ささみのカロリーは?ダイエット効果をあげるには茹で方が要!

低カロリーでたんぱく質の豊富なささみはダイエットに欠かせない食材です。また、ダイエット以外でもささみには様々な栄養素や効果があり、積極的に摂取したい食品です。ささみのカロリーや、ダイエットを継続するために知っておきたいおいしいゆで方などをまとめました。

ささみのカロリーは?ダイエット効果をあげるには茹で方が要!

目次

  1. ダイエット向け食材といえば「ささみ」
  2. 低カロリーなささみダイエットが人気!
  3. ささみは鶏肉のどの部位?
  4. ささみダイエットは効果があるの?
  5. ささみダイエットで痩せた芸能人も多い!
  6. ささみは低カロリーなのに栄養が豊富
  7. ささみには疲労回復効果も!
  8. ささみ1本あたりのカロリーは?
  9. ささみが苦手な人は少なくはない
  10. 美味しいゆで方でささみを調理しよう
  11. ささみの美味しいゆで方は?
  12. 低カロリー高栄養なささみでダイエットを継続するには?
  13. 簡単!高たんぱく質で低カロリーな「ささみ納豆」
  14. 野菜もたっぷり食べられる「ささみサラダ」
  15. 香ばしさが食欲をそそる「ささみのマジックソルト焼き」
  16. さっぱり美味しい「ささみの大葉挟み」
  17. 副菜にも便利な「ささみきゅうり」
  18. ささみダイエットの時の注意点は?
  19. 低カロリーなささみを取り入れるなら夜がおすすめ
  20. ささみダイエットを美味しく成功させよう

ダイエット向け食材といえば「ささみ」

ダイエット・美容・筋力アップなど、美しいボディを作りに食べる食材と言えば「ささみ」を連想される方も多いのではないでしょうか。ヘルシーで低カロリーということは一般的に知られていますが、ささみがどのくらい効果的なのかを調査しました。

低カロリーなささみをダイエットで活用するにはどんな食べ方が効果的なのでしょうか。ささみ1本のカロリーや、ささみを利用したダイエットを継続的に行うとすればどんな方法が良いのかなど、ささみダイエットを成功させるポイントをご紹介します。

満足感があって低カロリーなささみはダイエットに効果抜群

このまとめでご紹介するささみダイエットは、脂肪が少なく低カロリーなささみを取り入れたダイエット方法です。ささみは低カロリーですが、栄養価が高く、上手に摂取することでダイエット中に不足しがちな栄養を摂取しながらも痩せやすい身体へとシフトしてくれます。そんなささみのメリットやダイエット継続方法のやり方を細かくご紹介します。

低カロリーなささみダイエットが人気!

ささみは鶏肉なので、食べた際に満足感がありますがカロリー自体は低いのでダイエットをしている方に人気があります。

低カロリーな上、糖質も脂質も低いためとてもヘルシーです。これに野菜を加えたメニューにすれば、立派なダイエット食品となります。特に男性に人気で、お肉を食べているという満足感がありながらもカロリーを抑えられるのがささみダイエットのメリットの1つと言えます。

ある程度、食べているという満腹感を得られつつも痩せられるのはダイエットをしている人にとっては嬉しいポイントです。

ささみは鶏肉のどの部位?

ささみは胸肉の奥の竜骨についている肉です。ささみという名前の由来は、植物の笹の葉に似ていることから「ささみ」と呼ばれるようになったそうです。

ささみにとても近い部位であるのが、皮をはいだ鶏胸肉です。こちらもダイエット食品として人気ですが、胸肉はパサつきやすいため、ささみの方を好むという人が多いのです。また、ささみは皮をはぐ手間がかからないので、料理の手間を軽減させたいという人にも人気があります。

ささみは脂肪が少ない部位なのでカロリーが低い

ささみは胸肉同様に脂肪がとても少なく、たんぱく質を多く含有しています。脂肪が少ないため1本あたりのカロリーは低カロリーですが、たんぱく質以外の栄養素も豊富に含まれているため、カロリーを抑えつつも必要な栄養素を摂ることが必要なダイエットにはぴったりの食材です。

ささみダイエットは効果があるの?

様々なダイエット食品で「痩せない」と実感したことがある方も多いと思います。いくら低カロリーでもストレスがたまってしまいダイエットが続かなかったり、効果を感じる前にやめてしまう方も非常に多いですが、今回ピックアップしているささみは本当にダイエット効果があるのでしょうか。

結論からいうと、ささみはダイエットに効果的な食材ではありますが、方法によっては飽きが来やすい食べ物でもあるので、継続ができず失敗するという方が多くいらっしゃいます。上手に取り入れてストレスを少なくすることにより、継続的にささみダイエットができ、成功に繋がるということになります。

低カロリー・低糖質なささみは筋力アップをしたい人にも人気

ささみは、効率よくたんぱく質が摂取できるため、アスリートやトレーニングをしている方にも人気の食材です。プロをも頼る食材なので、継続した時の効果はテキメンと言えます。

キャベツダイエットで痩せる方法とは?効果的なやり方・食べ方を紹介! | MensModern[メンズモダン]

ささみダイエットで痩せた芸能人も多い!

AKB48・島田晴香さん

実際に低カロリーなささみを積極的に摂るダイエットに取り組み、ダイエットを成功させた芸能人もいらっしゃいます。AKB48に所属する島田晴香さんもその1人です。

ささみと無糖炭酸水をメインにした食事で、マイナス6kgのダイエットに成功したという島田晴香さん!低カロリーでたんぱく質豊富ななささみと、ノンカロリーだけれど飲みごたえのある炭酸水の組み合わせはダイエット向きと言えますね。

佐々木希さん

人気女優・モデルの佐々木希さんもささみダイエットに取り組んだことのある芸能人の1人だそうです。一時期は激太りしたとも言われた佐々木希さんですが、ささみと野菜を上手に取り入れた食事方法ですっきりとしたボディに変身しました。こういったモデルや芸能人が行なっているとすれば、ささみダイエットはやはり効果を期待できますね。

ささみは低カロリーなのに栄養が豊富

上記でも簡単にご紹介していますが、ささみは低カロリーな食材ですが栄養価が高いというのが、ダイエット向きの食材と言われる理由です。まず代表的な栄養素はたんぱく質です。たんぱく質=筋肉というイメージがあると思いますが、肌や髪もたんぱく質でできているため、たんぱく質が不足すると髪や肌にダメージが見られます。

野菜ばかり食べるダイエットや、お菓子ばかり食べている場合はたんぱく質が足りず、痩せたとしても筋肉が減ってしまうだけではなく、美肌・美髪などにも影響されます。また、程よく筋肉のついた身体は引き締まっていてとても美しく、健康的にも理想的です。ささみの良質なたんぱく質は体作り・美容面には欠かせない存在です。

また、免疫力を高めるビタミンB群がささみには豊富に含まれています。体重が落ちると免疫力も下がりやすくなってしまいます。そのため、免疫力をアップさせるビタミンB群はダイエット中も積極的に摂りたい栄養素です!ささみはそのビタミンB群も豊富なため、ダイエット中の食事にぴったりです。

ヨーグルトダイエットの効果的な方法とメニュー・レシピ紹介! | MensModern[メンズモダン]

ささみには疲労回復効果も!

ダイエットにだけではない、ささみの身体に嬉しい効果

上記で、ささみは免疫力アップの効果を期待できる食品ということをご説明しましたが、免疫力をアップさせるだけではなく、疲労回復にも役立つ食べ物なのです!これは、ささみ以外の鶏肉にも含まれますが、トリプトファンという成分がその鍵となっているようです。

トリプトファンを摂取すると、睡眠の質を高めるという力もあるそうです。同じ睡眠でも、質の良い睡眠と、浅い睡眠であれば疲れの取れ方が変わってきます。長い睡眠でも疲れが取れていないという経験はありませんか?疲れをしっかり取れるのは忙しい現代人にとって嬉しいポイントではないでしょうか。

また、現代人は悩まされやすい「眼精疲労」への効果も期待できるのだそうです。毎日PCやスマートフォンなどの液晶画面を見ていると、眼精疲労で頭痛や目の痛みを感じます。デスクワークの方は経験したことがあるのではないでしょうか。低カロリーでダイエットにも効果的な上、様々なメリットがあるとなれば、ダイエット時以外にもささみを食べたくなりますね。

ささみ1本あたりのカロリーは?

ささみのカロリーは1本45カロリー

ささみは低カロリーでありながらも、たんぱく質をはじめ、栄養素がとても高い食品だということをお伝えしましたが。実際に1本あたりのカロリーはどのくらいなのかを調べたところ、なんと1本45カロリーだということがわかりました。

ささみ1本のカロリーはオイルや調味料をつけない場合のカロリーになります。しかし、ささみは1本でも噛み応えがあるのでそれなりの満足感を得ることができます。これにサラダを加えたり、スープなどのヘルシーな料理を合わせることで、食事全体のカロリーを抑えることができます。

おにぎりのカロリーと比べるとより低いことがわかる!

1本が45カロリーというのはどれくらい低いのかというのを別な食品を用いて比較してみましょう。おにぎりはコンビニのもので1つ180〜250カロリーほどあります。具材によって変わりますが、ささみ1本はおにぎり1つの1/4程度のカロリーしかありません。

その他、食パンであれば6枚切りが1枚150カロリー前後なので、ささみ1本は1/3程度のカロリーしかないことがわかります。ご飯やパンは具材やジャムなどをつけて食べるため、カロリーが上がるだけではなく脂質や糖質も上がり安いので、1日のうち1食の主食(パン・ご飯など)をささみに置き換えるだけでも大幅なカロリーダウンを見込めます。

ささみが苦手な人は少なくはない

低カロリー・ヘルシーでダイエット向けのささみだが、パサつくのが気になる人も

ささみ1本あたりのカロリーが45カロリーと大変低カロリーなことがわかりましたが、ささみには1つ弱点があります。それは食感です。ご家庭でささみを調理すると、パサついてしまい他の肉類と比べて美味しくないという印象を持っている方も多いと思います。

ささみは1本あたりのカロリーが低く、ダイエット向けの食品とはいえ、美味しく食べられないのであればストレスが溜まってしまう原因になってしまいます。しかし、ささみを美味しく調理すれば、食べた時の満足感もありなおかつ飽きが来にくいので、ダイエットを続けやすくなりますね。

ささみを低カロリーのまま美味しく食べるポイントは「ゆで方」にあるんです!1本あたりのカロリーが低いささみも、油などを加えてしまうとカロリーが上がってしまいますので、ゆでて食べることで低カロリーに抑えられます。しかも、美味しいゆで方をすればプリッとした食感になって、独特のパサパサ感をなくすことができます!

グルテンフリーのメリットまとめ!小麦粉をやめるダイエットは体に良い? | MensModern[メンズモダン]

美味しいゆで方でささみを調理しよう

低カロリーなささみは美味しく食べてダイエットに活用

ささみに食べにくさを感じる人は多く、いくら低カロリーで高栄養だからといっても苦手なまま食べ続けるのは、かえってストレスになります。ささみが苦手な理由が「パサつくから」である人は、これからご紹介するゆで方でささみに挑戦してみましょう。

また、ささみを好んで食べている人や、美味しい食べ方を知りたい人にもおすすめです。工程も簡単なので料理が苦手な人でも手軽に作れます。ぜひ美味しいゆで方を知って、ささみダイエットを成功させましょう。

ささみの美味しいゆで方は?

低カロリーなささみの美味しいゆで方はこれ!

では、ダイエットの時はもちろん、普段の食事にも活用したい美味しいささみのゆで方をご紹介します。1本あたりのカロリーがとても低くたんぱく質の豊富なささみを食卓で有効活用しましょう。

ささみの美味しいゆで方は、まず鍋にネギ・生姜と水をいれて沸騰させ、その鍋にささみをいれます。ささみを入れたらすぐに火を止め、鍋が冷めるまでささみなどを入れたまま放置します。鍋の余熱でささみに火を通しますが、こうすることによってパサつかず、しっとりと美味しいささみにゆであがります。

このゆで方を試した人の口コミは、しっとりでもちもちした食感になって美味しいという感想が多いのも特徴です。今までパサついてしまってささみを食べにくいと感じていた方は、ぜひこのゆで方でささみを調理してみてくださいね。

ギャル曽根のレシピまとめ!ダイエットにもおすすめな料理集! | MensModern[メンズモダン]

低カロリー高栄養なささみでダイエットを継続するには?

美味しいゆで方をご紹介しましたが、同じ食べ方を続けると飽きがきやすく、その結果ストレスに繋がり、ダイエットの継続が難しくなってしまうということがあります。いくら美味しいもの・好きなものでも、続けて食べているとだんだん飽きてしまうので、味にバリエーションをつけるのがおすすめです。

そこで、ここからは低カロリー・美味しい・簡単なささみレシピをご紹介します。ささみを色々な食べ方で楽しむことにより、飽きがきにくくなります。ぜひ継続的にささみをダイエットに取り入れる為にも、味やレシピを変えて楽しくささみダイエットを行いましょう。

簡単!高たんぱく質で低カロリーな「ささみ納豆」

低カロリーで美味しいささみのダイエットレシピ

まずご紹介する1つめのレシピが「ささみ納豆」です。たんぱく質が豊富でヘルシーなささみと、こちらも高たんぱく質、そして食物繊維やカルシウムなどが豊富に含まれる高栄養食品・納豆の組み合わせが意外にも美味しいと評判なのです!

納豆とゆでてほぐしたささみを和えるだけの簡単レシピですが、ささみの食感と納豆のネバネバ感がよく合います。お好みでキムチを入れるのもおすすめです。どちらもカロリーが低い上、糖質も低いため、カロリー制限としてはもちろんのこと、糖質制限ダイエットなどにも活用できるレシピです。

納豆とささみのコンビは食べ応え抜群なので、食べた時の満足感も高いのがポイントです。ダイエット中でも食べ応えのある料理を食べたいという時にぴったりのレシピですよ。また、ヘルシーなだけではなくコストパフォーマンスも良いため、一人暮らしの方にもおすすめです。

野菜もたっぷり食べられる「ささみサラダ」

低カロリーで美味しいささみのダイエットレシピ

続いてご紹介するのは、ささみをお好きな生野菜と食べる「ささみサラダ」です。ささみはサラダドレッシングと相性が良いため、サラダのトッピングにぴったりです。

レタスや千切りキャベツ、水菜、トマト、ゆでもやしなどその時冷蔵庫にある野菜を使ったサラダに、ゆでてほぐしたささみをのせ、好きなドレッシングで食べるだけの簡単レシピです。ドレッシングは、脂質が気になる方はノンオイルのものを使用すると良いですね。

ダイエット向けのサラダにはもちろん、ささみが乗ることでサラダのグレードがアップするのでおもてなし料理にも最適です。ご家族みんなで美味しく食べられるサラダのレシピとして重宝すること間違いありません。

香ばしさが食欲をそそる「ささみのマジックソルト焼き」

低カロリーで美味しいささみのダイエットレシピ

ゆでたささみにちょっと飽きてきた時におすすめのレシピが「ささみのマジックソルト焼き」です。マジックソルトの香りと焼いた時の香ばしさがたまらない一品になります。オイルを使用するものの、マジックソルトでの味付けなので調味料のカロリーが抑えられたレシピになっています。

生のささみを真ん中に切り込みを入れて、左右に開いた状態にします。その形にしたら、マジックソルトをふりかけます。オリーブオイルをフライパンへしき、マジックソルトをふりかけたささみを入れ、2分程度焼いたらささみを裏面にし、蓋をして2分焼き、中まで火が通れば完成です。

マジックソルトの風味が食欲をそそる一品です。ダイエット中のおかずにはもちろん、お弁当のレパートリーなどにも活用できます。ゆでたささみもおすすめですが、たまには焼いたささみを加えることでよりささみダイエットのバリエーションが増えますね。

さっぱり美味しい「ささみの大葉挟み」

低カロリーで美味しいささみのダイエットレシピ

ささみはあっさりとした味わいなので、大葉や梅との相性がとても良いのです!大葉の豊かな香りで、ささみをより美味しく料理しましょう。味付けはシンプル、梅の酸味が効いているので料理が苦手な人にも簡単に作れる一品です。

中央を切り左右に開いたささみを用意しておきます。梅は種を取り、叩いてペースト状にします。開いた状態のささみに大葉を2枚重ね、半分にたたみます。小麦を両面に軽くふるっておきます。フライパンに油を少量加え熱し、大葉をはさんだささみをのせ焼き、火が通れば完成です。

こちらもダイエットにはもちろん、お弁当や普段のおかずにも使える一品です。梅の酸味にも疲労回復効果が見込めるので、疲れている時や体力が落ちている時におすすめです。大葉と梅の風味で美味しくささみを頂きましょう。

副菜にも便利な「ささみきゅうり」

低カロリーで美味しいささみのダイエットレシピ

最後にご紹介するのは、低カロリーな野菜・きゅうりとささみを組み合わせたヘルシーおかずのレシピです。こちらはダイエットの時にはもちろん、普段の作り置きおかずとしても最適なレシピで、知っておくと様々な場面で活用ができます。シンプルで食べやすいのでささみが苦手という人もぜひお試しください。

ゆでたささみを細かくさいておき、ボウルに入れておきます。きゅうりは細切りにし、ささみのボウルに入れ、醤油(大さじ1)・ごま油(大さじ1)、豆板醤(小さじ1)、いりごまを加え、味がなじむように全体を混ぜれば完成です。

簡単ですが、いりごまとごま油の風味がきゅうりとささみをより美味しく仕上げてくれます。きゅうりはビタミンや、むくみに良い成分が入っているのでダイエットに良い食材と言われているので、この2つの組み合わせはダイエット中にもぴったりです。

ささみのレシピ人気で簡単27選!ダイエットにも最適おすすめの作り方 | MensModern[メンズモダン]

ささみダイエットの時の注意点は?

美味しいささみレシピをご紹介しましたが、ささみダイエットを行うにあたって注意点やポイントもいくつかあります。それは、ささみ「だけ」を食べるのはNGだということです。栄養価も高く、メリットの多いささみですが単体だけで食べていては足りない栄養素もあります。

また、生命維持に必要なカロリーを摂取しないと代謝が下がってしまいリバウンドをしやすい体になってしまうので、低カロリーなささみだけだとカロリー不足になってしまうことも考えられます。1日のうちに1食をささみをメインに置き換え、他の2食は健康的な食事になるようにバランスを整えるのも大切です。

ささみ以外の食材も食べる

ささみ以外にも、野菜や大豆製品を摂取することが必要です。ささみはたんぱく質が多いものの、食物繊維が不足しがちな食材です。野菜やフルーツなどで食物繊維の多い食品も一緒に摂ることでよりヘルシーでダイエットにも良い効果を期待できます。

ささみ以外の肉や魚も少量取り入れる

また、たんぱく質を全てささみで取り入れるのではなく、2〜3日に1度は別な脂質の低い動物性たんぱく質を取り入れる方が効果を得られやすいという場合もあるようです。ヘルシーなたんぱく元は、脂の少ないヒレや、シンプルな魚料理などがあります。お刺身などもダイエットにぴったりの食材なので、ささみだけではなく魚や別なお肉を食べる日も時々作りましょう。

低カロリーなささみを取り入れるなら夜がおすすめ

ささみを1食どこかに置き換えるとすれば、夕食がおすすめです!一般的には夜が一番活動量が少なく、食事をした後にエネルギーが使われにくい時間とされています。よって、ダイエット中は夜を控え、朝や昼に栄養を摂るのが理想的とされています。

朝や昼は健康的な定食形式のメニューにすると、必要な栄養素も取れる上、気分転換にもなりますね。朝や昼に食べたぶんは通勤や通学で消費されやすいので、好きなものを食べるのであれば明るい時間に食べることが望ましいです。

夕飯はささみや野菜、上記でご紹介したレシピをメインに低カロリーでシンプルなメニューに置き換えることで、余分なカロリー摂取を防ぐことができます。ぜひ、ささみを1食どこかで取り入れるのであれば、夜の時間帯がおすすめです。

ささみダイエットを美味しく成功させよう

スーパーなどで手軽に手に入る高栄養な食材・ささみは、1本あたりのカロリーが45カロリーと低カロリーで、ダイエットをする人にとって強い味方になること間違いありません。ダイエットをしている方はぜひ、食事の中にささみをうまく取り入れて、痩せやすい身体に進化しましょう。

ご紹介した美味しいゆで方やレシピを利用して、ダイエットしながらも様々なバリエーションのささみ料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。以上、「ささみのカロリーは?ダイエット効果をあげるには茹で方が要!」をご紹介しました。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ