ワンタッチテントのたたみ方まとめ!簡単な方法・コツを動画付きで徹底解説

キャンプやちょっとしたイベントのときに、テントがあるととても便利です。休憩場所に出来ますし、荷物を保管する場所にも出来ます。そんなワンタッチテントのたたみ方は簡単なのでしょうか。ワンタッチテントの簡単なたたみ方の方法やコツを紹介します。

ワンタッチテントのたたみ方まとめ!簡単な方法・コツを動画付きで徹底解説

目次

  1. ワンタッチテントのたたみ方はコツを掴めば簡単!
  2. たたみ方の前にワンタッチテントとは
  3. ワンタッチテントはその素材からたたみ方も簡単
  4. ワンタッチテントの広げ方とたたみ方を覚えよう
  5. ワンタッチテントのデメリットはたたみ方
  6. ワンタッチテントのたたみ方は動画を見るのが一番
  7. たたみ方のコツは最後に「右手を逆手にする」こと
  8. 女性でもワンタッチテントのたたみ方は簡単
  9. たたみ方を覚えてワンタッチテントを活用しよう
  10. たたみ方さえわかれば公園でも便利
  11. ワンタッチテントの選び方
  12. ワンタッチテントのたたみ方を理解して出かけよう
  13. 安価でたたみ方も簡単なワンタッチテント
  14. 目的に合わせてワンタッチテントのサイズを決めよう
  15. ワンタッチテントを持ってアウトドアに出かけよう

ワンタッチテントのたたみ方はコツを掴めば簡単!

キャンプに行って、父親として子供の前でかっこいい父親を見せたい。そんな気持ちを持ちながらテントを組み立てようとしてもなかなかテントがうまく組み立てれない。

また、テントを立てたのはいいけど、今度はたたみ方の方法がわからない。そんな姿を子供に見せるわけにはいきませんよね。

そんな人のためには、もっと簡単な組み立て方が出来る「ワンタッチテント」というものがおすすめです。ワンタッチテントの組み立て方やたたみ方、そしてそのときのコツやたたみ方の動画を紹介します。

たたみ方の前にワンタッチテントとは

ワンタッチテントとは、その名前のとおり、本当にすぐに組み立てられるテントなんです。簡単に言うと折り畳み傘のような雰囲気ですね。動画を見ると、ほんの数十秒で基本の部分は出来上がっていますよ。

この動画はワンタッチテントの組み立てるところを動画にしているものです。見ているとわかりますが、袋から出して、広げただけでテントが出来上がっていますよね。

動画のように、ワンタッチテントを広げたあとはシートをかぶせたり、テントが飛ばないよにペグを設置していく流れになるので誰でもコツさえ掴めば簡単な方法でワンタッチテントが設置できるんです。

ワンタッチテントはその素材からたたみ方も簡単

ワンタッチテントは昔よくあったテントのタイプと違って、フレーム部分が非常に軽量な上に、柔軟な金属が使用されています。

また、テント部分はナイロン素材やビニール素材になっているので、持ち運びも簡単に行うことが出来るんです。そのため、ワンタッチテントは「ポップアップテント」なんて呼ばれ方もしますね。

ワンタッチテントの特徴

これらの特徴を踏まえると、まず軽くて持ち運びやすい点はおすすめです。キャンプなどでは道具が多くなり、また重たいアイテムが増えてしまいます。そんな中でテントはもっとも重い荷物の一つでした。

また、その柔軟な素材を使っていることから、一人でも簡単にワンタッチテントは組み立てることが出来るんです。以前のテントなら、片方を誰かに押さえていてもらわないと大変!という感じでしたが、そういう問題点も解消されています。

そして、非常にコンパクトに収納出来るため、保管場所のスペースを取らないんです。車に乗せるときもコンパクトなのはとれてもうれしいですよね。

ワンタッチテントの広げ方とたたみ方を覚えよう

ワンタッチテントは基本的にどの種類も構造は同じで、冒頭で紹介したように折り畳み傘を開くような感じでワンタッチで広げることが出来るんです。

この動画を見れば分かるように、本来ならテントを設営するのが大変な室内でも、ちょっと開いただけでワンタッチテントの設営が出来ています。時間にして15秒というのは決して大げさな動画ではないですね。

ワンタッチテントの広げ方のコツとしては、テントが広がりやすいようにテントをしっかりと広げておいてあげることですね。そうすることで、バッと引っ張ったときに引っかかりがなく広げることが出来ます。

アウトドア初心者でも女性でも、コツといえるほどの難しいこともなく、ワンタッチの方法でテントが設営出来るのは本当にうれしいですよね。動画を見ているとこんな簡単に用意できるの?と驚くと思います。

ワンタッチテントのデメリットはたたみ方

実はワンタッチテントはその開きやすさの反面、たためないという人がときどき居るんです。というのも、非常に広がりやすい故に、閉じようとすると開いてしまうというデメリットがあるんです。

また、正しいたたみ方でないない場合はワンタッチテントのフレームが歪む原因にもなってしまうんです。ワンタッチテントのたたみ方にはちょっとしたコツを掴む必要があるといえます。

アウトドアのハットおすすめ特集!メンズ用のおしゃれで人気の帽子は? | MensModern[メンズモダン]

ワンタッチテントのたたみ方は動画を見るのが一番

なかなか口で説明してもワンタッチテントのたたみ方は簡単にはつかめないかもしれません。動画を一度見ておくだけで、たたみ方が簡単であることはすぐにわかると思います。

この動画はワンタッチテントのたたみ方をとても簡単に紹介してくれている上に、そのたたみ方の方法のコツをスローで紹介してくれている動画なんです。

ワンタッチテントは始めに、てっぺんの部分を掴むのがコツです。そうすると、自然と左右がくっついて平べったい三角形になるんです。ここまでの方法はわかりやすいので、すぐ出来ると思います。

三角形になったテントに、はみ出ている布地の部分を押し込んだらここからがコツが必要になるんです。膝で三角形の底辺の部分を押さえ込みます。そして、三角形の頂点の部分を右手で掴みましょう。

アウトドア用食器セットのおすすめは?収納しやすい・おしゃれな商品まとめ | MensModern[メンズモダン]

たたみ方のコツは最後に「右手を逆手にする」こと

そして、そのまま膝で底辺を押さえたまま頂点をぐいっと手前に持ってくると、頂点と底辺の部分が当たるぐらい曲がると思います。そのときに「右手を逆手にする」という方法が大きなコツになります。

逆手にした手をそのまま、テントの内側に丸め込むように押し込むと、テントは自動的に右側の部分がくるくるくるっと丸まってくるので、それを輪っかになるようにひとまとめにすれば、ワンタッチテントのたたみ方はほとんど終わりです。

はみ出ている布地の部分を内側にいれてあげれば、円に近い形になるので、あとはうまく中身を均一にしてワンタッチテントが入っていた収納袋に入れれば完成です。この逆手という方法のコツさえ押さえておけばポップアップテントのたたみ方は難しくないんですよ。

最初にてっぺんを掴んで平らな三角形にすること、そして左足で押さえながら、てっぺんを掴んで底辺に合わせるように持ってきたら、右手を逆手にして内側に入れ込めば自然と残りの部分が丸まってくる。この流れを把握しておけば難しいものではありません。

アウトドアにおすすめのストーブランキング!寒い冬キャンプもぽかぽかに | MensModern[メンズモダン]

女性でもワンタッチテントのたたみ方は簡単

どうしても、最後の内側に入れ込むときに「もしかしてフレームが折れるかも…」と思うかもしれませんが、ワンタッチテントのフレームはとても柔軟性がある素材なので怖がることはありません。

この動画でも女性が簡単な方法でワンタッチテントのたたみ方を紹介していますよね。ポイントはしっかりと底辺の部分が動かないように自分が重しになること、そして、頂点を持って内側に折りたたむときは逆手で怖がらずにやるという方法でバッチシです。

こういったたたみ方の方法で同じようなものに、カメラの「レフ板」もあげられます。また、100均で折りたたみの網タイプのゴミ箱もこういった丸い形から広げて円柱にできるなど、こういった方法で折りたたむものはいろいろ存在しているんですよ。

アウトドア用ソファでおすすめは?持ち運びが簡単なエアーソファーなど紹介 | MensModern[メンズモダン]

たたみ方を覚えてワンタッチテントを活用しよう

では、ワンタッチテントのたたみ方の動画をたくさん見たところで、ワンタッチテントの活用の仕方をさらに紹介します。

ワンタッチテントはその軽さと手軽な使いご事で、非常にテントとして使用する場面が増えています。昔はテントといえばキャンプのとき専用で夏場以外は倉庫にしまわれているというイメージでした。しかし、現在のワンタッチテントは活用の場面が増えています。

まず、アウトドア初心者が基本的なテントと同じように使うのは変わりません。重要なところは、アウトドア初心者でも簡単な方法でテントを設営出来るということです。風が強い中でもワンタッチで開くことが出来るので、開いてすぐに中に荷物を入れてしまえばテントが飛ばされることもありません。

アウトドアにおすすめの座椅子ランキング!フェスや運動会で大人気 | MensModern[メンズモダン]

たたみ方さえわかれば公園でも便利

おすすめしたい使い方が、小さな子どもがいる家庭です。赤ちゃんや小学生低学年ぐらいまでの子供がいる場合、広い公園に出かけたときに日陰の場所が必要になります。

そんなときにワンタッチテントがあれば熱中症対策にもなり、また荷物をテントの中に入れておけるので熱から離すことが出来ます。ママ友2、3人で集まればワンタッチテントの有効性もさらに高まるので、非常に便利な道具といえます。

他にも、ワンタッチテントの小さなサイズのものを購入すれば、ペット用の簡易犬小屋にもなります。時期によって室内で犬を生活させたいときに、犬小屋代わりに開いておくと、そこが犬のテリトリーとして出来上がるので、犬にとっても自分の縄張りが出来るのは安心ですよね。

アウトドア用ベッドのおすすめは?快適な睡眠を楽しむ折りたたみ式など紹介 | MensModern[メンズモダン]

ワンタッチテントの選び方

さて、ワンタッチテントの使い方やたたみ方、またその用途がわかったところでどのようなワンタッチテントを選べば良いのか気になりますよね。

まずワンタッチテントには一人用から多くて六人ぐらいが入れるタイプまでの種類が存在します。どうしてもサイズが大きくなるとたたみ方は大変になるといえますが、基本のコツを押さえておけば簡単ですね。

そして、完全にテントの中を外から見えなくする「フルクローズ」のタイプと簡易的な「オープン」タイプがあるので用途によって選択しましょう。もし、海水浴で着替えをする場にするならフルクローズタイプになりますね。

細かい価格の差としては、夏場のUVカット対策や防水性ですね。また、冬に使用する場合は風が通りにくく保温性があるものかという部分が価格に関係してきます。

防水性は急な雨のときにある程度の防水性があるものでないと、テントが濡れて湿った感じになってしまうので注意が必要です。こういった点が同じような外観でも価格の差につながるといえますね。

アウトドアブーツ人気おすすめはコレ!防水機能でアウトドアを楽しもう! | MensModern[メンズモダン]

ワンタッチテントのたたみ方を理解して出かけよう

例えば、熱に強いタイプとしてケシュアのポップアップテントがおすすめえす。熱を反射する素材を使用しているため、遮光性も高く熱がこもりにくいものになっています。

紫外線をカットする効果もあり夏場のテントとしては非常に高い性能を誇りますね。しっかりとしたテントなので価格は4万円から5万円ぐらいの間になりますが、それでも一つあればアウトドアのテントで不満が起きることはないでしょう。

かわいいポップアップテントをお探しの方はLOGOSのワンタッチテントがおすすめです。価格は1万円ほどなので、ちょっとしたワンタッチテントを探している人にとてもおすすめできますね。

キャンプ場で自分のテントがわからないということにもなりにくい明るい柄なので良いですね。価格相応という感じなのであまり暑すぎる砂浜では厳しいですが、公園やちょっとしたキャンプ上では十分です。ワンタッチ性能は非常に高いので女性におすすめですね。

4WDのおすすめ車種を紹介!アウトドアで使える人気モデルは?【2017年版】 | MensModern[メンズモダン]

安価でたたみ方も簡単なワンタッチテント

さらにさらに安いもので充分という人には、キャンパーズコレクションのワンタッチテントがおすすめです。価格は5000円ぐらいの価格で販売されています。

遮熱性はこの価格でありながらしっかりとしており、ちょっとした場面でテントが欲しいというときにおすすめですね。運動会などで周りの家族とまとめて利用するなんて方法もおすすめです。

本格的なアウトドアには耐久性が少し不安かもしれませんが、フルクローズになるので中で着替えも出来ますし、急なアウトドアの予定やちょっとしたお出かけにはこの価格は助かりますよね。

レジャーシートのおすすめは?アウトドア向けコンパクトで人気ランキング | MensModern[メンズモダン]

目的に合わせてワンタッチテントのサイズを決めよう

ワンタッチテントはしっかりと使用目的を決めると選びやすいといえます。中に何人ぐらいの人数が入るかというのをまず決めましょう。

また、座って使用するだけの場合と就寝目的であるかによってサイズも大きく変わります。荷物起きが目的なら小さいタイプでも充分ですし、寝泊まりするなら大きめなタイプの方が快適といえますね。

また、持っていく場所によって遮光性がしっかりしたものが良いのかとか、通気性が良いものにしなければならないとか、いろいろと注目ポイントが増えて行きますね。

とはいえ、ワンタッチテントは安価なものなら5000円で用意出来ると思うと、家庭に1つあればとても便利ですね。みんなの荷物をまとめて保管する場所に出来ますし、ちょっと日陰で休みたいときにワンタッチテントがあるとアウトドアの快適さが変わります。

レジャーシートはコールマンがおすすめ&人気No. 1!アウトドアをおしゃれに | MensModern[メンズモダン]

ワンタッチテントを持ってアウトドアに出かけよう

ワンタッチテントについて紹介しました。いままでアウトドアとなると道具をうまく使えずに気まずい雰囲気になった、という経験がある人も多かったと思います。

しかし、このワンタッチテントのようにテントは簡単に設営出来ますし、火おこしなども便利グッズがいろいろ販売されているんですよ。いまでは簡単なアウトドアには専門的な知識は必要ないといえるので、どんどんアウトドアにチャレンジして欲しいですね。

ワンタッチテントの開き方とたたみ方の童画を見て、こんなにテントが設営しやすくなったことに驚いたと思います。とはいえ、この作業を滞ることなくテキパキと行えてこそかっこいい男といえます。尊敬されるようにコツをしっかりと掴んでアウトドアに家族や気になる人を誘ってみましょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ