タープの張り方まとめ!基本やロープの結び方・アレンジ方法紹介

タープを使ったことがない人はタープの張り方が解らないという方も多いでしょう。そこでタープの張り方をまとめてみました。張り方の基本やロープの結び方ごご紹介します。さらにアレンジ方法もご紹介します。今後のアウトドアライフに役立つ情報ですよ。

目次

  1. タープとは?
  2. テントとタープはキャンプの必需品
  3. タープの基本構造
  4. 初心者でもわかるタープの基本的な張り方
  5. タープを大きく3種類に分けてみた
  6. ヘキサタープの張り方のコツ
  7. ヘキサタープをアレンジ活用
  8. テントとの相性がいいスクリーンタープ
  9. スクリーンタープの張り方のコツ
  10. イベントにはレクタタープがおすすめ
  11. レクタタープの張り方のコツ
  12. レクタタープアレンジ術
  13. タープの張り方で重要なロープ
  14. 張り方をマスターしてタープを楽に設置しよう
  15. 大自然のリビングとしてタープを使う

タープとは?

タープと言う言葉は知っているけど、実際にどのような形状の物がタープなのか?ハッキリと分からない方のために、まずはタープの種類からご紹介します。タープは大きく分けると3種類有ります。それぞれの特徴は後程ご説明しますが、基本的にテントとは異なった形状をしています。タープの種類によっては、一見テントのように見えるものも有りますが、構造はテントとは違いが有ります。

ヘキサタープ・スクリーンタープ・レクタタープが代表的なタープ3種類です。スクリーンタープは見た目がテントに似ているので、テントと同じだと思っている人も居るでしょうが、先もご紹介したようにテントとは違う構造になっています。ヘキサタープとレクタタープは見た目からタープだとわかりますが、それぞれの特徴に関して詳しく知っている人は少ないのではないかと思います。

タープはテントを出すほどでもない短時間のキャンプや、就寝は車やログハウスなど別の場所で行うキャンプの場合に重宝します。持っていると使えるシーンは沢山ありますし、本格的なアウトドアを体験するには欠かせないと言っても過言ではありません。アウトドアを楽しみたいと思ている方は是非持って行かれることをおすすめします。

タープのおすすめランキング!人気ブランドやメーカーを価格・種類別に紹介 | MensModern[メンズモダン]

テントとタープはキャンプの必需品

テントやタープはアウトドアを楽しむうえでとても便利な物です。キャンプに関して言えば、テントは寝室でタープはリビングの役目をしてくれます。どちらかと言うと、キャンプ中はテントよりタープで過ごす時間の方が長いので快適に使えるタープを準備したいです。タープの選び方はキャンプの好みにもよりますので、選び方は種類別の説明を参考にしてみて下さい。

タープの選び方に悩む方も居ると思いますが、デイキャンプなど短時間でのキャンプが多い場合は設営時間が短めのタープを選ぶと良いと思います。慣れていないうちは設営時間がかかりすぎてしまう傾向にありますし、初心者ばかりの集まりだと設営そのものがうまくいかないケースも有ります。まずは、設営しやすいタープからデビューしましょう。

タープの基本構造

基本的に使用するのはシート・ポール・ロープ・ペグです。タープの基本構造は、ポールとロープを使ってシートを広げ固定します。ポールはシートを下から支えるイメージで使用します。ロープを地面に固定する際に使うペグはレジャーシートやテントでも使われている物で、名前は知らなくても実物を見ると分かるという人は多いでしょう。構造は簡単ですが、設営となると少しコツを要します。

タープの種類によっては、組み立て方が違うので一概には言えませんが、基本構造が似ているタープの場合は、使うのはシートとポールとロープとペグです。その4つを組み合わせて完成させます。タープの基本的な張り方や、コツなどはこれからご紹介しますが、基本構造や使う物の名前も動画などでチェックしておいてください。

初心者でもわかるタープの基本的な張り方

では、ここから初心者でもわかりやすいタープの張り方をご紹介します。基本になる部分ですので、ヘキサタープを使うことを想定してご紹介します。ヘキサタープは先ほどの基本構造でも紹介したようにシート・ポール・ロープ・ペグを使いますので、ここから紹介する張り方はこの4つの道具を使うタープを想定してください。

基本の張り方は練習が大事

最初に皆さんに知っていただきたいのが、タープの張り方は練習することがとても大事です。後程説明しますが、ロープの結び方や固定するときのペグの角度でテントの安定感が大きく変わります。重要な部分をしっかりと頭に入れて、何度か練習してから本番に挑んで欲しいと思います。

タープの張り方を研究しよう

まず最初に基本の張り方を説明します。1人でヘキサタープを設営する方法を紹介した動画が有りますので、最初にそちらをご覧ください。その中で注目していただきたい部分は、動画28秒当たりのポールに関する部分です。つなげたポールをテントのシート部分に沿って置いています、ここはテントを張る段階になって重要になる部分です。何気なく置居ているわけではないのです。

動画1分05秒から重要な部分ですので注目してみてください。タープはシート部分がピンと張りが出る状態で設営するのがベストです。ピンと張る事が出来るコツが1分05秒以降から出てきます。ここは重要なのでもれなくチェックして下さい。※ロープの結び方も出ています、そちらも要チェックです。

タープを大きく3種類に分けてみた

タープには自立式と非自立式が有ります。自立式はスクリーンタープやワンタッチタープ(ワンタッチシェード)など、設営するのもメインはポールやパイプなど棒状の部品、そのため設営にはコツがほとんどいらない物が多いです。(スクリーンタープはサイズも大きくコツが必要な形状です。)

逆に非自律型タープはヘキサタープやレクタタープの様に、ポールやロープで固定しなければならないタープの事を言います。シートをポールとロープで固定するのでコツも必要ですし、経験も左右します。では、ここから代表的な3つのタープを紹介していきます。それぞれのタープの特徴や張り方のコツも含めてご覧になってみて下さい。

コットン素材のタープまとめ!焚火や雨漏りも大丈夫なおすすめは? | MensModern[メンズモダン]

ヘキサタープの張り方のコツ

ヘキサタープの張り方のコツは大きく分けると3点あります。この3点を抑えておけば、何とかなると言っても大げさではありませんので、この3点を覚えておきましょう。まず1つ目は、タープを設営する際に張り方以前に重要と言えるのが設営場所のスペース問題です。設営する際にスペースが狭いととてもやりずらいです。十分なスペースを確保してからはじめましょう。

2つ目はロープの調整です。メインとなるポールを立てて、シートを固定したら、その際に使っているメインロープを少し緩めると設営後の姿がバランスよく仕上がります。言葉で説明すると分かり辛いですが、タープが設営された状況を考えて頂くとよくわかります。下の写真を例にして説明します。

中央部分がアーチを描いてへこんでいるのが見てわかると思います。へこみ部分を作るにはロープの調整が必要なので、メインロープを緩めることを忘れないでおきましょう。3つ目のコツ。サブロープを固定します。サブロープはとにかく真っすぐに遠くに固定します。上の写真だと一番手前に見えるロープを参考にしてください。※ロープの結び方は前後に出てくる動画でチェック可能です。

ヘキサタープをアレンジ活用

ヘキサタープは単独使用も可能ですし、単独でもかなり活躍してくれるタープです。使い方によっては、もっと幅広く活躍してくれますのでアレンジ方法を覚えておくととても便利です。特に、区画が狭いキャンプ場ではヘキサタープのアレンジ術が活躍してくれます。

基本的にポールとロープで設営するタープですが、ポールの本数を減らしたり、ロープやポールの固定位置を調整することで、形を変える事が可能です。テントと連結したり、スクリーンタープと連結したり、色々な方法でのアレンジが可能です。シンプルな使い方からアレンジまで幅広く使えるので、愛用者のブログなどもチェックして頂きたいです。

テントとの相性がいいスクリーンタープ

スクリーンタープに関しては、見た目が普通のテントと似ているので、それがタープだと気が付いていなかった人も居ると思います。下の写真をご覧になってください。この写真、かなり面白い状態になっている写真で、なんとスクリーンタープの中にテントが設営されています。投稿者様のコメントを拝見すると冬はこの方法でキャンプされるそうです。防寒対策なのでしょうか。

上の写真だけ見ると、テントの中にテントを設営しているようにも見えますが、実際はスクリーンタープの中にテントを設営しているのです。スクリーンタープは見た目がテントと同じように見えますが、構造が違うので気になる方は是非チェックしてみて下さい。※アレンジして使用している方も多いので、判断に迷うことも有りますがテントかタープかはその違いを覚えればすぐに判断可能です。

モンベルのタープ・ミニタープはHXが人気?張り方・活用術まとめ! | MensModern[メンズモダン]

スクリーンタープの張り方のコツ

スクリーンタープの張り方のコツがyoutubeのコールマン ジャパン公式チャンネルの中にありました。細かい部分も丁寧に説明している動画なので初めての設営でなくても参考になる動画です。タープに慣れていない方は特に見ておくことをおすすめします。※動画の中にはロープを使う部分、ペグの打ち込み方なども紹介されています。

イベントにはレクタタープがおすすめ

レクタタープはイベントな会場などでも使いやすい形状のタープです。イベントでよく見る大型テントほどの立派な物は必要ないけど、ちょっとしたタープふだと不安がある。そんな時にお勧めしたいのがレクタタープです。レクタタープとは何のか?よくわからない方も居ると思いますので、簡単に説明します。

張り方は基本似ている

レクタタープは、使用するポールが6本、ヘキサタープは2本です。まず、この部分だけでも大きな違いです。固定するポール本数が4本も違いますので、設営後の見た目も変わります。レクタタープは固定するポールの数も多いですし、初心者向けのタープとは言えません、初めてタープを買う人はヘキサタープからなれるのがおすすめの方法です。

レクタタープは、ポールを6本使うのが基本ですが、そこをあえてポール4本使用にして、あとはロープ固定してしまう【L字型】の使用方法も有ります。アレンジが効きやすいのもレクタタープの利点です。レクタタープをアレンジして使用している方は意外と多いので、SNSなどで探してみると結構見つかります。個人発信の設営情報もとても参考になると思います。

雨の日でもキャンプは対策すれば楽しめる!設営・撤去の仕方や遊び方を紹介! | MensModern[メンズモダン]

レクタタープの張り方のコツ

少し画像が粗いのですが、レクタタープの張り方を紹介している動画です。レクタタープは通常の張り方だとポールの使用本数も6本程度必要ですし、ロープもしっかり固定する必要が有ります。全体的にピンとなる印象を持っていt抱けるとわかりやすいかと思います。レクタタープとは似ている形状ですが、使用するポールや固定の仕方が違いますのでその点もチェックしましょう。

レクタタープアレンジ術

レクタタープのアレンジ、先ほども少しご紹介しましたがポールを4本にしたL時型の設営もおすすめですし、車とコラボしてまるで再度オーニングのように使う方法も有ります。ポールを2本使って、車と地面に固定する方法など、色々なアレンジが効きやすいのもレクタタープの利点だと思います。

タープの張り方で重要なロープ

ここまで、種類ごとにタープの特徴やタープの張り方のコツをご紹介しましたが、タープもテントもロープの扱いが下手だと、結構な致命傷になってしまいます。ロープを使うことは普段の生活では皆無だし、ロープの結び方なんて全く知らないという方も居ると思いますが、キャンパーになるならロープの扱い、ロープの結び方には慣れておきましょう。

ロープは結び方もほどき方も重要

ロープはうまく結べることは最低条件です、結び方を数種類覚えるのも設営を楽にする近道です。しかし「なかなかほどけない結び方」では意味が有りません。ほどきやすい事も結び方と同じくらいに重要なので、その点もきちんと勉強しておきましょう。独学でやると、想像で結んでしまうので、ほどく時に相当苦労してしまう可能性も有りますので、注意しましょう。

ロープとペグを極めれば張り方は完璧になる

ロープの結び方と同じく、ペグの打ち方も重要ですからロープの結び方をマスターしたらペグの打ち方もしっかりと研究しておきましょう。ペグに関しても動画で見るのがわかりやすいので、以下の動画を参考にしてみて下さい。ペグの打ち込み角度も紹介されていますのでとても丁寧でわかりやすいです。

キャンプチェアの人気商品はコレ!座り心地や軽さなどアウトドアにおすすめは? | MensModern[メンズモダン]

張り方をマスターしてタープを楽に設置しよう

タープの張り方をマスターし、ロープもペグもきちんと扱えるようになるとかなりアウトドアが楽しくなります。アウトドアデビューしたのに続かなくなる人の大半は、観光になれない人か、テントやタープの設営撤収に限界を感じてしまった人だと思います。

タープの張り方はコツを掴めば大丈夫

タープの張り方が良いとアウトドアの快適さは段違いに良くなります。たとえデイキャンプであっても、数時間の事でも、上手にタープを設営できれば、快適空間を作る事が出来るからです。タープを買ったけど、上手に晴れないから張り方を教えて欲しい、もっと楽な張り方が有れば、そんな気持ちで居た方も、コツさえ覚えればとても簡単だとお分かりいただけたと思います。

アレンジは基本の張り方をマスターしてから

アレンジしたくなる気持ちは十分わかりますし、ちょっとできるような気がしてくると上級者の真似もしたくなります。しかし、基礎ができてない状態でアレンジを取り入れるとうまくいかない状況を招く可能性も有りますので、基本をしっかりと身に着けてからアレンジを取り入れるようにしましょう。

キャンプでおすすめのおしゃれな食器特集!料理がよりおいしくなる! | MensModern[メンズモダン]

大自然のリビングとしてタープを使う

今日、ここで紹介したタープの張り方をマスターして、大自然の中に快適なリビング空間を作りましょう。テントが寝室なら、タープはリビング、アウトドアの時間の中でも一番長く過ごす場所。その場所を快適にするだけで、満足度はグンと上がります。タープ設営をマスターして、快適なアウトドアライフをお過ごしください。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ