筋トレや肉体改造におすすめなゆで卵のタンパク質の補給の仕方についてまとめました。ゆで卵のタンパク質は筋トレや肉体改造の時に補給するのにおすすめ。おすすめの補給の仕方を取り入れて、ゆで卵のタンパク質を筋トレや肉体改造に役立てましょう!

ゆで卵のタンパク質は肉体改造におすすめ!筋トレ後に摂取するべき理由

目次

  1. 筋トレにおすすめなゆで卵のタンパク質の補給方法!
  2. ゆで卵は気軽にタンパク質を摂取したい時に最適
  3. ゆで卵は腹持ちもばっちり
  4. ゆで卵はアレンジ方法もバラエティ豊か
  5. ゆで卵に含まれるタンパク質は?
  6. ゆで卵のタンパク質は完全タンパク質
  7. ゆで卵はタンパク質以外にも栄養豊富!
  8. 筋トレや肉体改造に欠かせないゆで卵の脂肪酸
  9. ゆで卵のリノール酸は脂肪燃焼にも役立つ
  10. 筋トレや肉体改造におすすめのタンパク質のタイミング
  11. ゆで卵のタンパク質を活用!筋トレや肉体改造に必要な量
  12. 筋トレにはタンパク質以外に糖質の補給も必要
  13. 筋トレに役立つ!美味しいゆで卵の作り方
  14. ゆで卵以外にも美味しい卵の食べ方
  15. おすすめのゆで卵の食べ方でタンパク質の補給を使用

筋トレにおすすめなゆで卵のタンパク質の補給方法!

ゆで卵のタンパク質や筋トレや肉体改造に最適

気軽にタンパク質を摂取したい場合におすすめなのがゆで卵。美味しく食べやすいゆで卵は筋トレや肉体改造をする場合のタンパク質補給にぴったりです。そんなゆで卵を筋トレに役立てるためには補給のタイミングや食べ方を工夫していくことも大切。しっかりとゆで卵のタンパク質を補給できるようなおすすめの方法で筋トレや肉体改造に役立ててみませんか?

肉体改造や筋トレにおすすめなゆで卵の補給方法をチェックしよう

「ゆで卵にはタンパク質以外に筋トレに役立つ栄養は含まれている?」「効果的に筋トレに役立てられるゆで卵の食べ方を知りたい!」という場合にぴったりなゆで卵の食べ方や栄養についてまとめました。ゆで卵にはタンパク質をはじめとした豊富な栄養が含まれているので引き締まった体を手にいれたい場合に最適です。体を鍛えるためにゆで卵を活用してみましょう!

ゆで卵ダイエットの効果で4㎏痩せた?理由や正しい方法のポイント | MensModern[メンズモダン]

ゆで卵は気軽にタンパク質を摂取したい時に最適

スーパーなどで気軽に購入できる卵

ゆで卵は効率的にタンパク質を摂取したい場合に役立つメリットがたくさんあります。まずあげられるのが、ゆで卵を作るのに必要な卵がスーパーなどで気軽に手にいれられるということ。スーパーでリーズナブルに手に入れることができる卵を使ってゆで卵を作るので、なるべくコストをかけずにタンパク質を摂取したい場合にぴったりです。

どんなにタンパク質が豊富に含まれていたとしてもコストがかかる食材だとなかなか続けられないですよね。そういった点でゆで卵はコストがかかりにくいので日常的に取り入れるのに最適です。また、ゆで卵は簡単に作ることができるので料理初心者の方にもぴったり。楽をしてタンパク質をしっかり摂取したい場合にゆで卵が役立つのではないでしょうか。

持ち運びにもぴったり

ゆで卵は持ち運びしやすいのも嬉しいポイント。ゆで卵にしておけば殻が割れて中身が出たり、ぐちゃぐちゃになったりといったアクシデントがないので筋トレをするジムに気軽に持っていくことができます。ただし、ゆで卵にした後は消費期限が短くなるので1日以内に食べ切ることと衛生面にしっかり気をつけて持ち運びをすることが大切になるので気をつけてくださいね。

ゆで卵は腹持ちもばっちり

腹持ちが良いので肉体改造に最適

ゆで卵はタンパク質が豊富なのに加えて腹持ちが良いのも魅力。ゆで卵をしっかりよく噛んで食べればゆっくり消化することができるので腹持ちが良くなります。肉体改造で引き締まった体を手にいれたい時は、それなりに食事を制限してバランスをとることが大切。余計な脂肪を蓄積しないためにも腹持ちの良い食材を取り入れることが重要になります。

そういった点でゆで卵が最適。腹持ちの良いゆで卵を食べてタンパク質を摂取することによって、効率的に筋トレに役立てることができます。ぜひ気軽にゆで卵を補給してみてくださいね。

筋トレ用のプロテインドリンクだと足りない場合に最適

筋トレ用のプロテインシェイクもありますが、ドリンク系のものだとすぐにお腹が空いてしまうことがありますよね。お腹が空いてしまうとついつい食べ過ぎて脂肪の蓄積の元になってしまうことも。筋トレをする時はエネルギーを摂取することが大切になりますが、余計なエネルギーをとることによって脂肪が溜まってしまうので腹持ちの良いゆで卵を活用していきましょう。

ゆで卵はアレンジ方法もバラエティ豊か

アレンジすることでタンパク質豊富なゆで卵を楽しめる

ゆで卵はいろいろなアレンジをすることもできます。そのまま食べるだけでなく刻んで食パンの上にのせたり、チーズや胡椒をトッピングして焼いたりといったようにバラエティ豊かなゆで卵のアレンジを楽しめるのが魅力。タンパク質を効果的に摂取するためには飽きずにタンパク質を摂取することも大切になるので、ゆで卵のアレンジもぜひ取り入れていきたいですね。

飽きずにタンパク質を摂取したい場合に最適

いくらタンパク質が豊富だったとしても、味に飽きてしまったら美味しく食べられなくなってしまいますよね。そういったことを予防できるのがゆで卵のアレンジ。なるべくヘルシーにしたい場合は野菜にゆで卵をトッピングしてさらにしたり、ササミや鶏胸肉といった高タンパク質な食材と組み合わせるなどしてアレンジをしながらタンパク質を摂取していきましょう!

ゆで卵のアレンジレシピ!簡単におしゃれなアイデア料理を作ろう | MensModern[メンズモダン]

ゆで卵に含まれるタンパク質は?

ゆで卵1個あたりのタンパク質は8gほど

タンパク質が高いと言われているゆで卵ですが、タンパク質の分量はどのくらいなのでしょうか?タンパク質の分量はゆで卵1個あたり8gほど含まれていると言われています。ゆで卵1個あたり60gということを考えると、約13%がタンパク質ということがわかりますね。この分量は他の食材と比べても高いということができ、ゆで卵は高タンパクな食材として挙げられます。

鶏胸肉と比べるとゆで卵のタンパク質は低い?

ゆで卵と並んでタンパク質が多いとされている鶏胸肉のタンパク質量はどのくらいなのでしょうか?鶏胸肉100gあたりのタンパク質の分量は25gほどとされています。ゆで卵を100gに換算した場合、タンパク質の量は13gほどとなるのでタンパク質の量だけ見ると鶏胸肉よりも劣っていることが判明。

それでもゆで卵を食べたほうが筋トレに役立つと言われているのはなぜなのでしょうか?それは、ゆで卵にはタンパク質以外にも豊富な栄養が含まれているからです。ゆで卵にはタンパク質以外にどんな栄養が含まれているのかもチェックしていきましょう!

ゆで卵のタンパク質は完全タンパク質

完全タンパク質とは?

完全タンパク質とは、必須アミノ酸を含むタンパク質のことをさします。必須アミノ酸とは、体内で生成することができないために食事から摂取する必要のあるアミノ酸のこと。この必須アミノ酸が含まれている完全タンパク質は吸収率が高まり、筋肉を生成するのにぴったりな働きをしてくれます。ゆで卵は、必須アミノ酸を含む完全タンパク質であるのが魅力。

効率的にタンパク質を摂取するならゆで卵が最適

効率的にタンパク質を摂取するためには、このようにいろいろなバランスのとれたタンパク質を含んだ食材である必要があります。ゆで卵はそういった意味でタンパク質摂取にぴったりな食材。「筋トレに効果的なタンパク質をしっかり摂取したい!」という場合にゆで卵を活用してみてはいかがですか。完全タンパク質を含むゆで卵なら筋トレや肉体改造の役に立ちます。

ゆで卵はタンパク質以外にも栄養豊富!

ゆで卵にはビタミンやミネラルなどタンパク質以外の栄養が豊富

ゆで卵はタンパク質の他にもさまざまな栄養が含まれています。ビタミンB群をはじめとしたビタミンが含まれているため、普段の食生活で不足しがちな栄養をしっかりと補給できるのが嬉しいポイント。ビタミンB群は代謝機能のアップにも役立てられるので、引き締まった体を手にいれたい時に最適です。また、疲労回復効果もあるので筋トレで疲れた殻にぴったり。

ゆで卵にはビタミンだけでなくミネラルも豊富。ミネラルは健康的な生活を送る上で欠かすことができない栄養なので、しっかりと摂取しておく必要があります。ゆで卵のミネラルも活用しながら健康的に肉体改造をしていきたいですね。

バランスの良い栄養を含むからこそ筋トレや肉体改造におすすめ

このようにゆで卵にはタンパク質だけでなくビタミンやミネラルといった豊富な栄養が含まれています。筋トレを効率的に行うためにはタンパク質以外にもバランスの良い栄養を摂取することが必要不可欠。タンパク質に偏らず、しっかりと栄養を補給したい場合にゆで卵が役立ちます。ゆで卵の高い栄養効果を活用しながら肉体改造に取り組んでみてはいかがですか。

ゆで卵は冷凍保存できる?味を損なわずに解凍する方法を徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

筋トレや肉体改造に欠かせないゆで卵の脂肪酸

筋肉の酸化を防いでくれるゆで卵のオメガ3脂肪酸

ゆで卵にはビタミン・ミネラル・タンパク質以外にもさまざまな栄養が含まれています。まずあげられるのがオメガ3脂肪酸。筋トレをした場合、筋肉は疲労した状態になり、老化の原因となる酸化が進むことがあります。酸化を防ぐことによって健康的な筋肉を育てることも大切。オメガ3脂肪酸は筋肉の酸化を防ぎ、若々しい状態をキープする働きがあると言われています。

タンパク質と同時に摂取することで筋トレや肉体改造を進める

タンパク質と同時にオメガ3脂肪酸を摂取することによって、筋肉の疲労を回復しながら筋肉を成長させることができるようになると言われているのがゆで卵の嬉しいポイント。ゆで卵を食べることによって筋肉の健康に必要な栄養を一度にとることができるので効率的です。オメガ3脂肪酸にはこの他にも健康に良い効果を期待できるので、ぜひ活用してみてはいかがですか。

ゆで卵のリノール酸は脂肪燃焼にも役立つ

体脂肪を減少させる効果があると言われているリノール酸

ゆで卵に含まれているリノール酸は脂肪を燃焼する効果があると言われています。ゆで卵でしっかりとリノール酸を摂取することによって脂肪を燃焼しやすい状態にすることができると言われているので、筋トレをしながらダイエットをしたい場合にぴったりですね。

タンパク質を組み合わせて補給することで引き締まった体に

タンパク質で筋肉を鍛え、リノール酸をはじめとした脂肪燃焼効果の高い栄養を取り入れることで脂肪の蓄積を防ぐことで引き締まった体を作りやすくなります。体の脂肪がたるんでいる、もう少し引き締まった体にしたい、という場合はゆで卵を食べながら筋トレをしてみると良いかもしれません。このようにゆで卵にはさまざまな栄養が含まれているので、活用してみましょう!

筋トレや肉体改造におすすめのタンパク質のタイミング

筋トレ後45分間がタンパク質補給のゴールデンタイム

ゆで卵のタンパク質をしっかりと摂取したい場合には食べるタイミングも大切になります。一般的に言われているのが、ゴールデンタイムにタンパク質を摂取すると効果的ということ。ゴールデンタイムとは筋トレ後45分のことをさします。この時間帯にタンパク質を摂取することによってしっかりと体に吸収することができると言われているので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

寝る前にタンパク質を補給するのもおすすめ

筋トレ後だけでなく寝る前にタンパク質を摂取するのもおすすめの方法。就寝をしてから22時〜2時の間は成長ホルモンが活性化するゴールデンタイムと呼ばれ、さまざまな栄養を吸収しやすくなっています。なので夕飯にゆで卵をはじめとしたタンパク質を摂取して消化することによって効果的に栄養を取り入れられるとされているので、ゆで卵を活用してみましょう。

ゆで卵のタンパク質を活用!筋トレや肉体改造に必要な量

筋トレや肉体改造には1日100gのタンパク質がおすすめ

それでは、筋トレや肉体改造に役立てたい場合はどのくらいのタンパク質を摂取すれば良いのでしょうか?肉体改造にタンパク質を役立てたい場合は1日あたり100gほどのタンパク質を摂取すると良いとされています。このくらいの量を目安にタンパク質を取り入れてみてくださいね。

バランスも考えながらゆで卵のタンパク質を摂取しよう

ゆで卵ばかりを食べてタンパク質を摂取しようとしても栄養バランスが崩れてしまうことがあるので気をつけましょう。ゆで卵をはじめとしたタンパク質系の食材をバランスよく摂取することで効果的に体を鍛えることができるようになるので、ぜひバランスを意識しながら取り入れてくださいね。

筋トレにはタンパク質以外に糖質の補給も必要

エネルギー不足で筋トレをすると逆効果

タンパク質以外にも必要となるのが炭水化物をはじめとした糖質。「糖質は太るからNGでは?」と思われてしまいがちですが、糖質はエネルギーを作るのに欠かせない栄養です。糖質不足のまま筋トレをするとエネルギーが不足し、不足した分を筋肉などからエネルギーを摂取しようと体が働くので結局は筋肉が減ってしまうことになる場合もあるので気をつけてくださいね。

炭水化物を補給してから筋トレしよう

筋トレをする場合はタンパク質だけでなく炭水化物も摂取してから行いましょう。しっかりとエネルギーチャージをしてから筋トレをすることでしっかり効果を発揮できます。

電子レンジでゆで卵を作る方法!爆発しない安全・簡単な作り方で時短料理 | MensModern[メンズモダン]

筋トレに役立つ!美味しいゆで卵の作り方

沸騰したお湯にゆで卵を入れる

卵は常温に戻しておくのがおすすめ。鍋に水を入れてお湯を沸かしましょう。お湯が沸いたら卵をおたまを使ってそっと入れ、蓋をして沸騰するのを待ちます。再び沸騰したら弱火に落とし、5分加熱。火を消して5分ほど放置したら完成です。

好みに合わせて時間を調整

半熟など、お好みの具合になるように加熱する時間は調整してくださいね。美味しいゆで卵を作って筋トレに活用してみましょう!

レンジでゆで卵を上手に作る方法!注意点と簡単なコツを紹介! | MensModern[メンズモダン]

ゆで卵以外にも美味しい卵の食べ方

スクランブルエッグ

栄養豊富な卵にはゆで卵以外にもさまざまなアレンジ料理があります。おすすめはスクランブルエッグ。簡単に作れる上に味付けの方法もバリエーション豊かなので、飽きずに卵を楽しむことができます。

卵焼き

続いておすすめなのが卵焼き。卵焼きならお弁当にも入れやすいのでタンパク質摂取に役立ちます。多めに作って冷凍保存をすることも可能。お弁当箱に入れておけば、お昼頃には解凍して食べ頃になるのでとても役立ちます。小分けにして冷凍保存をして取り入れてみてはいかがですか。

おすすめのゆで卵の食べ方でタンパク質の補給を使用

ゆで卵にはタンパク質以外にもビタミンやミネラル、オメガ3脂肪酸などさまざまな栄養が含まれているのが魅力。こうした豊富な栄養が含まれているからこそ、筋トレにぴったりの食材と言われていることがわかりますね。タンパク質を補給しやすいゆで卵の食べ方も取り入れながら、美味しくゆで卵のタンパク質を取り入れてみてくださいね。


評価 4.0/ 5(合計6人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ