お酒好きな人は知っているシェリー酒。あまり有名ではないですが、シェリー酒とはどのようなお酒なのでしょうか。シェリー酒好きに聞くおすすめシェリー酒や、どのように楽しめるか紹介していきます。お酒のレパートリーにプラスしたくなること間違いなし!

シェリー酒とは?おすすめの銘柄と種類から飲み方&楽しみ方まで!

目次

  1. シェリー酒って知っていますか
  2. 食前酒として人気のシェリー酒
  3. シェリー酒とは?
  4. ワインとシェリー酒の違い
  5. シェリー酒って飲みやすいの?
  6. シェリー酒の種類って色々あるのでしょうか
  7. シェリー酒を使ったカクテル
  8. シェリー酒の魅力はどこにあるの?
  9. 初心者におすすめのシェリー酒とは
  10. シェリー酒好きにおすすめシェリー酒とは
  11. おすすめ甘口シェリー酒
  12. シェリー酒に合う料理
  13. シェリー酒を使った料理も紹介
  14. シェリー酒を使ったスイーツアレンジ
  15. 知らなかったシェリー酒の扉を開きましょう

シェリー酒って知っていますか

シェリー酒というお酒をご存知ですか?お酒好きなら一度は飲んだことがあるかもしれませんが、ワインほど有名ではないように思えます。かつては食前酒としてよくたしなまれていたのですが、最近ではスペインバルが流行って、シェリー酒の知名度も人気も上がってきたのではないでしょうか。

実はシェリー酒は口当たりもよく、まろやかで美味しいおすすめのお酒なのです。女性にも受け入れられやすいお酒なので、ぜひ試してみてほしいですね。続きを読んでいけば、きっとシェリー酒を飲みたくなるはずですよ。

食前酒として人気のシェリー酒

シェリー酒とは、日本では食前酒として楽しまれることが多いお酒です。香りがよく、口当たりはまろやかです。ただし度数は少し高めなので、飲み方は豪快に飲むというよりはちびちび楽しむお酒と言えます。ビールが度数4~5、ワインが度数12~15、シェリー酒は度数15~22くらいになります。

シェリー酒とは?

シェリー酒とは何から作られているのでしょう。答えは白ブドウから作られるお酒です。ブドウから作られるお酒、そう、ワインの一種なのです。シェリー酒は酒精強化ワインの1つで、アルコール濃度を高めたお酒です。3大酒精強化ワインは、ポートワイン、マデイラワイン、シェリー酒です。

白ブドウの種類は決められた品種3つのどれかを使って作られます。認められている品種は、パロミノ、モスカテル、ペドロヒメネスです。さらにスペインの限られた地域で作られるお酒、ということで流通する量がワインほど多くなく知名度に差ができているのでしょう。

シェリー酒はスペイン語では、「ビノ・デ・ヘレス」です。食前酒なので辛口かと思われがちですが、シェリー酒は甘口から辛口まで様々な味わいがあります。醸造の過程で味を調整することができるのです。

ワインとシェリー酒の違い

白ブドウから作られるワインの一種と前述しましたが、ワインとシェリー酒の違いはどこにあるのでしょうか。製造方法に違いがあります。ワインもシェリー酒もブドウをつぶして酵母菌を入れ、発酵させるところまでは同じです。

ワインはその後樽の中で熟成させて完成にむかいますが、シェリー酒などの酒精強化ワインは発酵の途中でブランデーなどの蒸留酒を加えてアルコール濃度を高くし発酵を止めます。シェリー酒などの酒精強化ワインは、酵母菌の働きを途中でとめることで、甘口から辛口まで味の調整をすることができるのです。

シェリー酒を作る過程で途中で蒸留酒などアルコールを添加しているため、ワインより濃度が高くなるのです。ワインのような格安シェリー酒はありませんが、度数が高いため量がたくさんいらず、上品な飲み方になるのでコスパ的には変わらないといえるかもしれませんね。

シェリー酒って飲みやすいの?

シェリー酒は度数が高いということで、お酒初心者に飲みやすいのかどうか気になるところです。シェリー酒でも甘口のものを選べば初心者でも飲みやすいでしょう。甘口タイプは、食後酒としてもいけますしスイーツとも合うので女性にもおすすめですよ。

シェリー酒の種類って色々あるのでしょうか

シェリー酒はブドウの種類、醸造方法、熟成方法で味わいが様々変わるお酒です。基本の3種類の他に熟成方法で色も度数も変わってくるんですよ。熟成がすすんだ琥珀色のシェリー酒は度数も高くなります。まずは基本の3種類とそこに分類されるシェリー酒の種類をご紹介します。

辛口派におすすめ:ビノ・へネロソ

パルミノ種で造られるシェリー酒で、ブドウの果汁を完全に発酵させているので辛口に仕上がります。フィノ、マンサニーリャ、アモンティリャード、オロロソ、パロ・コルタドの5種類が辛口に分類されます。

甘口派におすすめ:ビノ・ドゥルセ・ナトゥラル

ペドロヒメネス種やモスカテル種を原料に造られるシェリー酒で、ブドウの品種自体も甘いので濃厚な甘さを楽しめるシェリー酒です。甘口なのでデザート的に食後酒に飲まれることも。色も濃い目になります。モスカテル、ペドロヒメネスを頼めば濃厚な甘口を味わえますよ。

甘口辛口のブレンド:ビノ・へネロソ・デ・リコール

ビノ・へネロソとビノ・ドゥルセ・ナトゥラルをブレンドしたものが、ビノ・ヘネロソ・デ・リコールです。ベースとなるビノ・ヘネロソの味わいやブレンドする甘さの違いで味が異なってきます。フィノをベースにしたもは「ペイル・クリーム」、アモンティリャードをベースにしたものは「ミディアム」です。

オロロソをベースにしたものは「クリーム」と分類され、3種類がビノ・ヘネロソ・デ・リコールの仲間になります。甘すぎない滑らかな味わいで、辛さとのバランスが美味しいシェリー酒です。

シェリー酒を使ったカクテル

シェリー酒は度数が高いので、と敬遠しがちな人にシェリー酒を使ったカクテルを紹介しましょう。飲みやすくなるのでカクテルは飲み方としてはおすすめで、甘口でも辛口でもシェリー酒を楽しみやすくなります。フルーツ系のドリンクはシェリー酒とは好相性です。

飲みやすくておすすめ:レブヒート

作り方は簡単で美味しい飲み方、レブヒートです。ストリートのシェリー酒が苦手な人にもおすすめです。氷を入れたグラスに、ドライシェリーと炭酸飲料を1:1もしくは1:2で入れて軽く混ぜるだけ。甘さを控えたい場合は、炭酸水でもよいですし、スプライトやジンジャエールなら飲みやすいですよ。

食前酒の定番:アドニス

食前酒としての飲み方が定番のカクテルです。ドライシェリー45ml、スイートベルモット15ml、オレンジビターズ1dashをステアしてカクテルグラスに注いだものです。シェリー酒の風味の楽しめる中口カクテルで、人気の飲み方です。アドニスは美少年というネーミングのせいか、知名度も高くなっています。

きりっと辛口:バンブー

バンブーも飲み方としては食前酒が多いカクテルです。アドニスと似た作り方ですが、辛口が好みの人にはこちらがおすすめ。ドライシェリー40ml、ドライベルモット20ml、オレンジビターズ1dashをステアしてカクテルグラスに注いだものです。

横浜グランドホテルのオリジナルで、竹をイメージした日本発祥のカクテルです。辛口の日本酒に似た味わいが特徴で、美味しいとの評判で日本から海外にも渡り人気となっています。同じベルモットでもドライにするとすっきり辛口に仕上がります。

創作カクテル:スパニッシュクーラー

アドニスやバンブーが有名なシェリー酒カクテルですが、他にもたくさん創作カクテルがあります。中でも軽い飲み方ができる女性にもおすすめのカクテルがスパニッシュクーラーです。フィノ(辛口シェリー酒)45ml、オレンジジュース45ml、ジンジャエール(適量)をタンブラーに注ぎ軽く混ぜます。ジンジャエールはタンブラーが満たされる量で調整します。

シェリー酒の魅力はどこにあるの?

シェリー酒の魅力はどこにあるのでしょうか。シェリー酒に興味を持った人へ少しアピールしておきましょう。まずは気軽に飲めること、甘口から辛口まで味わいが豊富でどんな料理にも合うシェリー酒があるということです。また翌日に残らない(これは飲む量にもよるかもしれませんね)、残りにくいのも魅力です。

熟成された日本酒好きには受け入れられやすいシェリー酒。日本酒好きならシェリー酒も口に合うと言われています。日本酒との共通点が実はあって、それで日本酒好きはシェリー酒も好きになるのかもしれません。シェリー酒も日本酒も、個性は醸造所(蔵)によるもの、というところ。

ワインはブドウの種類(品種)に大きく影響を受けますが、シェリー酒はブドウの種類が限られているので味の個性は醸造所の違いと言われます。日本酒も酒米の種類は色々ありますが、それより味の違いは蔵の違いなのです。熟成過程で、紹興酒のような芳醇な香りが出て、味わいも深みを増していきます。和食や中華にもシェリー酒が合う理由がわかりますね。

初心者におすすめのシェリー酒とは

マンサニージャラ・ヒターナ(イダルゴ)

爽やかなリンゴのような香りが特徴のシェリー酒です。種類はマンサニーリャ、ブドウの品種はパロミノ。初心者でもはいりやすいシェリー酒です。口当たりがよく飲みやすい辛口で、どのような料理にも合わせやすいので食中酒としてもおすすめです。

シェリー酒好きにおすすめシェリー酒とは

ウィリアムハンバートフィノ

種類はフィノ、ブドウの品種はパロミノで、辛口のシェリー酒です。シェリー愛飲家が「最高峰」と絶賛するシェリー酒なので、間違いなくおすすめです。きりっとした辛口で、食前酒のみならず食中酒にもぴったりです。アルコール度数は15%なので、シェリー酒としては低い方です。

ティオ・ぺぺ(ゴンザレス・ビアス)

ティオ・ペペはシェリー酒の中でも知名度がとても高いといえます。種類はフィノで、ブドウの品種はパロミノ。アルコール度数は15%です。独特の香りと風味が特徴で、はまる人はどっぷりはまるシェリー酒です。薄い黄金色で、ワインのようにも見えます。口当たりがよく、すっきり辛口なので和食と合わせた飲み方もおすすめできます。

おすすめ甘口シェリー酒

食事と楽しむには辛口が人気なのですが、シェリー酒だけで楽しむ、食後酒やデザートとして楽しむことのできるのがシェリー酒の特徴でもあります。甘口シェリー酒は度数がやや高めでとろける口当たりが特徴です。種類がクリームの、一度試してほしい甘口シェリー酒のおすすめを紹介しておきましょう。

ケスタクリームシェリー

濃いマホガニー色のケスタクリームシェリーは、木樽の香りとレーズンのような深みのある香りと味が特徴です。とろける口当たりはビロードのようで、甘くフルボディを楽しむことができます。

ブリストルクリーム(ハーベイ社)

元々イギリスのブリストル社がブレンドして作り上げたシェリー酒で、イギリス人の中では有名なシェリー酒です。その名の通り、クリームのようなコクがありまろやかな甘みが特徴的です。食後酒として楽しむことができるデザートワインです。

シェリー酒に合う料理

今度はそれぞれ種類別のシェリー酒に合う料理と飲み方を紹介していきましょう。フィノやマンサリーニャのすっきり辛口シェリー酒には、魚介類特に白身の魚に合います。塩漬けの食品やピクルスなどの酸味にも合いますよ。マイルドなチーズとの相性もよいのでおすすめです。

アモンティリャ―ドにはナッツや燻製した食品が合います。またスープや中華料理のソース系にも好相性です。チーズなら熟成したチーズがぴったりですよ。オロロソやパロ・コルタドには赤身の肉料理やジビエなどに合いますよ。こちらも熟成したチーズがおすすめのマッチングです。

ペイルクリーム、ミディアム、クリームはフォアグラや生フルーツによく合います。また中華のスパイシーな料理もクリーム系のシェリー酒とは相性ぴったりです。甘口のクリーム系はデザートにも合うのでお試しください。モスカルテス、ペドロ・ヒメネスはあらゆるデザートに合いますよ。フルーツ、アイスクリーム、ケーキを一緒にどうぞ。ペドロ・ヒメネスは青カビ系チーズにもおすすめです。

シェリー酒を使った料理も紹介

ワインや日本酒も料理に使われるように、シェリー酒を使った料理もたくさんあります。シェリー酒を使うと料理の味に深みがでて、煮込み料理など美味しくなります。またシェリー酒の香りが肉のくさみ消しになる効果もありますよ。

シェリー酒で作った料理は、当然シェリー酒に合うのでお酒のお供にもぴったりですね。度数が高いシェリー酒は、栓をあけても酸化しにくいメリットもあります。無駄にならなくてたすかりますね。

牛肉のシェリー酒煮込み

牛肉のかたまり肉を、シェリー酒で煮込む料理です。お肉は両面しっかり焼き目をつけて、にんにくで炒めた玉ねぎにトマト缶とシェリー酒を加えてトマトソースで煮ていきます。シェリー酒は甘口でも辛口でも美味しく仕上がります。シェリー酒とはもちろん、赤ワインと食べても美味しい肉料理です。

春キャベツのシンプルパスタ

パスタにもシェリー酒を使うと味わい深い一味違うパスタになります。入れるのがシェリー酒とはおしゃれでプロっぽい隠し味ですよね。白ワインで代用できますが、飲めますのでシェリー酒をぜひ手に入れてください。

通常の春キャベツパスタのレシピでパスタを作り、白ワインの部分をシェリー酒で作るだけです。春キャベツの甘みをまし、ベーコンの肉感とシェリーの香りがぴったりです。ベーコンは脂が出るまでよく炒めるのがコツですよ。パスタと一緒にシェリー酒もどうぞ。

シェリー酒を使ったスイーツアレンジ

甘口シェリー酒は、アイスにかけたりホットチョコに混ぜたり、楽しみ方のバリエーションが豊富です。そのままでもデザートになるのですがスイーツと合わせれば本格デザートに変身します。

カヌレにホイップクリームをかけて、上から少量のクリームシェリー酒をかけます。カステラにチーズケーキアイスクリームと乗せて、上からクリームシェリー酒を少々かけます。あぁ、大人のデザートですね。普通のスイーツが上品で大人なデザートに早変わりしてしまうんです。

知らなかったシェリー酒の扉を開きましょう

シェリー酒未体験者は、飲みたくなってしまいますよね。シェリー酒は知っていた人も、なんとなく今まで持っていたシェリー酒に対するイメージが変わったのではないでしょうか。シェリー酒とは、ワインとは違う魅力を持った幅広いシーンで飲み方が楽しめるお酒だということが分かりました。

まずは初心者向けのシェリー酒からでもいいですし、甘口が好みの人はとろける口当たりのクリームタイプのシェリー酒からでも始めてみませんか。この記事を最後まで読んでしまった人なら、きっと一本手に取ってみることになるでしょう。


評価 4.9/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ