ハイレゾ音源とCDの違いとはどうなのか、音質にこだわる方にとって違いや変換方法など気になります。ハイレゾ音源とCDの違いを知って、変換も自分でCDからハイレゾ音源にしたり、様々な楽しみ方があります。そんなハイレゾ音源とCDの違いについてご紹介していきます。

ハイレゾ音源とCDの違いとは?楽しみ方や変換方法など徹底調査

目次

  1. ハイレゾ音源とCDの違いについて知ろう
  2. 【忙しい人も楽しみやすいネット配信】
  3. 【数少ない曲数をエンジョイ】
  4. 【専用ソフトをゲット】
  5. 【データスペースを予め確保でエラーの原因を防ぐ】
  6. 【音質の違いを楽しむ】
  7. 【環境は大事】
  8. 『dBpowerampをダウンロード』dBpoweramp編
  9. 『早速CDをハイレゾ音源に変換』dBpoweramp編
  10. 『コンバーターで変換作業』dBpoweramp編
  11. Windows「Media Go」でCDからハイレゾに変換
  12. ハイレゾとCDの違いは何?「MQA-CD」の魅力
  13. CDからハイレゾに変換し「DENON PMA-50」アンプの出番
  14. 気軽にCDとハイレゾ音源の違いを体感できるイヤホン
  15. 【ELECOM EHP-CH3000】
  16. 【PHILIPS TX2】
  17. 【ONKYO E700M】
  18. 【SONY h.ear in MDR-EX750】
  19. 【JVC WOOD 01 inner HA-FW01】
  20. ハイレゾ音源とCDの違いを存分に堪能

ハイレゾ音源とCDの違いについて知ろう

ハイレゾ音源とCDの違いは、いったいどのくらい違いがあるのか、ライフスタイルの一部である音楽を楽しむ音楽ファンにとって気になるポイントでもあると言われています。ハイレゾ音源とCDの違いは、高音質だったり大迫力だったりと、だいたい想像はつくでしょう。

ハイレゾ音源が増えてきている時代、このハイレゾというのはどういう言葉の意味なのか意外とご存知ない方も多いようです。ハイレゾ音源は、「High Resolution Audio」の略語であり、日本ではハイレゾ対応と表示されて、イエローとブラックのハイレゾ対応なことを証明するロゴも注目されています。

ハイレゾという言葉は、高解像度のことを指していると思っていれば間違いないでしょう。ハイレゾ音源を聴いてしまうと、CDで音楽を堪能する楽しみ方を忘れてしまう原因を招いてしまうことも想定されます。

ハイレゾ対応のヘッドホンおすすめ特集!ワイヤレスや高音質など人気は? | MensModern[メンズモダン]

【忙しい人も楽しみやすいネット配信】

CDを超えるハイレゾ音源の違いの楽しみ方・豆知識①

CDを超えるハイレゾ音源の違いの楽しみ方・豆知識①は、忙しい人も楽しみやすいネット配信です。CDは、CDショップや通販にて購入ができますが、ハイレゾ音源はどこで購入すればよいのかわからないという音楽ファンも多いです。

ハイレゾ音源を購入する場合には、基本はネット配信となっているため、ダウンロードする際にもしっかり、Wi-Fi接続されている環境もしっかり確保した上で、CDでは体感できないハイレゾ音源をゲットして自分だけのハイレゾ音源を堪能するのも楽しみ方の1つとなるでしょう。

ハイレゾ音源をダウンロードする際に、Wi-Fiの接続状況の関係でエラーの原因になってしまうこともあるようです。CDからハイレゾ音源に変換するのは面倒という方は、ハイレゾ音源の曲をダウンロードしてしまったほうが早いという考えで、仕事でも忙しい音楽ファンにとっての癒しや自宅での楽しみ方になっている時代です。

【数少ない曲数をエンジョイ】

CDを超えるハイレゾ音源の違いの楽しみ方・豆知識②

CDを超えるハイレゾ音源の違いの楽しみ方・豆知識②は、数少ない曲数を思う存分にエンジョイすることです。ハイレゾ音源を購入できるネット配信ショップは、iTunes Storeとe-onkyoが代表的なハイレゾ音源がダウンロードできるネット配信ショップと言われています。

CDで同じ音源を持っていても、大好きな曲に関しては、やはりハイレゾ音源で聴く楽しみ方も贅沢です。ただ、お探しのハイレゾ音源を検索している際に、テンションが下がってしまいそうな原因となるのが、ハイレゾ音源は、まだCDより販売されている曲数が少ないです。

そのため、お気に入りのCDに入っていた曲を、ハイレゾ音源で探していても見つからない場合もあります。

ハイレゾ音源も、どんどん販売している曲が増えているため、昔の曲でもハイレゾ音源に変換して販売される時が来るまで待たなければいけないというのもあります。それでも、やはりハイレゾ音源のコレクションをする方にとっては、待ってでも楽しみたい音楽であるようです。

小型スピーカーでおすすめは?高音質・重低音のブックシェルフが人気? | MensModern[メンズモダン]

【専用ソフトをゲット】

CDを超えるハイレゾ音源の違いの楽しみ方・豆知識③

CDを超えるハイレゾ音源の違いの楽しみ方・豆知識③は、専用ソフトをゲットすることです。CDではなく、ハイレゾ音源の楽しみ方を極めるためには、ハイレゾ対応となっている専用ソフトやハードウェアも必要になってきます。ハイレゾ対応でないと、ハイレゾ音源が聴けなくなる原因は避けたいものです。

ハイレゾ対応の専用機器がないと、CD以上の音質を楽しむために購入したハイレゾ音源を聴けない原因を避けるためにも、ハイレゾ音源を購入する前に、すべて専用機器などを、ハイレゾ環境を整えるためにも準備しておきましょう。

スマホでハイレゾ音源を楽しみたいという方もいらっしゃいますが、スマホでのハイレゾ音源は、ハイレゾ対応のアンプやハイレゾ音源を再生するアプリも必要となってきます。スマホでどうしてハイレゾ音源が聴けないのか理由を知りたいという方も増えているようです。

ハイレゾ音源がCDよりも注目されている時代ではありますが、まだハイレゾ音源にすべて対応する機器になっているわけではないため、聴けない原因を作らないためにも、予めハイレゾ音源を聴けるソフトなど聴けない原因を避けるためにも準備が必要です。

【データスペースを予め確保でエラーの原因を防ぐ】

CDを超えるハイレゾ音源の違いの楽しみ方・豆知識④

CDを超えるハイレゾ音源の違いの楽しみ方・豆知識 ④は、データスペースを予め確保しておくことです。ハイレゾ音源は、CDに比べてサイズも大きいです。サイズが大きいということは、ダウンロードする端末のスペースも必要ということになります。

せっかくハイレゾ音源を楽しめるとワクワクしながらダウンロードしようと思っても、データスペースが足りなくてダウンロードがストップしてしまう原因を招いてしまいます。CDに比べて、ハイレゾ音源のサイズは、最低でも2,304kbpsあると言われています。

CDと比べると、1,000kbps以上の大きさのサイズになるため、ハイレゾ音源の高音質体験を味わいたい時でも、パソコンなどにダウンロードする際に、それだけスペースに余裕がないとダウンロードの時点でできなくなってしまいます。下準備しておくことで、こういった心配もなくCDを超えるハイレゾ音源の楽しみ方を味わえるでしょう。

重低音がおすすめのスピーカーランキング!高音質・大迫力など人気製品は? | MensModern[メンズモダン]

【音質の違いを楽しむ】

CDを超えるハイレゾ音源の違いの楽しみ方・豆知識⑤

CDを超えるハイレゾ音源の違いの楽しみ方・豆知識⑤は、音質の違いを楽しむことです。これは、CDとハイレゾ音源の違いの醍醐味と言っても過言じゃないでしょう。ハイレゾ音源は、高音質でCD以上の音質なので、臨場感にあふれる音を楽しめます。

でも、実際ハイレゾ音源を購入してCDとの音質の違いをチェックしてみようと思って期待していたのが、そこまで大幅に違いを感じなかったと少しショックを受けてしまうこともあるようです。

レコーディングスタジオにいて聴いているかのような、細かいところまで音をキャッチして提供してくれるハイレゾ音源は、音質の世界を自分で想像し過ぎてしまうと、ショックを受けてしまう原因につながってしまうため、ある程度ハイレゾ音源の音の感じを知っておくといいでしょう。

【環境は大事】

CDを超えるハイレゾ音源の違いの楽しみ方・豆知識⑥

CDを超えるハイレゾ音源の違いの楽しみ方・豆知識⑥は、環境は大事ということです。先ほども少しお話ししましたが、ハイレゾ音源は、CDのようにCDプレイヤーがあればどんな機器でも音源を聴けるというわけではないようです。

ハイレゾ音源対応の音楽プレイヤーや機器がない場合は、CDで何とか高音質で音楽を楽しみたいという方も多いです。ハイレゾ音源が聴ける音楽プレイヤーは、正直高価なものが多いです。

でも、ハイレゾ音源がなくてもCDで我慢するのなら、ハイレゾ音源が聴ける音楽プレイヤーでCD音源やMP3などを聴くと、ハイレゾ対応ではない音楽プレイヤーで聴くのとは、遥かに音質も向上するようです。

ハイレゾ対応スピーカーでおすすめは?高音質・Bluetoothなど比較 | MensModern[メンズモダン]

『dBpowerampをダウンロード』dBpoweramp編

dBpowerampで違いを体験!CDからハイレゾに変換方法①

CDからハイレゾ音源に変換することも可能のようです。初心者の方でも簡単にできる、CDからハイレゾ音源への変換方法があり、dBpowerampというソフトが注目されています。WindowsとMacでも両方利用が可能のようで選択できます。

dBpowerampはリッピングソフトとして知られており、CDからハイレゾ音源に変換したい方におすすめです。dBpowerampのソフトを使用してCDからハイレゾ音源に変換方法を、順番にみていきましょう。まず、dBpowerampを使用してCDからハイレゾ音源に変換するにはdBpowerampをダウンロードすることからスタートです。

1つ難点なのが、dBpowerampは海外版なので、英語での表示になります。それでも、結構音楽ファンはハイレゾ音源に変換するために使用している方が多いようです。dBpowerampは、通常は有料ソフトになっていますが、決まった期間はお試しで使えるので、お試しで1度試してみるのもいいかもしれません。

『早速CDをハイレゾ音源に変換』dBpoweramp編

dBpowerampで違いを体験!CDからハイレゾに変換方法②

dBpowerampで違いを体験!CDからハイレゾに変換方法②は、dBpowerampのダウンロードが完了したら、起動させて早速CDをハイレゾ音源に変換していきます。デスクトップにインストールされたdBpowerampの「dBpoweramp CD Ripper」というアイコンをクリックして、dBpowerampを起動させましょう。

最初は、初期設定が必要になります。dBpoweramp CD Ripperの「Option」画面を開いて、上から「Ripping Method」は真ん中のSecureというのを選択しましょう。そして、次に「AccurateRip」といいのは、全てが選択している状態にしてください。

そして、「CD ROM」では、After Rip Eject CDという部分を選択して、「OK」ボタンをクリックします。OKボタンを押すと、「Secure Settings」というボタンがあるので、そこを選択しましょう。そして、「Ultra Secure」という表示がされるため、そこの選択できるボタン2つとも選択して設定が完了になります。

早速、ハイレゾ音源に変換したいCDをパソコンに挿入します。CDを挿入すると、CDのアルバムアートなどが選択できるようにもなっていて、ハイレゾ音源に変換するだけではなく、そういった細かい部分なども設定できるようになっているようです。

dBpoweramp CD Ripperを起動させたら、スタートから、すべてのプログラムにいきdBpowerampからCD Ripperを選択すると実行できます。左下に移るリッピングするファイル名を「Wave」というのを選択します。そして、Bit Depthという部分が24bitとなっていることと、Sample Rateが96KHzになっていることも忘れないようにチェックしましょう。

後は、左上のRipというボタンをクリックして、挿入したCDのリッピングがWave(Wavファイル)として完了したら、完了報告の画面が出てくるので「OK」を選択しましょう。

『コンバーターで変換作業』dBpoweramp編

dBpowerampで違いを体験!CDからハイレゾに変換方法③

dBpowerampで違いを体験!CDからハイレゾに変換方法③は、コンバーターで変換作業を開始していきます。dBpowerampを選択して、Music Converterを選択しましょう。

FLACに変換する先ほどWavファイルにリッピングした音楽のファイルを選択して開きましょう。「Convert」という右下のボタンをクリックして、次の画面に「Lossless Encoding」という部分をUncompressedにセッティングしていきます。

そして、その下にある「Verify Written Audio」wp選択して、右下の「Convert」ボタンをクリックします。そうすると、CD音源からハイレゾ音源に変換されていき、変換が完了したら「Finish」という右下のボタンを選択して完了です。

ジャズおすすめ名曲集!初心者に最初に聴いてほしいCDまとめ! | MensModern[メンズモダン]

Windows「Media Go」でCDからハイレゾに変換

ハイレゾ音源をCDから変換するには、Windowsユーザーなら使用している方も多いMedia Goもおすすめされています。Media Goで、CDからハイレゾ音源に変換すると、音質があまり良くないという声もあるようですが、簡単にできる魅力もあります。

ハイレゾ音源の楽しみ方の1つとして、手軽にできるMedia Goから変換していくのも、初めて使うハイレゾ音源の変換ソフトで時間を予想以上に無駄に使ってしまう原因も避けられるでしょう。

CDの音源をリッピングするのは、WAVファイルにリッピングする同じ方法になるようです。リッピングしたら、CDから取ったWAVファイルにした音源をMedia Goを使用してFLACファイルに変換してハイレゾ音源への変換が完了となります。

Media Goを起動しあら、ハイレゾ音源に変換したいCDからリッピングしたWAVファイルを選択します。そして、右クリックをして、ツールを選択すると。ファイルの変換とうのが右側に出てくるので、それを選択します。

その後に、ファイルの設定をしていきますが、この時に、品質の部分が「96kHz/24bit」となっていて、その下にある音量をノーマライズする部分もチェックを入れます。

そして、変換ボタンを押して、CDの音源からハイレゾ音源に変換が完了します。慣れてくると、最初のように途中で混乱してしまうような原因も減るため、ハイレゾ音源も自分で変換を簡単にできるようになるでしょう。

ハイレゾとCDの違いは何?「MQA-CD」の魅力

CDなのにハイレゾ音源と言われるほどの高音質と言われるMQA-CDが注目されています。世界で初と言われるMQA-CDは、176.4kHz/24bitという素晴らしい音源を楽しむ方法の1つになるでしょう。

MQA-CDは、ハイレゾ音源のデメリットでもあるサイズが大きいためパソコンの領域も沢山とってしまうのを考えてハイレゾ音源の良さをキープしつつ、ストリーミングする対応にも行き届いた設定になっています。

MQA-CDは、ハイレゾ対応の音楽プレイヤーでなくても、普通のいつも使っているCDの音楽プレイヤーで聴けてしまうため、ハイレゾ対応の機器を買うまでではないけど、ハイレゾ音源のような高音質を楽しむ方法が知りたいという方には嬉しいです。

CDからハイレゾに変換し「DENON PMA-50」アンプの出番

ハイレゾ音源をCDから変換して作成完了したら、DENON PMA-50という機器を使ってハイレゾ音源を存分に楽しむという方法もあります。スピーカーも必要となってきますが、ハイレゾ音源対応のスピーカーも、コンパクトサイズのものが増えています。

使い方も簡単なアンプであるDENON PMA-50は、パソコンを使ってUSBケーブルで接続するのみで使えてしまう音楽ファンは、持っておきたいアイテムと言えるでしょう。DENON PMA-50は、スピーカーからハイレゾ音源を楽しむのも良し、イヤホンやヘッドホンからハイレゾ音源を楽しむのも良しな使えるアイテムです。

DENON PMA-50は、参考価格が73,440円となっていますが、通販サイトのショップに寄っては、50,000円以下の割引価格で販売しているショップもあるようなので、いくつかショップをチェックしてから購入したほうがいいかもしれません。

イヤホンで重低音のおすすめランキング!コスパ最強・人気の商品は? | MensModern[メンズモダン]

気軽にCDとハイレゾ音源の違いを体感できるイヤホン

気軽にCDとハイレゾ音源の違いを体感できるイヤホンも注目されています。ハイレゾ音源を楽しむためにも、CDとは違う楽しみをハイレゾ対応イヤホンで通勤・通学中にも楽しむ方も増えています。

ハイレゾ対応イヤホンも、先ほどお話ししたハイレゾのイエローとブラックのロゴが表示されているイヤホンを選ぶのも選び方のポイントとなってきます。そして、広い音域でフラットな音質を提供するハイレゾ対応のイヤホンを選ぶといいでしょう。

ハイレゾ対応イヤホンは、高高音質で重低音にこだわる音楽ファンにもおすすめです。ハイレゾ対応のイヤホンなら、ハイレゾ音源の音の魅力を低価格なイヤホンで聴いてしまい音の良さがよくわからなくなってしまう原因も避けられると言われています。

イヤホンでハイレゾ対応のものは?人気製品や最新おすすめ・売れ筋を紹介 | MensModern[メンズモダン]

【ELECOM EHP-CH3000】

CD音源と違いを楽しむハイレゾ対応イヤホンおすすめ①

CD音源と違いを楽しむハイレゾ対応イヤホンおすすめ①は、ELECOM EHP-CH3000です。ELECOMは、コスパに優れるイヤホンや様々なアイテムを販売しているメーカーです。

ELECOM EHP-CH3000は、ハイレゾ対応イヤホンにしては低価格な参考価格17,259円となっていますが、通販でも人気が高く通販サイトのショップに寄っては、半額以下の価格で販売しているショップもあるようです。

CDから変換したハイレゾ音源の重低音はもちろんのこと、ELECOM EHP-CH3000は、ハイレゾ音源の広範囲の音の細かい部分までもキャッチできる期待が持てるでしょう。デザインにも凝っていて、ミリタリー風なルックスもおしゃれと評判です。

【PHILIPS TX2】

CD音源と違いを楽しむハイレゾ対応イヤホンおすすめ②

CD音源と違いを楽しむハイレゾ対応イヤホンおすすめ②は、PHILIPS TX2です。PHILIPS TX2の特徴は、CDから変換したハイレゾ音源や、元からのハイレゾ音源を楽しむためにも、イヤホンの形にもこだわっています。

フィット感に優れている、インナーイヤー型とカナル型イヤホンの両方の魅力を持った丁度いいフィット感を体感できると言われています。そして、スケールの広さはPHILIPS TX2だからこそ演出できると言われるほどPHILIPS TX2でハイレゾ音源を楽しむことができるでしょう。

気になるPHILIPS TX2の価格は、参考価格が8,100円となっていますが、通販サイトのショップに寄っては、5,000円以下の割引価格で販売しているショップも多いようです。価格が気になる方は、予めいくつかのショップを確認してから購入したほうがいいかもしれません。

【ONKYO E700M】

CD音源と違いを楽しむハイレゾ対応イヤホンおすすめ③

CD音源と違いを楽しむハイレゾ対応イヤホンおすすめ③は、ONKYO E700Mです。サウンドメーカーのONKYOから発売されているONKYO E700Mは、セミオープンタイプで、ハイレゾ音源に適したフラットな音を楽しむイヤホンと言えるでしょう。

ONKYO E700Mは、スマホにも便利な電話もできるコントロールマイク付きなのも嬉しい魅力です。ONKYO E700Mを使用の際は、周りに迷惑をかけないように注意しなければいけないのも覚えておきましょう。

カナル型のように遮音性が高いわけではないので、公共の場でCDから変換したハイレゾ音源などを聴く場合に、音量が大きすぎてしまうと周りに迷惑かけてしまう原因を招いてしまいます。

気になるONKYO E700Mの価格は、参考価格が14,904円となっていますが、通販サイトのショップに寄っては、10,000円以下で販売しているショップも多いようなので是非チェックしてみてください。

低音が出るイヤホンのおすすめランキング!コスパや音質で比較してみた! | MensModern[メンズモダン]

【SONY h.ear in MDR-EX750】

CD音源と違いを楽しむハイレゾ対応イヤホンおすすめ④

CD音源と違いを楽しむハイレゾ対応イヤホンおすすめ④は、SONY h.ear in MDR-EX750です。世界が誇るサウンドメーカーSONYから発売しているハイレゾ対応のイヤホンというのもあり、信頼性も高いと言われています。

ハイレゾ対応の音楽プレイヤーなども多く発売しているSONY。SONY h.ear in MDR-EX750は、CDから変換したハイレゾ音源も気軽に聴けるイヤホンになります。高品質へのこだわりも、さすがSONYと言えるでしょう。シンプルなデザインなので、浮いてしまうような原因もなくファッションも問わず馴染むイヤホンとなるでしょう。

新開発された、ダイナミックドライバーでハイレゾ音源もワイルドに聴けるでしょう。気になるSONY h.ear in MDR-EX750の価格は、8,000円ほどで販売していて通販でも人気の高いイヤホンになります。

【JVC WOOD 01 inner HA-FW01】

CD音源と違いを楽しむハイレゾ対応イヤホンおすすめ⑤

CD音源と違いを楽しむハイレゾ対応イヤホンおすすめ⑤は、JVC WOOD 01 inner HA-FW01です。カナル型のハイレゾ対応のイヤホンになります。JVCが唯一採用している木製振動板を搭載したイヤホンということもあり注目されています。

カナル型のイヤホンを購入したけど、重低音が弱くて失敗してしまったなんて原因も、JVC WOOD 01 inner HA-FW01なら避けられるでしょう。CDから変換したハイレゾ音源なども、高音質で楽しめると言われています。

気になるJVC WOOD 01 inner HA-FW01の価格は、性能の良さもあり、価格は高めになります。参考価格が、58,180円となっていますが、通販サイトのショップに寄っては、多少なりとも割引価格で販売しているショップも多いようです。

ハイレゾ音源とCDの違いを存分に堪能

ハイレゾ音源とCDの違いは、臨場感や音楽そのものの魅力を体感できるところにあるようです。CD音源からハイレゾ音源へ変換する方法も、ハイレゾ音源への変換ソフトなどを使用することで、簡単に自分でも変換ができるのも便利です。

是非この機会に、ハイレゾ対応のイヤホンもゲットして、CDから変換したハイレゾ音源を更に楽しむ方法もお試しになってみてください。ハイレゾ音源の魅力を最大限に活かせる、あなただけの楽しみ方を見つけられること願っております。


評価 4.0/ 5(合計3人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ