麻将の起源は麻雀?中国と日本でのルールの違いや歴史を徹底解説

麻将を知っているでしょうか?麻雀の起源として有名で、中国で生まれた麻雀のことを言います。今回は麻将にスポットを当て、ルールや役の違い、歴史などを解説していきます。麻雀を知るために、麻将について詳しくなりましょう。ぜひ、参考にしてみてください。

麻将の起源は麻雀?中国と日本でのルールの違いや歴史を徹底解説

目次

  1. 麻将の歴史を知り、知識を高めよう!
  2. 麻将とはどんなゲームなのか?
  3. 麻将はいつから遊ばれているのか?
  4. 麻将は、本場中国でかなりの人気があるゲーム!
  5. 日本の麻雀牌と比べると、麻将は牌が大きい!
  6. 花牌と呼ばれる牌を8枚使うのが、麻将の特徴!
  7. 日本のようなややこしい点数計算がないのが、麻将の特徴!
  8. 麻将には81種類の役がある!
  9. 麻将にはリーチがないので注意!
  10. 「ドラ」や「フリテン」がないので、戦い方はシンプルになる
  11. 【まとめ】麻将は中国で人気の遊戯!特徴やルールを知ろう!

麻将の歴史を知り、知識を高めよう!

皆さんは麻将という言葉を知っているでしょうか?麻雀に詳しい方ですと、知っているかもしれません。一体、どのようなゲームなのでしょうか?「麻将」と「麻雀」。お互いに言葉のニュアンスが近いため、何となく同じようなゲームと想像できそうですが、実際のところはどうなのでしょうか?気になりますよね。

今回は「麻将」にスポット当て、どのような点が麻雀と違うのか、ルールや役についてを説明していき、歴史的な背景をご紹介します。麻雀を楽しくプレイするためにも、麻将がどのようなゲームなのかを把握しておくと、もっと麻雀が好きになるでしょう。麻雀についての知識を高めるためにも「麻将」について知りましょう。ぜひ、参考にしてみてください。

三人麻雀のルールを紹介!カモにされない為の9つのコツ&必勝法とは | MensModern[メンズモダン]

麻将とはどんなゲームなのか?

麻将と書いて「マージャン」と読む!

麻将というと、普通読むと「マーショウ」と読みたくなりますが、実は違いまいます。麻将と書いて「マージャン」と読むのです。これは麻雀と同じですね。中国で麻雀というと「麻将」と書くのです。麻将は、麻雀の生まれ故郷である中国の本場の麻雀です。日本の麻雀とは少し違っており、ルールや役に違いがあります。

主に中国で遊ばれている麻将ですが、実は世界中に愛好家がいます。本場である中国はもちろんですが、アメリカ、ヨーロッパなど、幅広い地域で愛されています。日本の麻雀と同じで、麻将にもさまざまなルールが存在します。基本的には、中国政府が認定している国際公式ルールに則って、ゲームがされています。世界中で人気と言うのは意外ですね。

安牌を読め!麻雀初心者必見!ロンされる可能性を下げるには? | MensModern[メンズモダン]

麻将はいつから遊ばれているのか?

麻将は比較的新しいゲーム!

中国発祥のゲーム「麻将」。中国には長い歴史がありますから、麻将もかなり長い歴史がありそうですが、実は歴史はそれほど深くありません。まずは、簡単に歴史について見ていきましょう。麻将の歴史は浅く、誕生は19世紀後半と言われています。1860年前後のようです。そのため、囲碁や将棋に比べると、歴史は新しいのです。

ただ、現在の麻将の形になったが、19世紀後半ということで、原型になったゲームはかなり昔から存在していたそうです。古い歴史書を紐解いていくと、元となったゲームは古代まで遡ることができるようです。ルーツをたどると、かなり深い歴史があるようですね。囲碁は2000年以上昔から遊ばれていますから、それに比べると、新しいゲームと言えそうです。

ちなみに、麻将が生まれた19世紀後半には、現在ようなアクリル樹脂で作られた牌はありません。この時代の牌はどのような素材が使われていたのでしょうか?結構気になると思います。意外かもしれませんが、動物の骨が使われていたようです。主に牛骨が使われており、手作りで作られていました。簡単にイカサマできそうですが、そんなことはなかったようです。

麻雀【待ち】基本種類まとめ!他家の待ち牌を正確に読むためには? | MensModern[メンズモダン]

麻将は、本場中国でかなりの人気があるゲーム!

中国では、麻将は傾国の遊戯という言葉がある!

中国の言葉として、面白いものがあります。それを少し紹介しましょう。その言葉とは「麻将は傾国の遊戯」です。これはどのような意味でしょうか?こちらは「麻将と遊戯は、国が滅びるほど夢中になってしまう力がある」。という意味があります。なかなか興味深い言葉ですね。それだけ、中国では麻将が人気なのです。

人気の高さは、いろいろなところに表れています。例えば、中国のホテルには専用の麻将部屋がありますし、街中に、たくさんの雀荘があります。なんと公園にも雀卓があるのだそうです。公園の雀卓は石のテーブルなのですが、これはすごいことですよね。中国人にとって、麻将は完全に生活の一部となっていると言えます。ものすごい人気ですね。

麻雀のカン(槓)とは?初心者でも簡単!手順や基本活用法を紹介 | MensModern[メンズモダン]

日本の麻雀牌と比べると、麻将は牌が大きい!

麻将は牌が大きい!

中国の麻将では、基本的に日本の麻雀牌よりも牌の大きさが大きいようです。これは、本場の中国だけでなく、麻将が遊ばれているアジア各国でも同じようなことが言えます。なぜ牌が大きいのでしょうか?これはハッキリとした答えがあるわけではないようです。牌が大きい方がイカサマがしにくいので、イカサマ防止の策かもしれません。

このような理由以外にも、もう一つ別の意味もあるようです。それは、中国で行われる麻将は、雀卓の周りを野次馬が囲んで、ガヤガヤと遊ぶのが当たり前になっています。そのため、周囲の人が見やすいように、牌が大きくなっているという話もあります。日本では、あまり考えられない光景ですが、中国では当たり前のように広がっています。

麻雀のプロって正直どう?リアルな年収・プロ雀士団体を紹介! | MensModern[メンズモダン]

花牌と呼ばれる牌を8枚使うのが、麻将の特徴!

麻将は使用する牌が多い!

日本の麻雀では、34種、136枚の牌を使います。ここまでは、麻将も麻雀も同じです。さらに、麻将では花牌と呼ばれる8枚使います。花牌とは何でしょうか?これは、日本の麻雀でも使うことがあるのですが、あまり一般的には使われません。少し、説明をしておきましょう。手牌に花牌がある場合、次のようなことができます。

花牌があった場合、自分のツモの番で打牌の前に手牌の花牌を横に晒すのです。そして、嶺上牌から牌を補充するようにします。こちらの部分は日本のルールである「槓」と同じです。これで上がることができると、花牌1枚につき、1翻がつきます。牌が重なれば、結構な役になる場合があります。統一されたルールではないのですが、一般的にはこのようにして牌が使われます。

麻雀の役満一覧紹介!ダブル・トリプル役満など逆転可能な最高役手まとめ | MensModern[メンズモダン]

日本のようなややこしい点数計算がないのが、麻将の特徴!

麻将は点数計算が違う!

日本の麻雀をしていて、点数計算が面倒と感じたことがあると思います。あのややこしい符や翻は、初心者泣かせで覚えるのが大変です。しかし、麻将は違います。点数計算はとても楽なのです。それは何故でしょうか?麻将では、役にそれぞれ点数が決まっています。そのため、自分があがった時の役によって点数が決まります。

単純に役を足していくだけで、簡単に点数計算ができるので、日本の麻雀のような点数計算のルールを覚える必要がありません。これは、初心者にも嬉しいポイントですね。きっと、誰にでも簡単できるルールだからこそ、世界中で愛されているのでしょう。日本では、どうしてあのような複雑な点数計算のルールがあるのか、理解に苦しみますね。

麻雀の役一覧を分かりやすく!初心者でも簡単な覚え方と早見表を紹介 | MensModern[メンズモダン]

麻将には81種類の役がある!

麻将は役の数が違う!

麻将にはさまざまな役があります。これは日本の麻雀にも言えますね。麻将では全部で81種類の役があります。覚えるのが大変そうですが、ゲームを続けていくうちに、自然と覚えていくことが多いようです。ただ、日本の麻雀にはない役がたくさんあるので、そのルールを覚えるのは大変かもしれません。また、呼び方も複雑で覚えにくくなっています。

例えば、偶数の数牌のみで作る役に「チェンシュヮンク」というのですが、日本の麻雀ではこのような役はありません。呼び方もなんというか、呼びにくいですよね。また、数牌の4,5,6のみで作る「チュェンチュン」。すべての面子を鳴きで作り、最終的に裸単騎で待つ「チュェンチューレン」。非常に細かい役があります。覚えるのが難しそうですね。

麻雀用語の一覧!初心者でも簡単知っておくべき基本用語と読み方など紹介 | MensModern[メンズモダン]

麻将にはリーチがないので注意!

リーチは日本の麻雀独自のルール!

日本の麻雀では、リーチという役があります。非常にポピュラーな役のため、使う方も多いでしょう。しかし、このリーチという役は、日本独自の役だと知っていますか?日本の麻雀が、リーチ麻雀と呼ばれるのは、リーチという特殊な役があるからなのです。中国の麻将ではリーチがありません。このため、次のようなことが言えます。

リーチがないと、相手がテンパイなのかどうか把握するのが難しくなります。よって、相手のテンパイをいち早く察する洞察力が必要になります。中国の麻将では、通常の麻雀に比べ、洞察力が必要になるのです。リーチがないので、それに付随する役である一発もありません。このルールは注意点として覚えておきましょう。

麻雀のルールまとめ!初心者が覚えるべき基礎知識と流れについて紹介 | MensModern[メンズモダン]

「ドラ」や「フリテン」がないので、戦い方はシンプルになる

麻将には「ドラ」や「フリテン」がない!

麻将には、日本の麻雀のような「ドラ」がありません。ドラがないので、単純に役の強さのみが点数によって現れます。ドラがないため「裏ドラ」「槓ドラ」というルールもありません。このため、王牌の必要がなくなります。積まれた山は最後の1枚までツモるのが特徴です。ドラがない麻将は、日本の麻雀に慣れていると、物足りなく感じるかもしれません。

また、麻将には「フリテン」もありません。フリテンは日本の麻雀の独自のルールのようです。フリテンは初心者泣かせのルールなので、覚えるまで少し大変ですよね。日本でフリテンが生まれた理由は、主に麻雀の駆け引きを楽しむためと言われていますが、フリテンがない中国の麻将では、よりシンプルな戦い方が必要になってくるでしょう。

麻雀牌の種類と選び方完全ガイド!まずはこれから覚えよう! | MensModern[メンズモダン]

【まとめ】麻将は中国で人気の遊戯!特徴やルールを知ろう!

麻将は中国で人気の遊戯です。至る所で遊ばれているようです。日本の麻雀とは違い、独自のルールがあります。リーチがなかったり、フリテンやドラもありません。よりシンプルな戦い方が求められますし、高い洞察力も必要です。今回は麻将にスポットを当て、特徴やルールの違いなどを解説してきました。麻将を知り、日本麻雀をもっと楽しみましょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ