チャイルドシートは西松屋がおすすめ!マムズキャリーの口コミ・価格は?

チャイルドシートは子供のことを考えたうえで、さらに使いやすいものを選びたいもの。しかし、どこで購入したらいいのかわからない人も多いだろう。そこでお勧めが西松屋だ。西松屋のチャイルドシートは使いやすくおすすめ。そこで今回は商品の口コミや価格を紹介しよう。

チャイルドシートは西松屋がおすすめ!マムズキャリーの口コミ・価格は?

目次

  1. チャイルドシートは西松屋がおすすめ!商品のラインナップを紹介
  2. 西松屋で売られているチャイルドシート!マムズキャリーとは?
  3. 西松屋のマムズキャリーチャイルドシート おすすめのポイントは?
  4. 【西松屋おすすめマムズキャリーチャイルドシート】商品ラインナップを紹介しよう
  5. 生まれたばかりの子におすすめチャイルドシート!ブライトⅡ ベビーシート
  6. 男に子にはぜひおすすめ!レジェ
  7. 価格は少し高め?レジェプレミアム
  8. 長く使える!エクセレントⅡ
  9. 成長に合わせて変形させる!ベビーFUN ハーネスネオ
  10. ジュニアシートで価格も安い!RPメッシュハイバックシート
  11. 実際に使用者の口コミは?
  12. マムズキャリーのチャイルドシートは価格・機能共におすすめ

チャイルドシートは西松屋がおすすめ!商品のラインナップを紹介

チャイルドシートはいくつもあるが、いざ購入しようとすると何を見て買えばいいのか、どんな機能があれば使用する時に便利なのか、全くわからない人も多いだろう。レンタルできるところもあるが、試しで使うこともできないので、中々情報収集してもわかりにくく、購入を決めにくい。

そこで、あてになるのが西松屋だ。西松屋には子供のことを考えてある商品がたくさんあり、もちろんチャイルドシートもその一つだ。チャイルドシートも有名メーカ—のコンビから、ピジョンやグレコなどの商品も並んでいる。商品のラインナップはかなり多いので、見比べて購入することができるだろう。

そんな商品の中に、実はひっそりと便利だと口コミも多いのがマムズキャリーのチャイルドシートだ。子供のことを考えて設計されており、使いやすいと評判だ。そんな隠れた便利な商品を今回は口コミや価格とともに紹介していこう。

西松屋で売られているチャイルドシート!マムズキャリーとは?

そもそも西松屋で取り扱われているマムズキャリーとはいったい何か、これは、愛知県に本社を構える株式会社シーエー産商が期間提案しているチャイルドシートブランドであり、西松屋のオリジナルのチャイルドシートブランドになる。

このメーカーは、チャイルドシートだけでなく、ハンドルカバーやフロアマットなどのカーアクセサリーも販売しており、販売店専属モデルとして、新生児からジュニアシートまで多くの商品を取り扱っている。西松屋を多く利用する人にはくまのプーさんのチャイルドシートを見たことのある人も多いだろう。このメーカーもマムズキャリーだ。

チャイルドシートは2歳から買い替える?おすすめジュニアシートの選び方 | MensModern[メンズモダン]

西松屋のマムズキャリーチャイルドシート おすすめのポイントは?

【西松屋のチャイルドシート マムズキャリーのおすすめポイント①】驚きの価格&コスパ

そんな、チャイルドシートでおすすめのマムズキャリー。では、どんな点がおすすめのポイントなのか紹介していこう。まずポイントとしては、価格とそのコスパだ。価格は、最低のものであれば6千円程度のものからある。

有名メーカーの商品であれば、子供のことを考えてあるとはいえ1万円から始まる価格帯のものも多い。そんな中でこのマムズキャリーは比較的低価格で購入できる。その分、数万円もする有名メーカーのものであれば、数年間は使用することができ、寿命も長く、こちらのマムズキャリーは少し寿命は短いものになっている。

しかし、それでも丈夫さもあり、生地m汚れが落ちやすいものを使用しているので、多少の汚れでもふき取れば簡単に落とすことが可能だ。車の座席にも着脱は比較的簡単なので口コミ評価も高い。

【西松屋のチャイルドシート マムズキャリーのおすすめポイント②】お買い物中に大活躍

チャイルドシートは便利だが、このマムズキャリーは車での座席意外での用途もしっかりと考慮されている。このマムズキャリーのチャイルドシートは実はそのまま着脱が可能で赤ちゃんを乗せたまま取り外しが可能なのだ。本体の重量も同価格帯のものと比較すると1キロほど軽く持ち運びにも大変便利だ。

そして、こお持ち運びはとても重宝する機能なのだ。病院を退院する時や通院時の乗せ降ろしも、子供が寝ていれば大変なもの。ましてや一人だと大変だろう。しかし、このチャイルドシートには持ち運び用のハンドルもあるので、大変便利だ。そして、買い物に行く時にも抱っこひもにわざわざ移す必要もない。

快適に寝ている赤ちゃんを起こすことなく、チャイルドシートに寝かせたまま移すことができる点は、実際に買い物をお母さんだけでする場面では非常に役立つ機能なのだ。大手のスーパーであれば、カートにジャストサイズでコストコなどの大きいカートでも横にすれば対応できる。家の中に連れて入ると時もわざわざ起こすことなく入れる。

【西松屋のチャイルドシート マムズキャリーのおすすめポイント③】夏の車内高温も回避できる

夏場になると車内が高温になる。これは意外にもチャイルドシートに影響を及ぼすことになる。実はチャイルドシートは常設していると、夏場の高温下では熱がこもってしまい、赤ちゃんをすぐに乗せれないなどの問題が起こる。これは常設のチャイルドシートであればほとんど懸念すべき事項だ。

しかし、取り外しができるものであればこの心配もいらない。カバーもついているので、車内に光が入りすぎてまぶしいときでもカバーを使えば日差しを軽減でき、多少の雨でもこのカバーで遮ることも可能。不要であればこのカバーの取り外しも簡単なので、手間もほぼかからずとても便利だ。

【西松屋のチャイルドシート マムズキャリーのおすすめポイント④】バウンサー代わりにも!

このチャイルドシートはバウンサー代わりにもなる。なので、家にバウンサーがない人であればその代わりとして使ってもいいだろう。持ち手のところにおもちゃなどを付けることもでき、段階式でしっかりと固定・調節できるので、多少の重いおもちゃがかかっても下がることもない。

バウンサー自体は、使用期間としては短いため、わざわざ買うのもあれだと悩んでいる人であれば、このチャイルドシートでバウンサー代わりの機能として使用することも検討してみてはどうだろうか。

【西松屋のチャイルドシート マムズキャリーのおすすめポイント⑤】レストランでも活躍

意外にも取り外し機能はレストランでも重宝する。赤ちゃんを抱っこしたまま入店するのは思いのほかつらいもの。また寝かすところもなくベビーカーも通路に飛び出るので、邪魔になったりもする。そんな時にもこのチャイルドシートをバウンサー代わりに連れて出れば、食事もゆっくりとりながら赤ちゃんもくつろぐことができる。

もう少し大きくなれば、ジュニアシートなどの子供用の席も利用することができるが、まだまだ使用するには早い。また、体の大きさによっては、まだ使用できないことも多い。そんな場面では取り外しできるチャイルドシートはとても使い勝手の良いアイテムになる。

チャイルドシートで1歳から使えるものは?おすすめの種類や選び方も紹介 | MensModern[メンズモダン]

【西松屋おすすめマムズキャリーチャイルドシート】商品ラインナップを紹介しよう

上記の機能やコスパに優れたチャイルドシートだが、ではどんな商品があるのか。詳しく解説していこう。価格や便利なポイントや気になる固定方式も含めてみていこうので、もしチャイルドシートの購入で悩んでいる人は参考にしてほしい。

生まれたばかりの子におすすめチャイルドシート!ブライトⅡ ベビーシート

まずは生まれたばかりの子供におすすめのチャイルドシートだ。こちらのチャイルドシートは、1歳ごろまでしよできるチャイルドシートで、いわゆるベビーシートと呼ばれるものになる。本体は2.7キログラムしかないので、赤ちゃんを乗せたままでの移動も楽々。車まで乗せて運んでそのまま固定もスムーズだ。

一歳を過ぎてくると、買い替えを検討しなければならなくはなるが、頻繁に車に乗る方には機能面では申し分ない。また、価格は5979円とチャイルドシートの中でもお手頃なので、悩んでいるのであれば検討してみてはどうだろうか。ちなみに固定方式は3点式のシートベルト固定になる。

男に子にはぜひおすすめ!レジェ

デザインは黒と青の二色でカッコいいデザインが光るチャイルドシートになる。男の子にはおすすめのデザインだ。重さは4.6キログラムとこちらも比較的軽量サイズで、新生児から4歳ごろまで対応可能なチャイルドシートだ。固定方式は3点式シートベルトで、価格は9298円になる。

価格は少し高め?レジェプレミアム

価格の方は少し高めにはナルガ、大型のサンシェードもついているので、赤ちゃんも安心快適に座ることができるのがこちらのチャイルドシート。重量も5.3キログラムで持ち運びも楽な商品だ。十分なリクライニング機能もついているので、快適に座れおすすめだ。価格は12798円で、3点式シートベルトの固定タイプになる。

長く使える!エクセレントⅡ

新生児から7歳ごろまで使える、マムズキャリーの中でもロングユースとして期待できる商品がこのチャイルドシートだ。これ一大あれば買い替えはまず不要で、使用義務期間はこれ一大で補うことができるだろう。シートのカラーバリエーションも豊富で、カラフルなものから選ぶこともできる。価格は12798円で、固定は3点式シートベルト。

成長に合わせて変形させる!ベビーFUN ハーネスネオ

こちらも使用義務期間をカバーできるロングユースタイプで、先のチャイルドシートと比べてさらに長く、1歳から11歳ごろまで使用できるものだ。特徴は、成長に合わせて変形できる部分で、最終的にはブースターとしても使用が可能だ。座面委は低反発ウレタンクッションが採用されており、快適な座り心地。価格は9800円で3点シートベルト式だ。

ジュニアシートで価格も安い!RPメッシュハイバックシート

新生児には対応できないがこちらも座面に低反発ウレタンを使用した、通気性の良いメッシュ生地を使用したチャイルドシートになる。3歳から11歳まで使用することができ、この商品も最終的にはブースターとして使用することが可能だ。価格は5979円で固定方式も3点式シートベルトタイプになる。

実際に使用者の口コミは?

【実際の仕様車の口コミは?①】新生児から使えるには注意が必要

上記のようなラインナップのマムズキャリーのチャイルドシート。しかし、実際の口コミには良いことはもちろん、使用下こそわかる注意すべき点もあるので、これらも踏まえて購入を検討する必要があるだろう。実際の使用感を踏まえて口コミも紹介しよう。

まず中止すべき点が「新生児から使える」の文言だ。実際この文言が書かれている商品は、必ずしも新生児から使い勝手が抜群に良いわけではない。確かに使えるのだろうが、絶対的に便利という保証ではないのだ。このチャイルドシートでも、赤ちゃんの大きさがまだ小さいうちは新生児から対応可能であっても少々余裕がありすぎという声もある。

【実際の仕様車の口コミは?②】回転しないことにも注意を

次に注意すべき点が、回転しない点だ。チャイルドシートには固定式と回転式のタイプがあるが、マムズキャリーは低価格ということもあり固定式だ。そして、この固定式、座席の右側につけると左側につけるかでシートベルトが邪魔になる。回転式を使ったことのある人だと、固定式は乗せ降ろしも苦労するもの。この点は少し不便といわざるを得ない。

マムズキャリーのチャイルドシートは価格・機能共におすすめ

実際の口コミには不便な点も確かに記載はされているが、しかし、価格帯と機能面を考えればそれでもかなり便利なチャイルドシートだ。使用した不便な点も、必ずしもほかのブランドであれば解決できるものではなく、どのチャイルドシートでも考えられるもの。選ぶ際には、そういった使用感もイメージして見てほし。マムズキャリーはかなり優秀だ。

タクシーでチャイルドシートは必要?注意点とバスやレンタカーの場合を調査 | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ