NMB48のメンバーであり、ソロアーティストとしても活動する山本彩。そんな山本彩はギターを披露の腕前を披露することも多いのですが、その腕前の評判はどうなのでしょうか。また、山本彩の使っているギターの種類が高級ギターメーカーという噂もあるんです。

山本彩のギターの腕前は?種類やメーカー・評判について徹底調査

目次

  1. 山本彩が購入したギターのメーカーとその腕前とは
  2. 山本彩とギター
  3. 山本彩がNMB48に加入するまで
  4. 山本彩のギターとMAD CATZ
  5. 山本彩のNMB48の活動とギター活動
  6. 当初から山本彩は期待されたメンバーだった
  7. NMB48を引っ張りギターも練習
  8. 山本彩のギター演奏
  9. 山本彩が持っているギターが高価
  10. グレッチのギターを弾くギタリストたち
  11. 山本彩が他に使っているギターも高価
  12. ギターは価格で語るものではないけど
  13. 山本彩は20万円や40万円のギターを複数所持
  14. 山本彩のギターの腕前の評判は
  15. 山本彩はてっぺん取るまで走り続ける

山本彩が購入したギターのメーカーとその腕前とは

AKBグループのNMB48のチームNのメンバーであり、グループのキャプテンを務める山本彩。そんな山本彩が購入した種類のギターを知っていますか。

ネットニュースで山本彩が購入したギターのメーカーを聞いて、「あの高級ギターメーカーのやつを購入するとは…」となった人もいるかもしれません。

それほどの高価なギターを購入した山本彩は、そのギターを使いこなせるほどの腕前なのでしょうか。山本彩が購入したギターのメーカーやその種類、そして山本彩のギターの腕前や評判について紹介します。

山本彩とギター

山本彩は1993年7月14日生まれの24歳です。大阪府出身で、AKBグループのNMB48のチームNのメンバーであり、キャプテンです。

2014年4月24日から2016年5月26日までは、AKB48のチームKも兼任していました。山本彩の愛称は「さや姉」です。山本彩は実は元々、ガールズバンドの「MAD CATZ」のメンバーであり、そのころからギターの腕前を披露していたんですよ。

所属事務所はスマイルカンパニー、KYORAKU吉本ホールディングスを経て、Showtitole所属になっています。身長は155センチで大きなバストも山本彩の魅力の一つといえますね。

山本彩がNMB48に加入するまで

昔から音楽が好きで歌うことに興味があった山本彩。小学校2年生のときに、大阪にある音楽スクールのリトルキャットに姉とともに入校しています。

2005年にスマイルカンパニーと育成契約になった山本彩は、同社の社名にちなんだ「Smile2Girls」という名前のバンドを3人で結成したそうです。

その後、山本彩は2008年にソニー・ミュージックエンタテインメントと契約しているんです。そして、同年にBSフジの毎日語学学習アニメの「もえがく★5」に楽曲がOPとして採用されたんです。

山本彩のギターとMAD CATZ

この楽曲が採用されたころに、バンド名を「MAD CATZ」に改名して、このシングルでメジャーデビューをしているんです。当時は注目されていたガールズバンドで、山本彩は「SAYAKA」として、ギターボーカルを担当していたんです。

クオレ化粧品のCMイメージソングに選ばれたり、イメージガールを務めたりするなど、スタートとしては悪くないバンドだったといえます。

右側の紫のつなぎを着ているのが、MAD CATZ時代の山本彩ですね。まだこのときは、テレキャスターのギターを使っているのが分かります。メーカーまでは映像では確認できませんが、おそらく有名メーカーのもではなく、安価なメーカーの種類を使っているようです。

派手にステッカーを貼って愛着があるギターに仕上げていたことがわかりますね。MCでも頑張ってトークしていますし、評判は悪くなさそうです。ギターの演奏に関してはパワーコードを弾きながらボーカルも務めており、歌声も悪くないですよね。

ミニアルバムに収録されている「モノクロmap」という曲では作詞も担当していたようです。バンドは残念ながらメンバーのARISAの脱退などを経て、2009年末に解散しています。そのため、シングル1枚、ミニアルバム1枚がリリースされただけですね。

山本彩のNMB48の活動とギター活動

山本彩は2009年にMAD CATZ解散後、2010年に雑誌に載っていたNMB48オープニングメンバーオーディションに興味を持ちます。そして、このオーディションに応募して見事、山本彩は合格することになります。

当初から中心メンバーに起用されており、NMB48第一期研究生26名を代表して、お披露目会で挨拶も担当しています。その後も、NMB48の顔として中心メンバーとしてチームを引っ張っていくことになります。

おそらく、以前の活動の評判を知っていた業界関係者も多く、素人の集まりになる中で芸能経験のある山本彩は非常にキーパーソンと考えていたんだと思います。AKB48も元々芸能活動をしていたメンバーも多く、二期生である大島優子も子役として芸能活動をしていたことがある人物です。

当初から山本彩は期待されたメンバーだった

NMB48は大阪で誕生したグループだけに、活動はたんなるアイドル業だけに留まりませんでした。吉本新喜劇の舞台に登場することも多く、結成当初に、山本彩、渡辺美優紀、小笠原茉由らとともに無名ながら出演しています。

ちなみに、その後、NMB48のメンバーだった福本愛菜はグループを卒業後、吉本新喜劇の座員になっているんです。現在でも、吉本新喜劇の舞台で大活躍しているだけに、こういった経験がそれぞれのメンバーのその後に繋がったのも事実です。

NMB48を引っ張りギターも練習

NMB48の活動だけなく、AKBの曲の選抜に渡辺美優紀と多く選ばれており、自分たちのチームも、本家と言われるAKBの活動も参加していました。

大の阪神タイガースファンであり、2011年の5月14日に行われた阪神甲子園球場での始球式も務めており、その後も、度々阪神タイガースのイベントに参加することになります。

実は、今年の2017年は、甲子園球場で山本彩バージョンの「六甲おろし」が流れているんですよ。甲子園球場でPVが収録されて、実際に試合でも流されています。ここまで有名になるまでには長い苦労がありましたが、それだけ知名度が有名になった証拠でもあります。

山本彩のギター演奏

グループ結成当初は、そういったギターの演奏に関するアピールは無かったのですが、次第に山本彩の以前の活動が明らかになったこともあり、山本彩のギターを聞きたいという声が出てくるようになりました。

そういった中で本家のAKB48がバンド演奏した曲がリリースされたこともあり、楽器を生演奏するシーンが出てきたことから、そういった山本彩のギターの腕前を披露する場面はお膳立てされていたともいえます。

グループのコンサートで、山本彩がギターを演奏するシーンも増えてきて、次第にソロ活動の噂が出てくるようになりました。そして、2016年にソロデビューアルバムがリリースされることが決定しました。

ソロデビューはNMBの中では渡辺美優紀につづいて2人目でした。以前からシンガーソングライターになることが夢であると公言していただけに、山本彩もかなり気合を入れたアルバムだったといえますね。

山本彩自身が作詞作曲した楽曲を始め、サウンドプロデューサーには東京事変でも有名なベーシストの亀田誠治が担当しました。他にもGLAYのTAKUROOやスガシカオ、作詞にいしわたり淳治などかなり豪華なメンツだったといえます。

ソロライブツアーも行われて、実際にギターを演奏しながら歌う姿は、山本彩の夢が叶った瞬間だったといえます。動画を見ても分かる通り、非常にライブ慣れしており、知らない人からすればアイドルではなく、普通のロックミュージシャンだと感じるかもしれませんね。

山本彩が持っているギターが高価

ファンの中では、以前から山本彩が使用しているギターのメーカーが高価なことは有名でした。最近、ニュースにも取り上げられた「山本彩高級ギター購入」というニュースを見た人もいるかもしれません。

山本彩が購入したのはこの画像の右側の白いギターです。メーカーはグレッチ、ギターの種類はホワイトファルコンというものです。山本彩が購入したものは価格としては、安く見ても40万円ぐらいはするギターの種類ですね。

グレッチというギターメーカーの、ホワイトファルコンという種類はジャズやロカビリーという音楽のジャンルで使用されるものです。ギター本体の「f」に見える切り抜かれた部分が、独特な音の広がりを生み出すため、非常にきれいな音がするギターの種類なんです。

グレッチのギターを弾くギタリストたち

日本でグレッチの使い手として有名なのは、Hi-Standardのギタリスト横山健です。日本で唯一のグレッチギターのアーティストモデルが販売されている人物ですね。

山本彩のホワイトファルコンとは違いますが、同じグレッチを持っている映像が映っています。非常にボディが大きなギターなので、日本人が使いこなすのは、少し難しいギターの種類ですね。

また、グレッチといえばアメリカのロカビリーの帝王ブライアン・セッツァーです。グレッチといえばまさにこの人という感じで、多くのブライアン・セッツァーモデルのグレッチが販売されています。

FenderのBassmanアンプに、テープエコーと言われる、ギターの音を揺らすためのコーラス機材を使って非常にかっこいい音楽を演奏する人物です。山本彩のホワイトファルコンつながりで聴いても損の無いギタリストですよ。

山本彩が他に使っているギターも高価

そもそも、ファンの中では山本彩がホワイトファルコンを購入したと聞いたときに「えっ、PRSのギターも持ってるのに」という風になったかもしれません。

山本彩が以前から愛用していたギターはPRSというギターメーカーの「PRS SE custom24」というギターだったんです。PRSは「ポールリードスミス」の略称であり、山本彩が使っているのは日本限定カラーのギターですね。

しかも、山本彩は歌手のクリス・ハートから、使わなくなったPRSギターをプレゼントされており、現在PRSを二本持ちというわけですね。山本彩がみんなから愛されているのがわかる出来事です。

また、GLAYのTAKUROからギターをプレゼントされています。山本彩の1stアルバム「Rainbow」に収録されている「BAD DAYS」という曲を作曲したときに使用したレスポールなのだとか。安く見積もっても、30万円以上はするギターですね。

ギターは価格で語るものではないけど

山本彩が購入したPRSは廉価系のモデルの可能性もあり、もしかすると10万円ぐらいの価格帯のものかもしれません。PRSのギターと言っても、メーカーはハイエンドモデルから廉価モデルまで出しているので、このあたりの価格の判断は難しいですね。

そしてPRSと同様に愛用していたのがGibsonのレスポールです。日本でGibsonのレスポールというとB'zの松本孝弘のイメージがあるかもしれません。山本彩が使用している種類のレスポールはいくつかあるようです。

実際に自分所有しているタイプのレスポールと、ライブのときだけ使用している借り物があるのかもしれません。山本彩は、他にもいくつかギターを購入しているかもしれませんね。

小島瑠璃子とNMB山本彩は似てる?画像で二人を比較してみた! | MensModern[メンズモダン]

山本彩は20万円や40万円のギターを複数所持

そのため山本彩のレスポールの種類は「レスポール・スタンダード2014」と思わしきものと「2015 Japan Limited Run Les Paul Traditional Heritage Cherry Sunburst」という日本限定のモデルを使用しています。

少なくとも2015モデルのレスポールの方は、20万円以上する価格の種類ですね。レスポールならではの太くてロックのパワーコードに合うギターの種類ですね。山本彩にとても似合っているギターですね。

アコースティックギターに関してはVGというメーカーの「KTR-LG VS」というモデルだと言われています。こちらも10万円ぐらいのギターですね。山本彩のアコースティックギターの腕前の評判も高く、パワーコードだけのころの腕前からかなり上達しているのが分かります。

山本彩がライブで使っているアンプもMATCHLESSというメーカーのアンプで、こちらはおそらくカラーリングから推測するに「Independence-35」というモデルだと思うんですが、価格は55万円ぐらいですね。

MATCHLESSは日本ではギタリストのCharやBUMP OF CHICKENの藤原基央(現在はBad Catというメーカーのアンプのほうが使用頻度高め)も使用しています。非常にクリーンからクランチ系までキレイになるアンプで、歪ませて使うモデルも高い人気があります。

山本彩の髪型セット術!人気のショートボブのオーダー方法・アレンジまとめ | MensModern[メンズモダン]

山本彩のギターの腕前の評判は

こういう高価な機材を使っていると、その腕前の評判が厳しくなることがあります。いわゆる宝の持ち腐れ的な意見が多くなるわけですが、ライブ映像を見て皆さんは山本彩の腕前をどう感じたでしょうか。

元はガールズバンド、その後はアイドルとして活動してきた経験が、現在の山本彩の腕前につながっていると思います。一部では山本彩は「アイドルよりもこっちのほうが売れるのでは?」という評判も多いようです。

山本彩は多くの音楽番組でプロのアーティストたちとセッションする機会が多く、その評判は上々です。山本彩はアイドルなのにギターがうまいと言われる見方もあるかもしれませんが、そういった色眼鏡を抜きにしても、その腕前の評判はどんどん良くなっているようです。

山本彩の胸のカップ数はどれくらい?体重やスリーサイズ・腹筋画像を紹介 | MensModern[メンズモダン]

山本彩はてっぺん取るまで走り続ける

2017年に2stアルバムの「Identity」がリリースされており、10月からツアーも行われています。このツアーでも山本彩はギターを持って歌いながら演奏している場面が多いようですよ。

音楽に携わり続けることが山本彩の夢であり、その夢を邁進中という感じですね。山本彩はNMBとしてもソロアーティストとしてもてっぺんを取ることを目標にしているだけに、これからも努力を続けるはずです。

山本彩の演奏をアイドルのお遊びとは思わず、しっかりと聴いてみると決して遊びでやっていないことがわかると思います。今後の山本彩の活動とその評判に期待ですね!


評価 4.0/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ