人気な車で、ガソリン車とハイブリッド車もライナップされており、SUVながら燃費も良いですし、総合的に優れたSUVなのです。

ホンダの最新の安全装備を装着するモデルもあり、安全面からも幅広い世代から愛されておりました。今回は、そんなホンダヴェゼルで車中泊はできるのか、どのような方法を用いたら、ホンダヴェゼルで車中泊ができるのかを特集でお届けしていきます。果たして、ホンダヴェゼルで車中泊はできるのでしょうか。今後ヴェゼルで車中泊を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

ハスラーで車中泊は可能?マットやカーテンなどおすすめグッズまとめ | MensModern[メンズモダン]

車中泊に向いている?ヴェゼルのスペック公開!

ではここでは、ホンダヴェゼルで車中泊は向いているのか、ヴェゼルのスペックをご紹介していきます。では早速ヴェゼルのガソリン車からです。ヴェゼルのガソリン車は、排気量が1.5L、最高出力が131ps/6600rpm、最大トルクが15.8kgfm/4600rpm、そしてJC08モードの燃費が20.6〜19.0km/lになっております。

次にホンダヴェゼルのハイブリッドモデルのスペックですまず、排気量は、1.5L、最高出力が132ps/6600rpm、最大トルクが15.9kgfm/4600rpm、モーター最高出力が30ps、モーター最大トルクが16.3kgfm、そしてJC08モードの燃費が27.0〜21.6km/lになっております。

注目すべきは、ガソリンモデルであっても、燃費が非常に良いので、SUVにも関わらず、これは嬉しい機能ですね。全長が4,295mm、全幅が1,770mm、全高が1,605mm、重量が1,180〜1,270kgになっております。

荷室容量が393Lもあり、最小回転半径が5.3m、ガソリンタンク容量が40L、ハイブリッド車が43Lになっております。ヴェゼルのスペックを見る限り、総合的に優れてることがわかりますね。

アルファードは車中泊に最適!マットや寝袋などおすすめ快適グッズを紹介 | MensModern[メンズモダン]

車中泊に向いている?ヴェゼルの内装とは

続いては、ホンダヴェゼルの内装が車中泊に向いているかどうかをご紹介していきます。車中泊をするにあたり一番気になるのは内装になります。ホンダヴェゼルの場合は、ホンダの特許技術である「センタータンクレイアウト」という方法で、燃料タンクが前席下にあるために、リヤの空間を大幅に広く利用できるようになっています。

このような仕組みがあるからこそ、例えコンパクトなSUVであっても、広い荷室を搭載することができるのですね。後席の荷室高は、83cmと余裕のある高さで、ワイドな開口部により、ラゲッジルームに荷室を積み込みやすくなっております。また、シートアレンジですが、様々なアレンジが可能になっております。

室内寸法ですが、長さ1,930mm×幅1,485mm×高さ1,265mmになっております。この数値を見ても広そうだなと感じて頂けるはずです。よほど、身長が高い方でなければ、足を伸ばして寝ることができるのでしょう。ただし、ここに1つ注意点があります。

それは、ヴェゼルは前席のシートを倒して、リヤシートと見比べて見ると、フルフラットにした時に少し段差が生じてしまいます。この段差があるので、そのまま寝ると寝づらいですので注意して下さい。

車中泊におすすめの車を調査!軽自動車やフルフラットなど人気の車種は? | MensModern[メンズモダン]

車中泊に向いている?ヴェゼルの口コミとは

続いては、ホンダヴェゼルが車中泊に向いているかどうか、ヴェゼルの口コミから見ていきます。2014年、2015年と連続でSUV販売台数No.1に輝いた車の実績は、素晴らしいものがありますが、車中泊には、どのような口コミがあるでしょうか。

実際にヴェゼルのオーナーさんから、そのおすすめのポイントと車中泊の方法を少し学んでみましょう。では、早速ホンダヴェゼルのオーナーさんの口コミをご紹介していきます。ぜひ参考にして下さい。

ハイブリットのFFのみ荷室をフルフラットにしたときの段差がない。あと2cm荷室を底上げすればガソリン4WDも段差が無くなるのに、災害時の車中泊も考えて作って欲しい。

やはり、ホンダのヴェゼルの欠点である、フルフラットのならないシートアレンジが欠点としてあげられております。やはり、フルフラットにした時に2cmほどの段差が生じてしまい、オーナー側が対策を講じなければいけないのがやや指摘されているところです。また、ハイブリッドのFF車であれば、フルフラットにした時の段差がないそうです。ぜひこの点もご注意して下さい。

ワゴンRで車中泊!カーテン・マットなど快適に過ごせるグッズまとめ | MensModern[メンズモダン]

ヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズ①FIELDOOR

「車中泊マット10cm厚・Sサイズ 」

ではここからは、ホンダのヴェゼルの車中泊で人気のあるおすすめグッズをご紹介していきます。まず最初にご紹介するヴェゼルの車中泊人気グッズですが「FIELDOOR・車中泊マット10cm厚・Sサイズ」になります。

こちらの車中泊用マットの特徴ですが、アウトドアグッズを取り扱うFIELDOORから発売をされている高密度ウレタンフォームマットレスなので、寝そべった時に体痛むようなことはありません。特に、厚みが10cmもあるので。車内に段差があっても吸収してくれます。

車中泊用のカーテンでおすすめは?自作・手作りのポイントや選び方を調査 | MensModern[メンズモダン]

ヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズ②サンシェード

「RU1~4系日除けサンシェード」

続いてのホンダヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズですが「RU1~4系日除けサンシェード」になります。ヴェゼル専用のサンシェードで、色は黒メッシュになります。道の駅やパーキングエリアなどで、車中泊をする時にとても役に立つサンシェードになるので、必ず1つは欲しいところですね。

また、サンシェードを使用することは、盗難防止やトラブル防止にもなるので、必ず車中泊には購入するようにしましょう。そうすることで、より快適なヴェゼルでの車中泊をすることができます。

また、このサンシェードは使用しない時は、収納袋に収納することができるので、とても便利です。ぜひ参考にして下さい。いつでも車中泊ができるように、ヴェゼルのラゲッジルームに入れておくと良いでしょう。

車中泊におすすめの安心な場所は?簡単に見つける方法や注意点まとめ | MensModern[メンズモダン]

ヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズ③ArjanDio

「インバーター12vシガーソケット」

続いてのホンダヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズですが、ArjanDio「インバーター12vシガーソケット」になります。こちらのグッズは、ヴェゼルで車中泊をする時により室内空間を快適にする方法として、とても重宝します。このインバーターがあると、車内のDC12VからAC100ボルト電源に変換してくれる非常に便利なグッズです。

このインバーターには、USBポートもついており、様々な機器を使用することができます。その例として、スマホやノートPC、ゲーム機、DVDプレイヤーなどが車内で利用することができます。ただ、消費電力が大きい家電は扱うことができないのですので、予め消費電力を確認しておく必要があります。

定格出力は、150Wになります。本体サイズは8.5×6.5×4cmになっております。コードの長さは、43cmになっております。車内での電源確保に、便利なアイテムですので、ぜひご検討下さい。価格は、Amazonで2,350円になっております。非常にリーズナブルなのも魅力ですね。

車中泊のおすすめ便利グッズまとめ!快適に過ごせる必須アイテムは? | MensModern[メンズモダン]

ヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズ④セイワ(SEIWA)

「車用ポット・ボトル電気ケトル」

続いてのホンダヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズですが、セイワ(SEIWA)「車用ポット・ボトル電気ケトル」になります。ヴェゼルの車内で温かいドリンクを飲む方法はいくつかありますが、その1つの方法がこちらの電気ケトルを使用する方法です。車中泊の唯一の楽しみは自分の好きなものを食べられる、そして調理できるということです。

例えば、この電気ケトルがあれば車内でカップ麺のお湯を沸かすこともできるし、コーヒーを飲むこともできます。事前の準備をしっかり行えば、ヴェゼルの車内という限られたスペースでも、数多くの楽しみを見つけることができるです。

ですので、ぜひこちらの電気ケトルをおすすめします。こちらの電気ケトルの容量は、480ml、コーヒーなら2.5杯、カップ麺であれば1つが作ることができます。肝心の価格は、Amazonでは2,861円になっております。ぜひ参考にして下さい。

車中泊のおすすめ便利グッズまとめ!快適に過ごせる必須アイテムは? | MensModern[メンズモダン]

ヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズ⑤岩谷産業

「ジュニアコンパクトバーナーCB-JCB」

続いてのホンダヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズですが、岩谷産業「ジュニアコンパクトバーナーCB-JCB」になります。ヴェゼルの車中泊では、時折自分で好きな食材を使用して料理をしたいシーンがあるはずです。そんな時に、このようなバーナーがあると、火力が強いので炒め料理もできますし、簡単な煮込み料理程度であれば可能です。

例えば、地元の道の駅で購入した食材をクーラーボックスに入れておいて、鍋で炒めても良いですし、煮込むのも良いですし、寒い日は即席麺を食べても美味しいですよね。

本当にバーナーが1つあるだけで車中泊の楽しみが広がりますので、ぜひ1つおすすめ致します。こちらのバーナーの価格が、Amazonで3,485円となっております。ぜひご検討下さい。

フォレスターで車中泊はできる?段差の埋め方と必要なグッズを紹介 | MensModern[メンズモダン]

ヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズ⑥GKM

「高輝度LEDランタン」

続いてのホンダヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズですが、GKM「高輝度LEDランタン」になります。こちらの製品はLEDランタンですので、車内の明かりの確保に重宝するアイテムになります。車中泊では、就寝する時はエンジンを止めて、車の明かりは消えてしまいます。そんな時こそ、必ずランタンが必要になってきます。

ランタンがあれば、すぐに車内の状態を確認することができますし、アウトドアをする時の明かりを確保する方法にも役に立ちます。またこちらの商品はソーラー発電が可能で、コンセントでも充電可能です。急な災害時でも安心して使うことができますね。また、連続点灯時間は、4.5〜10時間もあり、スマホの緊急充電として使う方法もあります。

そして、そしてそれだけではありません。こちらのランタンは、懐中電灯として使用する方法もありますので、多機能で素晴らしいです。いざという時に電池なしで使用できるのは良いですね。肝心な価格は、Amazonで1,499円となっております。お買い得な商品ですので、ぜひ検討下さい。

軽自動車で車中泊に人気の車種はなに?おすすめのポイントも紹介 | MensModern[メンズモダン]

ヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズ⑦カクセー

「キャメルウィル・キャンピング鍋8点セット」

続いてのホンダヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズですが、カクセー「キャメルウィル・キャンピング鍋8点セット」になります。ヴェゼルの車内で料理をする際に鍋やコップが必要ですよね。その時に、こちらのような鍋セットがあると煮込み料理から、炒めもの、そしてコーヒーで一杯をする時でも、とても重宝します。

例えば、朝は小さいフライパンで、目玉焼きやスクランブルエッグも良いですし、底が深い鍋もあるので、寒い季節はチーズフォンデュや、煮込み料理を楽しむこともできます。非常に便利ですので、ヴェゼルの車中泊に1セット購入しておくのも良いですね。肝心の価格ですが、鍋が8点もついていて、1,473円になっております。

この鍋セットで愛車のヴェゼルの中で、好きな食材で自分の好きな料理を作り楽しんでみて下さい。きっと素晴らしい快適な車中泊になること間違いなしです。ヴェゼルのラゲッジは広いですから、このようなグッズを利用して通りも料理を楽しむ方法がありますね。

ポータブルバッテリーおすすめは?車中泊・キャンプ・災害時に便利 | MensModern[メンズモダン]

ヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズ⑧LIBERTA(リベルタ)

「寝袋・シュラフ・スリーピングバッグ 」

続いてのホンダヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズですが、LIBERTA(リベルタ) 「寝袋・シュラフ・スリーピングバッグ 」になります。こちらの商品の特徴は、ヴェゼルの車中泊では欠かせない、寝袋になります。何と言っても、最低使用温度が−15度までであれば耐えることのできる寝袋になります。

全体重量は、わずか1800gしかなく、それでいて分厚いふかふかな暖かい生地になっております。またフードと一体型であるので、頭部をすっぽりと覆ってくれますので、冷気も入りにくく非常に暖かいです。ユーザーの好みに合わせて、カラー展開も豊富で、ブルー、オレンジ、カモフラージュ、そしてブラックと4色から選ぶことができます。

キャンプや車中泊にもってこいの内容になっております。ぜひ参考にして下さい。また、肝心の価格ですが、Amazonでは3,480円になっております。

スズキのエブリィは車中泊やカスタムできる?エブリィワゴンと比較! | MensModern[メンズモダン]

ヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズ⑨キャプテンスタッグ

「アルミ・ロールテーブルケース付」

続いてのホンダヴェゼルの車中泊に人気のあるおすすめグッズですが、キャプテンスタッグ「アルミ・ロールテーブルケース付」になります。ヴェゼルの車中泊において、車内でバーナー等で火器を使用することもありますよね。しかし、車内のべッドでそのままバーナーを使用してしまうと、どうしても火器がベッド等に移ってしまったらという不安もあるはずです。

そこで、こちらのローテーブルを使用すれば、この上でバーナーを取り扱えば良いので、非常に安定性が増して、危険性があまりなく料理をすることができます。

ぜひ、バーナーや鍋セットを購入する方は、こちらのテーブルも購入していましょう。よりヴェゼルの車中が快適になること間違いなしです。ぜひ参考にして下さい。肝心の価格は、Amazonで1,354円になっております。

ホンダのフリードプラスは車中泊できる?新型フリードとの違いとは? | MensModern[メンズモダン]

ヴェゼルの車中泊の注意点とは?

ここまでホンダのヴェゼルにおいて、車中泊はできるのか、そして車中泊を快適にしてくれるアイテムなどをご紹介してきました。その中で車中泊をする時に1つ注意点があります。それは、マナーを守ることです。例えば、車中泊をする場所として、多いのはパーキングエリアや道の駅ですが、このような場所はどこも同じように車中泊をする人がいます。

今後も快適にその場所で過ごせるようにゴミの問題や、エンジンの騒音など、最低限のマナーは守りしょう。今その場所で心地よく、過ごせるのも先人の車中泊好きの方々が綺麗にマナーを守って使用しているからです。

そして、火器の使用など、道の駅やパーキングエリアの駐車場で火器を使用するのはやめましょう。きちんとルールのある行動をしましょうね。

アウトドア用ソファでおすすめは?持ち運びが簡単なエアーソファーなど紹介 | MensModern[メンズモダン]

ヴェゼルの車中泊特集まとめ!

ホンダヴェゼルでの車中泊は、広いスペースも相まってとても車中泊に適しております。あとは、車中泊をする場所の選定と、お気に入りのグッズを揃えて、早速車中泊デビューをしてみましょう。ぜひ今回の特集を参考にして車中泊にチャレンジしてみて下さい。

アウトドアにおすすめのストーブランキング!寒い冬キャンプもぽかぽかに | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ