犬のトイレのしつけ方!基本・実践で成功するポイントと失敗する理由は?

今回は犬のトイレのしつけ方についてお伝えしたいと思います。犬のトイレのしつけの基本や実践で成功するポイント、また、しつけが失敗する理由はどんなことが挙げられるのかなど紹介したいと思いますので、是非犬を飼われていらっしゃる方はご覧ください。

犬のトイレのしつけ方!基本・実践で成功するポイントと失敗する理由は?

目次

  1. 犬のトイレのしつけ方!基本・実践で成功するポイントや失敗する理由などを紹介します
  2. 失敗しても怒らない
  3. 犬がトレイの場所以外でした時はその場所を綺麗にする
  4. トイレを設置した場所でちゃんと出来た時は褒める
  5. 毎日、トイレを綺麗に掃除する
  6. トイレのサイズを考える
  7. トイレの数を増やす
  8. 成犬のトイレのしつけに時間をかける
  9. 柔らかい敷物は慣れるまで控える
  10. 犬のトイレには根気よくしつけること
  11. オス対応のトイレを作る
  12. トイレの場所に臭いが残っている
  13. 犬がケガをしている
  14. トイレが気に入らない
  15. トイレのことで怒られることが多い
  16. わざとトイレを失敗する
  17. 【まとめ】犬のトイレのしつけ方!基本・実践で成功するポイントや失敗する理由

犬のトイレのしつけ方!基本・実践で成功するポイントや失敗する理由などを紹介します

犬を飼われていらっしゃる方の中でトイレのしつけがうまくいかず失敗してしまう方、いらっしゃるのではないでしょうか?失敗する理由とは一体、なんでしょうか?犬のトイレのしつけ方がまだ、わからない方は今回紹介する犬のトイレのしつけの基本や実践で成功するポイントなどをご覧になって参考にしてみて頂ければと思います。

犬にきゅうりを与えても大丈夫?水分補給の効果などメリットと注意点まとめ | MensModern[メンズモダン]

失敗しても怒らない

犬のトイレでのしつけの基本・実践で成功するポイント1

最初にお伝えする犬のトイレでのしつけの基本・実践で成功するポイントは、失敗しても怒らないです。犬のしつけをまだ出来てない時は、犬はいろんな場所で用を足してしまいます。なぜなら、どこでやっても誰にも怒られないし、しつけられていないからです。ちゃんと家のある場所にトイレを設置しても、犬がしない時はあります。

そんな時に怒ってしまってはだめだと言われています。怒ってしまうと犬がトレイをしてはいけないと思ってしまい、萎縮してトイレをしなくなってしまうと言われていますので、決して犬をトイレの場所に以外でしたとしても怒ってはいけないのです。怒るよりも、トイレの場所でするように言い聞かせることが大事なことだと思います。

犬にいちごを与えても大丈夫?正しい量と栄養のメリット・デメリットを紹介 | MensModern[メンズモダン]

犬がトレイの場所以外でした時はその場所を綺麗にする

犬のトイレでのしつけの基本・実践で成功するポイント

次にお伝えする犬のトイレでのしつけの基本・実践で成功するポイントは、トレイの場所以外でした時はその場所を綺麗にすることです。家の中でせっかく犬のためにトイレを設置したのに、トイレ以外の場所で犬が用を足した時はその場所を綺麗に臭いが残らないように掃除することが大事になってきます。これはとても重要なことです。

もし、犬が所定の場所でトイレした時の臭いが残ってしまうと、また、そこで犬がトレイをすることになると思いますので、匂いを少しでも残さないようにしてください。犬の臭いが残らないような洗剤をスーパーやドラッグストアなどで購入して使ってみてください。少しでも犬のトイレをした臭いを残さないようにしてくださいね。

犬にぶどうを与えてはダメ!注意点と誤って食べた時の対処法まとめ | MensModern[メンズモダン]

トイレを設置した場所でちゃんと出来た時は褒める

犬のトイレでのしつけの基本・実践で成功するポイント3

次にお伝えする犬のトイレでのしつけの基本・実践で成功するポイントは、トイレを設置した場所でちゃんと出来た時は褒めることです。褒めてあげることは犬にとってとても良いことです。犬に所定の場所でのトイレをしたことを褒めてあげることで、犬の頭の中ではここでトイレをするものだと認識しますので、褒めることは効果的と言えます。

また、所定の場所で犬がトイレをした時、褒めるのもありですが犬の好きな食べ物を食べさせるのも良いことだと言われています。この方法で犬にここでトイレをするんだよと言い聞かせましょう。犬が学習して、所定の場所のトイレでしてくれるとしつけの効果がでたことになりますので、諦めずに犬にトレイのしつけをしましょう。

犬に大根をあげるときの注意点!栄養のある皮や葉の正しい与え方は? | MensModern[メンズモダン]

毎日、トイレを綺麗に掃除する

犬のトイレでのしつけの基本・実践で成功するポイント4

次にお伝えする犬のトイレでのしつけの基本・実践で成功するポイントは、毎日、トイレを綺麗に掃除することです。人間もトイレやお風呂など綺麗に毎日掃除して清潔にしていると思います。犬も同じでトイレが汚いと、トイレんをしない場合がありますので、いつもトイレは清潔に毎日、保たないといけないと思います。

犬がトイレをした後、シートを変えたりして常に清潔にしておいてください。結構、大変な作業になるかと思いますが、犬の健康にも関わってきますので、犬がトレイをした後はシート交換を後回しにしないで、その場で新しいシートを交換するのがベストだと思います。犬のために飼い主は頑張ってトレイをいつも清潔に保っておきましょう。

犬は納豆を食べるとどんな効果がある?与え方・おすすめレシピと注意点は? | MensModern[メンズモダン]

トイレのサイズを考える

犬のトイレでのしつけの基本・実践で成功するポイント5

次にお伝えする犬のトイレでのしつけの基本・実践で成功するポイントは、トイレのサイズを考えることです。犬のトレイのしつけで成功させるポイントはいくつもあると思いますが、犬の大きさによってトイレのサイズを用意することも大事な一つになります。例えば、中型犬の場合、トイレの大きさが少し小さかったりすると、なかなかトイレが出来ないことがあると思います。

そうなると、犬の方がとてもストレスを抱えてしまい、別の場所でトイレをしてしまう場合がありますので、注意が必要になります。せっかくトイレを用意したのに犬の方が大きくてトイレをしずらい場合、しつけてもなかなか良い効果が出ないと思います。ですから、犬のサイズを考えて、犬がトイレをしやすい大きさのトレイを用意することが大切です。

トイレの数を増やす

犬のトイレでのしつけの基本・実践で成功するポイント6

次にお伝えする犬のトイレでのしつけの基本・実践で成功するポイントは、トイレの数を増やすことです。トイレの数を増やすことで犬がトレイをする場所が選べますのでしつけやすいと思います。家の中でトイレを一つだけ用意していると、しつけてもなかなかそのトイレで犬がしてくれないことがあると思います。

そういう場合は犬にトイレを選べるように、家の中にいくつかのトイレを用意しておくとしつけも楽だと思います。部屋の大きさにもよりますが、1つのトイレより2つのトイレを設置して犬に選ばせるようにした方が犬がしやすいと思います。現在、家の中に1つだけのトイレを設置している方は2つ以上のトイレを設置することをおすすめしたいと思います。

成犬のトイレのしつけに時間をかける

犬のトイレでのしつけの基本・実践で成功するポイント7

次にお伝えする犬のトイレでのしつけの基本・実践で成功するポイントは、成犬のトイレのしつけに時間をかけることです。子犬の場合のトイレのしつけはトレーニングをすれば、そんなに時間をかけなくてもトイレの場所で用を足してくれるかと思いますが、成犬のトイレのしつけをする場合、とても時間がかかると言われています。

成犬の場合、どうしてトイレのしつけに時間がかかるかといいますと、既に習慣化したことを変えなければいけないので、トレイをしつけがとても時間がかかります。ですから、飼い主の方は成犬のトイレのしつけに長い時間をかけてコツコツと行わないといけないのです。飼い主の方はうまくいかない時など、犬に怒らないようにしましょう。

柔らかい敷物は慣れるまで控える

犬のトイレでのしつけの基本・実践で成功するポイント8

次にお伝えする犬のトイレでのしつけの基本・実践で成功するポイントは、柔らかい敷物は慣れるまで控えることです。これは犬のトイレを設置する部屋の敷物に注意が必要だということです。犬は足場の感覚でトイレかどうかを確認すると言われていますので、慣れるまで避けるべき敷物はマットや絨毯などの柔らかいものは避けた方がよいそうです。

犬が足場の感覚でトイレかどうかを確認することをご存知ない飼い主の方、多くいらっしゃるかと思います。犬のトイレをしつけを始める時は部屋の敷物を硬い物にした方が、トイレのしつけに効果的ですので、やってみて下さい。マットや絨毯などの柔らかい敷物はトイレを犬が勘違いして、そこでしてしまうことがあるそうです。

犬のトイレには根気よくしつけること

犬のトイレでのしつけの基本・実践で成功するポイント9

次にお伝えする犬のトイレでのしつけの基本・実践で成功するポイントは、根気よくトイレをしつけることです。子犬のトイレのしつけの場合はそんなに時間をかけずに行うことができるので、大変ではないと思いますが、問題は成犬です。犬のトイレのしつけがうまくいかないとイライラしてしまいますよね。

「なぜ、この場所でトイレをしてくれないの?」や「しつけているのに、どうしてしないの?」などイライラされれると思います。飼い主が犬のトイレのしつけでイライラする気持ちはわかりますが、イライラしているところを犬がみてしまうと、恐怖に感じてしまいます。ですから、イライラしないで時間をかけてゆっくり犬にトイレのしつけを行いましょう。

オス対応のトイレを作る

犬のトイレでのしつけの基本・実践で成功するポイント10

次にお伝えする犬のトイレでのしつけの基本・実践で成功するポイントは、オス対応のトイレを作ることです。これはオスの犬によく起きることですが、オスの犬がトレイをする時、足をあげてすることがありますので、下方向ではなく斜めの方向などに排出することがありますので、オス対応のトイレ作りが大事になると思います。

では、オス対応のトレイというのはどういうことかというとゲージなどにトイレを作る場合はゲージの全ての側面にシートを張り付けることが大事なポイントだと思います。側面にシートを張ることで犬が足をあげて排出しても部屋が汚れないと思います。そういうゲージを作って、オスの犬にはその中でトイレをするようにしつけましょう。

トイレの場所に臭いが残っている

犬のトイレのしつけを失敗する理由1

次にお伝えする犬のトイレのしつけを失敗する理由は、トイレの場所に臭いが残っていることです。犬はトイレの場所に前、排出した臭いが残っていると、なかなかしずらくなってしまいます。犬がクンクンしつこく臭いを嗅いでいたり、トイレの周りをクンクンしたりしていたら、臭いがするのだと思いますので、臭いを消してあげましょう。

臭いを完全に消してあげないと犬は少しでも臭いがあるとトイレをしない場合もありますので、消臭剤などを使って完全にトイレの臭いを消してあげましょう。消臭剤やトレイを掃除し終わった時に飼い主が臭いを嗅いで臭いがしないかを確認したら、犬にトイレをしてもらうようにした方が良いと思います。トイレが出来ないことでストレスを感じる場合もあります。

犬がケガをしている

犬のトイレのしつけを失敗する理由2

次にお伝えする犬のトイレのしつけを失敗する理由は、ケガをしていることです。犬が怪我をしている時、トイレのある場所まで行くことが出来ない時は、トイレの場所まで行けないので、犬のいる場所の近くでトイレをする場合があります。ですから、いつもの場所でトイレをしていない時は犬がいる場所の付近が臭わないか確認してみてください。

それと、犬が怪我をしているかどうかも確認をした方が良いかと思います。例えば、いつもと歩き方が違うとか、様子が変だとか、犬の状態を確認してみてください。いつもの場所でトイレをしないで、別の場所でトイレをしたとしても飼い主は怒りたい気持ちがあっても抑えて怪我をしているのかもしれないと考えましょう。

トイレが気に入らない

犬のトイレのしつけを失敗する理由3

次にお伝えする犬のトイレのしつけを失敗する理由は、トイレが気に入らないことです。犬がトイレをしようと思っても場所が変わったり、トイレの大きさが変わったり、トイレシートをいつもと違うものに交換したなどあった時に気にいることができず、トイレをしないことがあるようです。環境の変化に犬はとても敏感なことがわかります。

トイレの場所は1回ある場所に設置したのでしたら、そこから場所を変えない方が犬にとってはトイレをする場所を覚えていますし、やりやすいと思います。場所が変わってしまうとストレスに感じる犬も中にはいると思いますので、気をつける必要があります。トイレシートについてもいつも同じメーカーの同じ種類のものを使うようにしましょう。

トイレのことで怒られることが多い

犬のトイレのしつけを失敗する理由4

次にお伝えする犬のトイレのしつけを失敗する理由は、トイレのことで犬を起こることが多いことです。先ほどもお伝えしましたが、犬のトイレをすることに関して、うまくトイレをしてくれないからといって、怒ってしまうと、犬によりますが、萎縮したり、もう決められた場所でのトイレをしてくれなくなりますので、しつけが失敗することになります。

犬にトイレをはじめいろんなことをしつける時に気をつけて頂きたいのは、犬のしつけがうまくいかない飼い主がイライラして犬に対して怒ってしまうと思いますが、そこは我慢して頂いて優しく接してあげないと、トイレのしつけや他のしつけがうまくスムーズにいかなくなりますので、注意して頂きたいと思います。犬に穏やかに接してください。

わざとトイレを失敗する

犬のトイレのしつけを失敗する理由5

次にお伝えする犬のトイレのしつけを失敗する理由は、犬がわざとトイレを失敗することです。これは、飼い主が忙しくて、犬と遊んだり、散歩させたりすることが出来ない時、犬はトイレを所定の場所ですることをせず、わざと別の場所でしてしまいます。そうすると、飼い主が、「どうして、そんなところでするの?」と犬を抱きかかえて言ったりすると思います。

飼い主が犬に構っていることが犬にとっては構ってくれて嬉しいという風になります。ですから、構って欲しい時に犬が飼い主に対して困らせる行動をしてしまうことがわかっています。いつも少しの時間で良いので飼い主の方は犬に対して遊んだり、散歩させたりして構ってあげて、そして、構わなくてもトイレをするしつけをする必要があります。

【まとめ】犬のトイレのしつけ方!基本・実践で成功するポイントや失敗する理由

今回は犬のトイレのしつけ方!基本・実践で成功するポイントや失敗する理由などお伝えしました。犬のトイレのしつけ方で基本・実践で成功するポイントは、毎日、トイレを綺麗に掃除することや犬がトイレを失敗しても怒らないこと、また、失敗する理由はトイレが気に入らない場合や怪我をしていてトレイの場所に行けず他の場所でしてしまうなどお伝えしました。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ