皆さんはふるさと納税をご存知ですか?ふるさと納税とは、お得に地方への寄付ができる制度です。利用したいけど仕組みが難しく、わかりやすい説明が欲しいという人も多いと思います。そこで今回は、ふるさと納税の仕組みや手続きについて簡単でわかりやすい説明を致します。

ふるさと納税の仕組みとは?わかりやすい申請手続き・税金控除の方法まとめ

目次

  1. ふるさと納税って何?わかりやすい説明で仕組みをご紹介
  2. 仕組みの前にふるさと納税の基本についてのわかりやすい説明
  3. ふるさと納税のわかりやすい得する仕組み①税金の還付・控除
  4. ふるさと納税のわかりやすい得する仕組み②特産品が礼品
  5. ふるさと納税のわかりやすい得する仕組み③地域の発展協力になる
  6. これでどう得なのかがわかりやすい!ふるさと納税の実例をご紹介
  7. 間違えないようわかりやすい説明を!勘違いされやすいふるさと納税の仕組みについて
  8. 全額すぐには返ってこない…最も勘違いされるふるさと納税の仕組み
  9. 豆知識!なぜ「ふるさと納税」と名付けたの?その仕組みについてのわかりやすい説明
  10. ワンストップ特例制度とは?ふるさと納税をしても確定申告で申請や手続きは必要ないの?
  11. ふるさと納税の仕組みで注意しておきたいことは?わかりやすい説明でご紹介
  12. 年度と暦年の違いも注意?何故注意なのかふるさと納税のわかりやすい仕組みの説明
  13. ふるさと納税は早めに申し込もう!その理由と仕組みのわかりやすい説明
  14. ふるさと納税で控除を最大限に受けるには?仕組みについてわかりやすい説明をしてほしい!
  15. ふるさと納税の礼品は課税対象になる?仕組みをわかりやすい説明で
  16. ふるさと納税を利用するなら楽天がおすすめ?仕組みやメリットなどをわかりやすい説明でご紹介
  17. まずは楽天ふるさと納税のメリットから!どんな点が楽天を利用する良いところ?
  18. 楽天ふるさと納税の注意点と仕組みについてわかりやすい説明!
  19. 楽天ふるさと納税はタイミングが大事?どんな仕組みでいつ申し込むのがお得?
  20. ふるさと納税を利用する際の流れをご紹介!わかりやすいまとめ

ふるさと納税って何?わかりやすい説明で仕組みをご紹介

あなたはふるさと納税って何かご存知ですか?ふるさと納税は平成20から始まったとてもお得な制度です。一言で言うとこの制度は「地方への寄付」をする制度です。寄付して自分が得するってどういうこと?と思う人もいるかもしれませんね。

このふるさと納税の利用者は年々増え、平成26年度のデータでは13万人が利用する制度になっています。また平成27年度からは制度がさらにお得になったため、利用者はさらに急増していると考えられます。お得と聞いてこの制度に興味が沸いた人もいるのではないでしょうか?

しかしいざサイトを開いて読んでみると、少し面倒そうであったり説明が難しかったりと諦めたくなってしまいますよね。そこで今回は、ふるさと納税の仕組みをわかりやすい説明でご紹介し、その申請や手続きにおける注意点までをご説明いたします。

仕組みの前にふるさと納税の基本についてのわかりやすい説明

ではふるさと納税とはどういったものなのでしょうか?先ほども書いた通り、ふるさと納税は名前に「納税」と付きますが地方自治体への寄付のことで、あくまで寄付です。誰しも社会人になり、普通に生活していれば住民税というものを支払っていますよね?

たいていの人は給料から差し引かれていることと思います。この住民税が地方では年々少なくなり、困っているというのはご存知ですか?例えば地方で子どもの頃を過ごし、大きくなると都会に働きに出て住民票を移してしまう…田舎ではある話ですね。

しかしこれでは、地方が税金を使って育った子どもも都会に税金を払うようになってしまい、地方は赤字になってしまいます。職を求めて人口が都会に集中しつつある現在、これは深刻な問題です。そこで生まれたのが、自分の住んでいない地方に寄付をするというふるさと納税制度です。

ふるさと納税のわかりやすい得する仕組み①税金の還付・控除

しかしただ寄付をするだけでは寄付する側にあまりお得感はありませんよね?ではお得というのはどういうことなのでしょうか?もちろん寄付する側にもメリットはあります。ふるさと納税の一つ目のメリットは「税金の還付と控除」です。

ふるさと納税で還付・控除される税金は、住民税と所得税です。寄付した金額から2000円を越えた分が全て税金の還付・控除になります。(控除上限は家族構成や所得で変わります)例えばあなたが30000円を寄付したとすれば、そのうち28000円分はお金が戻ってくるのです。

実質、あなたの地域に寄付されるはずだった住民税を地方に寄付したことになりますね。しかしこのままではやはり2000円分は損をしたことになってしまいます。これがプラスになるのは次のメリットでご説明致します。

ふるさと納税のわかりやすい得する仕組み②特産品が礼品

先ほどの説明だと得にはなりませんよね?ふるさと納税がお得になるその理由は、自治体から送られてくるその土地の礼品です。ふるさと納税の申請・手続きをするとほとんどの自治体から、その地域の特産品が礼品として送られてきます。

所得税の還付と住民税の控除、このふたつに加えて地域の特産品をもらえるというのがふるさと納税の得する仕組みです。たった2000円負担するだけで、高価な地域の特産品が礼品として送られてくるのは嬉しいですね。

リスクは2000円で、明らかにそれ以上のお返しがかえってくるので、まさにノーリスクハイリターン。ふるさと納税の申請はとてもお得であると言えるのです。

ふるさと納税のわかりやすい得する仕組み③地域の発展協力になる

もちろん物理的な得だけではありません。「寄付」ということに関してもメリットはあります。普段支払う住民税は、実際にどんなところに使われているかなんて知りませんし、自分で決めることはできませんよね。

しかしふるさと納税なら自分で寄付する地域を選ぶことができます。さらに、自治体によってはその用途まで選ぶことができてしまいます。またいくつの自治体に寄付しても構いませんので、いくらをどの自治体に使用してもらうかを自分で割り振ることができます。

唯一自分で使い道を選んで支払うことができる税金ということになりますね。税金は自分に嬉しいことにばかり使われるわけではありません。自分の納めた税金がどう使われているのか実感しづらいと、納税していても不満がたまってしまいますね。その点を考えてもふるさと納税は嬉しい制度なように思います。

これでどう得なのかがわかりやすい!ふるさと納税の実例をご紹介

いまいちピンとこない人のためにどのような礼品がどのくらいの金額のふるさと納税で贈られているのかをご紹介致します。例えば宮崎県の綾町に2万円のふるさと納税をする場合、「太陽の卵」という特産品が送られてきます。

この特産品は、一箱7000円(二個入り)はするマンゴーで、普通に購入する機会は滅多にありませんね。また、兵庫県の美方郡香美町にふるさと納税1万円を行った場合、但馬牛のスライス500グラムが贈られてきます。これも普通に購入すると5400円する品物です。

2000円上乗せでお金を支払っているように感じる制度ですが、実際には贈られてくる礼品で得をしているのです。1万円の寄付で5400円の品の場合でも3400円の得をするということですね。しかも大抵はふるさと納税の申請先が増すほど得が増えていくことになるのです。

ふるさと納税のメリット・デメリットまとめ!納税者にお得というのは本当? | MensModern[メンズモダン]

間違えないようわかりやすい説明を!勘違いされやすいふるさと納税の仕組みについて

ふるさと納税の仕組みでよく起こる勘違いは、その申請先です。ふるさと納税をできる場所は、自分の生まれ育った故郷であると勘違いする人が多いようです。しかし実際にふるさと納税を申請・手続きできるのは自分の生まれ育ったふるさとではありません。

自分が生まれ育った土地やなんらかの理由でお世話になった土地に寄付することもできますが、行ったことのない場所やまったく関わりのない場所にでもふるさと納税の申請手続きを行うことはできます。お礼の特産品を目的にふるさと納税先を選んでも問題なく税金の控除や還付は行われるのです。

むしろ自治体側はそんな寄付者を獲得すべく、より良いお礼品をと競い合っています。そのため総務省から「良識ある対応を」と注意が促されたほどです。自分に思い入れのある土地がないのであれば、寄付先は自分が最も良いと思う特産品から選んでしまってもいいかもしれませんね。

全額すぐには返ってこない…最も勘違いされるふるさと納税の仕組み

ふるさと納税は2000円を越えた分が戻ってくる制度として紹介させていただきました。ふるさと納税の申請手続きすると、所得税の還付と住民税の控除をされるということも先ほど書かせていただきましたね。還付・控除と書かせていただいた金額は、すぐに戻ってくると思った方もいるのではないでしょうか?

所得税の場合は「還付」されるため比較的すぐに戻ってきます。しかし住民税の「控除」に関しては現金という形で返ってくることはありません。「一定の上限まで個人住民税から全額が控除」というのは、次の年の住民税の控除(値引き)を意味しているため、現金が手元に返ることはないのです。

来年支払うはずだった金額が値引きされるため、損をすることはありません。しかしすぐに現金が戻ってこないと困る状況の場合は困ってしまいますね。(例:2017年1月~2017年12月にふるさと納税申請手続きの場合→所得税還付が2018年3月末、2018年度支払いの住民税が月々割で控除となります)

豆知識!なぜ「ふるさと納税」と名付けたの?その仕組みについてのわかりやすい説明

何度も書きますがふるさと納税はあくまで「寄付」です。ではどうして「ふるさと納税」という間違えやすい名前がついたのでしょうか?実は現在のふるさと納税の制度ができる前、今とは少し異なる案がありました。名前はその案が元になっていると言われています。

現在は寄付先にどの自治体を選ぶのも寄付者の自由とされています。しかしもともとは自分の住所地の自治体と寄付先へ望む自治体、金額を半々に分ける仕組みにしようという案もありました。これなら自分の住所地の自治体へ分けられた金額は「納税」という形になりますね。

しかし当初の目的である「自治体への寄付」の額が減ってしまうことからこの仕組みは変更され、今のふるさと納税制度に落ち着きました。この仕組みが元にあったため、「ふるさと納税」という名前が付けられたのだそうです。

ワンストップ特例制度とは?ふるさと納税をしても確定申告で申請や手続きは必要ないの?

ふるさと納税制度が始まった当初は、確定申告を個人でしないサラリーマンでも「寄附金の受領証」を提出するため確定申告を自分で行わなければいけませんでした。確定申告を個人でするのはやはり面倒に感じる人も多いですね。ですのでそれがふるさと納税を利用できない理由になっていた方もいるはずです。

しかし平成27年4月以降のふるさと納税には、新しい制度が導入されました。それが「ワンストップ特例制度」です。この制度は「寄付先が5カ所以内であれば確定申告を行わなくても税金の控除が受けられる」という便利な制度です。

もちろんワンストップ特例制度を利用したからといって(自営業などの)確定申告をしなければいけない人が確定申告をしなくてもいいということではありません。しかしこれで誰でも気軽にふるさと納税を利用できるようになったのは間違いありませんね。

ふるさと納税の仕組みで注意しておきたいことは?わかりやすい説明でご紹介

ふるさと納税を利用する際に注意しておきたいこともいくつかあります。まず一つ目は、「申請・手続きする人の名前」です。ふるさと納税は、寄付額の2000円を越える部分が所得税と住民税から還付・控除される制度ですね。ですので、収入がない人がふるさと納税の申請をしても意味がありません。

例えば専業主婦の方の名前でふるさと納税をしても、所得がなく住民税も扶養に含まれているので還付・控除されるものがありません。収入のない人の名前でふるさと納税を申請・手続きした場合、ただ割高で地域の特産品を購入しただけになってしまいます。

もちろん次の年の住民税も控除されることなく同じ額を支払うことになってしまいます。旦那の代わりに申し込むという人も、決して自分の名前を書くことがないよう気をつけてくださいね。

年度と暦年の違いも注意?何故注意なのかふるさと納税のわかりやすい仕組みの説明

ふるさと納税の申請手続きが可能な期間はいつなのでしょうか?ふるさと納税は一年を通していつでも申請・手続きすることが可能です。しかし当然一年の区切りというものが存在します。そしてふるさと納税の返礼品は、何度同じ自治体に寄付しても一年に一度と決まっているところがほとんどです。

ですので区切りを間違えると返礼品がもらえないタイミングで寄付をすることになってしまいます。そしてこの区切りは自治体ごとに異なることも知っておく必要があります。例えば暦年と表記されている自治体は1月1日~12月31日で区切られています。

しかし年度と表記されている場合は4月1日~3月31日で区切られています。この区切りを間違えてしまうと一年に2回寄付をしたというカウントになってしまいますので、当然2回分の返礼品はもらえませんね。自治体ごとにしっかりと期間を確認するよう注意しましょう。

ふるさと納税は早めに申し込もう!その理由と仕組みのわかりやすい説明

ふるさと納税の期間は先ほどご説明しましたね。その期間の中でならいつでもふるさと納税の申請ができるので、食材をダブらせることがないのも嬉しいところです。しかし期間中いつでも大丈夫!と思っていたら損をすることもあります。

ふるさと納税を寄付先である自治体にも、返礼品の数には限りがあります。ですので人気の自治体は、ふるさと納税の開始後すぐに受付を締め切ってしまうところもあります。申請手続きをすっかり忘れていて年末に滑り込み!という場合だと、おそらく人気の自治体は残っていないことが多いはずです。

またあまりにも年末ギリギリに申請すると、支払いが「銀行振り込みのみ」の自治体に申請したい場合、銀行が閉まってしまって振り込めないというトラブルも考えられます。期間内の申請なら自由とはありますが、なるべく早め早めの申請をおすすめ致します。

ふるさと納税で控除を最大限に受けるには?仕組みについてわかりやすい説明をしてほしい!

ふるさと納税は寄付した金額の2000円を越えた部分を、住民税の控除や所得税の還付するという制度ですね。しかしもちろん控除額には限度があります。それを越えると、その場合も割高で特産品を購入しているのと同じことになりますので、限度額は知った上でふるさと納税を行いましょう。

所得税の税金控除額は(ふるさと納税額-2,000円)×所得税率で計算することができます。そして住民税は(ふるさと納税額-2,000円)×住民税率(10%)です。(確定申告を行う場合はこの二つの計算を使用します)ワンストップ特例制度を利用する場合は計算が異なり、所得割額の2割が住民税控除の限度額になります。

しかしきちんと計算しようとすると、家族の人数や年齢、生命保険の控除等で額が変わります。より本当の数字に近い計算をしたい人は、源泉徴収を片手にシュミレーションサイトを利用してみてくださいね。

ふるさと納税の礼品は課税対象になる?仕組みをわかりやすい説明で

ふるさと納税はお礼として贈られてくるものですので課税対象にはならないようにも思えますね。しかしふるさと納税の礼品も一時所得に含まれるため、課税対象に含まれてしまいます。ふるさと納税は礼品が目的の支出ではなく、寄付金控除の対象として扱われるからです。

懸賞や福引きの賞金・品物、生命保険の一時金や損害保険の満期払戻金も一時所得の対象であり、その総額が年間50万円を越える場合に一時所得の課税対象となってしまいます。ふるさと納税を利用する場合はこの点にも注意が必要です。

また先ほども書きましたが、生命保険料の控除を受けている人も注意が必要です。所得控除の金額が増加して所得金額が減少するため、ふるさと納税の控除限度額が少し低くなってしまいます。ぎりぎりに設定したい人はそれも踏まえて考える必要があります。

ふるさと納税を利用するなら楽天がおすすめ?仕組みやメリットなどをわかりやすい説明でご紹介

ふるさと納税の申請先を紹介しているサイトはいくつかあります。これらのWebサイトを「ふるさと納税ポータルサイト」といいます。様々なWebサイトがあり、そのサイトごとに取り扱う特産品も違うため目移りしてしまいますね。その中でも楽天は特にお得な条件が多いサイトと言えます。

ふるさと納税ポータルサイトにはお得な条件にいくつかパターンがあり、情報だけを載せているサイトもあれば寄付や申告の手間を省けたり、現金として使用できるポイントがつくサイトもあります。楽天の場合は三つ目の現金として使用できるポイントの付与がお得なところです。

寄付する際のメリットから注意点なども合わせてご紹介します。上手く利用して税金の控除だけではなくもっとお得にふるさと納税制度を利用していきましょう。

まずは楽天ふるさと納税のメリットから!どんな点が楽天を利用する良いところ?

先ほども紹介しましたが、楽天でふるさと納税をする最も大きなメリットは、付与されるポイントの多さです。通常の時でも購入した金額の1%はポイントとして還元されるようになっています。しかしここで注目したいのはポイントが多く還元されるセールの存在です。

楽天スーパーセールや楽天市場お買い物マラソンなどを上手く利用すると、かなりの金額をポイントとして還元してもらうことができます。また、普段からよく楽天サイトで買い物する人はポイントもたまっていますよね?

楽天でふるさと納税をする場合、たまっているポイントを使ってふるさと納税を申請することができます。ポイントを使って支払いをした場合でもその金額分のポイントを再度受け取ることができるため、還元率が高く嬉しいですね。

楽天ふるさと納税の注意点と仕組みについてわかりやすい説明!

楽天でのふるさとはとてもお得に利用できるように感じますが、もちろんデメリットといえる注意点もあります。まず一つ目は寄付できる先が少ないということです。ふるさと納税をおこなっている自治体は多く、現在2000近くあると言われています。

しかし楽天が取り扱っている自治体は80弱とかなりすくないようです。もしかすると楽天のサイトにはないより良い特産品があるかもしれませんね。楽天のみをチェックしていたのでは、それらを見逃してしまう恐れがあります。

また楽天で寄付する場合、IDを利用して紐付けされるので、家族でひとつの楽天アカウントを利用している人は注意が必要です。名義が専業主婦である妻のもので申請してしまうと、税金の控除が適用されません。いつもの感覚で申請・手続きしないように注意が必要です。

楽天ふるさと納税はタイミングが大事?どんな仕組みでいつ申し込むのがお得?

こちらも先ほど軽くご紹介させていただきましたが、楽天には多くのポイントを獲得できるタイミングがいくつか存在します。一つ目は「買い回りイベント」です。このイベントは、一定期間の間に楽天でのお買い物を含む複数の店舗で買い回りをするセールです。

店舗数に応じて最大+9%まで獲得ポイントを増やすことができます。二つ目は「楽天イーグルス勝利・ヴィッセル神戸勝利」のイベントです。これは勝利の翌日の買い物は+1%(両方勝利なら+2%)というセールです。さらに普段から利用できるものが「スーパーポイントアッププログラム」です。

これは楽天カードで支払うことで+2%、楽天モバイルアプリから商品を購入することで+1%(月間の買い物有効)、楽天モバイルの利用で+1%(月間の買い物有効)のポイントを獲得することができます。これらは全て併用可能ですので最大限利用できればかなりのポイント獲得を望むことができます。

ふるさと納税を利用する際の流れをご紹介!わかりやすいまとめ

ここまでふるさと納税について様々ご紹介させていただきました。最後にふるさと納税をする際のおおまかな流れをご紹介します。まずは家族構成や収入からあなたの家庭の控除上限を知りましょう。また、欲しい特産品でも一度に食べきれないほど大量に注文をしないように注意しましょう。

寄付先を決まったら各サイト等を利用して申込みを行いましょう。その後支払いをし、寄付が完了します。ワンストップ特例制度を利用しない人は送られてくる「寄附証明書」を保管しておきましょう。その後寄附証明書と源泉徴収票を用意し確定申告を行います。

この手続きを完了すれば次の年に税金の控除・還付をしてもらうことができます。ふるさと納税を知る人はまだまだ少ないですが、とてもお得な制度ですね。ネックであった確定申告もワンストップ特例制度の登場で必要なくなりましたし、まさにメリットだらけの制度と言えます。興味を持った方はぜひ利用してみてくださいね。

ふるさと納税でANAのマイルをGET?お得なオリジナル商品なども調査 | MensModern[メンズモダン]

評価 4.0/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ