テントのクリーニングが話題!プロにお任せ撥水&UV加工でピカピカに?

テントを使った後の手入れはどうしていますか?できる範囲でクリーニングをすると、行き届かない所があって次のシーズンに使おうと思った時に、においや汚れが残っていて困ったという人もいるでしょう。そこで今回はプロによるテントクリーニングについて紹介していきます

目次

  1. プロのテントクリーニングとはどんなもの?
  2. プロのテントクリーニングは必要なのか?
  3. プロのテントクリーニングのメリット
  4. プロのテントクリーニングのデメリット
  5. テントクリーニングはどういった工程で行われるのか?
  6. 撥水効果はテントクリーニングで取り戻せるのか?
  7. テントクリーニングでUVカット加工はできる?
  8. テントクリーニングの料金は?
  9. テントクリーニングに関する口コミ
  10. ピカピカのテントでキャンプを楽しもう!

プロのテントクリーニングとはどんなもの?

キャンプなどアウトドアが好きな人にとって、テントは必須アイテムです。テントは毎日外に出しておくものではなく、必要のない時は保管しておいて必要な時に出して使うというものです。そのため、汚れたテントをそのままにして保管しておいたり、雨に濡れたテントをしっかり乾燥させずに保管してしまうと大変なことになります。

そのような状態で保管しておくと、テントの汚れが落ちにくくなったりカビができてしまったりと次回テントを使う際に、気持ちよく使うことができなくなってしまいます。そういったことがないようにするために、テントを使った後にはしっかりクリーニングをする必要があります。しかし、自分でテントのクリーニングをするとなるととても大変です。

自宅に大きなテントを広げておけるような場所がある人は問題ないでしょうが、そのような広い場所はないという人の方が多いと思います。そこでおすすめなのが、プロによるテントクリーニングです。

テントクリーニングとは、通常の洋服をお願いするようにテントクリーニングを行っているプロのクリーニング屋さんに、汚れたテントのクリーニングをお願いするというものです。そこで今回は、今話題となっているプロのテントクリーニングについて詳しく紹介していきたいと思います。

おしゃれなテントで写真映え!ファミリー向けで設置も簡単なおすすめ品は? | MensModern[メンズモダン]

プロのテントクリーニングは必要なのか?

プロによるテントクリーニングは必要なのでしょうか?自宅でテントを広げてピカピカにクリーニングして、しっかり乾燥できる場所がある人はさほど必要ないかもしれません。それでも、自分でテントをクリーニングするには限界があります。また、自宅にテントを広げることができないというような状況であると、ピカピカにクリーニングするというのはなかなか厳しいものがあります。

テントに汚れが残っていると撥水効果が薄れてしまったり、UVの効果も薄れてしまうこともあります。これによってテントの劣化が進んでしまいます。また、テントをクリーニングした後にしっかり乾燥させることができなければ、カビが生えたりとテントの劣化だけでなく次回テントを使う時にすぐ使えないとかにおいが気になるということが生じます。

こういったことを解消してくれるのが、プロによるテントクリーニングです。テントの状態や自宅でのクリーニング、管理の状況を考えてプロのテントクリーニングを利用していくとよいでしょう。

ワンタッチテントおすすめランキング!人気の公園・ビーチ用テントの選び方 | MensModern[メンズモダン]

プロのテントクリーニングのメリット

プロによるテントクリーニングのメリットはどういったものがあるでしょうか?プロにテントクリーニングをお願いすることで、テントの汚れに応じてクリーニングをすることができたり、アイロンかけや乾燥などを行うことで、次回テントを使う際にスムーズに使えるように整えてもらえます。

またテントクリーニング店によっては、クリーニングした後に1年間保管してくれるというお店もあります。なによりもプロにお任せできるということで、安心できるということもあるでしょう。その他には、除菌や抗菌加工、撥水加工、UV加工などプロにしかできないクリーニングをお願いすることができます。

プロのテントクリーニングのデメリット

プロによるテントクリーニングのデメリットは、どういったことがあるでしょうか?やはりプロにクリーニングをお願いするとあって費用がかかります。またテントをクリーニングしてくれるお店というのは、身近になかなかないので、店舗に持って行って相談しながらお願いするというよりは、郵送してクリーニングをお願いするということになります。

店舗が近い場合は、店舗持込ができるお店もあります。店舗持込ができない場合は、お店に汚れたテントを郵送して状態を見てからクリーニングに入るので、テントの状態が悪ければ引き受けてもらえないということもあります。そういった面では、少し面倒と感じる人もいるかもしれません。その他には、テントという特殊なクリーニングになるので、出来上がるまでに日数がかかります。

テントクリーニングはどういった工程で行われるのか?

ここでは、テントクリーニングの工程について紹介していきます。主なテントクリーニング店では、ネットで注文を受け付けて郵送にてテントを受け取るという方法を取ります。ネットでの注文が完了したら、テントをクリーニング店に郵送します。基本的には、汚れていても濡れていても受け付けてもらえるようです。

クリーニング店で受け付けた汚れたテントは、まずクリーニングできるかどうかの確認作業があります。その確認ができれば、クリーニング作業に移ります。クリーニング作業が完了すれば、乾燥させます。しっかり乾燥させたらアイロンかけの作業となります。すべての作業が完了したら、クリーニング店から自宅へテントが郵送されます。

このような工程を経ることで、ピカピカのテントになって自宅へ帰ってくるのです。ピカピカのテントになることで、次回テントを使う時ににおいや汚れを気にせず気持ちよく使うことができるのです。

一人キャンプおすすめのアイテム50選!初心者でも一人で楽しむアウトドア | MensModern[メンズモダン]

撥水効果はテントクリーニングで取り戻せるのか?

テントを長く使っていたり、汚れをそのままにしていたりするとテントの生地が傷んで撥水効果が薄れてくることがあります。そんな時、プロによるテントクリーニングによって撥水効果を取り戻すことはできるのでしょうか?撥水加工が薄れてくるとテントの生地に水が染み込んで雨漏りしてしまうこともあります。

撥水効果は経年劣化によっても落ちてくるので、定期的にメンテナンスをする必要があります。そのため、撥水加工というのは大切なのです。実はプロによるテントクリーニングではオプションなどで撥水加工を施すことができます。撥水加工を施すことによって、撥水効果を復活することができます。

劣化が激しい場合は、撥水効果が復活できないという場合もあるので、お店の人と相談してみましょう。店舗によってクリーニングのコース内容に含まれているものや別途オプションとして必要なものがあるので、そういった確認もしておきましょう。

雨の日でもキャンプは対策すれば楽しめる!設営・撤去の仕方や遊び方を紹介! | MensModern[メンズモダン]

テントクリーニングでUVカット加工はできる?

太陽の光や雨にさらされるテントは、使っているうちにUVカット効果が落ちてしまいます。UVカット加工が薄れてしまう原因は、主に紫外線によるものです。UVカットする加工ができていないと、テント内にいても紫外線が届いて肌を傷めたりすることになってしまいます。そういったUVカット加工は、外で使うテントについて必ず必要なものと言っても過言ではないでしょう。

プロによるテントクリーニングでは、そのUVカット加工ができるのでしょうか?テントクリーニング店のコースやオプションメニューによってUVカット加工を選択することができます。自分でのクリーニングではなかなかできない工程なので、プロのテントクリーニング店にお願いする時にはぜひお願いするとよいでしょう。

キャンプでおすすめの服装は?男女別のおしゃれなコーディネート特集! | MensModern[メンズモダン]

テントクリーニングの料金は?

プロによるテントクリーニングの料金については、お店やコース、オプションの有無によって料金は変わって行きます。平均的な料金は、4000円から1万円ほどになります。自分でクリーニングすると考えると料金はもったいないように感じるかもしれません。

しかし、長くテントをきれいな状態で使いたいと考えると長期保管する前に、プロのテントクリーニングによってピカピカにしておいてもらうというのもいいかもしれません。あまり寒い時期にテントを使う機会はないので、冬あたりにクリーニングをお願いしてピカピカにしておくとよいでしょう。

テントクリーニングに関する口コミ

テントのメンテナンスやクリーニングは、なかなか素人ができるものではありません。生地によってもクリーニング方法が異なるので、プロであるテントのクリーニング店にお願いするのが無難でしょう。特にアウトドア初心者の人等には嬉しいですね。

テントクリーニングで加工が多い内容は、店舗にもよるでしょうが、撥水加工が多いようです。やはり太陽の光や雨にさらされることで、生地の劣化が進み撥水効果が薄れてきてしまいます。撥水加工によって、生地の耐久性を上げることもできるので、重要な加工と言えます。

自宅でテントをしっかり乾燥させるのは、なかなか難しいです。天候に左右されたり、しっかり乾燥させるだけの場所がなかったりと問題はさまざまです。しっかり乾燥させないと、テントを傷める原因ともなるので注意が必要です。

ピカピカのテントでキャンプを楽しもう!

アウトドアで必要となるテントきれいに保つことは、キャンプが楽しくなることにもつながります。自分でテントをピカピカにすることも可能ですが、手の行き届かない汚れなどをとってくれるプロのテントクリーニングはとても便利なサービスかもしれません。ぜひ上手に活用して取り入れてみましょう。

キャンプ用テントの人気ランキング!初心者におすすめの物も! | MensModern[メンズモダン]

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ