キャンプに欠かせないのが、テーブル。そんなテーブルにもいくつかタイプがありどちらを使うかでキャンプの利便性も変わってくる。キャンプをより一層楽しものにして、便利に使えるものを選びたいところ。そこで今回は、キャンプにおすすめのテーブルブランドを紹介しよう。

キャンプ用テーブルおすすめブランド特集!折りたたみ式やロール式が人気?

目次

  1. キャンプに必須!ロール天板式テーブルと折りたたみ天板式テーブルの違い
  2. キャンプで使えると評判!ロール天板式テーブルの特徴と便人気ポイント
  3. 折りたたみ天板式テーブルのキャンプで便利なポイント
  4. キャンプに気になるロール天板式のデメリット
  5. キャンプテーブルだけでなく多種多様なキャンプギアが撮りそろうブランド!
  6. キャンプテーブルブランド中でも老舗で人気も長い!
  7. キャンプギアといえば外せない洗練されたアイテムが揃うブランド
  8. 新しいブランド!お気に入りのキャンプテーブルもきっと見つかる
  9. オールインワンからリビング用までキャンプテーブルを広く扱う!
  10. 調理道具でお馴染みブランド!キャンプテーブルも取り扱う!
  11. キャンプテーブルのランナップが豊富!選択の幅が広がる!
  12. ユニークで独創的なキャンプテーブルが豊富にそろうブランド!
  13. キャンプ用品が豊富なブランド!テーブルまで広く取り扱う!
  14. ナチュラルテイストが自慢のブランド
  15. 自分にベストなテーブルブランドを選んでキャンプをより一層楽しいものに!

キャンプに必須!ロール天板式テーブルと折りたたみ天板式テーブルの違い

キャンプテーブルには大きく分けてロール天板式テーブルと折りたたみ天板式テーブルがある。これら2つのタイプのキャンプテーブルは、タイプは違えどキャンプには欠かせないもので、食事をとるにもなにをするにもキャンプテーブルの存在は大きい。

しかし、より一層キャンプを楽しく便利にしてくれるキャンプテーブルもいい加減に選んでいてはもったいない。それだけ大きなものを購入するのだからできればしっかりと情報を収集したうえで、厳選したいものだ。そこでこの記事では、この二つのタイプ別の違いとおすすめのキャンプテーブルブランドを紹介していこうと思う。

まず、このキャンプテーブルのタイプ別の違いについてだが、折りたたみ式はよくあるタイプだ。一度は目にしたことがあると思うが、ぱたんと畳んでコンパクトに収納でき、使う時には広げて使うタイプ。イストセットで収納できるタイプもキャンプテーブルの中にはある。

それに対してロール天板式のキャンプテーブルは天板を棒状に畳んだり丸めたりして収納するタイプのキャンプテーブルになる。こちらの特徴は、折りたたみ式と比較すると、収納がかなりコンパクトになる点が大きい。折りたたみ天板のテーブルは折り畳めるとはいえ、表面積がそこそこ大きくなってしまうので、ここが大きく違うポイントになるだろう。

ロール天板式は収束式チェアのような棒状タイプ。大きなサイズの天板でもロール式で収納してしまえばかなりコンパクトなサイズになるのが大きな魅力だ。しかし一方で、イスと同時に収納できたりなどの機能には劣る点があるキャンプテーブルになる。キャンプは何かと荷物が気になるので、多少収納が気になることもあるだろう。

キャンプで使えると評判!ロール天板式テーブルの特徴と便人気ポイント

それでは、それぞれのタイプ別で、キャンプテーブルの特徴をまとめていこう。まずはロール天板式のキャンプテーブルだが、こちらは、やはり一番の人気ポイントはコンパクト性能だ。持ち運びにとても適しており、車のトランクにもょっとした隙間があれば、スッと収まり、面積が広い折りたたみ式のテーブルと比べると、そのコンパクトさの違いは一目瞭然。

折りたたみのチェアと同じように収納できるので、一緒にまとめておけば取り出す時にわかりやすいのも魅力のひとつといえるだろう。また、ソロで使えるサイズ展開も豊富な点も魅力の一つだ。アウトドアテーブルは、大き目のものが多い傾向にある。しかし、ロールテーブルはソロキャンプにも適したサイズが多く展開されている。

荷物を極力少なく、コンパクトに持ち運びたいソロキャンプには、ロールテーブルはとても重宝するアイテムといえるだろう。コンパクトに持ち運びのできるスツールと一緒に持ち歩くことができ、本格的なキャンプはもちろん日帰りのちょっとしたアウトドアでも大きく活躍できるキャンプテーブルといえるはずだ。

折りたたみ天板式テーブルのキャンプで便利なポイント

とはいえ、やはり祷頼の折りたたみ式のキャンプテーブルも人気は絶えない。こちらの特徴としては、種類が豊富な点と機能が優れている点がやはり大きい。種類には、ダイニングテーブルと、ローテーブル、サイドテーブルとあり、ダイニングテーブルは、まさにキャンプなどのアウトドアでの食卓に適しているといえる。

天板が二つ折り、三つ折りでたため、脚の部分を取り外し、キャンプテーブルの裏側に収納できるタイプが主流だ。天板はしっかりとしているが、重量がやや重く、かさばるので、持ち運びにはそれなりのスペースが必要となるが、頑丈性は高い。キャンプでの使用も安心してできる。

また、最近ではローテーブルで食事を取るスタイルも増えており、脚の短いローテーブルも人気が高まっている。見た目もおしゃれな海外製のテーブルもおすすめで、脚の調節ができるハイ&ローのキャンプテーブルも各種あるので、キャンプだけでなくその日の気分でリビングを変えたいという人にもおすすめできる。

サイドテーブルタイプは、リクライングチェアの傍らにちょっとドリンクやおつまみを置いて使うことを想定する時に役立つテーブルだ。気の向いた時にさっと出してしまえる折りたたみ式のテーブルは重宝すること間違いなしだろう。さらに、折りたたみ式キャンプテーブルには豊富な機能も魅力の一つだ。

椅子付きの折りたたみキャンプテーブルであれば、大人数のBBQや家族ででかけるときに便利。一式セットで収納されているので、準備に時間が取られないこともおすすめポイントとなる。その分かさばることはあるが、あれもこれもと車に積める時間やキャンプの準備時間を短縮することにもつながる。

中には、BBQグリルをテーブルの真ん中に収めることできるテーブルや、焚火台を中央に設置して、ダッチオーブン料理を楽しめるラウンドテーブルなど、機能性に優れたものなど多数展開しているので、お気に入りのキャンプテーブルを見つけることもできるかもしれない。こちらも人気の高いキャンプにおすすめのテーブルタイプといえる。

サイドテーブルはDIYで簡単!100均材料での作り方・アイデアまとめ! | MensModern[メンズモダン]

キャンプに気になるロール天板式のデメリット

上記が各種キャンプテーブルタイプの特徴だが、やはりロール天板式が人気が高い。しかしデメリットがないわけではない。それが、天板に隙間があることだ。ロール式の収納を可能にするため、多くのモデルは複数枚の板状素材をつなげた構造になっているので仕方のないことだが、やはりキャンプにおいてこの隙間が気になることは多い。

また、製品にもよりけりだが、収束式脚フレームを採用しているモデルは、天板下の膝が入る部分にもフレームがあり、膝や腿が干渉してしまうこと考えられる。購入時はチェアの座面高も一緒に考慮することをおすすめする。これらの特徴を踏まえたうえで、自分にあったキャンプテーブルを選ぶ必要があるだろう。

キャンプテーブルだけでなく多種多様なキャンプギアが撮りそろうブランド!

Coleman コールマン

多種多様なアウトドアギアが撮りそろうコールマンのテーブルは、同じデザインでも人数に合わせてサイズ違いのものを展開していたりと非常に数多くのものを取り扱っている。また、多くのテーブルが高さ2段階調整機能を装備しているので、流行のロースタイルにも対応することができるというわけだ。

また収納のコンパクトさも魅力の一つだ。ナチュラルウッドロールテーブル110では、天板に天然木を使用したナチュラルな風合いの2ステージテーブルで暖かみのあるテーブルだ。また、ナチュラルモザイクファミリーリビングセットプラスはイスとセットになったもので、家族で使用できるリビングセットになっている。

ベンチとスツールはキャンプテーブル内にすっきりと収納できるようになっており、折りたたみ式でコンパクトになるのですっくりさせることも出でき、スツールは濡れても大丈夫な合成樹脂座面なので、ジャグ置きとしても活用できたりと何かと便利。キャンプで活躍を期待できるだろう。

キャンプテーブルブランド中でも老舗で人気も長い!

Onway オンウェー

こちらの部r何度は20年の歴史をもち、自社でデザインした製品しか製造しないというこだわりを持つアウトドアファニチャーブランドになる。独創的なデザインとアイデアが詰まった製品群は一見価値ありのものばかりで、サイトのアクセントになってくれることだろう。コンパクトで標準的なものから独創的なデザインのキャンプテーブルまでそろっている。

コンパクトで気軽に持ち運べる魅力的なミニテーブルで親しみのあるツーリングテーブルでは、天板、脚ともに軽くて丈夫なアルミ合金製で、重さがわずか1・2kgほどしかないのに耐荷重は約10kgととても耐久性に優れている。熱が下部に伝わりやすい低重心の分離型ストーブやアルコールストーブも、テーブル上で安定よく使うことがでる。

また、八角形の天板で8人座れるスベースを有するBBQゲームテーブルもあり、真ん中にはラック付きでBBQもできれば、クーラーボックスを入れるのにも適していたりと機能面も充実してるキャンプテーブルもあるので家族や大人数で楽しむキャンプやアウトドアでは大変おすすめのアイテムだ。

さらに、エンド部分の可愛い球体がフレームデザインに良く似合っているSquare Side Tableなど独特な形のものもあり、フレームに多接リンクを採用し、ストロークすることでコンパクトな形状になるキャンプテーブルなども展開している。もちろん、キャンプテーブルとしての耐久性も兼ね備えている。

キャンプギアといえば外せない洗練されたアイテムが揃うブランド

snow peak スノーピーク

洗練されたアウトドアギアで有名なブランドで、こちらのブランドのテーブルは、フィールドでの使いやすさを徹底的に検証して生み出されている。天板の竹集成材は丈夫で美しいだけでなく、森へのダメージも少ない素材というこだわりも持っている特徴的なおすすめできるキャンプテーブルだ。

こちらのブランドからのワンアクションテーブルタケというキャンプテーブルは、標準的な形ながらも横に30cm長いロングモデルで4~6人で使用しても余裕を持ってくつろぐことが可能だ。また、ワンアクションちゃぶ台竹では、キャンプテントやタープの空間を広く使えるグランドスタイルの中心に使うこともできる。

家庭でも大活躍すること間違いないだろう。このシリーズでは材質の質感も素晴らしいものが感じられるので、使うのがもったいないと思える程のテーブルになっている。今以上にキャンプに暖かみのあるものを演出することができるはずだ。

新しいブランド!お気に入りのキャンプテーブルもきっと見つかる

Peregrine Furniture ペレグリン・ファニチャー

こちらのブランドは、2009年に誕生したアウトドアファニチャーブランドになる。キャンプのブランドとしては新しいほうになるだろう。自然の風景と馴染む木の素材を使い、外遊びの道具を作っているのだが、天然木を原材料としているので、木目や風合いなど一つひとつ製品によって表情が違うのも大きな特徴だ。

自分だけの相棒が見つかるかもしれないというのは、おすすめできる大きなポイントになる。工具を使わず簡単に組み立てることのできるドンキーテーブルは、天板はロール式でキャンプの荷物の多さを少なくするのに貢献してくれる。もちろん組み立ても簡単なので、キャンプにベストなキャンプテーブルといえるだろう。

オールインワンからリビング用までキャンプテーブルを広く扱う!

LOGOS ロゴス

このブランドの特徴は、キャンプテーブルと一言で言っても、オールインワンやリビング用と種類が豊富でいろいろとそろっているのが最大の特徴だ。さまざまなスタイルを可能にするラインアップで、天板の耐熱・耐汚加工やコンパクト収納など機能面もしっかり備わり、キャンプを含み、広くアウトドアでの使い勝手も抜群に良い。

スツールテーブルセット6では、6人用セットになっており、コンパクトに収納することが可能で、オールインワンで収納できる優れものだ。使い勝手抜群で家族が多い人にはおすすめのキャンプテーブルになるはずだ。また、カウンターテーブルなども取り扱っており、このテーブルは独自のフレーム構造でハイポジション時の揺れを軽減することが可能だ。

調理道具でお馴染みブランド!キャンプテーブルも取り扱う!

UNIFLAME ユニフレーム

こちらのブランドは火に関するギアや調理道具などのラインアップが多いユニフレームだが、ファニチャー類も人気のブランドだ。シンプルですっきりとしたデザインは、どんなキャンプスタイルにもマッチすることで人気が高い。とくに熱したダッチオーブンもそのまま置ける焚き火テーブルはファンも多い人気製品だ。

焚き火テーブルは、脚を畳んだ状態でテーブルの上に置き調理台や熱いものを載せる鍋敷の様に使うことができ、とても扱いやすい。もちろん収納性能も問題なく、スタンドが天板裏側にピッタリ収まり大変コンパクトになるのでおすすめだ。サイドのキャンプテーブルとして活躍の幅が広がるだろう。

もちろん標準的なキャンプテーブルも展開しており、UFテーブル1100はハイスタイルにもロースタイルにも対応可能と便利な機能付きだ。組み立てに関しても、小柄な女性や高齢者が簡単に移動や折りたたみできるので便利で扱いやすく、とりあえず一台あれば便利な助かる一大に夏こと間違いなしだ。

キャンプテーブルのランナップが豊富!選択の幅が広がる!

CAPTAIN STAG キャプテンスタッグ

デザイン、サイズ、素材などさまざまな種類のテーブルをラインアップしており、選択の幅が広いのがこのブランドの特徴だ。折りたたみ式の中でもいろいろなイストの組み合わせの製品がラインナップしているので人気も高いキャンプテーブルも多い。人気のウッドタイプやロータイプや、持ち運びしやすいオールインワンタイプなど、種類も豊富。

さらに、わりと手ごろな価格で購入できるのもうれしいポイントだ。杉製ピクニックテーブルは、キャンプテーブルとチェアが一体となったピクニックテーブルで、アウトドアに映える自然なナチュラルカラーとなっているキャンプテーブル。然の杉を使用しており、キャンプをよりおしゃれなものにしてくれるはずだ。

また、ラフォーレベンチインテーブルセットであれば、イスとテーブルが別々でありながらもオールインワンタイプなので、収納がらくらくコンパクトになるので人気だ。テーブルは2段階の高さに調節が可能で、 ジョイントパイプでハイテーブルに早変わりする機能面も充実しているので、人気が高い。キャンプには欠かせないものが取り揃っているという感じだ。

ユニークで独創的なキャンプテーブルが豊富にそろうブランド!

DOPPELGANGER OUTDOOR ドッペルギャンガーアウトドア

こちらの人気ブランドは、個性的でユニークなアウトドアギアを続々と誕生させていることで有名だ。キャンプテーブルも独創的なアイテムが多く、もちろんユニークというだけでなく、機能面もしっかりと追及してあるものがそろっている。人とは違うアイテムを持ちたいというキャンパーにおすすめのブランドだ。

キャンプテーブルのイメージを覆すようなデザインのUFOテーブルでは、半分に分ければ半円の個人テーブルとしても使用可能、接続すれば円卓になり複数人で使用可能と便利機能が搭載されている。ワンポールテントの中心に設置することのできる円卓なのもうれしい点だ。折りたたみなのでコンパクト片づけられるのも人気ポイント。

また、他にはないカラフルな物が欲しいのであれば、ハッピーテーブルセットもおすすめだ。テーブルの中にチェアが4脚収納されたコンパクトなハッピーテーブルセットになっており、キャンプにこれ一つ持っていくだけで、レジャーシーンが華やかに、キャンプがよりハッピーになること間違いなしだ。

キャンプ用品が豊富なブランド!テーブルまで広く取り扱う!

mont-bell モンベル

キャンプといえばこちらのブランドも外せない。アウトドアウエアやシュラフなどのイメージが強いモンベルからもキャンプテーブルがリリースされている。ヘリノックス テーブルワンと呼ばれるキャンプてブルでは、軽量でコンパクトな折りたたみテーブルで、キャンプで使用するのにも便利な高さ。カップホルダーが2個ついているのも便利なキャンプテーブル。

スタッフバッグ付きで、スタイリッシュなキャンプにもってこいのテーブルとなっている。また、超軽量で注目するなら、こちらのローテブルもおすすめだ。軽量なバックパックやテントと組み合わせることで、携行時の負担を軽減することができるので、キャンプだけでなく、いろいろなアウトドアで活躍すること間違いなしだ。

ナチュラルテイストが自慢のブランド

シエルブルー

キャンプのなかでもナチュラルテイストでおすすめなのがこのブランド。雰囲気のよいオールウッドのテーブルもロール天板方式を採用し、天板はベルトでつながっており、くるくると丸めて収納が可能で使い勝手も抜群。

キャンプの中でもロールスタイルのキャンプにぴったりの製品がそろっているので、気軽なキャンプを楽しむ時にも活躍が期待できる製品になること間違いなしだ。また、使用用途はキャンプ以外でも活躍できる雰囲気を持っているので、テーブルの活躍場は広いだろう。

アウトドアテーブルで人気なのは?キャンプ以外でもおしゃれな使い方がある! | MensModern[メンズモダン]

自分にベストなテーブルブランドを選んでキャンプをより一層楽しいものに!

キャンプのテーブルにも折りたたみ式やロール式と種類もあり、デザインや機能性を求めればより種類も豊富だ。しかし、荷物の量や使い勝手や機能を考えるとベストなテーブルはより限られてくる。自分のキャンプスタイルやキャンプの雰囲気を考えたうえで、どんなものがベストマッチするかを考えて、キャンプに最適なキャンプテーブルを見つけてほしい。

おしゃれなキャンプグッズ特集!テーブルなどセンスが良いアイテムは? | MensModern[メンズモダン]

評価 5.0/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ