スマホを守るケース。様々なものがあるが、その中にバンパーケースといわれるものがある。特徴的なケースで、他にはない強みやデザインもあるが、バンパーケースならではの弱点もある。しかしそのおしゃれさは他にはない。今回はそんなバンパーケースを徹底調査し紹介しよう。

バンパーケースがおしゃれと話題!スマホを守るおすすめケースの選び方

目次

  1. そもそもバンパーケースとは?
  2. バンパーケースの魅力やメリットは?
  3. バンパーケースの弱点は?
  4. バンパーケースの選び方は?素材で選ぼう
  5. 装着タイプで選ぶ
  6. バンパーケースの取り付け方は?
  7. 手にフィット!マミルトンのゴールドバンパーケース
  8. 背面保護も完璧!背面保護クリアプレート付 アルミバンパー
  9. 超成功&超軽量!高精度アルミニウムバンパー
  10. おしゃれなバンパーケースを使いこなそう

そもそもバンパーケースとは?

スマホケースの種類はとても豊富だ。そんなケースの中にあるのが、バンパーケースという種類だ。しかし、他のケースと違っていまいちピンとこない人も多いことだろう。そこでまずは、バンパーケースの紹介からしていこう。

そもそもスマホのバンパーとはどんなものかというと、スマホに取り付けて使うタイプのケースで、スマホの側面をカバーするための道具になる。他のケースと大きく違うのが、この側面だけを覆うという点だ。ケースは他の面も覆う。その分、安全性は高いのだがどうしてもスマホの本体が隠れてしまい見た目が変わってしまうことが考えられる。

もともとiPhoneであれば、デザインが良くて購入している人もいるほど。しかし、普通のケースであればどうしても見た目が変わってしまい、iPhone特有のスタイリッシュなデザインが隠れてしまいもったいない。そこで、バンパーケースの有用性が発揮される。このケースであれば、見た目をほとんど変えることなく、保護力を高めることができるというわけだ。

iPad Airのキーボードケースのおすすめは?人気ランキングを紹介 | MensModern[メンズモダン]

バンパーケースの魅力やメリットは?

【バンパーケースの良さ①】傷つきやすい側面を保護できる

それでは、そんなおしゃれで保護性の高いバンパーケースのメリットを紹介していこう。まずは、傷つきや側面をしっかりと保護できるという点だ。スマホの画面は傷に強いガラスできている。そのこともあり、意外にスマホの傷つきやすいという部分は側面などの本体部分になるのだ。側面は特にアルミでできているので、傷つきやすい。

使用している人の中にはポケットにスマホを入れて移動する人は多いと思うが、実はこんなポケットの摩擦ですら小さな傷の原因になりかねないのだ。そんな傷から守るのが、この保護カバーの役目。側面の傷をしっかりと守ってくれる。そして、ガラス面にも意外な形で役に立つ。ガラス面は横からの衝撃には弱い。

つまり、ガラスの保護は正面からの衝撃だけから守ればいいというわけではない。意外な角度である真横からの力でも壊れる可能性があり、思わぬ形で割れることがあるので、そんな衝撃から守ってくれるのにもこのバンパーケースが一役買ってくれるのだ。

【バンパーケースの良さ②】スマホのスリムさをそのままにできる

また、他にもiPhoneのおしゃれでスリムなフォルムを損ねることなく、そのままを表現できることもメリットの一つだ。iPhoneはそのスリムさやフォルムも特徴的。ほかのスマホと比べてもかなりスリムだ。しかし、ケースをつけてしまっては、たとえ薄いクリアケースのようなタイプであろうとも、iPhoneそのもののフォルムを維持はできない。

手帳型のケースであれば、尚の事iPhoneのスリムさをそのままに使用することは難しいだろう。どうしてもケース分の厚みができてしまうので、スリムのフォルムをそのまま生かして使用することはできないと考えてよい。しかし、このバンパーケースであれば、側面だけを包むだけなので、スリムのフォルムを隠すことなくおしゃれに使用できる。

さらに、スマホにケースをつけると厚みと同時に気になるのが、重さだ。どうしても重さも増えてしまいがちになるが、このバンパーケースであれば、その重さも損ねることがない。iPhoneのおしゃれさをそのままにスリムのまま使用できるという点がかなり大きなメリットになるだろう。

【バンパーケースの良さ③】リンゴマークの魅力もそのままに

iPhoneを使用していて思ったことが誰しもあるだろうポイント。それが、せっかくのおしゃれな背面のリンゴマークが隠れてしまうということだ。けっして必要なおしゃれではないことはわかっているが、それでもほかのスマホにはない特徴的なロゴを隠してしまうのはなんだかもったいない気持ちはわかる。

しかし、このリンゴマーク、バンパーケースであれば絶対に隠すことはない。そのロゴの魅力を十分に活かして使用することができるというわけだ。他のスマホにはない特徴をしっかり目立たせてiPhoneを活用していきたいものだ。

【バンパーケースの良さ③】ゲーマーやヘビーユーザーにはうってつけ

意外に知られていないのがこのメリットだ。実はスマホ端末はゲームや動画などを視聴すると、CPUに負担がかかるために熱がこもるのだ。長時間アプリを使用し続けていると当然高熱になってしまう。そうすると、電気が熱に変換されてしまうので、電池を著しく消耗し、端末が熱くなるほど電池の性能は落ちていくことになる。

手帳型や、シリコンケースなどのケースであれば、本体とケースとの間に熱がこもってしまうために自然冷却がされることはほとんど期待できない。そこでバンパーケースであれば、この放熱に大きく貢献してくれるのだ。端末に覆うものがないので、放熱効果が期待でき、カバータイプのケースに比べて熱の上昇を抑えて冷却を早める事ができる。

ゲームアプリを何個も同時に起動する人、ヘビーユーザーの人にとってはこの放熱効果は非常に効果が期待されるもの。特にアルミバンパーは放熱効果の高いアルミ素材を使用していて、商品によってはより放熱効果を見込めるように、ヒートシンク的なデザインを持っているケースもあるので、選び方の参考にしてもいいだろう。

スマホ手帳型ケースをやめた方がいい理由は?メリット・デメリットを解説 | MensModern[メンズモダン]

バンパーケースの弱点は?

【バンパーケースのデメリット①】背後ががら空き

しかし、このバンパーケース。いいところばかりではない。何が気になるかといえば、背後ががら空きという点だ。その構造上仕方がないのだが、背後ががら空きなので、当然背後の保護は一切できていない無防備状態だ。また、ケースの色合いによっては、なんだか本体が浮いておりデザイン的にもおしゃれではないと感じることもあるだろう。

使ったことのない人からすれば、なんだかバンパーケースは意味がなさそうに見えることもある。しかし、これには対処法もある。それは背面の保護フィルムだ。実は使用している人の多くがこの背面保護フィルムを使用している人が多いので、保護的な面では問題は全くないといえる。

【バンパーケースのデメリット②】メタルバンパーの場合は冷えが非常に気になる

もう一つ気になるデメリットとしては冷えだ。これはあまり気にならない人もいるかもしれないが、素材がアルミの場合、実は猛威を振るうデメリットになる。バンパーケースが得意アルミ素材でできている場合、冬はとても冷えることになり、その冷えは持つ手にも非常に厳しいものになる。

また、この冷えは手にも辛い環境であると同時に、機械自体にも対象の影響をあ与えることになる。それが、GPSの動作だ。若干ではあるが、動作がしなかったり狂ったりと正確性に影響をきたすことがあるのだ。

バンパーケースの選び方は?素材で選ぼう

ここまでバンパーケースのいいところと悪いところ両面を見てもらったわけだが、それではどんなバンパーケースを選べばよいのかをまとめていこう。一口にバンパーケースといっても種類は様々。その中からどんなものが良いのか、また自分に合うのかを見つけるのは難しいものがあるので、この選び方を参考にして選んで見てほしい。

まず一つ目の選び方としては素材で選ぶ方法だ。素材には、プラスチックとラバー・アルミ・メタルとラバー、ジュラルミンと大きく分けてもこれくらいある。なので、自分に合ったものを見つけて使ったほうがいい。一概におすすめとは言いにくい部分がある。各々の素材の特徴を上げるなら、プラスチックとラバーは、衝撃に強く軽い。価格も安い。

アルミ製は、先ほど触れたように冷えが気になるものの、プラスチックやラバーには出せない高級感が出せることが最大の特徴だ。また軽量という点もメリット。iPhoneに装着したときの一体感は抜群に良い。メタルとラバーに関しては、高級感をだしつつ衝撃に強いバンパーになる。おしゃれな組み合わせが楽しめる点もよい。

さらに、ジュラルミンに関しては、航空機に使われるほどの素材でやはり高級感は抜群。技術的な挑戦やこだわりが多くみられる作りがあり、ケースの中ではかなりの高精度なものになる。

装着タイプで選ぶ

装着するタイプにもこだわって選ぶとよいだろう。スマホにケースをはめる際には、ラバーの様に伸びるソフトタイプのものであれば本体に伸ばしてはめ込むものになり、ハードタイプであれば様々な装着タイプがある。ネジで止めるタイプもあれば、ネジは不要で、上下から挟み込んで止めるタイプもある。

しかし、そこで気になるのがネジ式であれば、安物であれば使用しているとネジが緩んで次第にすぐに外れてしまうようになったり、ネジが不要のものであればガタガタ緩んでしまったり外れる場合もある。中にはかなり粗悪な品質なものもあるので、口コミやレビューも合わせて、装着タイプで絞って選んでみることをおすすめする。

バンパーケースの取り付け方は?

おすすめする選び方が分かったところで、バンパーケースの取り付け方を紹介しよう。基本的には取り付け方は、それぞれのケースによって異なると思っておいたほうが良い。方法はこれと決まっていないのだ。例を挙げて紹介するのであれば、ラバータイプやプラスチックタイプであれば、伸ばして装着したり、カチッとはめ込むタイプになる。

金属製のものになれば、それぞれのパーツに分かれていることも多く、ネジやレンチなどの道具を使って組み合わせてiPhoneにはめ込んでいくタイプもある。この際、ネジが非常に小さくなくしやすいので、無くさないように注意しよう。

手にフィット!マミルトンのゴールドバンパーケース

それでは選び方や付け方についてわかったところで、おすすめのバンパーケースを紹介していこう。まず一つ目がマミルトンのゴールドバンパーケースだ。これは中心が少しくびれていることで抜群のフィット感を実現している。握った時のフィット感はどのものよりもいいだろう。iPhoneの色と完璧に合う色合いもかなりおすすめ。

背面保護も完璧!背面保護クリアプレート付 アルミバンパー

次におすすめなのが、背面保護クリアプレート付アルミバンパーだ。これは先ほど選び方でもふれたように装着タイプが少しほかのタイプと比べて異なるものになる。しかし、バンパーの弱点や背面の擦り傷から守るプレートもついているので、非常に傷には強い。

超成功&超軽量!高精度アルミニウムバンパー

次におすすめなのが、高精度アルミニウムバンパーだ。こちらは、超精巧な作りで、0.01mm単位のずれも許されない作りになっている。そのため、iPhoneとのフィット感は抜群。髪の毛が1本も入る隙間が生じないほどの高精度ケースになる。

おしゃれなスマホケースのおすすめは?メンズに人気の素材や種類は? | MensModern[メンズモダン]

おしゃれなバンパーケースを使いこなそう

バンパーケースはとてもおしゃれでほかのケースにはないメリットも多いので大変おすすめだ。しかし、他のケースと比べると、やはり頑丈さなどの点が劣る場合もある。どこがいいのか、自分の使用にはあっているのかをしっかりと考え、今回の情報をもとに最適なバンパーケースを見つけよう。

スマホ防水ケースおすすめ!100均・iPhone対応などタイプ別まとめ | MensModern[メンズモダン]

評価 4.3/ 5(合計10人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ