三色同順を作れる人は麻雀が上手い?狙う場面や基礎知識を解説

三色同順を作れる人は麻雀がうまいというのは半ば定説の様に言われていますが、一体どの様なポイントに基づいてそう言われているのか気になる所ですよね?そこで今回はその三色同順について徹底的に検証してみたいと思います。順子を操り複合役を制す三色同順の極意がここに!

三色同順を作れる人は麻雀が上手い?狙う場面や基礎知識を解説

目次

  1. 三色同順を使いこなせ!
  2. 三色同順とは
  3. 三色同順は麻雀の花形的存在だった
  4. 三色同順を使いこなす雀士は上手いと言われる理由
  5. 三色同順は鳴いてもOK
  6. 三色同順の狙い方
  7. 三色同順は順子複合型のキー役
  8. 三色同順はフリテンに要注意!
  9. 三色同順を狙いながら変化にも手広く対応しよう
  10. 三色同順をマスターせよ!

三色同順を使いこなせ!

「三色同順を上手に使いこなせる雀士になりたい」という、プロ雀士を目指す若者などがインタビューで答える姿などをよく見かけます。実際のプロ雀士にも得意な役や好きな役に三色同順を挙げる人はかなり多いようです。何故それほどまでに三色同順が、麻雀の数ある手役の中でも人気を集めているのかには、やはりそれに見合った意味があるのは勿論です。

そこで今回は、その「三色同順」についてあらゆる角度から徹底的に検証してみました。「三色同順を使いこなす雀士は麻雀が上手い!」と言われるその真相や、三色同順を狙っていく手役の作り方、また、三色同順を取り入れた複合形の作り方など、この記事を隅々までご覧頂ければ三色同順がどの様な役で、どの様な可能性を秘めているかを知る事が出来るでしょう。

麻雀の基本と呼ばれる順子系の三色同順。その極意とテクニック、そして有効性について徹底的に調査した結果をご紹介致しましょう。これだ貴方も今日から三色同順マスターの仲間入りです。特に麻雀初心者やあるラインから伸び悩みを感じている方にとっては、またとないチャンスとなるかも知れません!心してどうぞ最後までご覧ください。

麻雀の役一覧を分かりやすく!初心者でも簡単な覚え方と早見表を紹介 | MensModern[メンズモダン]

三色同順とは

スピード時代の今も存在感は衰えず!鳴きOK・順子複合型キー役「三色同順」①

まずは三色同順とは一体どのような役なのかという、役の概要についてをご説明して参りましょう。三色同順とは、萬子・筒子・索子の3つの数牌で、同じ並びの順子を揃えるといった役に成ります。例えば萬子の1・2・3、筒子の1・2・3、索子の1・2・3といった容量です。読んで字の如く3つの色で同じ順番が並んだものが「三色同順」という役となるのです。

三色同順の並び順はどの様な順番でも構いませんが、9・1・2や8・9・1の様に、9の次が1となるロータリー式の数え方はNGです。あくまで1~9の昇り順番のみの順子を使って三色を揃えるというのが条件となっております。役としてはメンゼンで2翻ですが、鳴きを入れた場合も三色同順は成立します。その場合は食い下がりの1翻となってしまいますので注意しましょう。

三色同順は麻雀の花形的存在だった

スピード時代の今も存在感は衰えず!鳴きOK・順子複合型キー役「三色同順」②

効果的な手役と知られる三色同順。今でもその人気は高いですが、昔は今よりも更に人気のある役で「麻雀の花形」と呼ばれていた程だったという事をご存知でしょうか?「三色上手は床上手」なんて造語もあるぐらいで、全麻雀役の中における「もっとも華のある役」という位置づけで、長きに渡り麻雀界の花形スターの役割を務めてきた役だったのです。

しかしながら、時を経て現在の麻雀のスタイルはスピードを重視する時代となりました。手早く役を揃え、最短距離でのアガリを目指す現在の麻雀スタイルには、じっくりと手役を広げていくスタンスである三色同順の様な打ち回しはマッチし無い状況にあります。よって現在は麻雀の花形と呼ばれる事は無くなりました。それでもこの三色同順は決して輝きを失った役という事ではないのです。

三色同順を使いこなす雀士は上手いと言われる理由

スピード時代の今も存在感は衰えず!鳴きOK・順子複合型キー役「三色同順」③

それではここからは「三色同順を使いこなす雀士は上手い」と言われる理由の真相に迫ってみましょう。何故三色同順を使いこなす雀士は上手いと言われているのか、それは「順子系をベースにした複合役の組み合わせが上手い」という意味合いを指しています。麻雀の(元)花形が三色同順ならば、麻雀の基本中の基本と呼ばれるものは「ピンフ」であり、このピンフは順子をベースとした役と成ります。

麻雀は「ピンフに始まりピンフに終わる」と言っても過言ではないゲームです。これは順子系こそ様々な手変わりに対応する事が出来る上に、順子系最大のメリットでもある役の複合型を取りやすい形であるからに他ありません。その上、待ちも両面や三面チャンなどの上がりやすい待ちへと仕上げやすく、メンピンでの確定三色で有ればそのままダマテンでもロンで8000点を勝ち取る事が出来ます。

これらの理由から、三色同順を意識した手作りを行うと、リーチを掛けずとも充分な打点を叩く事が出来る上、更なる加点も目指す事が出来るという訳です。降りる際の打ち回しの際の選択肢も多く、攻めと守りの両方のバランスを取りながら麻雀を打つ事が出来るという訳です。それはつまり撃ち込まずに手堅くアガリを取れる雀士という事に成り、それが三色同順を使いこなす雀士が上手いと言われる理由なのです。

三色同順は鳴いてもOK

スピード時代の今も存在感は衰えず!鳴きOK・順子複合型キー役「三色同順」④

じっくりとした手作りに用いられる事の多き三色同順ですが、実は鳴いても成立可能な役となっております。メンゼンの場合は2翻扱いの三色同順ですが、鳴いた場合は食い下がり1翻となってしまいます。1翻だけの三色同順のみで突っ走るのは愚の骨頂と言える行為ですが、鳴いても充分な点数状態の場合等は積極的に狙っていっても良いでしょう。

麻雀には鳴いてもOKな役と、メンゼンでのみ成立する役があり、やはり鳴きの場合は成立する役も限られ複合の機会も限られてきます。そのうえ点数はメンゼンよりも下がる事になるので、早上がりしたいという以外だとそのメリットは少なく感じさせられるかもしれません。ただ、清一色や役牌絡みの混一色など、打点が高い場合にはアガリを取る事を優先して行くのが肝心ですので積極的に狙っていきましょう。

三色同順の狙い方

スピード時代の今も存在感は衰えず!鳴きOK・順子複合型キー役「三色同順」⑤

それでは具体的に三色同順の狙い方についてご説明していきましょう。ただし、これには人それぞれ様々な持論があるでしょうから、これが絶対!という訳では無いという事を前提にしてご覧に成って頂く様お願い致します。先ずは三色同順を考える場合、当然のことながらピンフと絡めていった方が打点が高くなり、そこにタンヤオを絡ませると尚の事狙いの幅が広がるという事に成ります。

なので一番のおすすめはタンピン系の手役を作っていくという事です。途中で手が広がり一気通貫との分岐で悩む場面もあるかも知れませんが、最終形の打点の高さの可能性を考えると、三色同順を選択した方が最大値は高くなります。123や789等の端牌での順子が見えればチャンタや純チャンタ系の三色同順を狙い、それ以外はタンピン系の三色同順を目指して進むのがおすすめです。

麻雀の平和(ピンフ)とはどんな役?成立条件と初心者が覚える基本役を解説! | MensModern[メンズモダン]

三色同順は順子複合型のキー役

スピード時代の今も存在感は衰えず!鳴きOK・順子複合型キー役「三色同順」⑥

「三色同順は順子複合型のキー役となります!」というと、三色同順が複合役のハブ的な要素を秘めているかのような印象を受けますが、実際にはそういった意味では無く、三色同順を狙っている過程において様々な役との複合を狙う事が出来るという事です。決め打ち狙いでの三色同順では色々な可能性を否定してしまいますが、幅広く捉えた三色同順なら複合の可能性はぐんと広がります。

良く絡むのが一盃口で、三色の種となる部分の両面塔子のどちらかが被り、その後更にもう一方の両面塔子が被って...という展開は頻繁に訪れるパターンです。勿論ベースのタンヤオやピンフとも絡み合えばその時点で満貫以上が確定となり、ドラや自摸があれば簡単に跳満以上に手が仕上がる事に成るのです。この過程での複合というのが麻雀の醍醐味ともいえる部分なのです。

三色同順はフリテンに要注意!

スピード時代の今も存在感は衰えず!鳴きOK・順子複合型キー役「三色同順」⑦

三色同順狙いの際、特に気をつけておきたいのが「フリテン」です。如何なる場合もフリテンは気を付けなければいけないのは勿論の事ですが、三色同順の場合、進め方次第ではかなりの頻度でフリテンとなってしまう可能性もあるのです。回避しようにも手牌に入って来た時点ではそういった最悪なケースを想定していない為、安易に切り出してしまい痛い目を見るなんて事も。

序盤で浮いていた一索をセオリー通りに切り出した結果、中盤以降1・2・3の三色同順を狙える形となってしまい、結果的に一索or四索のフリテン待ちになってしまったという事が当たり前に発生します。配牌時に三色同順の種になる他の塔子が無ければ切り出していくのは当然なので、この場合は仕方ないと諦めるしかないですが、成るべくであれば回避したいというのが正直なところです。

三色同順を狙いながら変化にも手広く対応しよう

スピード時代の今も存在感は衰えず!鳴きOK・順子複合型キー役「三色同順」⑧

三色同順狙いの際は、何が何でも三色同順と決め打ちせずに、幅広く手変わりにも対応していくというスタンスを心掛けましょう。麻雀を打っていくうえで、当初思い描いていた最終形と異なる手の方向へ進むことはまま有る事です。初心者はそこで柔軟な対応せず、頑なに一つのあがり方に固執し、結果的に無理をして打ち込んでしまうパターンがよく見られます。

麻雀は毎回あがれるゲームではありません。如何にアガリを勝ち取れないゲームでの打ち込みを回避するかという点こそが、麻雀で勝ちを拾う近道であるのは言うまでもありません。勿論攻撃も大切ですが、変化に対応し守り切るのもまた麻雀です。三色同順狙いだと、その過程でいくつもの手変わりの機会が訪れる可能性があり、その際にどれだけ柔軟に対応できるかが重要なのです。

三色同順をマスターせよ!

麻雀の基本といわれるタンピン系とも相性が良く、様々な手役との複合も意識できる三色同順は、マスターすれば自身の雀力向上に大きな恩恵を与えてくれる役で有る事は言うまでもありません。スピード時代の今だからこそ、こうしたしっかりとした手作りを行うべきなのです。しっかりと極意を極め、あなたも三色同順マスターの道を目指してください!

麻雀【待ち】基本種類まとめ!他家の待ち牌を正確に読むためには? | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ