タイヤメーカーおすすめランキング!国内や海外で人気の特徴・性能を比較

タイヤメーカーはとても多いので比較するのも大変ですよね。ランキングにすると検討もしやすいと思いますので、ここでは国内・海外のタイヤメーカーをランキングにしました。特徴とともにご紹介しますので、タイヤ交換の際には参考にしてください。

タイヤメーカーおすすめランキング!国内や海外で人気の特徴・性能を比較

目次

  1. 自分の車にあったタイヤメーカーを選ぼう
  2. 国内タイヤメーカー人気ランキング3位【横浜ゴム】
  3. 国内タイヤメーカー人気ランキング2位【住友ゴム】
  4. 国内タイヤメーカー人気ランキング1位【ブリヂストン】
  5. 海外タイヤメーカー人気ランキング15位【ATR SPORT 】
  6. 海外タイヤメーカー人気ランキング14位【momo】
  7. 海外タイヤメーカー人気ランキング13位【ネクセン(NEXEN)】
  8. 海外タイヤメーカー人気ランキング12位【ナンカン(NANKANG)】
  9. 海外タイヤメーカー人気ランキング11位【マックストレック(MAXTREK)】
  10. 海外タイヤメーカー人気ランキング10位【トライアングル(TRIANGLE)】
  11. 海外タイヤメーカー人気ランキング9位【クムホ(KUMHO)】
  12. 海外タイヤメーカー人気ランキング8位【クーパー(COOPER)】
  13. 海外タイヤメーカー人気ランキング7位【ジーティー(GT)】
  14. 海外タイヤメーカー人気ランキング6位【正新ゴム】
  15. 海外タイヤメーカー人気ランキング5位【ハンコック(HANKOOK)】
  16. 海外タイヤメーカー人気ランキング4位【ピレリ(PRELLI)】
  17. 海外タイヤメーカー人気ランキング3位【コンチネンタル(CONTINENTAL)】
  18. 海外タイヤメーカー人気ランキング2位【グッドイヤー(GOODYEAR)】
  19. 海外タイヤメーカー人気ランキング1位【ミシュラン(MICHELIN)】
  20. 用途に合わせたタイヤを選ぼう

自分の車にあったタイヤメーカーを選ぼう

タイヤの交換時期

自分の車のタイヤを気にしていますか?タイヤは走れば走るほどすり減っていきます。タイヤは変形しながら、常に路面にくっついています。すり減って薄くなると破裂する可能性がありますが、そこまですり減らなくても、雨の日にとても危険な状態になります。

タイヤにある溝は、雨が降ったときにタイヤと路面の間にはいる水を除去しています。溝が深いと、水は綺麗に除去されていきますが、タイヤの溝がすり減った状態だと、水が流れずにまた路面との間に戻ります。そのためスリップしやすく、ブレーキがきかなかったり、ハンドルを切っても曲がりきれないようになってしまいます。

タイヤには国内・海外合わせてたくさんのメーカーがあります。タイヤメーカーにより、それぞれ特徴や性能が違ってきますので、国内・海外のタイヤメーカーをランキングにしてご紹介します。タイヤ交換の際のご参考にしてくださいね。

最新の車情報まとめ!新型モデルのデザインや機能などニュースをお届け | MensModern[メンズモダン]

国内タイヤメーカー人気ランキング3位【横浜ゴム】

国内人気タイヤメーカーランキング3位の「横浜ゴム」も「ADVAN」だとわかりやすいのではないでしょうか。タイヤの側面に「YOKOHAMA」「ADVUN」と書かれていますよね。「ADVAN」は、タイヤとアルミホイールのブランド名です。

横浜ゴムは技術的なハードルがとても高く、世界のタイヤメーカーでも4社しか開発していない航空機のタイヤを2006年から供給していました。以前はサーキットやモータースポーツ用にタイヤ及びホイールを製造していましたが、近年では海外の車用タイヤも製造するようになりました。

運動性を重視し耐久力と性能の高い「ADVAN」、快適性を重視し低燃費・耐摩耗の高い「BluEarth(ブルーアース)」オンロード用の「PARADA」を展開し、海外もシェア8位になっています。特許を取得している「オレンジオイル配合」のタイヤで、ゴムがしなやかになるのが特徴です。

低燃費車最新ランキング!ハイブリッド・ガソリン・ディーゼル各車徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

国内タイヤメーカー人気ランキング2位【住友ゴム】

国内タイヤメーカ―人気ランキング2位は「住友ゴム」です。「住友ゴム」は2015年までグッドイヤー社と合併事業展開していましたが、2015年10月には解消しています。「ダンロップ」「ファルケン」と2種のブランドは国内・海外ともに有名ですよね。

住友ゴムは老舗で元は自転車のタイヤを生産していました、自動車のタイヤの研究、開発に力を入れ現在では、同業者からも最先端の技術があるタイヤメーカーとして注目されています。

「ダンロップ」ブランドの「エナセーブ」は「100%石油外天然資源」のタイヤとして人気があります。特徴は石油・石炭を一切使用しない地球に優しいタイヤです。住友ゴムの「低燃費タイヤ」は他タイヤメーカーに比べ、最高レベルの低燃費性能を実現しています。

国内タイヤメーカー人気ランキング1位【ブリヂストン】

国内タイヤメーカーランキング1位は「ブリジストン」です。「ブリジストン」は世界シェアNO1の大手国内タイヤメーカーですので、よくご存じですよね。乗用車用のタイヤ「レグノ」「エコピア」「ポテンザ」とうのブランドもよく目にします。

「レグノ」は伝統あるタイヤで、運動性能、低燃費といずれも高い性能をもった「ブリジストン」のプレミアムタイヤです。とくに静粛性には特徴があり、タイヤから伝わる振動やノイズを吸収し車内部に伝わるのを軽減する効果があります。車内部だけでなく、車外部の騒音も抑えることに特徴があります。

「エコピア」は低燃費を意識したエコタイヤになっています。低燃費だけでなく安全性、低摩耗性能にも評価の高いタイヤです。ウェット性能では最高ランクであるaも獲得されています。「最高の品質で社会に貢献」という起業精神が世界のブリジストンで受け継がれています。

国産高級車の人気ランキング2017まとめ!値段が一番高い車20選紹介 | MensModern[メンズモダン]

海外タイヤメーカー人気ランキング15位【ATR SPORT 】

「ATR SPORT」はインドネシアのタイヤメーカー「MASA」のスポーツ系ブランドタイヤです。インドネシアは天然ゴムの生産量が世界有数ですよね。インドネシアには世界各国のタイヤの技術を持つ工場や研究所が出来ています。

特徴としてはグリップの性能がとてもよいので、コントロールしやすく、走り屋やドリフト族のかたには絶大な人気があります。雨で路面が濡れている状態での走行でも高速安定重視していますので、晴れの日も雨の日も快適な走りができるでしょう。

スポーティタイヤですので、乗り心地は少し硬めで静粛性も気になるかもしれませんが、通常走行する場合だと、他の輸入タイヤと比べてもさほど変わりはないでしょう。価格が安い割には、性能がよいのが人気です。

海外タイヤメーカー人気ランキング14位【momo】

「momo」は車をお持ちのかたなら、ステアリングホイールでとても有名なメーカーです。イタリアのレーシングドラバーが設立し、レースに勝つためのハンドルをカスタムメイドしました。F1優勝したフェラーリのハンドルが「momo」でしたので、世界的にも人気がでました。

タイヤの歴史はまだ浅いのですが、高速での安定性能やグリップ性能も、スポーツ志向の高めな会社らしく高品質です。「momo」は現在中国製ですが「momo」ブランドですので、他の安い輸入タイヤに比べると上品でかっこいいです。「安っぽくなく、スポーツタイヤまでは行かないけれど走りも楽しみたい」かたにはおすすめです。

海外タイヤメーカー人気ランキング13位【ネクセン(NEXEN)】

「ネクセン」は70年ほど前に韓国で最初に自動車用のタイヤを生産した伝統あるタイヤメーカーです。韓国内でも20%を越えるシェアがあり世界でも評価されています。日本では「ネクセン」ですが、東欧やアラブ諸国などでは「ロードストーン(RoadStone)」ブランドとして販売されています。

輸入タイヤの欠点とされることのあるノイズですが、ネクセンは背粛清、ブレーキ性能、燃費などの品質が向上され、欧米などでは高級車に「ネクセン」のタイヤが履かれているのも多い評判の高いタイヤです。

乗り心地もよく、運動性能も高いので、国内タイヤメーカーのスタンダードレベルと同等かそれ以上と言われているうえで、国内タイヤよりも安いので人気が出ています。クライスラーやフィアットなどでOEタイヤ(新車装着タイヤ)としても採用されているブランドです。

海外タイヤメーカー人気ランキング12位【ナンカン(NANKANG)】

台湾で最も長い歴史をもつタイヤメーカーが「ナンカン」です。輸入タイヤを購入されるかたには一番人気のタイヤメーカーです。輸入タイヤは現在国内タイヤメーカーのエコタイヤクラスですと遜色なく、性能も向上してきています。

国内・海外タイヤメーカーの高性能で高級なタイヤと比べますと劣る場合がありますが、日本車を新車で購入したときに、最初から履いている純正タイヤには、輸入アジアンタイヤが多く採用されています。

ナンカンの上級タイプのタイヤは、国内メーカーのスタンダードモデルタイヤをもしのぐ高性能です。それでいて価格は「ナンカン」のほうが安いとなれば人気があるのもわかりますよね。「ナンカン」は国内タイヤメーカーよりも18インチ以上のサイズアップが豊富なのも選ばれる理由になっています。

海外タイヤメーカー人気ランキング11位【マックストレック(MAXTREK)】

「マックストレック」は香港のタイヤメーカーですが設立はまだ新しく2007年です。中国から資本が投入され、設備投資も莫大な金額がかけられています、世界基準の生産ライン・開発を持っていますし、世界各国の標準認証も取得している、急成長しているタイヤメーカーです。

日本国内ではスポーツタイヤの「INGENS」ブランド、コンフォートタイヤの「MAZIMUS」、SUVタイヤの「SIERRA」、カスタム系タイヤの「FORTIS」など、用途にあった様々なブランドタイヤを展開していますので、自分の車にあったタイヤが低価格で見つかる事と思います。

スタッドレスタイヤの「TREK」は、特殊ゴムを使用し、低温でも柔軟性があり雪道でのグリップ、制動力を向上されていますが。氷上性能については、国内タイヤメーカー、海外有名タイヤメーカーのスタッドレスタイヤと比べると少し評価は劣ります。あまり雪が多くない地域などですと、価格を考えるとお得になるかもしれません。

海外タイヤメーカー人気ランキング10位【トライアングル(TRIANGLE)】

中国で最大のタイヤメーカーが「トライアングル」です。タイヤ生産量でも急成長し、現在世界シェア14位になっています。乗用車、トラックのタイヤを主に製造し、機能や品質も高く、世界基準もクリアしていますので、各国に輸出されています。

国内ではネット通販などで、とても安く販売されていますので、ご存じのかたも多いタイヤメーカーではないでしょうか。本当に安く、国内タイヤメーカーのタイヤ1本分で4本買えてしまうような…。通常に使用するには、問題なく少し乗り心地が柔らかめという口コミがあります。

純性規格を通常使用するには、問題ありませんが、インチアップは耐久性に不安がありますので、避けたほうがよいかも。スタッドレスタイヤは公式でも発表していますが、乾燥した路面の都会での使用を勧めています。雪道での使用は避けてくださいね。静粛性やグリップ性能にこだわるかたも、避けた方がよいかもしれません。

安くてかっこいい車ランキング!おしゃれな内装で勝負!【外車・国産】 | MensModern[メンズモダン]

海外タイヤメーカー人気ランキング9位【クムホ(KUMHO)】

「クムホ」は1960年に設立された韓国のタイヤメーカーです。「クムホ」の特徴は日本工業規格の「JIS」を刻印していないことです。規格は取得されているので、刻印がなくても安心してくださいね。世界の自動車の純正タイヤとしても多く採用されている、評価の高いタイヤメーカーです。

以前は「クムホ」のタイヤは品質もよく安いのでおススメでしたが、近年では、他の輸入タイヤより少し価格が上がっています。国内の安いタイヤと競合している輸入タイヤメーカーとなってきているのも特徴です。大手のカー用品店「オートバックス」とも提携していますので、品質には安心感があります。

メルセデスベンツBクラスや、BMW3シリーズの新車装着タイヤにも採用され、高級車市場でも高い信頼を得ていますし、近年ではモータースポーツにも取り組んでいますので、この先、技術と品質の向上も期待されている人気のタイヤメーカーです。

海外タイヤメーカー人気ランキング8位【クーパー(COOPER)】

「クーパー」は乗用車、トラック用のタイヤの製造販売を行っているアメリカのタイヤメーカーです。イギリスの「エイヴォン」ブランドも所有し、そちらではバイクのタイヤ、4輪レース用タイヤも製造し、世界タイヤメーカーの売り上げランキングでも第12位に入っています。

「エイヴォン」以外にも「ディーン」「マスタークラフト」「スターファイア」のブランドでタイヤを製造している「クーパー」はアメリカのタイヤメーカーでは、2番目の規模になります。世界中に生産・販売・技術開発・設計の設備を持ち、品質・安全性ともに評価・人気が高いタイヤメーカーです。

海外タイヤメーカー人気ランキング7位【ジーティー(GT)】

「ジーティ」はインドネシアで最大のタイヤメーカーで、「GT RADIAL」ブランドでタイヤを販売しています。1951年に自転車のタイヤメーカーとして設立され、その後乗用車のタイヤを製造するようになりました。世界タイヤメーカー売上ランキングでも11位になっています。

ミシュランやピレリのタイヤを請け負っていたこともありますので、品質・性能ともに問題なく、安心できますが、一部、中国製の粗悪な商品が出回っている可能性がありますので、ネットで現物を見ずに購入するのはおすすめできません。「ジーティ」のタイヤを購入する際には、ちゃんとした知識をもったかたのいる信頼できる店舗での購入をおすすめします。

海外タイヤメーカー人気ランキング6位【正新ゴム】

世界タイヤメーカー売上ランキングでも9位に入っている「正新ゴム(チェンシン)」は台湾のタイヤメーカーです。設立から50年ほどたつ歴史のある会社ですので、信頼あるブランドです。日本では自転車やバイクなど二輪車用タイヤで有名ですよね。

「正新ゴム」ブランドの「MAXXIS」は、近年国内でもネットや店頭販売されていますので、ご存じのかたも多いのでは。日産マーチや、トヨタ・マツダ・三菱で新車装着タイヤとしても採用されている、信頼あるブランドです。

特徴は燃費を軽減したエコタイヤ、騒音・ノイズを低減するような工夫がされた「MS800」や4輪駆動のジムニーなどオフロード仕様向けのタイヤ「M8090」、アメリカ車や海外の4WDに人気のある全天候型に性能を発揮する「MT-776」タイヤなど、価格の割には性能が良いので評価の高いタイヤメーカーです。

4WDのおすすめ車種を紹介!アウトドアで使える人気モデルは?【2017年版】 | MensModern[メンズモダン]

海外タイヤメーカー人気ランキング5位【ハンコック(HANKOOK)】

韓国のタイヤメーカー「ハンコック」は日本でもおなじみですよね。1941年設立の歴史ある会社で韓国ではシェア1位、アジアでは3位、世界でも7位と評価が高く、性能と技術力には定評があります。輸入タイヤは韓国製が多いのですが、カー用品店のイエローハットに「ZETRO」ブランドでOEM提供もしています。

元は日本タイヤ(ブリヂストン)の傘下でそのご横浜ゴムとも提携していますので、日本のタイヤ技術に似たものがあるのもうなずけますよね。国内車メーカーや、フォルクスワーゲン、アウディ、フォードととても多くの新車純正タイヤとしても使用されていますので、品質にも問題ありません。

「ハンコック」は輸入タイヤの中では価格が少し高くなっています。国内メーカーと変わらない値段のものもありますが、ハンドリング性能やグリップ性能でもトップクラスですので、上質な乗り心地で評判がよいタイヤです。

海外タイヤメーカー人気ランキング4位【ピレリ(PRELLI)】

「ピレリ」は車にさほど詳しくないかたでも認知されているのではないでしょうか。イタリアのタイヤメーカーですが、特徴は車大国イタリアで超高級な有名車、フェラーリ・マセラッティ・ランボルギーニと時速も300キロを超すようなスピードを出す車でも確かな性能を発揮している高性能タイヤです。

超高級スポーツカー各社は「ピレリ」のタイヤを採用していますが、ポルシェやアウディ・BMWにもOEM供給されています。高速安定性能、ノイズ低減、グリップ性能とどれをとっても素晴らしい品質のタイヤであることは間違いないでしょう。

「ピレリ」はパンクしてもつぶれないタイヤの研究、開発に力をいれていますし、スポーツタイヤのイメージがありますよね。タイヤは少し硬めに感じるかもしれませんが、ゴムを硬くしているのではなく、構造がしっかりしているためです。価格は高めですが個性的なタイヤのフォルムはかっこいいですよね。

海外タイヤメーカー人気ランキング3位【コンチネンタル(CONTINENTAL)】

「コンチネンタル」はドイツで1871年に設立された、老舗の歴史ある、世界最大のタイヤメーカーです。2014年には「コンチネンタルジャパン」を設立し日本にも参入が始まっています。ドイツは世界でも有名な自動車メーカーが多く競走も激しいのですが、ヨーロッパでは乗用車と小型トラックタイヤのシェア1位になっています。

ベンツ・アウディ・ポルシェといった有名メーカーの新車装着タイヤとしてもシェアNO1で、ヨーロッパでは新車の3台に1台はコンチネンタルのタイヤを履かせているそうです。世界タイヤ売上でも4位と名実ともに信頼性のあるタイヤメーカーです。

「コンチネンタル」の特徴は、ドイツは日本と同じくらいの緯度ですので、四季もはっきりしています。四季がはっきりしていると、路面の状況も1年で変わってきますよね。それに対応できる高性能なタイヤを製造しています。

海外タイヤメーカー人気ランキング2位【グッドイヤー(GOODYEAR)】

世界最大のゴム会社・世界最大のタイヤメーカーの「グッドイヤー」も有名ですよね。日本にも1952年には「日本グッドイヤー株式会社」を設立していますので、国内のタイヤメーカーにも多大な影響を与えています。

SUV車のタイヤによく装着されていますが、レースにも積極的に関わっていますので、スポーツタイヤでも評価が高くなっています。タイヤの横に大きく「GOOD YEAR」と書かれているのが特徴です。

アメリカの会社ですので、広大な土地を走るため耐久性や燃費性能には定評があります。タイヤのゴムも少し硬めですが、しなやかさも備えていますので、乗り心地はよいでしょう。価格も国内タイヤメーカーと比べても同程度になります。

海外タイヤメーカー人気ランキング1位【ミシュラン(MICHELIN)】

「ミシュラン」は「ブリヂストン」についで世界タイヤ売上ランキング2位のタイヤメーカーです。世界で初めてラジアルタイヤを作った会社としても有名です。身体がタイやで出来ている「ミシュランマン(通称ビブ)」も世界で最も古いトレードマークだそうです。

価格もそれなりにしますが、高性能タイヤとして圧倒的な評価を受けています。ラジアルタイヤを始めて作った会社ですので、常にタイヤの技術開発には投資し、世界のタイヤ技術を高めてきたブランドです。

タイヤはもちろん高性能ですが、特徴は「ミシュランガイド」でしょうか。ミシュランガイドは別事業ですが、「車で旅をするかたへのサービス」として、タイヤもガイドも始めたそうです。

用途に合わせたタイヤを選ぼう

国内及び海外で人気のタイヤメーカーを特徴とともにランキングでご紹介しました。タイヤは車になくてはならないものです。見た目もそうですが、自分の車の用途によりタイヤを選んでくださいね。タイヤは劣化すると事故につながる恐れもありますので、早めに交換するのをおすすめします。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ