PS4も続々とソフトが販売される中、コントローラーが充電できないとプレイも十分に楽しめないですよね。そんなPS4コントローラーの充電できないトラブルの対処法を紹介します。故障を疑う前に、できることがないか探って試してみましょう!

PS4用コントローラーが充電できない時の対処法!おすすめ充電方法も紹介

目次

  1. 充電できないコントローラーでは十分なプレイは不可能!
  2. PS4コントローラーが充電できない!はよくあること?
  3. 通常PS4コントローラーが充電するまでの時間は?
  4. PS4コントローラーが充電できない原因は?
  5. 充電できないときはまずSONYのサポートを参考にしよう
  6. PS4コントローラーが充電できないときに確認すべきこと
  7. PS4コントローラーが充電できないときにする対処法
  8. PS4コントローラーだけを充電する方法
  9. こんな充電できないPS4コントローラーは故障の可能性が高い!
  10. 充電できないPS4コントローラーを対処するときに注意すべきこと
  11. 注意!自分で充電できないPS4コントローラーを分解するのはやめて!
  12. 充電できないPS4コントローラーは修理する?買い替える?
  13. 充電できないPS4コントローラーを修理費用について
  14. トラブルを増やさないためにもPS4コントローラーは丁寧に扱おう
  15. 充電できないなんて怖くない!ストレスフリーなPS4生活を送ろう

充電できないコントローラーでは十分なプレイは不可能!

PS4もソフトが続々と登場してきているので、やりたいものが増えて困るという人もいますよね。実際に私もPS4プレーヤーですから、欲しいソフトも興味のあるソフトも山ほどあります。しかしそんな中でコントローラーが充電できないとなると大変ですよね。

PS4コントローラーは本体起動時にmicroUSBケーブルを使って充電ができるものですが、稀になんらかのトラブルで充電できないときがあります。単なる接触障害なら良いですが、何度も同じことが起きると「故障しているのではないか」と心配になりますよね。

PS4コントローラーはプレイをするために必要不可欠なものです。今回はそんなPS4コントローラーが充電できないときの対処法や故障時の対応方法を紹介していきます。トラブルについては先に知っておいた方が対応しやすいですからね。

新型PS4はSlimとProならどっちがおすすめ?価格や性能の違い | MensModern[メンズモダン]

PS4コントローラーが充電できない!はよくあること?

PS4などのゲーム機器を使っていると、何かとトラブルって付き物ですよね。例えば電源が付かない、起動しない、フリーズしたなどは自分も経験あるという人もいるでしょう。実際こうしたトラブルって多いのか?と気になりますよね。

PS4コントローラーも消耗品といえば消耗品ですから、実際は充電できないというトラブルも多いです。例えばmicroUSBケーブルが破損していた、PS4コントローラーのバッテリーが切れていたなどの原因で充電できなくなることが多々あります。

しかし中には何らかの衝撃やトラブルによって故障していたという線も否定できません。消耗品だから仕方ないと割り切ることも必要ですが、まずはよくあるトラブルだと知って、先輩たちの対処法にならって充電できないか試してみましょう。

通常PS4コントローラーが充電するまでの時間は?

PS4コントローラーが充電できないといっても、充電に時間がかかるだけなのか、それとも完全に充電できない状態なのか人によって違いますよね。通常であれば3時間程度で充電が完了するものが、されないとなると故障を疑うこともあるでしょう。

しかしPS4コントローラーが充電できないのは単にバッテリーが消耗しているだけかもしれません。原因や対処方法については後で説明しますが、一般的にPS4コントローラーなどに使われているバッテリーは500サイクルが寿命として考えられています。

購入してからかなりの時間が経っている、多くの時間をプレイしたという場合にはバッテリーが原因でしょう。他にも原因が何か、解決方法はないかと考えると充電できない理由がわかってきますよ。解決方法は一つではないので、考えられる限りの対処法を試してみましょう。

PS4はできることが豊富!ゲームをするためだけじゃない! | MensModern[メンズモダン]

PS4コントローラーが充電できない原因は?

ではさっそくPS4コントローラーの充電できない原因を考えていきましょう。単に故障と結びつけるよりも原因を対処していきましょう。中にはすぐに解決できる原因もあるので、自分のPS4コントローラーがどのような状態になっているのかをよく確認しておきましょう。

コントローラーのバッテリーが原因

PS4コントローラーのバッテリーが消耗していると、充電してもすぐにバッテリーが切れてしまいます。もう何年も使っている場合にはバッテリーの消耗が原因の可能性が高いので、バッテリー交換が必要になります。または買い替えを考えましょう。

PS4の電源が入っていないだけ

PS4コントローラーを充電するためにはPS4の電源が入っているか、スタンバイモード中でなくてはいけません。充電できない原因は単に電源が入っていないだけかもしれませんよ。電源が入っているか一度確かめ、完全に充電できるまではスタンバイモードにしておきましょう。

microUSBケーブルの損傷・故障

PS4本体とコントローラーを結ぶmicroUSBケーブルが損傷していたり故障していると充電できません。新しいケーブルにすることで充電できることがあるので、他のコントローラーも同様に充電できないならケーブルが原因の可能性が高いでしょう。

部屋が高温または寒すぎる

夏や冬など部屋の温度が極端に高い・低いとコントローラーの充電ができる環境ではないということで、充電が思うようにできないことがあります。部屋の温度は10℃~30℃の間になるように設定し、もう一度充電しなおしてみましょう。

充電できないときはまずSONYのサポートを参考にしよう

PS4のコントローラーが充電できないときは、まずSONYのPS4トラブルサポートを参考にしてみましょう。特にPS4を購入して間もないときのトラブルについてはSONYサポートを参考にした方が分かりやすいです。そのまま故障診断やオンライン修理依頼もすることができます。

充電できないときは一度SONYサポートを確認し、それでも解決できない場合には部屋の温度を確かめたりmicroUSBケーブルを確認しましょう。意外と身近なものが原因の可能性もありますからね。特に差込口付近が破損していないか確認しましょう。

またPS4本体が故障しているとコントローラーも充電できない可能性も少なからずあります。PS4に関わるものが故障している場合には早めに修理するか買い替えるようにしましょう。トラブルの上にトラブルを重ねないためにも、早期に解決しておきましょう。

PS4コントローラーが充電できないときに確認すべきこと

PS4コントローラーが充電できないときにはまず①PS4の電源がきちんと入っているか(あるいはスタンバイモードになっているか)②microUSBケーブルが正しく接続されているかの2点を確認しておきましょう。この2つがクリアーされているのにも関わらず充電できない場合には対処法を試してみましょう。

単に電源が入っていないなら電源を入れれば充電できますし、microUSBケーブルが接続されていないだけなら接続すれば充電できます。簡単なミスによって充電できないだけの可能性もあるので、対処法を試す前に確認しておきましょう。

PS4コントローラーが充電できないときにする対処法

PS4コントローラーが充電できないときの対処法を紹介します。単に電源の問題、microUSBケーブルの問題だった場合には上記で紹介した通りなので、ここでは破損している場合と他の対処法について紹介していきます。これでもダメなら故障している可能性が高いでしょう。

microUSBケーブルを買い替える

別のPS4コントローラーをつないでも充電できない場合にはmicroUSBケーブルの破損・故障が考えられるので買い替えてしまいましょう。同じものを使っていても問題は解決しません。他にもmicroUSBケーブルを持っているなら試してみましょう。

microUSBケーブルをPS4の他の端子に接続してみる

microUSBケーブルに問題がないけれど、充電できない場合も考えられますね。そうした場合にはPS4の他の端子にmicroUSBケーブルを接続してみましょう。単にPS4本体の端子に異常がある可能性があります。他の端子につなぎなおすことで解決することもあるので試してみましょう。

PS4コントローラーのバッテリーを変える

長期間の使用で消耗したバッテリーを変えることで充電できることがあります。自分でバッテリー交換をすると大変なので、買い替えるかバッテリー交換依頼をした方が良いですが、自分でやりたい場合には動画に方法が紹介されています。ただし自己責任ですから気をつけてくださいね。

PS4コントローラーだけを充電する方法

PS4のコントローラーを充電するためにはPS4につないでおく必要がありますが、実はPS4コントローラーだけを充電する方法もあるんですよ。それを紹介したいと思います。PS4の電源をつけずに充電したいときは以下の方法も試してみましょう。

パソコンで充電

パソコンとPS4コントローラーを充電コードでつないでおけばコントローラーだけを充電することができます。ただしパソコンもPS4同様に電源がついていないと充電できないので、パソコンを使っていない間は充電できないので注意しましょう。

USB充電器で充電する

持ち運びできるUSB充電器を普段からスマホやパソコン・iPad用に持ち歩いている人もいるでしょう。これとmicroUSBケーブルがあればコントローラーだけを充電することもできます。ライトがオレンジになっていれば充電できているので、接続して確認してみましょう。

PS4のコントローラーをPCで使える?有線・無線で接続する方法 | MensModern[メンズモダン]

こんな充電できないPS4コントローラーは故障の可能性が高い!

上記で紹介した対処法で解決しない場合にはコントローラーが故障している可能性があります。基本になりますが、コントローラーの設定で充電が「常に」または「3時間」になっているのを確認しても充電できない場合には修理に出しましょう。

また充電はできるが、コントローラーのボタンが利かないことがある・アナログスティックが傾いているなどの場合も修理した方が良いです。バッテリーが消耗されているときもバッテリー交換を依頼しましょう。

特にコントローラーなどの機械類は水をかぶり、中に水が浸入すると即アウトです。こうしたことが一度でもあった場合には故障している可能性が高いので、SONYに修理依頼を出すか買い替えるようにしましょう。

充電できないPS4コントローラーを対処するときに注意すべきこと

対処法を試すときに注意して欲しいのが、まず冷静になって考えることです。急に充電できないとわかると、どうしてだ!とつい焦ってしまいますよね。しかし焦ると正しい対処ができなくなります。冷静に一つずつ可能性をつぶしていくことで解決への道が近くなります。

また破損している部品やケーブルがあるなら早めに買い替えるようにしましょう。使えるからといつまでも使用していると、ふとした瞬間に新たなトラブルを発生させる原因になります。それこそ充電できないどころか電源さえつかないことになるので注意しましょう。

他にも考えられることを紙に書き出し、一つ対処したら潰していくことでどの対処法を試していないかがよく分かるようになります。焦っているとつい同じことを何度も試してしまうので、時間を無駄にしないためにも考えられる原因は書き出しておくことをおすすめします。

注意!自分で充電できないPS4コントローラーを分解するのはやめて!

充電できないPS4コントローラーを直す・対処するときに注意するべきことは、自力で修理しようと分解するのはおすすめできません。バッテリー交換くらいできると分解方法を動画を見ながら行う人もいますが、直せなかった場合は修理に出しても対応してくれない可能性が高いです。

またこうした機械に強くないと、分解はできても組み立てができないことが多いです。せっかく内部を直せたとしても、組み立てができないなら意味がありません。自力での分解・組み立てはリスクが大きいのでよくそれを理解したうえで行ってください。

分解方法についてはネットで調べればたくさん出てきます。しかし何度もいいますが自力分解は自己責任です。組み立てなおしができなくても誰も責任は取ってくれないので覚えておきましょう。

充電できないPS4コントローラーは修理する?買い替える?

充電できないPS4コントローラーを原因にあった対処法で対応しても改善しない場合には修理か買い替えが必要です。主に買い替えを検討するなら5000円~6000円弱の出費になります。他にも破損している箇所があるなら、思い切って買い替えるのもいいでしょう。

修理する場合には、playstationのサポートオンライン専用サイトがあるのでそこから依頼をしましょう。バッテリー交換についてはいくらか記載がありませんが、ボタンなどの破損・故障は5000円以下で修理してくれます。

修理依頼し、交換になれば買い替えるよりも安いですよね。ただ時期によっては修理依頼して届くまでの時間が長いことが考えられます。すぐにプレイを続けたいなら、買い替えた方が早いこともあるのでお金や時間と相談して決めましょう。

充電できないPS4コントローラーを修理費用について

充電できないPS4コントローラー(ワイヤレスコントローラー)の修理費用についてplaystationサポートオンライン専用サイトでは、操作不良・故障について交換で4860円と記載されています。しかしバッテリー交換やそのほかの部品交換が発生する場合には加算されることがあるので覚えておきましょう。

主に10,300円以上修理金額がかかる場合は見積もりがきますが、コントローラーだけの修理なら5000円程度で行ってくれます。自力で分解するよりもリスクは少ないですが、お金をかけたくない場合には中古で探してきた方が良いでしょう。

トラブルを増やさないためにもPS4コントローラーは丁寧に扱おう

PS4コントローラーが充電できないなどのトラブルを増やさないためにも、コントローラーなどの部品・PS4本体は丁寧に扱うようにしましょう。扱いが悪いほどこうしたトラブルは増え、故障する可能性も高くなります。

またPS4本体・コントローラー、microUSBケーブルなどの部品類に埃が付いている場合は拭き取るようにしましょう。埃が内部に入り込むことで故障することがあります。特に何年も同じ場所に置きっぱなしだと埃だらけですよ。

適度に掃除することで故障する確率も下がりますから、たかが機械・ゲームと思わずにものを大切に扱うようにしましょう。消耗品といっても安くはありません。コントローラーとソフトも大体同じくらいの値段がしますからね。

PS4のおすすめゲームRPG編!名作から新作まで好評価のゲームは? | MensModern[メンズモダン]

充電できないなんて怖くない!ストレスフリーなPS4生活を送ろう

充電できないときの対処法を知っておくといざという時に便利です。こうした方法は他にも考えられるので、他の記事も併せて参考にしておくと問題にも早く対処することができます。トラブルに強くなって、ストレスフリーなゲーム生活を送りましょう!


評価 4.2/ 5(合計14人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ