イギリスの国旗を見たことがあると思いますが、一体、どのような由来があるのか知っていますか?今回はイギリスの国旗である「ユニオンジャック」にスポットを当て、由来や秘密についていろいろお伝えしていこうと思います。豆知識として、覚えていきましょう。

イギリスの国旗は一つじゃないの?ユニオンジャックの秘密とは?

目次

  1. イギリスの国旗の秘密を知ろう!
  2. イギリスの国旗の意味を知るために、歴史を確認しよう!
  3. イギリス国旗の意味と、入っている国の数とは?
  4. イギリスの国旗に、ウェールズが入っていない理由とは?
  5. イギリスには、ユニオンジャック意外にも国旗がある!
  6. イギリス国旗の愛称の由来について
  7. イギリス国旗であるユニオンジャックは、「上下左右対称」ではない
  8. イギリスという呼び方は日本独自なのか?
  9. イギリス国旗は実は人気者?
  10. イギリス国旗を船上で使うのは違法!
  11. 【まとめ】イギリス国旗には、実は深い意味や背景がある!

イギリスの国旗の秘密を知ろう!

皆さんはイギリスの国旗を知っているでしょうか?ユニオンジャックと呼ばれ、非常に有名なので、誰でも一度は目にした経験があるはずです。普段、何気なく見ているイギリスの国旗ですが、その由来や秘密、背景などは知っているでしょうか?実は、あのイギリス国旗には、ちょっとした秘密があるようです。それは何でしょうか。気になりますよね。

今回はイギリスの国旗にスポットを当て、国旗の由来や、秘密、歴史などをいろいろお伝えしていこうと思います。イギリスの国旗について、一緒に勉強していきましょう。しっかりとした意味を学べば、日常生活に使える豆知識になるでしょう。イギリスをもっと身近に感じるためにも、国旗の意味を理解されると良いです。ぜひ、参考にしてみてください。

イギリスファッションブランド8選!国内で入手可能なものは? | MensModern[メンズモダン]

イギリスの国旗の意味を知るために、歴史を確認しよう!

イギリスは4つの国で構成されている

イギリスの国旗として、ユニオンジャックが有名ですが、この国旗がどのような経緯で現在のデザインになったのか、その歴史を振り返っていきましょう。そもそもイギリスは4つの国で構成されています。「イングランド」「スコットランド」「ウェールズ」「北アイルランド」この4つです。ウェールズは13世紀にイングランドに吸収されます。

1707年に女王アンの時代にイングランドと、スコットランドが1つの王国になり、グレートブリテン王国になり、初代イギリスの国旗であるユニオンジャックが完成しました。その後、1801年にグレートブリテン王国にアイルランドも加わることになり、現在のイギリスの国旗であるユニオンジャックが完成しました。

イギリスブランドを一覧で紹介!人気のものから老舗のものまで! | MensModern[メンズモダン]

イギリス国旗の意味と、入っている国の数とは?

イギリスの国旗には、3つの国が入っている!

イギリスの国旗であるユニオンジャックには、3つの国の国旗が入っています。ここで、おかしなことに気付きませんか?そうです。イギリスは「イングランド」「スコットランド」「ウェールズ」「アイルランド」で構成されているのです。そうすると、3つの国の国旗しか入っていない、イギリスの国旗は1つの国の国旗が足りないことになります。

イギリスの正式名称は、グレートブリテン・北アイルランド連合王国です。複数の国が集まっています。そして、ユニオンジャックと呼ばれる国旗には、「イングランド」「スコットランド」「アイルランド」の3つの国の国旗が合体しているのです。グレートブリテンの一つであるウェールズだけが国旗に入っていないのです。これは何故なのでしょうか?

イギリスの伝統レモンカードって?フルーツを使った作り方と話題の使い方 | MensModern[メンズモダン]

イギリスの国旗に、ウェールズが入っていない理由とは?

ウェールズが入っていない理由には、悲しき歴史的な背景がある

漫画作品である「ヴィンランド・サガ」を知っているでしょうか?こちらの作品の説明を少ししましょう。海賊の頭目であるアシェラッドがウェールズのために頑張るという話です。しかし、1282年にウェールズはイングランドに占領され、その支配下になってしまうのです。スコットランドやアイルランドはグレートブリテン連合王国の一つとして対等な立場でした。

しかし、ウェールズは早い段階から占領されてしまったため、国旗にウェールズの意匠が反映されなかったようです。これが、イギリスの国旗の中に、ウェールズが入っていない理由です。グレートブリテン連合王国の国旗には、4つの国があるのに、国旗が3つしかないのは、そのような悲しき歴史的な背景と由来があるのです。

現在、イギリスの国旗の中に、ウェールズの国旗を取り入れようという動きもあるようです。もしかしたら、イギリスの国旗が変更されて、新しい国旗になる日が来るかもしれません。ウェールズの国旗はドラゴンでとてもカッコいいのですが、現在のイギリスの国旗に入れるのは、少し難しいかもしれませんね。

紅茶メーカーランキング!有名どころはイギリス産?選び方も調査! | MensModern[メンズモダン]

イギリスには、ユニオンジャック意外にも国旗がある!

イギリスは連合国、それぞれの国に公用語と国旗が存在する

イギリスの正式名称である「グレートブリテン及びアイルランド連合王国」は紹介してきた4つの国が合わさって形成されています。そして、それぞれの国が公用語と国旗を持っています。イングランドは、白地に赤い十字の国旗。ウェールズは、赤いドラゴンの国旗。スコットランドは、青地に白のX十字の国旗。

北アイルランドはイングランドの国旗の上に王冠と六芒星と右手が描かれています。それぞれの国が自分の国旗に誇りを持っています。例えば、スコットランド出身の人に「イギリス出身ですか?」と尋ねると、必ず「スコットランド出身です」と訂正されます。自分の国に誇りを持ち、大切にしている証と言えるでしょう。

イギリス車の人気メーカー・ブランドおすすめ5選!特徴は? | MensModern[メンズモダン]

イギリス国旗の愛称の由来について

何故、イギリス国旗は「ユニオンジャック」と呼ばれているのか?

イギリス国旗の愛称を知っているでしょうか?そうです。「ユニオンジャック」です。有名な名前なので、誰でも一度は聞いたことがあるでしょう。では、何故このように呼ばれているのでしょうか?ユニオンというは連合王国という意味です。イギリスはグレートブリテン連合王国なので、そのままの意味になりますよね。なぜジャックと付くのでしょうか?

ユニオンジャックの「ジャック」には諸説あるようですが、一般的には、船首に掲げて国旗を示す旗のことを指すようです。海洋国家で世界中に植民地を持っていたイギリスらしい、由来と言えますね。ちなみにユニオンジャックという愛称の他にも、ユニオンフラッグという愛称もあります。どちらの愛称も現在では正しいと言われています。

イギリス国旗であるユニオンジャックは、「上下左右対称」ではない

ユニオンジャックをよく見ると、上下左右対称ではないと分かる!

これは意外な事実かもしれません。ユニオンジャックは上下左右対称に見えますが、実は、上下左右対称ではないのです。ものすごく細かい点なので、知っている方も少ないでしょう。イギリスの国旗は青地に赤と白の線が交錯していますが、赤の車線部分に違いがあるのです。白の部分と赤の部分が互いに違っています。

何故、このような違いが生まれたのでしょうか?こちらの意味を把握していきましょう。この上下左右対称の違いは、スコットランドとアイルランドが同位であることを示しているようです。些細な違いですが、しっかりとした意味があるのですね。豆知識として覚えておくと、イギリスのことがもっと好きになるでしょう。

イギリスという呼び方は日本独自なのか?

イギリスは基本的に、日本独自の呼び方なので注意!

イギリスというと、日本では一般的に通じる言葉ですが、これは日本独自の言葉だと知っていますか?基本的に、世界ではイギリスというと「イングランド」と呼ぶのが普通です。イングランドとはアングル人の国を意味しています。何故、日本ではイングランドをイギリスと呼ぶのでしょうか?これは、日本と貿易を盛んにしていたポルトガルと関係があります。

ポルトガル語ではイングランドのことを「イングルス」呼び、日本ではイングランドではなくイングルスと呼ぶのが普通になりました。しかし、最初に伝わった時、それが訛ってイギリスになってしまい、今でも日本ではイングランドをイギリスと呼ぶのです。国旗だけでなく、呼び方にも秘密があったのですね。参考にしてみてください。

イギリス国旗は実は人気者?

さまざまな国の国旗に、ユニオンジャックは採用されている!

イギリスの国旗は、実は多くの国の国旗の一部として使われています。意外かもしれませんが事実なのです。一体、どのような国の国旗に使われているのでしょうか?有名な国を挙げると、オーストラリアやニュージランドです。オーストラリアやニュージランドの国旗を知っていますか?国旗の一部分にユニオンジャックが使われています。

それ以外の国の国旗でも使われています。例えば、クック諸島、ツバル、フィジーなどです。何故、自分の国の国旗に、グレートブリテン連合王国の国旗の一部を入れるのでしょうか?この理由は簡単です。昔、それぞれの国がイギリスの植民地であったためです。イギリスに対し悪感情がない国は、自らの国の国旗にユニオンジャックを取り入れているのです。

イギリス国旗を船上で使うのは違法!

ユニオンジャックは国王の船以外では使えない!

意外な事実かもしれませんが、イギリス国旗は陸上のみで使用できます。特にユニオンジャックはデザイン的にも優れているので、観光客だけでなく、現地の人にも人気です。お土産品だけでなく、ユニオンジャックをモチーフにした洋服や小物を街のあらゆるところで見かけます。しかし、船やボートで利用するのは違法になります。これは何故でしょうか?

イギリスにはチャールズ1世の時代に制定された「ユニオンジャックを国王の船以外で掲げてはいけない」という規定が今も生きています。このため、陸上ではいくら使っても問題ないイギリスの国旗ですが、船やボートで使用するのは違法とされているのです。意外と知られていない事実なので、イギリスを語るためには知っておきたいですね。

【まとめ】イギリス国旗には、実は深い意味や背景がある!

普段何気なく見ているイギリスの国旗ですが、実は深い意味や背景、そして歴史があることが分かりました。意外と知らない事実もあったのではないでしょうか?今回はイギリスの国旗にスポットを当て、いろいろ見てきました。国旗の由来を知ると、もっとイギリスが好きになりますよね。ユニオンジャックを深め、イギリスの国旗に詳しくなりましょう。


評価 4.8/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ