ハリケーンランタンのおすすめランキング12選!キャンプに◎安全&暖かい

炎が揺らめいて暖かいだけでなく、どこか暖かみのある幻想的な雰囲気にしてくれるハリケーンランタン。嵐の中でも消えない炎など強い耐久性を持つランタンだが、知らない人も多い。そこで今回は、ハリケーンランタンの特徴やおすすめのハリケーンランタンを紹介していこう。

ハリケーンランタンのおすすめランキング12選!キャンプに◎安全&暖かい

目次

  1. そもそもハリケーンランタンって何?
  2. ハリケーンランタンのここが魅力!燃焼音がしない
  3. ハリケーンランタンは意外にも扱いが簡単!誰でも簡単に扱える
  4. アンティークなその外観がおしゃれで魅力的
  5. ハリケーンランタン使用上の注意
  6. ハリケーンランタンの選ぶポイント!明るさを求めるのなら幅の広い芯を選ぶこと!
  7. 燃料継ぎ足しが面倒ならタンク容量の大きいものがおすすめ
  8. インテリア性重視ならブロンズ製がおすすめ
  9. おすすめのハリケーンランタンを一挙紹介!
  10. ハリケーンランタンはオシャレで雰囲気も良い!大変おすすめ!

そもそもハリケーンランタンって何?

そもそもハリケーンランタンを聞きなれない人にとっては、ざっくりランタンであることしかわからないだろう。ハリケーンランタンとは一体何かというと、炎を覆う「ホヤ」と呼ばれるガラスの両脇に支柱フレームがある、持ち運び可能な釣り下げ型のランプをランタンと呼ぶ。

そして、そのなかでもハリケーンでも消えない明かりとして、ハリケーンランタンと呼ぶものがある。ホヤの両脇にはと手のようなチューブがついており、それがこの消えない炎を守ってくれている形になる。上部のキャップ部分から空気が入る仕組みになっており、空気は両脇パイプの中を通り、燃焼部分にたどり着くことで、芯が安定して燃え続ける。

このハリケーンランタンを含め、ランタンは炎が直接外気に触れていないので、多少の雨や風でも消えることはない仕組みになっており、特にハリケーンランタンの場合は嵐でも消えないといわれている。

ハリケーンランタンのここが魅力!燃焼音がしない

ハリケーンランタンのおすすめのポイントを紹介していこう。まずは炎の強さに対して燃焼音がほとんどしないことだ。静かで暖かい光がいつまでも続くのだが、通常炎を燃やすとなると音が出るもの。小さくてもパちパちと音がするものだがそんな燃焼音がほとんどない。静かで暖かい炎がじっくりと暖めてくれて癒してくれる。

ハリケーンランタンは意外にも扱いが簡単!誰でも簡単に扱える

扱いやすさもハリケーンランタンのおすすめポイントになる。主にハリケーンランタンの場合は燃料は灯油になるのだが、マントルを空焼きしなければならないガスランタンに比べると非常に扱いは楽だ。使用手順としては、ホヤの下部分にある燃料タンクのなかに、灯油や専用のオイルを入れ、点火レバーをさげてホヤを上にあげる。

その後、チャッカマンなどで芯に着火。点火レバーを上げて、ホヤを下に下げ、炎は燃焼ハンドルで調節できるようになっている。このように扱いが非常に簡単なのだ。また、明るさを調節するには芯の太さを変えれば調節できる。芯の幅が広くなるほど、明るくランタンの大きさも大きくなるという形になっている。

また、燃料としては、先ほども触れたように灯油や専用オイルを使うのだが、灯油などではガスや煙が気になる人もいるだろう。特に子供がいる家庭ではそういった匂いに敏感な人も多いはずだ。そんな時には、パラフィン系の燃料がおすすめで、このハリケーンランタンも対応している。夏のキャンプ時には、防虫ハーブが入ったものもありおすすめだ。

こういった燃料を使って、では暖かい光がいつまで続くのかという問題もあるが、燃焼時間もとても長く安心だ。それぞれの燃料タンクの大きさによって燃焼時間は変わる物の、タンク容量340mlのものでも、約20時間は持ち、最大の容量クラスでは満タン状態で約2日も持つほど大きなものもあり、扱いやすさは抜群だ。

アンティークなその外観がおしゃれで魅力的

ハリケーンランタンの魅力はこれだけでではない。その魅力の一つが、何といっても外観だ。暖かい炎で照らしてくれることはもちろんだが、こういった外観は雰囲気を出してくれる。キャンプやアウトドアでもおしゃれな雰囲気を演出してくれること間違いない。ランタンがそもそもおしゃれということもあるのだが、ハリケーンランタンもおしゃれだ。

特にブロンズ系のものやシルバー系のものと外観のデザインがいいものは沢山あり、アンティークの雰囲気も出てより一層、アウトドアを鼻や回に雰囲気あるものに変えてくれることだろう。

ハリケーンランタン使用上の注意

【ハリケーンランタンの使用時の注意点①】芯の出し過ぎに注意を!

そんなハリケーンランタンのおすすめポイントを紹介してきたわけだが、安全に使用する上では注意点もいくつかある。まずは芯の出しすぎだ。これは燃焼が大きくなりすぎて余計なススが出る原因になる。安全面にも考慮して使用するためにも、芯は風防部分と同じ高さ、あるいは1mm程度先が見えるくらいの高さにして燃やすようにしよう。

始めて使うときの安全性を確保するための注意点としては、燃料タンクに燃料を入れて、しっかり芯が浸るまで30分から1時間程度待つことも重要なポイントになる。

【ハリケーンランタンの使用時の注意点②】燃料タンク上限ぎりぎりまで入れない

次に注意すべき点が燃料の入れすぎだ。ほとんどのハリケーンランタンには、タンク内に燃料の上限が書かれているので、入れすぎることはないのだが、それでも安全面では入れすぎは注意しておこう。入れすぎが起きると、傾けたときに燃料がこぼれる可能性があるので、非常に危険だ。

【ハリケーンランタンの使用時の注意点③】メイン明かりとしては使いにくい

また、注意点として、これは安全などは関係ないのだが、メインの明かりにはなりにくいことを理解して使用しよう。ハリケーンランタンはテント内での明かりとして雰囲気を出すのには非常に向いているが、メインとの明かりとして広いテントを照らすには向いていない。明るさを求めるのなら、メインとなる明かりを別に用意する必要があるだろう。

あくまでも、ハリケーンランタンはサイドのランプとして安全に使用し、食卓やラックなどの上に飾ったり、上から吊るすなどして、インテリアの一つとして楽しむことがベストだろう。

ハリケーンランタンの選ぶポイント!明るさを求めるのなら幅の広い芯を選ぶこと!

安全面での注意点を踏まえたうえで、次はハリケーンランタンの選び方を紹介しよう。ハリケーンランタンでもできるだけ明るさが欲しいのであれば、芯の広いものを選ぶことをおすすめする。先ほども振れたように芯の幅が広くなればなるほど、明るさも増す。しかし、その分ハリケーンランタン自体の大きさも大きくなるので注意も必要だ。

実際にどの程度の明るさが必要なのか、また置く場所はどの程度の大きさで、吊るす時にはどこからつるすのかなども合わせて考えるようにしよう。しかし、こちらも注意が必要で、先ほど言ったようにハリケーンランタン自体がそもそもメインの明かりを張れるような明るさを有していない。あくまでも補助用として使うのだということを忘れないように。

燃料継ぎ足しが面倒ならタンク容量の大きいものがおすすめ

キャンプなど、使用用途によっては燃焼時間も気になるところ、先ほども言ったように燃焼時間もハリケーンランタンを見るうえでは重要になるのだが、タンク容量でこれは決まるので、これも選ぶポイントとしては大きいだろう。例えば2泊する場合、何度も燃料の継ぎ足しが面倒であればタンクは500ml以上がおすすめ。

1度タンクを満タンにしてしまえば、泊まっている最中は継ぎ足しは必要ないだろう。しかし、当然タンクが大きくなればハリケーンランタンのサイズも大きくなるので、手持ちで運んで使いたいという方には対応できなくなる。持ち運びで使うなら、サイズは340ml程度のものがおすすめだ。

インテリア性重視ならブロンズ製がおすすめ

暖かい炎で周りを照らしてくれるハリケーンランタンはその外観もおしゃれなのだが、特にインテリア性を重要視するのであれば、ブロンズ製などがおすすめで、素材にこだわるのも選ぶポイントになるであろう。お部屋のインテリアとしても使用でき、アンティーク調のものであれば、より一層雰囲気を高めてくれるはずだ。

アンティーク調のものは、比較的古いモデルのモノに多いため、価格もお求めやすいこともうれしい点だ。しかしその反面、今どきの特殊鋼板を使用したものに比べると錆やすいという点もある。そのため、今どきのものに比べる手入れに手間がかかるというデメリットもある。アウトドアで使用するなら、より上部なものを選ぶ必要性がある。

おすすめのハリケーンランタンを一挙紹介!

12位 カラーラインナップが魅力デイツ ハリケーンランタン デイツ78

知る人ぞ知るランタンメーカーのデイツ。中でもこちらは丸みを帯びた形と、コンパクトのサイズが人気の一品。また、魅力はカラーバリエーションが豊富なところも。ゴールドブラック、カントリーブルー、レッド、ゴールドをラインナップとしている。キャンパーにはうれしいカラーバリエーションだ。

11位 デイツの中でもサイズ大! デイツ  ハリケーンランタン デイツ80

デイツの中ではやはり先述したようなランタンでは少し大きさが足りないこともある。そんな少し大きめのランタンが欲しいときにおすすめがこちらだ。細長いホヤを採用したモデルで、長く伸びる炎が印象的なランタンになる。

10位 食品を加熱することも可能 デイツ  ハリケーンランタン中型 デイツ2000 ミレニアム

ランタンは明かりを求めてつけるものではあるが、こちらのハリケーンランタンは一味違う。ランタン上部の蓋を外して、ゴトクをセットすれば、水や食料を温めることもできるのだ。また、アウトドアでこれらの機能を使うため、また緊急時に対応できるために、転倒防止スタンドやペグなどが付属していることもうれしい点だ。

9位 手作りでの職人のこだわりが見える ギルアード オイルランタン 65617

フランスの老舗メーカーであるギルアード。そこで発売されているハリケーンランタンがこちらだ。熟練した職人の手作りの技が表れているこだわりの見える製品。細部にまでこだわったメッキ加工や高い耐久性が魅力のランタンになる。

8位 製造終了ながらも人気は衰えない ペトロマックス HL1ストームランタン 12322-PEHL

こちらはドイツの老舗、ペトロマックスのハリケーンランタン。実はすでに生産終了してるのだが、それでも一部のキャンパーにはすさまじい人気を誇るランタンとして有名だ。点灯時の美しさにはそれだけ定評があるというわけだ。

7位 明るさと大きさのバランスが良い! デイツ 90

デイツのハリケーンランタンの中で、最も明るさと大きさのバランスが良いと評判のランタンがこちらだ。明るさも十分で、燃焼時間は25時間と長時間の利用ができる。しかし、大きさは程よい大きさでバランスが良く、存在感がありながら明るいものが欲しい人にはうってつけのものだ。

6位 カラフルな色が見ていて楽しい ハーマンニヤー フェアーハンドランタン

フュアーハンドのランタンがモデルチェンジする前のハリケーンランタンで、見ているだけで楽しくなるようなカラーがそろっており、魅力あふれるランタンがこちらだ。そのカラフルな色は、モデルチェンジする前ですでに数が少ないにもかかわらず、まだまだ人気の高い製品になる。

5位 アウトドアの適性とコスパが良い キャプテンスタッグ ランタン 小 M-8357

それではキャンプでも自室でもおしゃれに使えるハリケーンランタンのおすすめをランキング形式で紹介していこう。まずランキング5位に入ったのが、こちらのハリケーンランタンだ。こちらは、アウトドア総合ブランドであるキャプテンスタッグのハリケーンランタン。重厚なブロンズ材質が目を引くもでるで、コンパクトサイズなのもよい。

自室での利用はもちろんキャンプなどの場面でも大いに役立ってくれるだろう。価格も千円程度とリーズナブルな点もおすすめの理由だ。タンク容量は120mlで燃焼時間は約10時間、キャンプのちょっとしたときでも十分対応できる時間だろう。また、コンパクトなため、個別にランタンの暖かい明かりを楽しむパーソナルランタンとしても最適。

4位 美しく輝く ギルアード ハリケーンランタン ルシオール 真鍮製 AEL100-BR

こちらのフランスのギルアード社でつくられたハリケーンランタンもランキング入りだ。美しく輝く外観はそれだけで気品あふれるものを感じる。やや厚みのある真鍮製で、高品質で実用性も大変高い。名が買う愛用するにもうってつけのハリケーンランタンになること間違いないだろう。燃料タンクは500mlで、燃焼時間は24時間になる。

美しいその外観はキャンプはもちろん、自宅でのサブライトとして使えばかなり雰囲気を高めてくれるに違いない。

3位 明るさと雰囲気を兼ね備えたDIETZ デイツ30

人気のシリーズであるデイツ。大きさも少し大きめになるが、サイズに見合った5分芯といわれる芯が使われているため、明るく、また燃焼時間も23時間と大変満足の行く時間照らしてくれる。明るすぎず暗すぎずの明かりなので、キャンプ時には一台あれば大変重宝するハリケーンランタンだ。

大きさが少し気になることもあるかもしれないが、ランタンの中ではこの燃焼時間を備えつつも大変コンパクトな部類になるので、コスパ面でも大変優れているといえるだろう。キャンプの常夜灯としても役立つ。利便性は抜群なので、ランキング上位になる。

2位 重厚なブロンズカラーが特徴的 ロゴス  ブロンズランタン L

2位にランキング入りしたのが、こちらのハリケーンランタン。重厚なブロンズカラーが特徴的なハリケーンランタンで、中で揺らめく炎が大変美しい。外観や雰囲気を何より気にするのであれば一見の価値ありのハリケーンランタンだ。明るさ自体はあまり強くないが、やや色味がかったホヤが幻想的な明るさを演出し、アロマオイルにも対応している。

燃焼時間も20時間と長いこともあり、アロマオイルが使用できることも合わせてとても人気なモデル。ランキング上位にふさわしい機能性と雰囲気を併せ持つ商品だ。

1位 実績と伝統が感じられる フュアーハンド ハリケーンランタン276

実用性が高く、とても人気の高いフュアーハンド社のハリケーンランタン。世界6ヵ国の軍隊でも使用されているほどの耐久性にも優れているランタンになる。雨や夜露に強い素材が使われており、手入れの心配もほとんどない。また、構造面ではハリケーンランタンの中でも群を抜いて高い。風速80mにも耐える消えない炎といわれているほど。

燃焼時間20時間以上も、その真の幅12mmに対してはかなりの破格。その燃焼効率の良さもうかがえる。キャンプはもちろん、災害時や常時家の明かりとしても活躍してくれることだ老。もちろんハリケーンランタンらしいおしゃれな雰囲気も満たしており、雰囲気は抜群に良い。どれをとっても優秀なので、ランキング1位に輝いた。

ハリケーンランタンはオシャレで雰囲気も良い!大変おすすめ!

ハリケーンランタンはキャンプでしか使えないようなイメージをどこか持っている人もいただろうが、今回のランキングを見ると、その外観や雰囲気から部屋でも十分雰囲気を上げてくれるアイテムだということがわかるだろう。自分の好みに合った、ベストな一台を見つけておしゃれに使用してみてほしい。

ハロウィンのかぼちゃランタンの作り方!使用する種類や由来も紹介 | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ