車のコーティング歳として、洗車後などに使用されるゼロウォーターを知っているだろうか。高品質のカーケア製品として注目されているが、その効果や使い方を知らない人も沢山いる。そこで今回は、そんなゼロウォーターについて、使い方や評価を交えて紹介しよう。

ゼロウォーターは親水性のコーティング剤!効果や使い方・評価までまとめ

目次

  1. そもそもゼロウォーターってなに?
  2. 他のコーティングとゼロウォーターとの違いって?
  3. これまでのワックスの手間を一新させる画期的なゼロウォーター効果
  4. 経済性も高いゼロウォーター!
  5. ゼロウォーターは繰り返し使用することでその真価を発揮する
  6. ゼロウォーターがコーティングにおすすめの理由とは
  7. 濃色車や天井が広いワンボックスカーにはゼロウォーターがおすすめ!
  8. 洗車をマメにする人にはゼロウォーターが特におすすめ!
  9. ゼロウォーターのラインナップには撥水性のタイプもある!
  10. ゼロウォーターは洗車後のボディに直接スプレーをかけるだけ
  11. ゼロウォーターの使い方のコツ
  12. ゼロウォーターの使用後の効果は?
  13. ゼロウォーター使用者の評価は?
  14. ゼロウォーターのライバル商品たちも
  15. ゼロウォーターを使いこなして愛車をピカピカに!

そもそもゼロウォーターってなに?

カー用品で耳にする言葉ゼロウォーター。車好きなら一度は耳にしたことのある言葉だと思うが知らない人も多いだろう。そこでそもそもゼロウォーターとはなんなのか解説していこう。そもそもゼロウォーターとは、シュアらスターと呼ばれるカーケア用品の総合メーカーから販売されているコーティング剤のことを指す。

このメーカーは天然のカルナバ蝋を主成分とする固形ワックスが有名で、このワックスが引き出す上品なツヤと甘い香りは、多くのクルマ好きを魅了してきた。研磨剤を一切含まないシュアラスターのワックスは、自動車のボディにダメージを与えず、天然のカルナバ蝋は深みのある艶と光沢・輝きの他、耐久性にも優れていると有名。

優れた特徴によって一時期はメリカにおけるシェアが80%となるなどで、同年、日本でも販売がスタートし、広く認知されている。

他のコーティングとゼロウォーターとの違いって?

では、他のコーティング剤との違いは何なのかについても見ていくお。そもそもゼロウォーター意外にも、車のコーティング剤は沢山ある。よく聞くワックスあそれにあたるが、その中でも樹脂系や油脂系、ガラス系などたくさんのしゅるういがあるのだ。水をはじくコーティング、はじかないコーティングと多岐にわたる。

中でも人気なのは、とても長持ちでピッカピカに見えるのはガラスコーティングだろう。他のガラスコーティング剤で例を挙げるならばダイヤモンドキーパーやクリスタルキーパーなどが挙げられる。ではこれらのコーティング剤とゼロウォーターとの違いは何なのだろうか。それは料金に違いがある。

車を購入する時にコーティングを検討することは多いと思うが、コーティングはボディをピカピカにピカピカに保つため、洗車を楽にするためなど色んな効果が見込め、するかどうかを悩む人は多い。しかし、コーティングをお願いしようと思って値段を書く印すれば、誰もが見たことがあると思うが、とても価格が高いのだ。

とてもじゃないが、コーティングに何万円もかけられないという人はいるだろう。そこで安く仕上げるための方法が、このカー用品を自分で購入して安く仕上げる方法なのだ。そしてその中でも、最も価格と性能のバランスが良いのがセロウォーターをされている。

これまでのワックスの手間を一新させる画期的なゼロウォーター効果

では、そんなゼロウォーターのおすすめの理由でもある効果について掘り下げていってみよう。ゼロウォーターは、先ほども言った通り、ワックスの老舗メーカーが満を持して発売開始した画期的なコーティング剤だが、ゼロウォーターは、固形ではなく液体になる。スプレーボトルに入っており、クルマのボディにスプレーして使用する形だ。

つまり、ゼロウォーターには固形ワックスのような「塗り込み」は必要ないのだ。効果的に塗ることができることがまずは上げられる。また、スプレー後すぐに拭き取れるので、非常に短い時間でワックス作業が完了するという効果も見込める。固形ワックスとは大きく違うゼロウォーターの使い方は、これまで重労働だったワックスがけのイメージを変えた。

憂鬱な作業で、自分で洗車した後にワックスをかける大変な思いをした人も多いだろう。しかし、あの思いを申す売る必要がないのだ。ゼロウォーターによって、クルマのワックス作業が気軽に行えるようになったことがまず大きな効果だといえるだろう。

経済性も高いゼロウォーター!

さらに、ゼロウォーターの評価されている効果は経済性の高さにもある。某自動車サイトのカーケア部門で、2015年の年間1位を取った実績があるほどだが、非常に多くのカー用品店やネットショップなどで購入可能。それもあるのか、経済性がとても高い。専用の拭き取りクロスが付属する280mℓセットが2000円以下で購入できる。

またさらに、その1本で中型車に対して6回使用可能という驚異の量だ。つまり、一回当たりのコストは330円程度になるということだ。普通の一般家庭の乗用車タイプであれば、もう少し使用頻度は多く行えるだろう。

また、使用する場所を選ばないこともうれしい点だ。例えば、ゴムのモールやザラザラした加工がしてある黒いプラスチック部分も使用可能で、固形ワックスでありがちな、拭き残しが白く残るようなことはゼロウォーターではありえない。ゼロウォーターは、ガラスはもちろん、室内にも使用可能できることもうれしい。

例えば、運転中に頻繁に触れるシフトノブやスイッチ類、ダッシュボードなど、プラスチックや金属の箇所に使用することも出来、簡単に汚れも取れ保護効果にも役立つ。ゼロウォーターの効果はそれ一つで、とても幅広く使うことができ、室内外問わず使えるので経済性も高いことが挙げられるだろう。

ゼロウォーターは繰り返し使用することでその真価を発揮する

さらにゼロウォーターの効果を上げるならば、繰り返し使用することで、その効果の進化を発揮する。ゼロウォーターは、施工によってボディ上に被膜を作る仕組み位なるのだが、この被膜は、ゼロウォーターを繰り返し使うことで徐々に厚く、強くなることが分かっている。それ故に、継続的に何度も繰り返し使用することで、車の磨きがより増すのだ。

もちろん、この皮膜はボディの保護効果も持っている。ゼロウォーターを数回使ったボディは、表面がツルツルになると評価も高く、このため、汚れもつきにくく、付着した汚れも雨や洗車でよく落ち安くなるといわれ、その効果はとても評価も高い。

ゼロウォーターがコーティングにおすすめの理由とは

ゼロウォーターがおすすめの理由

では、そんなだれでも簡単に効果の得られるゼロウォーターであるが、おすすめの理由を消化敷いていこう。まずはその扱いやすさだ。使い方が非常に簡単で、他のメーカーから出されているコーディング材に比べると圧倒的に使いやすいという点が挙げられる。簡単なコーティング剤を購入しようとしても、他の製品であれば塗り込むタイプがほとんど。

しかし、ゼロウォーターに関してはお手頃価格でスプレータイプという点がその扱いやすさを実現している。塗り込まずともボディにスプレーするだけでいいので、非常に扱いやすいのだ。そして、ゼロウォーターの大きな特徴として、多く売られているコーティング剤と性質の違いもある。

世間一般でよく売られているコーティング剤は撥水性が多い。しかし、ゼロウォーターは親水性と呼ばれる性質になる。一般的には撥水性が人気なのだが、しかし、ボディーカラーや洗車の頻度・使い方、好みによっては親水性を選んだほうがいい場合もある。その親水性の中では最もおすすめできるのが、このゼロウォーターになるのだ。

撥水性と親水性の違い

では、簡単に撥水性と親水性の違いについてもみていこう。まず、市販されている簡単なコーティング剤のほとんどが撥水性か親水性になるのだが、他にも疎水性などがある。水の弾き方については親水性に近いものがあるがので、市販品では親水性と呼んでいることが多い。

撥水性とはそもそも、水をはじく性質で、WAXのように水玉になる。水をかけるとコロコロと水玉が出来て弾く様子を見たことのある人は多いだろう。光沢効果やキズ防止効も効果があるといった商品が多く、コーティングの効果も分かりやすく、見た目も良いので人気も高い。

しかし、デメリットもあり、水玉がレンズ代わりになり、ウォータースポットが出来やすくなるのだ。ウォータースポットとは太陽光によって水滴の跡が焼きついてしまうことをいう。ただ、最近の車の塗装自体がよくなっており、コーティング剤自体もウォータースポットが出来にくい商品も開発されている。

また、黒色を含む濃色系の車などは雨ジミなどが目立ちやすいので、注意が必要な点も上げられる。一方で親水性はじわーっと水が引いていく様子といえばわかりやすいだろう。水は薄く広がり撥水性のように水玉になりにくいのが特徴だ。なので、雨ジミなどができにくく、ここが撥水性と比べて大きなメリットといえる。しかしデメリットもある。

それは、一番は見た目で撥水していないので、コーティングをした感がないといった点だ。コーティングがちゃんと効いているのかよく分からないという一部の評価もあるほどだ。さらに、車体に徐々に汚れがついていくと、効果が薄くなってきた撥水性コーティングのように、中途半端な水玉が多数できるようになる。

つまり、それにより雨ジミに発展するケースもあるということだ。自分で行う簡単なコーティング剤では、商品説明の様に、きれいな親水性を維持するのは難しい。頻度を多くして洗車をこまめにする人などには向いているが、そうでなければなかなか難しい商品でもある。

濃色車や天井が広いワンボックスカーにはゼロウォーターがおすすめ!

さらに、ゼロウォーターは全ての車におすすめというわけではない。適した車があるということも踏まえて、どんな車におすすめなのかを紹介しよう。まずは、濃色車や天井が広いワンボックスカーには最適だ。親水性の何よりも一番のメリットは雨ジミができにくいこと。

撥水効果が高いWAXや撥水コーティングしていると、頻繁に洗車してキレイにしていても雨の後に水玉が出来て天井やボンネットに雨ジミが付く。特に濃色者などは、この雨ジミができやすく目立ちやすい傾向にある。また、ワンボックスカーなどの天井が広い車も水玉が流れにくいと感じるだろう。一度雨ジミができると消すのは一苦労。

あらかじめ、雨ジミができないようにすることの大切さがわかると思うが、それに効果を発揮するのが親水性のゼロウォーターだ。これにより水玉ができないので、雨ジミをかなり効果的に防いでくれる。雨ジミができやすい靴間には、ゼロウォーターがおすすめなのだ。

洗車をマメにする人にはゼロウォーターが特におすすめ!

さらに、洗車だけはマメにするという人にもゼロウォーターがおすすめだ。先ほども言ったように、親水性のコーティングのデメリットとしては効果がわかりにくといった点が挙げられる。多くの親水性の商品は雨などで汚れがひどくなったりして、数週間たつと、水が引いていくというよりも水玉ができやすくなる。

実際に、効果が持続していても見た目は親水性の持続はないように感じられてしまう。そのため、見た目の効果を持続させる意味でも、定期的な洗車と毎回のふき取り、コーティングが必要になるのだ。そのため、こまめに洗車する人にはおすすめなのだ。

これまでの多くのワックスでは、その作業が時間をとられて億劫だったと思うが、このゼロウォーターは短時間でスプレーをかけるだけ。使用部分を気にせずに普通にふき取りの時に使用できることもその扱いやすさの特徴だ。重ね塗りの必要になる親水性の特徴と相まってこまめに洗車する人にはおすすめできるというわけだ。

洗車の頻度の理想は?タイミングや色別・コーティング車の場合も解説 | MensModern[メンズモダン]

ゼロウォーターのラインナップには撥水性のタイプもある!

ちなみに、ゼロウォーターの特徴である親水性だが、こちらのラインナップには撥水性のものもある。ゼロウォーター・ドロップといわれるもので、こちらも同じような使い方でガラスコーティングができてしまうと評価の高い商品だ。親水性の様に、何度も手間をかけられないというひとであればこちらの撥水性を選んでもいいだろう。

ゼロウォーターは洗車後のボディに直接スプレーをかけるだけ

それでは、具体的なゼロウォーターの使い方を紹介しよう。とても簡単とアピールしてきたゼロウォーターであるが、その使い方、やることはボディにスプレーして拭くだけだ。しかし、ディにホコリや泥が付いていると拭き上げ時に塗装を痛めることにつながるので、事前に洗車をした方が良い。

もし、ボディ上にホコリや砂などが付着していないのであれば、洗車をせずとも、乾いたボディにスプレーして使うことも可能だ。これだけで作業自体は終わりなのだ。また、撥水性のゼロウォーター・ドロップに関してもほとんど同じだ。水滴を拭くときに、数回スプレーして水滴と一緒に伸ばしながら拭き取るだけでよい。

ゼロウォーターの使い方のコツ

ポイントとしては、洗車後に泡を流したら、ボディが濡れた状態で使えるのがゼロウォーターの大きな特徴だ。約50cm四方の広さに対してゼロウォーターを1回スプレーし、すぐに拭き取るだけでいい。これにより、水と一緒にふき取ることができるので、短時間の洗車とワックス作業だけでコーティングまで終わるというわけだ。

使い方はとても簡単だが、50cm四方の面積にスプレーの飛沫を飛ばすには、ゼロウォーターのボトルを自動車のボディから少し離して使用するのがコツになる。使い方をマスターすれば、これまでの作業時間が驚くほど短くなるので、他のワックスには戻れないかもしれない。

ゼロウォーターの使用後の効果は?

親水性であるゼロウォーターの使用後の効果は、先ほども触れたように、水玉のできにくさが大きな特徴だ。施工後に水をかけても水玉ができにくいため、それによる日航からの影響が起きにくい。雨ジミやイオンデポジットなどが起きないので、ボディへのダメージも軽減することができるのだ。

親水性のジワーッと水が引く効果で、ダメージを少なくしているというわけだ。さらに使いやすいの、洗車時の作業効率も増し、何度も洗車を行えるという小さな利点まである。ワックス作業が面倒で、洗車を面倒と感じる人も少なくない。ゼロウォーターの使用後も、繰り返し簡単に作業できるという点が、より効果を高めている。

ゼロウォーター使用者の評価は?

そんな使い方の簡単なゼロウォーター。使用後の評価はどんなものかというと、ワックスより断然使いやすいという声が多い。ワックスであれば、通常洗車後に水滴をふき取り、そこからワックスを塗る作業をし、クロスでふき取るという手順が必要になる。しかし、このゼロウォーターではその作業が一変する。

水滴を拭くときに、数回振りかけてそこで一緒に水滴と伸ばしながらふき取ればいいのでかなり時短につながるのだ。それもあり評価は高評価が多い。しかし、かといって悪い評価もある。それが撥水性との差を考えて、あまり効果が持続しないと感じる人が多い点だ。

あまり効果が続かないので、効果を実感しいくいことと、撥水性と違う性質の水の広がり方が、思っていたコーティングと違うとの声がある。しかし、これは親水性の本質を理解すれば多少軽減されるだろう。そもそも親水性の性質は繰り返しと、水の弾き方にも違いがある。これを踏まえたうえであれば評価は高評価が多いと考えてもいいだろう。

ゼロウォーターのライバル商品たちも

販売当初は独占状態が続いたゼロウォーターではあるが、今ではその他の製品も登場しているようだ。なかでも人気なのがCCウォーター、また他にも、スマートミストやグラスパワーといった製品も並んでいる。どれもゼロウォーターと同じような効果と使い方だが、いろいろなおまけがついており、クロス等がついていることも多いので、参考にしてみよう。

ヘッドライトの黄ばみ取り&コーティング方法まとめ!おすすめはピカール? | MensModern[メンズモダン]

ゼロウォーターを使いこなして愛車をピカピカに!

ゼロウォーターの効果や使い方、評価までまとめてきたが、その製品のすごさが分かっただろう。これ一つで、コーティングまでできる優れものだが、それ以上に洗車の手間も時間もこれまでを覆すような製品だということが分かったはずだ。これを使って、あなたの愛車もピカピカにしてみてほしい。

車のコーティング剤おすすめ人気ランキング!ワックスとの違いは? | MensModern[メンズモダン]

評価 3.8/ 5(合計9人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ