怖い話でおなじの稲川淳二。その稲川淳二の字が非常に綺麗でまるでなにかのフォントのように見えると評判なんです。稲川淳二は現在も手書きで原稿をまとめており、その原稿の字が美しいと噂なんです。稲川淳二の怪談以外の凄い才能に注目してみましょう。

稲川淳二の字が綺麗で美しすぎる!フォントまで出ている評判の原稿を公開

目次

  1. 怪談でおなじみの稲川淳二の原稿の字が綺麗!
  2. 稲川淳二の字から感じるデザイナー感
  3. 稲川淳二の字に注目
  4. 稲川淳二のセンスある字
  5. 稲川淳二の字はネットで有名になった
  6. 字以外にも稲川淳二にはすごい功績が
  7. 稲川淳二は字だけでなく車止めでも有名
  8. 稲川淳二の字とタレントとして有名になった経歴
  9. 稲川淳二の才能はタレントとしても発揮された
  10. 稲川淳二の怪談としての活躍
  11. 稲川淳二は美しい字で原稿を手書きで残す人物だった

怪談でおなじみの稲川淳二の原稿の字が綺麗!

怪談話といえば稲川淳二。そんな稲川淳二もう一つの姿はデザイナーって知っていましたか?そんな稲川淳二の原稿の字が非常に綺麗で独特なフォントだと言われているんです。

そんな稲川淳二の経歴と、美しい原稿を紹介します。稲川淳二の字はフォントまで存在すると言われてるんです。マルチな才能の持ち主の稲川淳二の秘密に迫ります。

稲川淳二の字から感じるデザイナー感

稲川淳二は1947年8月21日生まれの70歳です。東京都渋谷区恵比寿出身です。稲川淳二は3人兄妹のちようなんとして生まれました。

実は子供のころの稲川淳二は結構やんちゃな人物だったようで、ヤクザ映画にも多く出演していた安岡力也の幼馴染で親友だったんです。小さい頃から仲がよく、芸能界に入ってからもずっと交流のあった関係なんですよ。

今は怪談話の人というイメージですが、もともとはラジオの深夜放送で人気になり、ビートたけしの番組でリアクション芸人として活躍した人物なんです。そのため、稲川淳二のことを「元祖リアクション芸人」と称する人もいるんですよ。

稲川淳二の字に注目

そんな稲川淳二は怖い話をするための原稿を綺麗な字で整理しています。その原稿がTwitterなどでアップされたことにより、稲川淳二の字がまるで何かの作られたフォントのようだと話題になったんです。

まず、この稲川淳二の画像を見ましょう。稲川淳二も70歳になり随分おじいちゃんになりましたが、毎年「ミステリーツアー」という怖い話のライブを続けています。この写真の文字も稲川淳二が書いたものですね。非常に綺麗なんだけど、かなり独特の自体なのがわかります。

なぜ原稿の字を赤で書くのか、と問い詰めたくなりますが稲川淳二の原稿は非常に美しく丁寧にまとめられています。何かのフォントのような自体で読みやすく綺麗ですよね。

稲川淳二はあまりハイテクな機器類を利用するのではなく、自分の力でできるものは自力で行っているそうです。そのため、稲川淳二は原稿を作るときは手書きで行っているようです。

稲川淳二のセンスある字

噂では稲川淳二はパソコン類を自分では持っておらず、スマホや携帯電話も持っていないと言われるほどなんです。

稲川淳二本人も意識してこういった綺麗なフォントのような字で書き始めたのかは不明ですが、まるで怖い話の映像で使われるようなフォントに仕上がっていますよね。

テレビで稲川淳二の字が美しいと評判になって、そのフォントを真似ようとしたものの、やはり稲川淳二のこの統一された綺麗な感じはなかなか出せないようです。デザイナーとしてきっちりと配分されて統一されたこの字は、なかなか他人がまねるのは難しいようです。

稲川淳二の字はネットで有名になった

稲川淳二の綺麗な字が注目されるようになったのは、ネットやテレビでその原稿が公開されたのが理由のようです。

このツイートも稲川淳二の原稿が有名になったきっかけの一つ。テレビの特集で映った稲川淳二の字をTwitterで公開したものですが、その均一性のある美しい字が一気に拡散されて有名になりました。

また、単純に綺麗なだけでなく、稲川淳二の字は読みやすいと評判なんです。原稿のようにたくさんの文字が並ぶ中で、読み進めていくのはこういったほどより丸みとゴシック体的な感じのバランスの良い字がとても読みやすいんです。

ちなみに一部ですが、稲川淳二の字を本当にフォント化して配布している人もいるようです。テレビに映った字をそのままフォント化にしたと思われるので文字数は限られていますが、こういった行動のはやさもネットの面白いところですよね。

字以外にも稲川淳二にはすごい功績が

稲川淳二はもともとタレントになる前はデザイナーとして仕事をしていました。字の綺麗さはそんな時代が関係しているかもしれません。もちろん、そのデザイナーとしての活動は続けており、稲川淳二のもう一つの本業といえます。

1966年に都立多摩工業高校を卒業した稲川淳二は、桑沢デザイン研究所インダストリアル科に入学しています。そして、1970年に桑沢デザイン研究所研究科を卒業して、株式会社共立デザインにデザイナーとして入社しているんです。

焼肉「韓々」の店内や外観、そしてロゴマークをデザインするなど、現在も店頭に稲川淳二の写真が飾ってあるのだとか。他にも字以外に稲川淳二オリジナルの「淳二・風・工房」、「NAO Bird`s Bar」をデザインしています。

稲川淳二は字だけでなく車止めでも有名

そしてそんな稲川淳二が字以外に有名なのが、デザイナーとして、もっとも有名な功績の「車止め」なんです。稲川淳二がデザインした車止めは通商産業省グッドデザイン賞を受賞しているんです。

1990年ごろにスズキのレーシングカーのボディカウルのデザインも経験するなど、稲川淳二の自動車好きという趣味が夢となって叶った形にもなりました。

稲川淳二がデザイナーを目指した理由の一つに、イタリアのカロッツェリアのような工房で、カーデザインをやってみたかったという理由があるようです。そういったデザイナーとしての活動は稲川淳二の美しいフォントにも表れており、マルチな稲川淳二の才能を見ることが出来ます。

稲川淳二の字とタレントとして有名になった経歴

デザイナーとして活動していた稲川淳二がテレビの世界に関わるように鳴ったのは、1976年ごろだと言われています。

稲川淳二は1976年4月からニッポン放送の深夜ラジオ「オールナイトニッポン」二部カッコマンの後を継いで、ラジオパーソナリティーになったんです。

同時に舞台俳優としての活動も行っており、1980年ごろになると稲川淳二の痩せた姿もあって、貧乏で不健康というキャラクターを確立してバラエティ番組に出演するようになります。

ビートたけしの「オレたちひょうきん族」や「風雲たけし城」などに出演するようになり、稲川淳二のリアクション芸は大人気になりました。

特に稲川淳二はみんなから散々な扱いを受けてぼろぼろになって、最後にニッコリと笑うという流れは一つの定番の流れを生み出したといえます。

面白い都市伝説まとめ!怖いものから笑えるものまで話したくなるトリビア | MensModern[メンズモダン]

稲川淳二の才能はタレントとしても発揮された

また、日本テレビ「スーパージョッキー」において、マイナーな商品や意味の無さそうな商品を、ビートたけしにつっこまれながらも、一生懸命に紹介して、視聴者に欲しくなってもらうというコーナーも人気でした。

スーパージョッキー名物の熱湯風呂でも、そのリアクションは、熱湯風呂の定番であるダチョウ倶楽部の元祖的な存在でした。

レポーターとしての能力も高く、わかりやすく大げさに反応して、大きなリアクションでリポートする姿は好感度も高く人気タレントの仲間入りの理由だったといえます。

若手の時代はこうしてリアクション芸人として活動しており、出川哲朗やダチョウ倶楽部以前のリアクション芸人といえば稲川淳二でした。

怖い夢を見たときの意味とは?心理的状況や原因・対処法を調査! | MensModern[メンズモダン]

稲川淳二の怪談としての活躍

稲川淳二のあの美しい怪談原稿。そんな稲川淳二が怪談を語るようになったのは1987年ごろからのようです。また、稲川淳二の怪談話のツアーである「ミステリーナイトツアー」は1993年から現在まで毎年続けられています。

夏といえば怪談、怪談といえば稲川淳二、という風に夏の風物詩に稲川淳二が加わるほどの人物になりました。怪談に関わる中で命に関わるような事件にも巻き込まれており、ファンの中で稲川淳二の「生き人形」という話は一番の人気です。

とある怪談ライブの中で、稲川淳二は特別にという形で生き人形という話1本だけを語って終わったときもありました。あまりにも話しが長過ぎること、関係者に死者がいること、そして現在も話が続いていることから、稲川淳二自身ももっともお気に入りだけどお蔵入りの話としています。

怖いゲームの中で無料で遊べるものを厳選!おすすめや名作15選を紹介! | MensModern[メンズモダン]

稲川淳二は美しい字で原稿を手書きで残す人物だった

このように稲川淳二は常にそのデザインの才能を元に、デザイナーとしてタレントとして活躍している人物だったんです。美しい字から稲川淳二の人柄の良さも感じる事もできますよね。

実は、稲川淳二の次男は次男は先天性の頭蓋骨形成異常を引き起こすクルーゾン氏症候群という重度の障害を抱えており、その関係からバリアフリーに関する講演にも関わっています。

その人柄の良さだけでなく、私生活でも様々な活動を行っている稲川淳二。真面目でありながら気さくな面もあるのが、稲川淳二の美しいフォントの字から感じることが出来ますよね。

私もミステリーナイトツアーを二度ほど見に行ったことがあるのですが、ただの怖い話を聞くだけと想像していくと、その稲川淳二の世界観に驚かされますよ。ぜひぜひ、稲川淳二がミステリーナイトツアーを続けている現在のうちに、本物の怖い話を聞きに行ってみることをおすすめします。


評価 4.5/ 5(合計14人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ