麻雀の役満の一つである「国士無双」。この役は全ての1・9・字牌をすべて集めるという麻雀の中でも特殊な役になっていますが、役満の中では比較的お目にかかる機会は多いです。今回はそんな国士無双のルーツやフリテンの対処、作り方を紹介したいと思います。

麻雀の国士無双は大逆転できる手!役の作り方と上がるポイントを紹介!

目次

  1. 麻雀の国士無双は強力な役満!
  2. 麻雀で国士無双を狙うメリットは?
  3. 麻雀で国士無双を狙うデメリットは?
  4. 麻雀の国士無双の作り方と待ち方
  5. 麻雀の国士無双に関わるローカルルール①ダブル役満
  6. 麻雀の国士無双に関わるローカルルール②フリテン
  7. 麻雀の国士無双に関わるローカルルール③暗槓上がり
  8. 麻雀で九種九牌なら国士無双に行くべき?
  9. 麻雀で国士無双テンパイ時はリーチするべき?
  10. 国士無双は一発逆転も可能な役満!

麻雀の国士無双は強力な役満!

麻雀で最も得点と完成難易度が高い「役満」。基本的に滅多にお目にかかる事はありませんが、中でも「国士無双」は比較的出現率が高く作りやすい役満となっています。おそらく一度くらいは上がった事がある、もしくは見た事がある方もいらっしゃることでしょう。この記事では麻雀の国士無双に関わるルールや作り方を紹介していきたいと思います。

ではまず国士無双とはどういう役なのかを見ていきましょう。国士無双は麻雀の役の中でかなり特殊な役の作り方をします。麻雀で国士無双が成立する条件、構成は「全ての種類の1・9・字牌」を1枚ずつ揃え、その中で一つ雀頭を作るというルールになっています。もちろんリーチも可能です。

つまり萬子、筒子、索子の1・9計6枚、東・南・西・北・白・発・中の7枚+どれか1枚を集めることで成立します。基本的に3枚1組で構成されることが多い麻雀ではかなり異質な役だと言っていいでしょう。麻雀で国士無双が出現する確率は0.04%ほどで、麻雀の役満の中では比較的見かける機会が多いです。

役満の確率とは?誰もが憧れる役満の発生確率とねらい目を紹介 | MensModern[メンズモダン]
役満一覧まとめ!その意味と種類・とび抜けた点数を獲得できる最高手とは | MensModern[メンズモダン]

麻雀で国士無双を狙うメリットは?

麻雀で国士無双を狙っていくメリットですが、やはりまずは「得点の高さ」がメリットとして挙げられるでしょう。上記の通り国士無双は役満であり、上がった場合の得点は親だと48,000点、子だと32,000点という高得点で、上がることができれば一気にトップまで浮上も可能です。この得点の高さから麻雀では国士無双を逆転の切り札で使う人がいます。

そして麻雀で国士無双を狙うメリットは得点の高さだけではありません。国士無双狙いは「守備」にも使えるのです。上記に通り国士無双で集める牌は1・9・字牌でこれらの牌、特に字牌はゲーム後半安全牌となることが多いです。したがって他家が大きそうな手をテンパイしているな、と思えばいつでも降りることができるのです。これも国士無双の大きなメリットですね。

大三元は比較的作りやすい役満!麻雀はアガるタイミングを狙え | MensModern[メンズモダン]

麻雀で国士無双を狙うデメリットは?

しかし麻雀で国士無双を狙うことのデメリットもあります。まず麻雀の国士無双は役満の中では比較的出現率が高いとはいえ、全体的に見れば確率は高くありません。その特殊な作り方ゆえポンやチーなども当然できません。そのため九種九牌状態など配牌の時点でかなり国士無双に近い形でないとスピードが遅くなってしまいがちです。これは国士無双のデメリットですね。

また国士無双は捨て牌から狙いを推測されやすいというデメリットもあります。麻雀では捨て牌から相手の役を予想しますが国士無双を狙っている場合、通常序盤に出ることが多い1・9・字牌が捨てられていないパターンが多いです。そのため国士無双を狙っていると予想され、その牌が場に出て来なくなってしまうということも多いですね。

さらに麻雀の国士無双は途中で完成を諦めなければならない事態も多いです。例えば待っている牌がすでに1枚場に捨てられてしまっている状態で誰かにその牌をポンされてしまえば永遠に国士無双は完成しません。これも麻雀で国士無双を狙うデメリットと言えるでしょう。

九蓮宝燈は最難関役満の一つ!役の作り方や使われた場面の動画を紹介! | MensModern[メンズモダン]

麻雀の国士無双の作り方と待ち方

国士無双の作り方は上記の通り比較的シンプルですが、効率よく作るにはやはり「配牌の良さ」と「序盤のツモ」が最も重要です。役の性質上どうしても自分のツモ運に掛かる比率が非常に高いので配牌が国士無双向きでなければすっぱり諦めるのも重要です。また序盤のツモで国士無双向きの牌がツモれなかった場合はチャンタ系の役に移行したほうがいい場合もあります。

また麻雀における国士無双の待ち方には2種類あります。すでに雀頭ができてしまった場合には残り一つの牌を待つことになりますが、もし雀頭が先にできず必要な13種類の牌全てが集まってテンパイできた時には13種類の牌どれが来ても上がれるという「国士無双13面待ち」という非常に強力なテンパイになります。難しいですが麻雀で国士無双を狙うならこの待ち方が理想ですね。

麻雀【待ち】基本種類まとめ!他家の待ち牌を正確に読むためには? | MensModern[メンズモダン]
麻雀用語の一覧!初心者でも簡単知っておくべき基本用語と読み方など紹介 | MensModern[メンズモダン]

麻雀の国士無双に関わるローカルルール①ダブル役満

麻雀の国士無双という役は地域や場ごとによって違う「ローカルルール」が多い役でもあります。このローカルルールはしっかり確認しておかないと上がれないどころかチョンボや罰符にもつながってしまうので麻雀をやるなら常にローカルルールは確認しておくべきだと言えるでしょう。それでは以下に麻雀の国士無双に関わるローカルルールを紹介していきます。

麻雀の国士無双に関わるローカルルールとして代表的なのは「13面待ちの場合ダブル役満になる」というルールです。1つの牌だけを待つ通常の待ちであればシングル役満ですが13面待ちだと役満が二つ、つまり得点が親で96,000点、子で64,000点になるという事です。麻雀でこれだけの点数が得られれば高確率でトップまで行けるので強い役だと言えるでしょう。

ダブル役満とは?一発逆転を狙える役の成立条件と一覧を紹介! | MensModern[メンズモダン]
麻雀の役満一覧紹介!ダブル・トリプル役満など逆転可能な最高役手まとめ | MensModern[メンズモダン]

麻雀の国士無双に関わるローカルルール②フリテン

麻雀の国士無双では「フリテン」に関するルールも地域によって特殊なローカルルールが設定されている場合があります。麻雀でフリテンとはすでに自分が捨てた牌、その巡で見逃したロン牌ではロン上がりができないというルールです。フリテンになれば直接捨てた牌、見逃したロン牌だけでなく「待ち」の牌全てでロン上がりができなくなるのでフリテンには気を付ける必要があります。

つまり国士無双13面待ちで一つの牌でもフリテンになってしまっていた場合、ロン上がりが全く不可能になってしまいます。そこで国士無双13面待ちのみ全ての牌がフリテン適用になるのではなく捨て牌(現物)のみがフリテンになり、その他の牌はロンできるというローカルルールを設定している場もあります。

フリテンとは何?その意味と出現条件やポイント・回避する方法を紹介 | MensModern[メンズモダン]

麻雀の国士無双に関わるローカルルール③暗槓上がり

また麻雀の国士無双では「暗槓上がり」という「槍槓(チャンカン)」に関したローカルルールが設定されている場もあります。麻雀において暗槓(アンカン)とはプレーヤーが4枚同じ牌を持っているとき、カンを宣言して嶺上牌という特殊なツモを引き、ドラを増やすという行動のことです。

また麻雀における槍槓は誰かがすでに存在するポンをした牌に加槓(カカン)をしたときにその牌が当たり牌であればロンができるという特殊な役です。麻雀の国士無双ではこの槍槓という役が加槓だけでなく暗槓をした時でも宣言できるというローカルルールがあります。ただしあくまでローカルルールなので麻雀の国士無双で暗槓上がりをする場合は他家に確認する必要があります。

麻雀のカン(槓)とは?初心者でも簡単!手順や基本活用法を紹介 | MensModern[メンズモダン]

麻雀で九種九牌なら国士無双に行くべき?

麻雀には「九種九牌」という国士無双を狙うにあたって非常に美味しい状況があります。麻雀の「九種九牌」とは途中流局ルールの一つで、チーやポン、カンなどといった「鳴き」がない状況の最初のツモで異なる1・9・字牌が9種類以上あった場合「九種九牌」と宣言して流局にできるというシステムです。簡単に流局できるので麻雀では比較的見る機会が多いですね。

この麻雀の九種九牌というルールは上記の通り1・9・字牌がバラバラの状態であるという事なので通常の役を狙うなら大きな不利ですが、国士無双を狙うのであれば好都合ですよね。しかし麻雀で九種九牌を宣言して流局させるか、もしくは流局させずに国士無双を狙うかは非常に悩みどころでもあります。

麻雀で九種九牌で流局させるか国士無双に行くかは自分の得点状況によって使い分けるといいでしょう。仮に自分が大差をつけてリードしているなら無理に国士無双にいく必要がなく、流局させるほうがいいですね。反対に自分が大きく負けている時であれば、流局はせず一発逆転を狙って国士無双を狙うべきです。

麻雀牌の種類と選び方完全ガイド!まずはこれから覚えよう! | MensModern[メンズモダン]
麻雀上達のコツ・テクニック!初心者がうまくなる・強くなる方法 | MensModern[メンズモダン]

麻雀で国士無双テンパイ時はリーチするべき?

麻雀では役満をテンパイした場合はリーチを掛けないことがほとんどです。リーチを掛ければどうしても警戒されますからね。しかし国士無双においてはリーチを掛ける場合も少なくありません。リーチを掛けることで相手を警戒させ、比較的他家が安全牌だと思いやすい浮いている1・9・字牌を引き出すためです。

また麻雀において序盤で国士無双をテンパイできた時もリーチをすることがあります。上記で国士無双は捨て牌から予測されやすいと紹介しましたが、序盤ならまだ国士無双かどうかはほとんど分かりません。したがって上のケースと同じく1・9・字牌を引き出しやすくなります。後半ならリーチする意味は薄いですが、序盤ならリーチも十分にありな戦略です。

オープンリーチとは?そのメリットと抑えておきたい3つのポイント紹介 | MensModern[メンズモダン]

国士無双は一発逆転も可能な役満!

紹介したように国士無双は得点も高く、役満の中では比較的狙いやすい方の役なので一発逆転のために国士無双を狙うという戦術は覚えておいたほうがいいでしょう。また上記のように国士無双は麻雀の役の中でもローカルルールが多い役なので国士無双に関するルールは場の人に聞いて共有した方がいいです。

麻雀漫画おすすめランキング!人気&定番から面白い名作も紹介 | MensModern[メンズモダン]
麻雀のルールまとめ!初心者が覚えるべき基礎知識と流れについて紹介 | MensModern[メンズモダン]

評価 4.2/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ