つくねやももなど、人気を集める焼き鳥レシピについてまとめました。基本的な作り方をおさえておけば、ももやつくねをはじめとした人気の焼き鳥レシピを取り入れることができるようになります。自宅でも簡単に楽しめる人気の焼き鳥の作り方・レシピをチェックしましょう!

焼き鳥の人気レシピ集【つくね・もも】自宅で簡単な作り方は?

目次

  1. 美味しい焼き鳥の人気レシピを知りたい!
  2. 定番の人気!もも肉を使った焼き鳥のレシピに必要な材料
  3. もも肉を使用する焼き鳥レシピの下準備
  4. フライパンレシピでの焼き鳥の作り方
  5. グリルを使った人気レシピでの焼き鳥の作り方
  6. 美味しい焼き鳥レシピに欠かせない人気のタレの作り方
  7. 焼き鳥レシピでタレをつけるタイミングは?
  8. お店の味を楽しめるつくねのレシピ
  9. 余った焼き鳥は他のレシピに使える
  10. 美味しい自家製焼き鳥レシピを活用しよう!

美味しい焼き鳥の人気レシピを知りたい!

意外と簡単な作り方で楽しめる焼き鳥

焼き鳥というとお店で食べるイメージがあるかもしれませんが、実は材料さえそろえれば意外と簡単なレシピで自宅でも作ることができます。好みの材料を揃えて焼き鳥レシピを活用していくことでさまざまな焼き鳥を楽しめるのが嬉しいポイント。家飲みで思い切り焼き鳥を食べたい!と言う場合も自家製焼きとレシピが重宝するのではないでしょうか。

つくねやももなど人気の焼き鳥レシピをチェックしよう

「ももやつくねなど、人気の焼き鳥レシピを知りたい!」「焼き鳥を簡単に作れるレシピとはどんなもの?」といったように、焼き鳥を作るために必要なレシピ情報をまとめました。焼き鳥レシピを取り入れれば、人気の焼き鳥も簡単に作ることができるようになります。バリエーション豊かな焼き鳥レシピを活用して、美味しい焼き鳥を堪能していきましょう!

焼き鳥のカロリーは?塩とタレのカロリー・部位種類ごとの一覧表(低い順) | MensModern[メンズモダン]

定番の人気!もも肉を使った焼き鳥のレシピに必要な材料

鳥もも肉やネギを用意する

それでは焼き鳥レシピの定番・もも肉を使った焼き鳥の作り方をチェックしていきましょう。焼き鳥のレシピに必要となるのが、もも肉・長ネギ・塩胡椒・日本酒になります。今回は塩胡椒で味付けをしますが、お好みに合わせてタレを使った焼き鳥レシピにするのもおすすめ。お好みに合わせて2種類の焼き鳥を作っておくのも良いかもしれないですね。

もし、風味をプラスしたい場合はニンニクも準備しましょう。鳥もも肉にニンニクを加えれば風味豊かな焼き鳥に仕上げることができます。お好みに合わせてぴったりな焼き鳥レシピを楽しんでみてくださいね。

竹串も準備しよう

焼き鳥レシピに欠かせないのが竹串。竹串がなければ焼き鳥は作れないので、ぜひ取り入れていきましょう。竹串はスーパーなどで簡単に手に入れることができます。焼き鳥レシピ以外にもいろいろな方法で活用することができるので、竹串はストックしておくのがおすすめ。

もも肉を使用する焼き鳥レシピの下準備

もも肉は酒に浸し、竹串は水に浸す

それでは、早速焼き鳥レシピをチェックしていきましょう。まずは鳥もも肉を竹串に刺しやすい大きさにカットしてからボウルに入れ、日本酒に浸します。日本酒に浸すことでもも肉が柔らかくなり、本格的な美味しさを楽しむことができるのでおすすめ。もしニンニクを加える場合は、この段階ですりおろしたニンニクを揉み込んで下味をつけてくださいね。

竹串は水に浸しておきましょう。竹串をそのまま加熱すると焦げる可能性があるので、しっかりと水に浸しておくのがポイント。だいたい1時間くらい水に浸しておけば十分です。忘れがちな行程なので、しっかり行ってくださいね。

もも肉の皮の位置をそろえ、隙間がないように竹串にさす

下準備が終わったら、竹串にもも肉を刺していきましょう。竹串にもも肉と適当な大きさにカットしたネギを交互に刺していきます。ここで気をつけておきたいのがもも肉の皮の位置をそろえること。皮の位置がバラバラになっていると焼きムラができて、美味しく焼けない場合があります。しっかりと皮の位置を揃えることで焼きやすくなるので気をつけてくださいね。

また、隙間がないように竹串に刺していくことも大切になります。もも肉やネギの間に隙間があると竹串が焦げる原因になってしまうので要注意。隙間がないようにきっちりと隙間を詰めながら串に刺してくださいね。

フライパンレシピでの焼き鳥の作り方

弱火〜中火で焼く

それでは、まずはフライパンを使った焼き鳥レシピをチェックしていきましょう。フライパンがテフロン加工の場合は油をしかなくてもOK。弱火〜中火で温めたフライパンの上に皮の向きをそろえて焼き鳥をのせていきます。具材が重ならないように並べて焼きましょう。強火にすると焦げてしまうので気をつけてください。

中火である程度の焼き色が両面に着いたら、弱火に落として蓋をし、蒸し焼きにします。こうすることで焼き鳥の中まで熱が入りやすくなるので取り入れていきましょう。中まで熱が通ったら塩胡椒で味をつけて完成です。

耐熱使用のアルミホイルを使うと焦げにくい

どうしても竹串が焦げてしまう、と言う場合は耐熱仕様のアルミホイルを下に敷きましょう。アルミホイルを敷いておけば竹串が焦げ付くのを防ぐことができます。くっつきにくく、フライパンの後片付けも簡単なので便利ですね。

グリルを使った人気レシピでの焼き鳥の作り方

竹串が焦げないようにアルミホイルで包む

続いてグリルを使ったレシピを見ていきましょう。グリルを使う場合、竹串が焦げないように両端をアルミホイルを包んでおくのがおすすめです。こうすることで焼きやすくなるのでぜひ使ってみてくださいね。アルミホイルで竹串を包んだら、グリルで焼いていきます。

上のみの加熱なら途中でひっくり返す

弱火〜中火くらいで全体がこんがりするまで焼いていきます。もし、上のみを加熱するタイプのグリルであれば途中でひっくり返してください。グリルを汚さないためにアルミホイルをしいて焼くのもおすすめです。焼きあがったら塩胡椒で味付けをして完成。このように焼き鳥レシピは意外と簡単なので、ぜひ気軽にレシピを活用してみてくださいね。

美味しい焼き鳥レシピに欠かせない人気のタレの作り方

醤油やみりんなどを用意する

塩味の焼き鳥レシピも良いですけれども、タレの焼き鳥も良いですよね。タレのレシピに必要となるのが、醤油30ml、みりん30ml、砂糖大さじ1になります。もし、こってりとした味わいのタレのレシピにしたい場合は醤油と酒、水飴でタレを作るレシピもおすすめ。お好みに合わせてタレのレシピを活用してみてくださいね。

半分くらいの量になるまでじっくり煮詰める

全ての材料を鍋に入れたら中火にかけて沸騰させます。沸騰したら弱火に落とし、時々木べらなどで混ぜながら煮詰めていきましょう。半分の量になるまで煮詰め、とろみが出てきたらタレの完成。タレのレシピも簡単なので、ぜひタレの焼き鳥も作ってみてはいかがですか。

焼き鳥の缶詰を徹底比較!美味しい食べ方やおすすめのアレンジレシピを紹介 | MensModern[メンズモダン]

焼き鳥レシピでタレをつけるタイミングは?

ある程度焼けてからタレをつける作り方がおすすめ

焼き鳥のレシピでは、タレはある程度焼けてからつけるのがおすすめ。鶏肉にある程度火が通ってきたらタレを絡めるようにしましょう。

最初からタレをつけていると焦げる

最初からタレをからめた状態で焼くと、焼き鳥が焦げやすくなってしまいます。なので、終盤でタレをからめるのがおすすめ。タレをからめてから軽く加熱することでこうばしい風味がつきます。

お店の味を楽しめるつくねのレシピ

つくねに必要な材料

鳥もも肉の他に皮や砂肝、ハツなどさまざまな焼き鳥の部位がありますが、定番の人気なのがつくねレシピ。ジューシーなつくねのレシピはぜひ自家製焼き鳥に取り入れておきたいですね。つくねのレシピに必要なのが、鳥ひき肉200g、ネギ10cm、醤油小さじ1、酒小さじ1、片栗粉大さじ1/2、生姜ひとかけらになります。

美味しいつくねの作り方

ネギはこまかく刻み、生姜はすりおろしておきましょう。鳥ひき肉・ネギ・生姜・醤油・酒・片栗粉をしっかりと混ぜて粘りが出てきたら、竹串にタネをつけてつくね状にしていきます。フライパンに油をしいたつくねを焼きましょう。弱火〜中火で片面を焼いたらひっくり返し、弱火にして蓋をします。

3分ほど焼いたら蓋をとって中火で焼いてください。お好みでタレを加えてからめたらつくねの完成。簡単なレシピなので、ぜひ作ってみてはいかがですか。

余った焼き鳥は他のレシピに使える

焼き鳥丼にアレンジ

もし、作った焼き鳥が余った場合でもいろいろなレシピに活用することができます。簡単なアレンジとしておすすめなのが焼き鳥丼。余った焼き鳥を温かいご飯の上にのせ、温泉卵をのせたら完成です。焼き鳥のジューシーな味わいがご飯とよく合って、美味しくいただくことができるのが嬉しいポイント。

細かく刻んでチャーハンの具材に

余った焼き鳥は細かく刻んでチャーハンに入れるのもおすすめ。下味がついているので、チャーシュー代わりとしてチャーハンに使うことができます。この他に卵で閉じて親子丼風にしたり、パスタの具材にするなどアレンジ方法はさまざま。チーズをのせてチーズ焼きにするのもおすすめです。

多めに焼き鳥を作って、翌日の料理に生かしてみるのも良いかもしれないですね。いろいろな焼き鳥を作って、バリエーション豊かな味わいを楽しんでいきましょう!

焼き鳥丼の人気レシピ集【タレ&塩】簡単ジューシーで低カロリー | MensModern[メンズモダン]

美味しい自家製焼き鳥レシピを活用しよう!

自家製焼き鳥は意外と簡単に作ることができるので、気軽にチャレンジしてみてはいかがですか。もも肉やつくね以外にも、皮や軟骨、はらみ、ぼんじりなどいろいろな部位の焼き鳥を準備すれば豪華な焼き鳥パーティーを楽しむことができます。自宅で焼き鳥居酒屋気分を味わいたい時に、ぜひ気軽に焼き鳥を作ってみてくださいね。


評価 4.7/ 5(合計6人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ