オールシーズンタイヤのおすすめ・選び方!スタッドレスと性能の違いは?

オールシーズンタイヤを知っているでしょうか?車に乗る方ですと、利用しているかもしれません。今回はオールシーズンタイヤにスポットを当て、おすすめのタイヤや選び方、そしてスタッドレスと性能の違いを、お伝えしていこうと思います。参考にしてみてください。

オールシーズンタイヤのおすすめ・選び方!スタッドレスと性能の違いは?

目次

  1. オールシーズンタイヤを知り、安全運転を目指そう!
  2. オールシーズンタイヤとは、どんなタイヤなのか?
  3. オールシーズンタイヤとスタッドレスタイヤとの違いについて
  4. オールシーズンタイヤのメリットとは?
  5. オールシーズンタイヤのデメリットとは?
  6. 日本でオールシーズンタイヤが普及しない理由について
  7. オールシーズンタイヤの価格はどのくらいなのか?
  8. オールシーズンタイヤの選び方とは
  9. オールシーズンタイヤを選ぶ際の注意点とは?
  10. コストパフォーマンス抜群!ピレリ「Scorpion.Verde.All.Season」
  11. 路面を選ばない走りが魅力!ファルケン「EUROWINTER.HS449」
  12. 低燃費性能で経済的!ダンロップ「エナセーブNEXT」
  13. 安定性を確立したタイヤでおすすめ!ブリヂストン「Nextry」
  14. ハンドリング性能に優れている!ミシュランタイヤ「ENERGY.E3B.1」
  15. エコ性能ナンバーワン!ブリヂストン「Ecopia.EP001S」
  16. 走りと安定性がバランスよく実現!ミシュランタイヤ「エナジーXM1」
  17. お手頃価格で人気!グッドイヤー「Vector4.Seasons」
  18. タフな走りを約束!ミシュランタイヤ「LATITUDE.CROSS」
  19. 人気ナンバーワンで性能が高い!グッドイヤー「Vector4.Seasons.Hybrid」
  20. オールシーズンタイヤはアリなのか?ナシなのか?
  21. 【まとめ】オールシーズンタイヤは1年を通して利用できる便利なタイヤ!

オールシーズンタイヤを知り、安全運転を目指そう!

皆さんは自動車に乗るでしょうか?自動車に乗っていると、季節によって、タイヤを交換しなければなりませんよね?特に寒冷地にお住いの方は、冬用にスタッドレスタイヤや、チェーンを持っているのではないでしょうか?そんな、自動車のタイヤですが、今、密かに注目を集めているタイヤがあります。それは何でしょうか?

「オールシーズンタイヤ」に人気が集まっています。今回は、オールシーズンタイヤにスポットを当て、おすすめの商品や安全を目指すための選び方、性能や、スタッドレスタイヤとの違いなどを、いろいろお伝えしていこうと思います。タイヤは自動車の安全のために必要不可欠なパーツです。しっかり勉強していきましょう。ぜひ、参考にしてみてください。

タイヤチェーンのおすすめを紹介!付け方や価格・種類など選び方は? | MensModern[メンズモダン]

オールシーズンタイヤとは、どんなタイヤなのか?

オールシーズンタイヤは、一年を通して使えるタイヤ!

オールシーズンタイヤとは、どのようなタイヤでしょうか?言葉の響きから、何となく想像できると思いますが、その名の通り、1年を通して使えるタイヤのことを「オールシーズンタイヤ」と呼んでいます。また、別名「全天候タイヤ」とも言います。オールシーズンタイヤは、ノーマルタイヤと、スタッドレス対イヤの良いところを兼ね備えているタイヤなのです。

寒冷地に住んでいる方ですと、冬になったらスタッドレスタイヤに交換するというのが当たり前だと思います。けれど、冬が来るたびにタイヤの交換をするのは、意外に手間になりますし、何よりも面倒ですよね。そのような時は、オールシーズンタイヤが便利です。実は、海外では新車に標準装備されるほど、当たり前になっているタイヤなのです。

日本ではあまり馴染みがないタイヤなのですが、最近は注目されつつあるタイヤです。オールシーズンタイヤであれば、冬になるたびに、スタッドレスタイヤに切り替える必要がありませんし、ノーマルタイヤやスタッドレスタイヤなどの交換するタイヤの場所をとらないので、保管場所にも困りません。オールシーズンタイヤは便利でおすすめのタイヤです。

スパイクタイヤとスタッドレスタイヤの違いは?罰則や指定・禁止地域も調査 | MensModern[メンズモダン]

オールシーズンタイヤとスタッドレスタイヤとの違いについて

オールシーズンタイヤは、性能に優れているタイヤなのでおすすめ!

オールシーズンタイヤの性能を見ていきましょう。一体、どのような性能があるのでしょうか?1年を通して利用できるタイヤがオールシーズンタイヤなので、やはり、性能が高くないと使えませんよね。基本的に、オールシーズンタイヤには、ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの両方の性能が兼ね備えられています。それぞれの違いや性能を見ていきましょう。

ノーマルタイヤとして性能とは?

オールシーズンタイヤとノーマルタイヤには違いはあるのでしょうか?一般的に、オールシーズンタイヤとノーマルタイヤの間には、さほど性能の差はがありません。ほぼ、同じように走れるのが特徴です。但し、ノーマルタイヤとの違いが少しあります。その違いとは、グリップ力の違いです。ノーマルタイヤに比べ、オールシーズンタイヤはグリップ力が弱い傾向があります。

グリップ力が弱い違いがあるので、乾いた路面を走行するときは、やや性能に劣る場合があるでしょう。とはいっても、運転に支障が出るような、問題ではありません。些細な違いなので、特に問題にすることなく、安心して運転することが可能です。オールシーズンタイヤは1年を通して使えるタイヤなので、一定の性能があるのが魅力と言えます。

スタッドレスタイヤとしての性能とは?

ノーマルタイヤと違い、スタッドレスタイヤとオールシーズンタイヤには性能の違いがあります。それは何でしょうか?制動距離に違いが出るのです。雪道を走行し、制動した場合、スタッドレスタイヤは制動距離が約13メートルになりますが、オールシーズンは約15メートルになり、制動距離に違いが発生しています。

冬場のタイヤに求めらえるのは、やはり雪道でも安心して止まれるのかということでしょう。国産のオールシーズンタイヤと欧州産のオールシーズンタイヤと種類が分かれますが、国産の方が制動距離が短く、欧州産は長い傾向があります。そのため、冬場にオールシーズンタイヤを使うなら国産のタイヤの方が優れているのでおすすめです。

国産のオールシーズンタイヤや、アジア製のオールシーズンタイヤは、スタッドレスタイヤと比べても、冬のタイヤとしての性能は優れています。この場合は、1年を通して快適に運転ができるでしょう。但し、凍結路面となると、話は変わってきます。凍結路面ではオールシーズンタイヤでは対応できないケースがあります。このような場合はスタッドレスタイヤにされると良いです。

軽自動車に車庫証明は必要?不要な地域や必要書類・費用などを解説 | MensModern[メンズモダン]

オールシーズンタイヤのメリットとは?

さまざまなメリットがあるのが、オールシーズンタイヤの魅力!

オールシーズンタイヤのメリットはどのようなものでしょうか?大きなメリットは、やはり季節ごとにタイヤを交換する必要がないことでしょう。これは大きなメリットですよね。また、突然雪が降って来たとしても、慌てずに対処できるので、より安心した運転が可能です。それ以外にもメリットがあります。

タイヤ交換の際の工賃を抑えられますし、外したタイヤの置き場所にも困りません。夏用、冬用のタイヤと両方のタイヤを買うよりも、オールシーズンタイヤを一つ購入した方が、安上がりなので、費用が抑えらえるのもメリットと言えるでしょう。また、高速道路の冬用タイヤの規制にも引っ掛からないので、安心して運転ができるようになっています。

ボクサーエンジンとは?構造や特徴・メリットや搭載車まで徹底解説 | MensModern[メンズモダン]

オールシーズンタイヤのデメリットとは?

少なからず、オールシーズンタイヤにもデメリットはある

オールシーズンタイヤのデメリットはどのような点でしょうか?やはり、メリットだけでなく、少なからずデメリットもあるようです。オールシーズンタイヤのデメリットを確認していきましょう。既に少し述べましたが、オールシーズンタイヤは凍結した道では性能を発揮できません。凍結した路面では、スタッドレスタイヤが良いでしょう。

燃費の性能やグリップ力はそこそこなので、過度な期待はできません。それでも通常運転する分には問題ありません。また、タイヤの選択肢が少ないというものデメリットと言えます。日本ではオールシーズンタイヤはまだまだ知名度が低く、タイヤの数が少ないのです。最後に、厳しい寒冷地ではチェーンとの併用が推奨されます。これらがデメリットと言えるでしょう。

アフターファイヤーの原因とは?車体への影響と対策・対処法を解説 | MensModern[メンズモダン]

日本でオールシーズンタイヤが普及しない理由について

日本人のタイヤに対する考え方が、普及しない大きな理由になっている

北米やヨーロッパでは、オールシーズンタイヤは主流になっています。新車でも標準装備されるくらいメジャーなタイヤなのです。それが、どうして日本では主流のタイヤにならないのでしょうか?これは、日本人のタイヤに対する考え方に原因があると言われています。日本では、タイヤをドレスアップの対象して考えたり、車の一部としてタイヤの性能を考えています。

また、車道しては、狭い道も多く存在している上に、道路に対する自動車の密度も高いので、事故時に被害が大きくなりやすくなり、タイヤに対する安全性は重視される傾向があります。このため、日本では冬以外の時期はハイグリップタイヤや、エコタイヤを望む傾向があり、冬になると、チェーンのいらないスタッドレスタイヤが求められます。

1年を通して、利用できるオールシーズンタイヤは非常に便利なタイヤなのですが、日本ではナシとされている背景にはこのような理由があるのです。ノーマルタイヤ、スタッドレスタイヤの性能を持っているのですが、中途半端な性能のタイヤとしてのレッテルを貼られているのも事実です。オールシーズンタイヤは、本当は魅力あるタイヤなので、もったいない話ですよね。

縦列駐車のコツを詳しく解説!運転が苦手な人向けの簡単なやり方・手順は? | MensModern[メンズモダン]

オールシーズンタイヤの価格はどのくらいなのか?

オールシーズンタイヤの価格を知り、適切にタイヤ交換できるようになろう!

オールシーズンタイヤに交換したいと考えた時、やはり気になるのは、その価格ではないでしょうか?いくら性能が良いタイヤだとしても、価格が高すぎると、躊躇してしまいますよね。一般的に、オールシーズンタイヤの価格はどのくらいなのでしょうか?オールシーズンタイヤの価格帯は、タイヤのインチ数にもよりますが、4本セットで2~5万円程度です。

こちらの値段はホイールなしの値段なので、ホイールが含まれると、もう少し価格は上がります。ほとんどの人が自動車のタイヤを4本セットで購入すると思うので、高くても、価格は5万円程度で収まります。少し高い印象がありますが、夏場、冬場とタイヤを別々に揃えるよりは割安になります。1本当たり5,000円~1万円程度なので、おすすめではあります。

ガルウィングとは?バタフライ・シザーなどドアの種類の違いや車種を解説 | MensModern[メンズモダン]

オールシーズンタイヤの選び方とは

オールシーズンタイヤには、選び方のポイントがあるので見ていこう!

オールシーズンタイヤの平均的な価格が分かったところで、次は選び方を見ていきましょう。オールシーズンタイヤには選び方のポイントがあります。どのような選び方をすれば良いのでしょうか?基本的な選び方として、まず押さえておきたいのはタイヤの側面に刻印されている文字です。「SNOW」「M+S」と刻印されているオールシーズンタイヤを選びましょう。

また「スノーフレークマーク」というマークが刻印されているかも注目するポイントです。一般的なオールシーズンタイヤの選び方として、この2つの刻印がされているオールシーズンタイヤがおすすめになります。この刻印の意味を見ていきましょう。「SNOW」は雪用を意味し、「M+S」は泥と雪用を意味します。

スノーフレークマークといのは、ASTMという世界最大の国際標準規格であり、試験において、厳しい豪雪地帯でも、十分な性能を発揮すると認めらたことを意味しています。第三者機関が性能を認めたことを証明しているので、信頼できるタイヤというわけです。選び方で迷ったら、このようなオールシーズンタイヤを選ばれると良いでしょう。

寒冷地仕様の車とは?普通車との違いやメリット・デメリットも解説 | MensModern[メンズモダン]

オールシーズンタイヤを選ぶ際の注意点とは?

オールシーズンタイヤは、氷上走行性能は期待できないので注意!

オールシーズンタイヤのデメリットの項でも少し述べましたが、オールシーズンタイヤは氷上走行の性能には優れていません。そのため凍結した路面を運転する際には注意が必要です。日本にいると、路面凍結を考慮してタイヤを選ぶと思いますが、海外ではさほど気にされていないようです。氷上性能よりも、冬場の高速走行や夏場使えるかということが大事にされています。

このような理由があるため、冬場の凍結した路面では、オールシーズンタイヤは使えません。チェーンを巻いて対応したり、冬用のスタッドレスに交換する必要があるのです。少し面倒ではあるのですが、安全性を高めるために、オールシーズンタイヤで氷上を走行しないようにしましょう。選び方の注意点として覚えておくと、安全に走行ができます。

マッスルカーがワイルドでかっこいい!人気の車種を画像付きで紹介 | MensModern[メンズモダン]

コストパフォーマンス抜群!ピレリ「Scorpion.Verde.All.Season」

高い性能があるオールシーズンタイヤでおすすめ!

ピレリのオールシーズンタイヤはコストパフォーマンスに優れているので、とてもおすすめです。あらゆる路面でも安定した走行ができるオールシーズンタイヤとなっています。海外メーカーのタイヤですが、日本の冬にも対応しており、環境性能にも優れているので、非常に長く使えます。1本当たりの価格は10,740円となっています。

こちらのオールシーズンタイヤは車種を選びません。SUVやクロスオーバー4×4に最適なツーリングオールシーズンタイヤです。適正化されたピッチ配列と位相合わせにより、車内の騒音を軽減します。また、最適化されたプロファイルと革新素材により、燃焼消費及びCO2の排出量を軽減しています。オフロード機能だけでなく、高いオールシーズン性能があります。

予算は300万円で!新車購入におすすめの車【国産車&輸入車】 | MensModern[メンズモダン]

路面を選ばない走りが魅力!ファルケン「EUROWINTER.HS449」

日本の四季に対応したオールシーズンタイヤでおすすめ!

ファルケンから登場しているオールシーズンタイヤ「EUROWINTER HS449」もおすすめです。路面を選ばないタイプのオールシーズンタイヤなので、高いトレッド剛性でコーナリングもスムーズです。日本の四季に対応した操縦安定性能をドライバーに提供してくれます。やはり、どんな季節でも安心して乗れることは大きなメリットですね。

突然の雪にも高い安心感を誇り、チェーン規制にも対応した、万能の性能を兼ね備えたオールシーズンタイヤです。日常的な走行では、ドライ・ウエット両面で操縦安定性能を確保しながら、一方ではスタッドレスに交換する手間を省くので、経済的な負担が少ないオールシーズンタイヤです。選び方で迷ったら、ぜひ検討してみてください。

運転しやすい車ランキング!初心者・女性におすすめの車種の特徴は? | MensModern[メンズモダン]

低燃費性能で経済的!ダンロップ「エナセーブNEXT」

環境性能に優れた、違いのあるオールシーズンタイヤ!

ダンロップから販売されている「エナセーブNEXT」は低燃費性能とグリップ性能に特化したオールシーズンタイヤなのでおすすめです。タイヤの性能として、低燃費性とグリップ性は非常に重要な意味を持ちますが、この2つに加え、環境性能にも優れているオールシーズンタイヤになります。また、ドライバーのお財布にも優しいオールシーズンタイヤです。

価格は1本当たり、約15,000円になりますが、高いエコ性能があるので、おすすめと言えます。ダンロップはイギリスを発祥とするタイヤメーカーで、非常に歴史あるメーカーです。オールシーズンタイヤも質の高い商品が多数登場しているので、ピッタリのオールシーズンタイヤが見つかるでしょう。安心感を得たい方は、ダンロップの「エナセーブNEXT」がおすすめです。

ホットハッチおすすめランキング!国産・輸入車の人気車種まとめ | MensModern[メンズモダン]

安定性を確立したタイヤでおすすめ!ブリヂストン「Nextry」

サイズラインナップも豊富なオールシーズンタイヤ!

ブリヂストンのオールシーズンタイヤ「Nextry」もおすすめです。タイヤの各部位の重量を調整することで、さらなる安定性を確立しています。また、最適化された重量なので、転がり抵抗を向上させ、あやゆる路面での走行が得意です。こちらのオールシーズンタイヤは、他のタイヤと違い、サイズラインナップが豊富になっています。

そのため、セダンから軽自動車まで搭載することができるので、非常に万能なオールシーズンタイヤです。「ウィット性能」「ドライ性能」「乗り心地」こららの基本性能をきちんと確保しているので、非常に安心して運転ができるようになっています。手ごろな価格なので、選び方で迷ったら、ブリヂストンを選んでも良いと思います。おすすめのオールシーズンタイヤです。

自動車メーカー最強ランキング!販売台数・世界シェア率など徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

ハンドリング性能に優れている!ミシュランタイヤ「ENERGY.E3B.1」

サマータイヤだが、オールシーズン使えるので人気!

ミシュランから登場しているオールシーズンタイヤをご紹介しましょう。こちらのタイヤはサマータイヤなのですが、性能が高いのでオールシーズン使えます。ハンドリング性能に優れ、しっかりとしたドライ路面走行と、ウェット路面走行が可能です。また、耐摩耗性も素晴らしいので、とてもエコなタイヤと言えるでしょう。選び方の参考にしてみてください。

コンパクトカースライドカー車人気比較!ファミリー向け人気車は? | MensModern[メンズモダン]

エコ性能ナンバーワン!ブリヂストン「Ecopia.EP001S」

より低燃費で、長い距離を走行できるオールシーズンタイヤ!

オールシーズンタイヤの選び方として、エコな商品を選びたいと思いませんか?タイヤは安い買い物ではないので、長く使いたいものですよね。そこでおすすめなのが、ブリヂストンの「Ecopia EP001S」です。こちらのタイヤは、非常にエコなタイヤで人気が高くなっています。エコタイヤの頂点と呼ばれ、経済性に優れています。

エコなタイヤですが、タイヤとしても性能も抜群です。良く転がるように設計されているので、より低燃費に長い距離を走行できます。それだけでなく、ブレーキ性能にも優れているので、濡れた路面でもしっかりと止まることができます。エコと安全性が上手く融合したおすすめのオールシーズンタイヤです。

軽自動車でターボ付きの人気ランキング!燃費・価格などおすすめを徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

走りと安定性がバランスよく実現!ミシュランタイヤ「エナジーXM1」

日本の走行環境に適したオールシーズンタイヤでおすすめ!

ミシュランタイヤの「XM1」は走りと安定性の両方をバランスよく実現したオールシーズンタイヤです。ハンドリング性能にも素晴らしく、コーナーリングもスムーズに行えます。静粛性と乗り心地の良さを追求し、日本の走行環境に適したスタンダードタイヤです。優れた走りの基本性能を備え、ミニバン等にも対応するタイヤ構造を採用しています。

デロリアンは中古で買える?実車の販売情報と値段の相場を徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

お手頃価格で人気!グッドイヤー「Vector4.Seasons」

夏から冬、あらゆる道で活躍するオールシーズンタイヤ!

グッドイヤーから販売されている「Vector 4 Seasons」もおすすめのオールシーズンタイヤです。こちらのタイヤは旧式のモデルになりますが、性能は決して低くありません。また、値段も14,000円なのでお手ごろな価格になっています。都市部のドライブのみでしたら、夏のドライ路面でも、梅雨のウェット路面や冬の路面でも活躍してくれます。

車庫入れのコツを徹底解説!運転が苦手な初心者向けバック駐車の方法 | MensModern[メンズモダン]

タフな走りを約束!ミシュランタイヤ「LATITUDE.CROSS」

オフロードにも対応しているオールシーズンタイヤ!

ミシュランタイヤから登場しているオールシーズンタイヤ「LATITUDE CROSS」もおすすめです。こちらのタイヤは、過酷な路面をしっかりとグリップするオールシーズンタイヤです。タフな走りをドライバーに約束してくれます。タイヤの価格が約6万円と高価な部類に入るのですが、やはり性能が高いタイヤになっています。

タフな性能がありますが、見た目だけではありません。ロングライフ性にも優れています。また、耐摩耗性の強い素材で開発されているので、オンロードだけでなく、オフロードを走行しても環境性能に優れています。オールシーズンタイヤとしては、これ以上ない性能が詰め込まれているので、納得した走りを約束してくれます。

アイドリングストップ車用バッテリーの選び方!人気の種類や価格・寿命は? | MensModern[メンズモダン]

人気ナンバーワンで性能が高い!グッドイヤー「Vector4.Seasons.Hybrid」

通常走行から雪道まで、圧倒的な安定性があるオールシーズンタイヤ!

グッドイヤーから登場しているオールシーズンタイヤ「Vector 4 Seasons Hybrid」がおすすめです。人気ナンバーワンのオールシーズンタイヤで、高い安定性があります。既に紹介した「Vector 4 Seasons」のアップグレード版が、このタイヤです。このオールシーズンタイヤは、全モデルから比べると、さらに走行性能が改良されています。

ドライ路面やウェット路面だけでなく、雪道の走行性能が向上しています。日本の四季に合わせた走りが可能なオールシーズンタイヤです。価格も約7,000円と非常に購入しやすく、それでいて日本国内生産になっています。オールシーズンタイヤの選び方で迷ったら、グッドイヤーの「Vector 4 Seasons Hybrid」がおすすめです。ぜひ、参考にしてみてください。

ハリアーの維持費は高い?車検費用や月々・年間の税金やガソリン代など調査 | MensModern[メンズモダン]

オールシーズンタイヤはアリなのか?ナシなのか?

オールシーズンタイヤを再考察していこう!

1年を通して利用できるオールシーズンタイヤは、アリなのでしょうか?ここでもう一度再考察していきましょう。メリットが多いですが、氷上走行ができなかったり、エコタイヤのような燃費性能もありません。メリットはあるのですが、なんとかく中途半端なタイヤという印象を抱く人も多いかもしれません。

しかし、1年を通して利用できるのは大きなポイントです。冬場でも小雪まじりの天候であれば、問題なく安心して運転が可能です。これは評価できる点でしょう。所有する愛車の特性をよく理解して、純正タイヤと同じくらいの性能があれば良いと考えるのであれば、冬場も使えるオールシーズンタイヤを選ぶのは、選択肢として「アリ」なのではないでしょうか?

クルーズコントロールとは?使い方や燃費の節約・搭載車種など徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

【まとめ】オールシーズンタイヤは1年を通して利用できる便利なタイヤ!

日本には四季がはっきりとありますから、季節によって自動車のタイヤを変えるのは面倒ですよね。そのような中「オールシーズンタイヤ」に注目が集まっています。1年を通して利用できるは嬉しいポイントですよね。今回はオールシーズンタイヤの特徴やメリット、選び方、おすすめの商品を紹介しました。快適な運転のため、ぜひ、参考にしてみてください。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ