会社の面接や合コンなど社会人は自己紹介するシーンがたくさんありますね。とても緊張しますが、頑張って面白い自己紹介で自分をアピールするチャンスです!では面白い自己紹介にはどんなものがあるでしょうか。面白い自己紹介に使えるネタをまとめした。

面白い自己紹介で人気者になろう!合コンや面接・プレゼンにも使えるネタ集

目次

  1. 自己紹介は面白い方がいい?
  2. 合コンでウケる面白い自己紹介①名前を使ったネタ
  3. 合コンでウケる面白い自己紹介②自虐ネタ
  4. 合コンでウケる面白い自己紹介③似ている人物のモノマネ
  5. 合コンでウケる面白い自己紹介④ボケる
  6. 合コンで面白い自己紹介をするときの注意
  7. 面接で使える面白い自己紹介①出身地や家族のネタ
  8. 面接で使える面白い自己紹介②特技についてのネタ
  9. 面接で使える面白い自己紹介③最近身近で起こったこと
  10. 面接で面白い自己紹介をするときの注意
  11. 自己紹介で最低限言わなくてはいけないこと
  12. 面白い自己紹介をするコツ
  13. 面白い自己紹介には準備が必要
  14. やってはいけない自己紹介
  15. 《まとめ》面白い自己紹介で人気者になれる!

自己紹介は面白い方がいい?

人の印象の9割が第一印象で決まると言います。しかも第一印象はずっと後にも残り、よほどのことがなければ変わることはないそうです。つまり第一印象が良ければその後も良い人間関係が築ける可能性は高くなるのです。では第一印象を決めるものはなんでしょう。自己紹介ですね!自己紹介が面白い人は良いイメージを持ってもらえるのです。

自己紹介をする場面は様々です。たとえば面白い自己紹介で盛り上がるのは合コンですね。合コンでは初めて会う異性が自分に興味を持ってくれるような面白い自己紹介をしなくてはいけません。さらに面白い自己紹介は場の空気を和ませ、全体的に楽しい合コンにしてくれます。たとえ恋に発展しなくても飲み会自体は盛り上がるでしょう。

会社の面接やプレゼンでも自己紹介をしますね。面接やプレゼンの自己紹介だからといって堅すぎるイメージは良くありません。やはり印象を良くするのは面白い自己紹介なのです。面接を受ける多くの就活生の中で、面接官にインパクトを与え次にまた会いたい、一緒に働きたいと思わせるのは面白い自己紹介をした学生です。

面白い自己紹介をすることで、人に話をうまく伝えられるかというコミュニケーション能力や、面白い発想を思いつく独創性があるかなどをアピールすることもできます。面接では必ずそういった点もチェックされています。合コンでも面接でも、自己紹介はただ自分のことを話すだけではダメです!面白い自己紹介でしっかりと自分を売り込みましょう!

相手の印象に残る会話テクニック!初対面の人でも忘れられない話し方とは? | MensModern[メンズモダン]

合コンでウケる面白い自己紹介①名前を使ったネタ

自己紹介なのでまずは名前を覚えてもらわなくてはいけません。名前をネタにして面白い自己紹介をすると印象に残りますね。ベタではありますが「一郎ですが次男です」とか「冬彦ですが8月生まれです」と言うように、何か特徴と関連付けて自己紹介すると面白いし覚えてもらいやすいです。

某男性マンガで『田中真二』というキャラクターがいます。『田中真二』という名前を漢字で縦書きにして、真ん中に線を1本引くと左右対称になります。こんなふうに名前の漢字をネタにしたいときは、紙とペンをあらかじめ用意しておくと説明がしやすいです。名前に特徴のない場合は、あだ名をネタにしても面白い自己紹介になりますね。

合コンは自己紹介でキマる!面白いネタや女の子にウケる項目など紹介 | MensModern[メンズモダン]

合コンでウケる面白い自己紹介②自虐ネタ

ハゲていたりぽっちゃり体型だったりと、外見に特徴がある人は思い切ってネタにしてしまうと面白い自己紹介ができます。見た目のコンプレックスで笑いを取る面白い芸人さんは人気がありますよね。背が低い男性なら「見た目は子供、頭脳は大人」という名探偵コナンのキャッチフレーズを引用しても面白いです。

ただ、本当に見た目のことをいじってよいのか心配になる人もいるので、自虐ネタで自己紹介するときは「気にしてないよー」といった雰囲気を周りにきちんと伝えてあげなくてはいけません。それがきちんと伝わり面白い自己紹介ができれば、コンプレックスを笑いに変えられる器の大きい人なのだと好印象を与えられるでしょう。

合コンアプリでおすすめは?!無料で簡単に場が盛り上がるものまとめ | MensModern[メンズモダン]

合コンでウケる面白い自己紹介③似ている人物のモノマネ

自分が似ている芸能人の名前を挙げて面白い自己紹介をする方法もあります。しかしあくまで面白い自己紹介なので、本当に似ているからといってイケメン過ぎる芸能人と似ていると紹介してしまうと、若干引かれてしまう可能性があります。その場合は「髪質が○○に似ています」とか「耳の形がイケメンです」など、パーツの一部をネタにすると、反感を買わずに済むでしょう。

顔が似ている芸能人がいるなら、その人の喋り方で自己紹介してみると面白いですね。このときの声マネは似ている必要はありません。むしろ竹野内豊の顔に似ている男性がかん高い声で自己紹介すると、そのギャップで大爆笑間違いなしです。モノマネは恥ずかしがるとあまり面白くありません。インパクトのある自己紹介にしたいなら似ていなくても思いっきりやるのが面白いです。

藤原竜也軍団というモノマネ集団が面白い!メンバーは誰?【動画あり】 | MensModern[メンズモダン]

合コンでウケる面白い自己紹介④ボケる

ワイワイ楽しい合コンだからこそ使えるフレーズで笑いをとる面白い自己紹介もあります。「今日は真面目な気持ちで、一夜限りの相手を探しにきました」というのは合コンだからこその面白いフレーズですね。逆に「今日は軽い気持ちで結婚相手を探しにきました」などとボケると「どっちやねーん」とツッコミを入れてもらえるかも知れません。

「今日は恋人になってくれる女子、もしくは男子を探しにきました」というフレーズは、面白いですがあまり真剣な顔で言うとドン引きされるので注意しましょう!合コンの鉄板ネタなので、行き慣れている人には「またか・・・」と思われてあまりウケないかもしれません。

趣味コンは女性との出会いが広がる?なぜかモテる恋人探しに最適の理由は? | MensModern[メンズモダン]

合コンで面白い自己紹介をするときの注意

合コンで面白い人と思われたくてテンションの高すぎる自己紹介をするのはやめましょう。テンションを上げすぎると、三枚目キャラと思われ、ただの面白い盛り上げ役になってしまいます。逆にかっこつけようとテンションを低めにして自己紹介するのは場を白けさせてしまいます。爽やかにかつ面白い自己紹介するのがポイントです。

合コンで盛り上がる話題・会話術を紹介。社会人向け話題や女ウケするネタも! | MensModern[メンズモダン]

面接で使える面白い自己紹介①出身地や家族のネタ

会社の面接やプレゼンの自己紹介なら、あまりふざけ過ぎない自己紹介の方が印象は良いでしょう。自分の名前をネタにするのも面白いですが、自分のことをよりアピールするためには、自己紹介で出身地や家族の話題が面白いですよ。特に地方から出てきている人なら、田舎で盛んな伝統行事や意外な特産品の話が面白いと評価が高いです。

方言が面白い地方なら、方言で自己紹介してみるのも面白いでしょう。同じ地方出身の面接官がいれば、方言で話しかけてくれるかも知れません。なんでも良いのでとっかかりを見つけ、面接官の印象に残る面白い自己紹介をしましょう。

面白い方言まとめ!聞き取る事が難しい各地のユニークな方言10選 | MensModern[メンズモダン]

面接で使える面白い自己紹介②特技についてのネタ

会社の面接やプレゼンの自己紹介では、自分をいかに面白い人であると売り込めるかにかかってきます。「実はこんなことができるんです!」と特技をアピールするとインパクトがあり面白い自己紹介ができるでしょう。

横浜DeNAベイスターズの筒香選手はあの強面でピアノが特技だそうです。そう聞くと意外性があり興味を持ってしまいますよね!男性であれば編み物や料理など意外性のあるものが面白いでしょう。特技がなくてもお酒が好きな人はどこの地酒が美味しいなどと紹介すれば、お酒好きの面接官から面白いと思われ入社後にはお誘いがあるかも知れないですね。

変わった趣味でも極めれば男の特技に?王道からマイナーまで徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

面接で使える面白い自己紹介③最近身近で起こったこと

面接やプレゼンの自己紹介では、すでに履歴書に書かれてあることを時間をかけて説明する必要はありません。名前や大学名などはもちろん伝えなくてはいけませんが、それだけで面接官にインパクトを与えるような面白い自己紹介にするのは難しいでしょう。面白い自己紹介にするには、最近身近で起こった面白い出来事などを手短に話してみるのはどうでしょう。

自分の周りでの出来事じゃなくても、好きなスポーツのチームが優勝して感動したという内容でも良いのです。必ず最後には自分の感想を手短に述べましょう。読んだ本や観た映画の感想を述べてもよいですね。ただ「面白かった」「良かった」と言うだけではなく、どういう風によかったのか、自分はどう思ったのかを人があまり使わない表現で伝えると面白い人だと思われますね。

売れてる本ランキング2017!日本一話題の文庫本はどれ? | MensModern[メンズモダン]

面接で面白い自己紹介をするときの注意

会社の面接やプレゼンの自己紹介は合コンの自己紹介とは違うので、面白い中にもきちんと知的さを織り交ぜなくてはいけません。面白いからと言って芸人のように大声を出したり、身振り手振りが大きいと知的さがなく場の空気が読めない人だと思われてしまいます。

下品な内容の話題も絶対避けてください。面白いと思って下ネタに走ると悪い意味でインパクトを与えてしまいます。そして話は簡潔にまとめましょう。会社の面接やプレゼンなどの自己紹介の時間はだいたい1分ほどです。それよりも長くなると迷惑をかけることになるので、面接やプレゼンの自己紹介は手短にまとめるようにしてくださいね。

プレゼンの話し方のコツやポイントを紹介!相手の心を惹きつける話し方 | MensModern[メンズモダン]

自己紹介で最低限言わなくてはいけないこと

恥ずかしくて面白い自己紹介ができなくても、基本情報をちゃんと伝えると良い印象を与えることは可能です。合コンの自己紹介であれば名前、年齢、職業、住んでいる場所、幹事との関係が最低限伝えなくてはいけない情報です。あとはニッコリ笑って「よろしくお願いします!」と元気に言えば、面白い自己紹介でなくても好印象間違いなしです。

面接やプレゼンに関しては、前述のように、履歴書に書いてあることをそのまま自己紹介で言う必要はありません。名前や出身大学、くらいで、あとはなるべく別の話題にすると面白いでしょう。サークルやボランティアなど学生生活の中で取り組んできたことを紹介する方が面白い自己紹介になるはずです。

就活での自己紹介の例文集!1分間の効果的な回答で好印象を与える方法 | MensModern[メンズモダン]

面白い自己紹介をするコツ

自己紹介を面白いと思ってもらうためには、まず話す人の雰囲気が楽しそうでなくてはいけません。かと言ってへらへらすれば良いのではありません!目を開いて口角を上げ爽やかな笑顔で話しましょう。話し方も重要なポイントです。プレゼンの自己紹介だからといって、口調が堅いと自分の言葉で話していないような印象を与えます。

面白い自己紹介は肩の力を抜いて気楽に話すことが大切です。すらすらと上手に話すより、一生懸命話してときどき言葉を噛んでも面白いですよ。面接では本当の自分を見てもらわなくてはいけないので、取り繕わず、自分の中の一番面白い部分をさらけ出してしまいましょう。

スピーチのコツ押さえておきたいポイント6選!上手い話し方とは? | MensModern[メンズモダン]

面白い自己紹介には準備が必要

面白い自己紹介がなかなかすぐに思いつかない人は、あらかじめ自己紹介の内容を書いて準備しておきましょう。合コンの自己紹介なら時間制限はありませんが、やはりくどくどと長い自己紹介は飽きてしまいます。書くものや、子供の頃の写真など仕込みをしておいた方が面白い場合もあるので、なるべく面白い自己紹介にしたい人は事前に準備しておきましょう。

面接の自己紹介となると時間制限があり、多くの企業ではだいたい1分から2分までと決められています。その短時間ではすぐに面白いことが思いつかないので、会社での自己紹介はよほどトークが面白いと自信がある人以外は準備は必ずしておきましょう。

1分間で話すことを文字にするとだいたい300字程度です。この少ない文字数の中で基本情報と面白いネタをうまく配分することが重要です。面白い内容の話はほぼ一言になってしまいますが、この一言でい自分が面白い人間だということをアピールするようにしましょう。何度か練習もしておけば当日慌てずに済みますね。

就活の自己分析のやり方は?適職診断につながる効率的な方法を紹介 | MensModern[メンズモダン]

やってはいけない自己紹介

面白い自己紹介にするためには、絶対やってはいけないことがあります。最も基本的なことは声の大きさです。声が小さい人はどんなに面白い自己紹介ができてもまず伝わりません。暗い表情からはネガティブな印象しか受けず、人に好かれることは難しいでしょう。

特技と自慢は別物です。良い所をアピールしようとして鼻高々で自慢話をしてしまいがちですがそれは間違いです。自慢話は決して人に好かれないので絶対にやめましょう。話の中に『死』とか『不幸』という単語が出てくるのもタブーです。そんな内容の自己紹介が面白いはずはありません。独りよがりにならず、聞いてくれているすべての人が面白いと思える自己紹介にしましょう。

笑顔がもたらす効果とは?仕事や恋愛への様々なメリットを紹介! | MensModern[メンズモダン]

《まとめ》面白い自己紹介で人気者になれる!

面白い自己紹介のネタをまとめてきましたが使えそうなものはあったでしょうか?人を笑わせたり楽しませるのは、簡単ではないのです。それを短い自己紹介でやろうとするのだからかなり勇気がいることですね!しかし失敗を恐れず、間違いを恥じず思い切ってやることで、きっと気持ちは相手に伝わって面白い自己紹介になるはずです。

自己紹介では相手に対する礼儀は忘れずに、自分自身をさらけ出しましょう!取り繕っていると必ずいつかボロが出ます。自信を持って裏表のない本当の自分をアピールできればきっと人気者になること間違いなしです!


評価 3.8/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ