バイクに乗られているサイダーの皆さん、バイク整備はされていますか?やられている方は、初心者の頃には工具などが必要で苦労したかと思います。そこで今回は、初心者でもできるバイク整備のメンテナンスや工具を選ぶポイントなどをまとめました。

バイク整備の初心者でもできるメンテナンス方法!工具選びのポイントは?

目次

  1. バイク整備はされていますか?
  2. バイクの整備の種類について
  3. バイクの整備1:ブレーキやオイルの点検
  4. バイクの整備2:バッテリーの点検
  5. バイクの整備3:チェーンの清掃とオイル差し
  6. バイクの整備4:タイヤの空気圧点検
  7. バイクの整備5:洗車
  8. バイクの整備6:エンジンオイルの整備
  9. バイクの整備7:冷却水の交換
  10. バイクの整備8:プラグ交換
  11. バイク屋での整備を行ってもらうと
  12. バイク整備に必要な工具
  13. バイク整備のための工具選びのポイント
  14. バイク整備用の工具は無料でもらえることも
  15. バイク整備と工具を選ぶポイントまとめ

バイク整備はされていますか?

バイクに乗られているライダーの皆さんは、バイクの整備は行っていますか?日頃の整備はバイクを安全に乗るためにとても重要なものです。バイク初心者の場合、慣れてきたから自分でバイクをメンテナンスをしてみようと思っている方もいらっしゃるでしょう。バイクのメンテナンスは法定点検や車検でも必要になってきます。

自分でバイク整備が出来てしまえば、費用はそれほど掛かりませんので、これを機にバイクのメンテナンス方法を知ってみるのはいかがでしょうか。セルフメンテナンスはバイクの寿命を伸ばしたり事故などのトラブルを防ぐことが出来ますので、積極的に行いましょう。

また、バイク整備が初心者の方は整備に必要な工具を選ぶポイントが分からないのではと思います。なので今回は、初心者でも出来る基本のメンテナンス方法や必要な工具選びのポイントなどについてまとめてみました。

バイクの整備の種類について

ではまず最初に、バイクの整備、メンテナンスの種類について軽くご紹介しておきたいと思います。種類といっても2種類しかなく、定期点検と日常点検というものになります。これらは自動車教習所の学科の授業で必ず学ぶことになりますので、聞き覚えのある方もいらっしゃるかと思います。

まず定期点検というのは、3ヶ月、6ヶ月、1年ごとに専門の整備工場などに出して、詳しく点検してもらう点検になります。車検はこれにあたり、400㏄以上のバイクは必ず車検を受けなければなりません。なお、車検以外の定期点検は「義務」ではありますが、受けずとも罰則はないそうです。

これに対して日常点検とは、その名のとおり日常的に行う点検のことです。分かりやすいところでいえば、タイヤの空気やオイル、ガソリン残量、ブレーキの利きなどの簡単な点検が内容に含まれ、1日1回必ず行うということになっています。

バイクの整備1:ブレーキやオイルの点検

それでは早速、本題であるバイク整備についてご紹介していきましょう。まずメンテナンスをするのがブレーキです。初心者にも簡単にブレーキの点検を行うことができますが、バイクのブレーキが利かないことに気が付かずに出かけてしまったら、大事故につながる可能性があるので、しっかりとチェックしておきたい部分です。

ブレーキが掛かるのはもちろんのこと、主流のディスク式ブレーキの場合、ブレーキパッドが減っていないかどうかを見てみましょう。フロントフォークのあたりからブレーキパッドが見えると思うのですが、摩耗限界線というものがあるので、その線付近まで減っていたら交換のサインです。

また、オイルの量のチェックすることも重要です。排気量の大きいバイク、小さいバイクなどバイクの種類によって方法は変わってきますが、オイルの注入口に長い棒が付いているのでこれを見てチェックします。減っていた場合には、つぎ足すのではなくオイル自体の交換をしましょう。バイクを長持ちさせる秘訣です。

バイクの整備2:バッテリーの点検

ブレーキやオイルなどと同じくらい重要なのが、バッテリーです。バッテリーの点検を怠ってしまうと、初心者の方などは冬の寒い時などにはセルを回しすぎてバイクが動かなくなった、ということにもつながりかねません。そういったことになってしまわないように、定期的にメンテナンスをする必要があります。

バッテリーには、LOWER(下限)とUPPER(上限)と書いてあるラインがあります。通常はバッテリー液はラインの間にありますが、減ってきたらUPPERのラインまでバッテリー液を入れましょう。また、大体のバッテリーの寿命は2~3年といわれています。完全に使用不可になる前に交換をするのがおすすめです。

バイクの整備3:チェーンの清掃とオイル差し

バイクチェーンの掃除も欠かせません。バイクチェーンの汚れを放置しておくと。固まってしまったり錆が付いてしまい、結果的にバイクチェーンの寿命を縮めてしまうことになります。バイクチェーンの掃除のタイミングは、500km走行毎か雨の日に走った後に行うのがおすすめのようです。

詳しいチェーンの整備の方法については、上の動画を見ながらのほうが分かりやすいかと思いますが、一応説明しますと、まずチェーンクリーナーをバイクのチェーンに吹きかけます。軽い汚れならこれだけでも落ちますが、ブラシなどで擦っていくと、よりきれいにできます。

一周ブラシで汚れを落としたら、ウエスなどで汚れをふき取ります。その後はチェーンルブ(オイル)を吹き付けて、ウエスで余分なオイルをふき取れば完了です。

バイクの整備4:タイヤの空気圧点検

車もそうですが、バイクタイヤの空気圧もチェックしなければ安全に走行は出来ません。バイクに乗る前に空気圧チェックを行う方がベストですが、特に冬などの気温が下がる時期には空気も抜けやすくなるそうなので、寒くなる時期には2週に1度、温かくなり始める頃は4週に1度くらいのペースでチェックすると良いのだとか。

適正な空気圧については、それぞれのバイクのフレームにラベルが貼られているのでそちらを個々人で確認します。ガソリンスタンドなどでも空気圧チェックが出来ますが、出来れば自宅にエアゲージがあると便利です。それで規定値の分まで空気を入れれば、タイヤのメンテナンスは完了です。

バイクの整備5:洗車

見た目を綺麗にするだけかと思われるかもしれませんが、バイク洗車も立派なメンテナンスの1つです。バイクを洗う際には、水が入ってはいけないマフラーの排気口やキーシリンダーなどを塞いでから行った方が安心して洗車出来ます。

まずはバイク全体に水をかけてホコリなどを落としていきます。砂埃などが残っている状態でスポンジで洗ってしまうと、細かい傷がついてしまうのでたっぷりと水をかけましょう。また、マルチクリーナーなどには水無しで簡単洗浄できるものもありますので、冬などの寒い時にはそちらで表面的にであれば綺麗にできます。

主要な部分をバイク用のシャンプーで洗車していったら、タイヤやホイールなどにも汚れがありますので、水とブラシだけでも十分に落ちますので洗っていきます。終わったら水気をふき取って乾かせば完了です。

バイクの整備6:エンジンオイルの整備

初心者の方などはあまり触れたことはないかもしれませんが、バイクのエンジンオイルの交換も自分でやることが出来ます。エンジンオイルの交換時期は、3,000km又は半年に一度の頻度で交換するのがベストのようです。あまりバイクに乗らないという方は早めに交換するとエンジンを守ることが出来ます。

オイルとオイル処理パック、フィルター、パッキン、オイルジョッキ、専門の工具を用意し、古いオイルを出す準備をします。次にエンジンをかけてオイルを温め、オイルを抜いてから新しいドレンボルトを締めます。フィルターも交換し、新しいオイルを入れていきます。規定量を入れたらバイクのエンジンをかけて循環させましょう。

バイクの整備7:冷却水の交換

水冷エンジンのバイクの場合、エンジンを冷やすための冷却液が入っています。バイクの場合は2年に1度の頻度で交換するのがおすすめされています。ドレンボルトを外して、冷却液を出します。冷却液は見た目は着色された水になっています。

冷却液は廃棄物扱いになるので、オイル処理パックなどに吸わせてから処分します。排出されたら、リザーブタンクの中の冷却液も注射器などで吸い出します。注入口から水道水を入れてすすいでおくと綺麗になります。次に、新しい冷却液を口いっぱいまで入れ、リザーブタンクにも入れます。

バイクを揺らしたりエンジンをかけて冷却液を行きわたらせておき、減ったら足すを繰り返して循環させます。ラジエーターホースを握って空気を抜くと冷却液が減るので足し、キャップを締めたら完了です。

バイクの整備8:プラグ交換

バイクのエンジンに欠かすことのできないスパークプラグも整備を行う必要があり、、交換時期を逃すとエンジンのかかりが悪くなってしまいます。5,000km程度走行したら交換するのがおすすめだそうで、プラグ自体の費用は500円程度です。必要な工具はプラグレンチを使います。

プラグはエンジン付近にありますが、分からない場合はバイクオーナーさんのHPやお店で聞いてみるとすぐにわかるかと思います。黒いキャップが付いている場合、ゆっくりと引き抜くとプラグが見えます。根元にナットが付いているので、工具を使って外していきます。

反時計回りに回していけば緩みますが、錆びていると結構固くなっていてとりにくいかもしれません。外せたら、新しいプラグを入れてネジを締めていきます。固くなるまで締め、外したキャップを被せればプラグ交換完了です。

バイク屋での整備を行ってもらうと

タイヤの交換やバイクチェーンの交換等、自分ではちょっと出来ないという整備はバイク用品を扱うお店でやってもらうことになります。バイクの場合、タイヤ交換はフロントとリアとで整備工賃が分かれている場合が多くあります。

フロントの場合は2,200円程度、リアの場合は2,800円程度からです。大型と中型、スクーター系などバイクの種類によって整備の工賃は変わりますので、お近くのバイク屋さんでご確認下さい。

バイクチェーン交換の費用は、2,500円程度からです。自分で整備が出来る方の場合はチェーン代だけで済みますが、初心者の方はバイクショップで整備を依頼した方が確実です。その他にも、バイク屋さんで扱っている整備内容は多くあります。セルフで出来る整備は当然ながら自分で行うと費用が抑えられます。

バイク整備に必要な工具

さて、それではバイク整備を行うのに必要な工具をご紹介しておきたいと思います。必要な工具は「スパナ」、「各種レンチ」、「ドライバー」、「プライヤーレンチ」です。スパナはバイクのボルトやナットを捻るのに必要な工具で、日本では先端がくっついていないものをスパナ、それ以外のものはレンチと呼びます。

次に「コンビネーションレンチ」という工具があり、片方がレンチ、片方がスパナになっているものです。これがあるとボルトが締めやすくなります。もう一つの工具が「六角レンチ」です。バイクの部品で六角穴付きボルトが使われていることが多いので、セットになっている六角レンチも必要になってきます。

そしてドライバーですが、バイク整備においてはプラスドライバーの方を主に使いますが、マイナスドライバーも使うこともありますので揃えておくと便利でしょう。それと、大体工具箱には入っているプライヤーレンチも必要になります。ハサミのように掴む工具のことで挟むものの幅を変えられます。グリップ付きがおすすめです。

工具のおすすめ良品たち!優秀で高性能な工具を種類別に紹介 | MensModern[メンズモダン]

バイク整備のための工具選びのポイント

さて、ご紹介したように、メンテナンスを行うには工具が必要になってきます。最近では安い工具が簡単に手に入るようになりましたが、ある程度長く使うものですし力を入れて使うものなので、壊れにくいように品質の良い工具を選ぶのが工具選びのポイントです。出来れば実物を触って確かめてから購入するのもポイントですね。

初心者の方は、特に工具選びのポイントを重視してみるべきかと思います。当然初めてですし、バイクをしっかりと整備するための工具ですので、中途半端に選んでしまうと後々後悔する可能性が大いにあります。

バイク整備用の工具は無料でもらえることも

以上バイク整備に必要な工具と選ぶポイントについてご紹介しましたが、初心者の方においては言葉でたくさん言われても分からないかもしれません。そういった方のために、実はバイク整備用の工具が無料でもらうことができるということもお教えします。

新車、中古車バイクを問わず販売している「レッドバロン」では、バイクを購入した際自動的にレッドバロン会員となり、その証としてか、購入時にバイクと共に主要な工具を無料で与えてくれるようになっています。こういった例を活用すると、バイク整備初心者の方には優しいかと思います。

バイク整備と工具を選ぶポイントまとめ

バイクの整備には様々な項目があり、またそれぞれがとても大切な整備内容になっています。初心者の方などは難しいと思ってしまうかもしれませんが、1つ1つはやってみれば簡単なものばかりですし、ポイントを掴んでしまえば継続的に行うことも可能です。

また、バイク整備に使用する工具についてもたくさんの種類がえりました。初心者の方は、大切なバイクの整備をするためのものですので直接整備用の工具を見にいって確かめるなどのポイントをしっかり抑えて望むようにすることをお勧めします。

バイクに乗られている方で、まだ自分で整備を行ったことがないという方は、是非本記事でご紹介した整備方法を試してみてください。参考動画などもたくさん上がっております。ということです今回は、「バイク整備の方法や工具選びのポイント」などについてまとめてみました。


評価 4.1/ 5(合計14人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ