キャンプ用ランタンのおすすめ特集!初心者向けの選び方・使い方を紹介

キャンプで必要不可欠なギアといえばランタン。自然の中で行うキャンプにとってランタンは明かりという重要な役割だけでなく、灯りの大切さを教えてくれるものだったりする。そんなランタン選びで失敗しないためにも、おすすめのキャンプ用ランタンを紹介していこう。

目次

  1. キャンプに欠かせないランタンとは?
  2. キャンプに使用するランタンのタイプとそれぞれの特徴
  3. キャンプにおける正しいランタンの使い方や多き場所とは?
  4. キャンプにおすすめのランタンの選び方
  5. 超定番キャンプ用ランタン!
  6. キャンプサイトを飾るなら!
  7. 実用性にも外観のデザインにもかだ割たい人におすすめのキャンプランタン!
  8. キャンプに機能を重視するなら機能性抜群のLEDランタンでおすすめ!
  9. 光色まで自由自在のキャンプランタン
  10. 風情抜群!キャンプにも雰囲気を重視する人におすすめ
  11. キャンプで音が気になるようであればキャンドルランタンという手も!
  12. 組み立て簡単!キャンプの雰囲気をぐっと上げてくれる!
  13. 携帯性能抜群!キャンプの様々な場面で活躍!
  14. キャンプの場面で役立つ!ランタン用アイテムも検討しよう!
  15. キャンプ用ランタン選びを楽しんでより便利なキャンプにしよう

キャンプに欠かせないランタンとは?

キャンプの必需品ともいえるランタン。そんなランタンとは一体何なのかと、キャンプをしない人からすれば、何かわからない人も多いことだろう。言葉は聴いたことがあると思うが、ランタンとは灯りをともすライトのことだ。キャンプでは、昼間は日航がるからいいが、夜は全くの暗闇。

その灯りはとても貴重で、大変ありがたいもの。ランタンはキャンプにおいて、単なる灯りとしてだけでなく、灯りの大切さを教えてくれるものでもあるのだ。単なる灯りとしても、そして、貴重な光源としてもキャンプに欠かせないランタンではあるが、しかし、その種類はいくつかあり、使い方や種類を間違えると家事などの危険性もある。

もちろん、キャンプ初心者のかたにもどんなものを選べばいいか悩んでいる人も多いだろう。そこでこの記事ではキャンプ初心者の方も必見のランタンの種類や選び方、使い方を含めて、おすすめのランタンを紹介していこう。

キャンプに使用するランタンのタイプとそれぞれの特徴

まずは、キャンプに使用するランタンのタイプとそれぞれの特徴をまとめていこう。ランタンには、ガソリン。灯油タイプとガスタイプ、LEDタイプの3つがある。それぞれの明るさや燃料コスト、燃焼時間について触れていくと、ガソリンや灯油式は、明るさが最も明るいクラスになる。キャンプでは、欠かせない虫を寄せ付ける灯りとしても活躍する。

燃料コストも安く燃焼時間も長い。ランタンお中でも香料が大きく、外気温に左右されにくいのがメリットだ。しかし、使用時に、ポンピングなどの手間がかかるという点がデメリットになる。それに対して、ガス式は明るさはガソリンや灯油と比較すると劣るものの明るい。しかし燃料コストは高く燃焼時間も短いものとなる。

ただ、ガソリンや灯油などとは違い手間のかかる作業がなく、キャンプ初心者でも扱いやすく、光量も大きいというのがメリットだ。ただし、感れちに弱いという点もある。LEDタイプは明るさは3つのタイプの中では最も暗い。とはいえ十分な明るさだ。燃料コストは機種によって異なるが、燃焼時間は長いほうで、テント内、車内に向いている。

スイッチ一つでオンオフが切り替えられる点も取り扱いしやすい。デメリットは、光菱がちいさく、メインランタンには向かないという点だ。キャンプではサブライトの立ち位置になることも多いかもしれない。キャンプにおいて、手間を惜しまないのであれば、明るさの強いものを選んだ方がいいだろう。

以上がそれぞれのランタンの特徴と機種ごとの特徴になる。キャンプ初心者には、実際に使ったことがないとわかりにくい特徴がある。この特徴を覚えたうえで使うシーンを想定して使おう。そうし開ければ、無暗にコストのかかるものや、手間のかかるもの、あるいは扱うの難しいものを使うことになる。注意すべきポイントだろう。

キャンプにおける正しいランタンの使い方や多き場所とは?

それでは、正しいランタンの使い方についても紹介していこう。まずは正しい置き場所から解説していこうと思う。ガソリンや灯油タイプのランタンは、キャンプにおいて居住空間や調理スペースに置くことを考えておく。居住空間の動きをスムーズにするのならば全体を照らす必要があるため、明るく高原が大きいものが必要になる。

香料の大きいガソリン式や、ガス式がベストといえるだろう。キャンプテーブルに近づかせないことで、キャンプテーブル上のスペースを有効に活用することもできる。しかし、置き場所としては、キャンプのタープ内やテント内は危険なこともあり適切ではない。テント内は火気厳禁。必ず火を使わないタイプのLEDのランタンを選ぼう。

次にガスタイプのランタンだが、こちらは同じく居住空間や調理スペース、またタープ内も置き場所として適切だ。晩御飯を並べることを考えれば、大きい光量より程よい灯りの方が食事が美味しくなることも考えればこちらのほうがいいだろう。光量の小さいガスタイプやLEDタイプがキャンプのタープ内では適切だ。

次にLEDタイプだが、こちらは、明るさが小さいので、居住空間には適さない。しかし、調理スペースやタープ内、火気厳禁のキャンプテント内には適切な光源となってくれるだろう。程よい明るさから、食事を照らすことで美味しく見えることにも役立ってくれる。キャンプでは、持ち運びを考えればLEDは、そんな時にも役立つ代物だ。

キャンプにおすすめのランタンの選び方

メインランタン

それでは、それぞれのランタンの役割を踏まえたうえで、キャンプに適したランタンの選び方を解説していこう。ランタンには、メインランタンとテーブルランタン、テント内ランタンとタイプがわかれる。役割もそれぞれ違い、メインランタンは、タープのポールやランタンポールに吊り下げて高い位置に配置するのが役割とポジションだ。

キャンプランタンの種類には光量が大きいガソリンタイプやガスタイプがおすすめだろう。主力のランタンなので燃焼時間は長いものを選ぶのがいい。また、最近では大光量のLEDも増えてきているので、LEDランタンも最適だ。安全面から、全てLEDランタンで揃えたほうがいいと考えるキャンプもいいだろう。

数値の基準として、明るさは200W前後のものを選ぶと十分な明かりを確保できるので参考にしてほしい。また、さらに、そこまで明るくないランタンでも、2台使いをして挟むように照らせば、手元の影が生まれづらく、キッチンでの調理や様々な作業が楽になるというキャンプのテクニックも使えるので覚えておこう。

テーブルランタン

次にキャンプ用のテーブルランタンだ。卓上に配置して料理や身の回りのものを照らすのがテーブルランタンの役割で。ガスランタンや、中にはキャンドルランタンなども向いている。卓上周辺では通常、一番座っている時間の長い場所なので、テーブルランタン選びは重要な選択となる。

テーブル全体を照らしてくれる程のランタンを1つ配置するやり方や、小さな明るさのランタンを複数配置したり好みの雰囲気にカスタムすることもキャンプの楽しみといえるだろう。しかし、明るさには注意が必要だ。キャンプにおいては、メインランタンよりも明るいランタンだと、虫が寄ってきてしまうので明るすぎるものは避けるようにしよう。

基準としては、数値は高すぎない50~150Wのものを選ぶようにすることでこの虫の問題も避けることができる。キャンプでは、虫が気になる人は多いと思うので、この光の大きさはとても重要。高原が大きければいいというものではないので、キャンプのシーンをしっかりと想定して使おう。

テント内ランタン

次にテント内ランタンだ。テント内に十分な明るさを確保するのがテント内ランタンの役割。電気・電池で動くLEDランタンをここでは選ぶことをおすすめする。キャンプのテント内では、ガソリン・ガスランタンの燃料系ランタンは火事や一酸化中毒の危険性があるので使用しないようにしよう。

さらに、明るすぎても目が疲れてしまうので、目に優しい使い方のできる光量がおすすめ。最近のLEDランタンは灯りの色を白色か暖色か選べるものも多くある。自分のテントの色や雰囲気に合った色を選ぶと統一感も生まれてよりキャンプを楽しむ素となるだろう。LEDならではの選択肢だ。

以上の様に、この3つのポジションのランタンが1つずつあれば、一般的な4人程のファミリーキャンプなら十分な明かるさが得られることになる。この基本的な役割さえ理解していれば、人数によってテーブルランタンを増やして夜のディナーを華やかにすることも、ソロキャンプでメインランタンを省略したりと調整も地涌自在なので、おすすめだ。

超定番キャンプ用ランタン!

コールマン パワーハウスツーマントルランタン

キャンプといえば、キャンプ用品でお馴染みのコールマン。このぶらんどからも定番のおすすめランタンがある。ランタン選びに困ったら、使い方も簡単でおすすめのランタンだ。130Wの明るさはテントサイトを照らすには十分な明るさで、燃焼時間もたっぷりフルパワーで7時間燃焼なので、キャンプで使用するには大活躍してくれるだろう。

抜群の光量でキャンプサイトを頼もしく照らし出す大型ツーマントルランタンで、キャンプ初心者でも取り扱いはしやすく、上級者まで愛用している人は多い。キャンプの主役を張れるランタンで、キャンプにランタン選びで困っているのならばこれであれば間違いないという一品だ。

キャンプサイトを飾るなら!

コールマン 2500ノーススターLPガスランタン

こちらもコールマンのランタンだが、キャンプサイトを照らすのにうってつけのランタンがこちらになる。320キャンドルパワーの大光量で、イグナイター先端の形状を変更により確実に火花を飛ばすことが可能。マントルはワイヤークリップでワンタッチで簡単取付できるので、キャンプ初心者でも扱いやすくおすすめだ。

ガス缶を繋げるだけで明るい光を手に入れられると評価も高いので、キャンプで重宝するランタンとしては間違いのない一品だ。また、キャンプ初心者にもけっして操作も難しくないので、使い方に不安がある人も、キャンプランタン選びに困っている人もおすすめのランタンになる。

実用性にも外観のデザインにもかだ割たい人におすすめのキャンプランタン!

ペトロマックス HK150

こちらのキャンプランタンは、ランタンとしての機能性だけでなく、外観のデザインの美しさも兼ね備えた灯油タイプのキャンプランタンになる。ニッケルメッキを施した美しい本体は、キャンプサイトにムードをもたらしてくれるだろう。燃焼時間が4時間と短いものの、テントの周りをかなり明るく照らしてくれるだろう。

値段は少々高いが、それ以上の仕事をしてくれること間違いなしだ。外見のデザインの良さも相まって、キャンプを楽しくしてくれるアイテムの一つとしておしゃれなキャンプアイテムとして活躍してくれることだろう。

キャンプに機能を重視するなら機能性抜群のLEDランタンでおすすめ!

コールマン CPX6クアッドLEDランタン

こちらのキャンプランタンは、4つに分けて同寺に使用できる機能付きのLEDランタンだ。24個のLEDライトによる大光量で、専用の充電式カートリッジ・乾電池カートリッジのどちらにも対応できていたりと高機能だ。

そして、何よりすごいのがやはり分割で利用できるという点。トイレに行きたいときや、少し散策で離れるとき、暗いところで探し物をしたいときなど、カチッと外してランタンの様に使うこともできて、とても便利だ。子供でも取り扱いが簡単なので、キャンプ初心者も十分扱いやすいおすすめのキャンプランタンだ。

光色まで自由自在のキャンプランタン

ジェントス エクスプローラー LEDランタン

こちらもLEDランタンのキャンプランタンで、シーンに合わせて、白色・昼白色・暖色と色を選び変えることが出いるのがうれしい機能だ。もちろん使い方も簡単で、本体も500mlの飲料缶程度のコンパクトなサイズも魅力だろう。

同じLEDランタンでも、青白い光は、どこか寂しさを感じる色合いだが、このランタンであればキャンプのシーンに合わせて色を選び変えることができるので、雰囲気を変えることもでき、キャンプ初心者でも雰囲気づくりを簡単に行うこともできる。

風情抜群!キャンプにも雰囲気を重視する人におすすめ

スノーピーク ほおずき ゆき

自然とシンクロしているかのような風が吹くと灯りがゆらぎ、辺りが静かになると眠るランタンといわれている。明るすぎない光量で、キャンプのテント内をおしゃれに雰囲気良く包んでくれるキャンプ用ランタンになる。

製品本体のデザインも秀逸で、吊るした時の雰囲気は抜群だ。ほかのランタンでは味わえない風情があることだろう。キャンプ初心者問わず、ランタン選びとなるとどこか同じようなデザインになりがちなことが多いなか、このランタンであれば、キャンプの中でもひときわセンス良く輝くアイテムになること間違いない。

キャンプで音が気になるようであればキャンドルランタンという手も!

UCO(ユーコ)ユーコ キャンドリア(アルミポリッシュ)

キャンプでのランタン選びといえば、機能性やデザインを求めることも重要だが、使用していて気になることが音。どのLEDタイプ以外であれば、どれも音が気になるという声がある。そんな音が気になる人には、キャンプにもってこいなのがキャンドルランタンというタイプだ。このキャンドルランタンは、3本立てキャンドルランタンとなる。

ゆらゆらとゆらめく火はキャンプだけでなく、家でもインテリアとして使えるほどデザインも秀逸で機能も充実している。少量の水を沸かしたり、飲み物や食べ物を保温することもできたりと何かと便利な機能がついているのだ。キャンドル式と侮ることなかれ、高性能のキャンプランタンだ。

組み立て簡単!キャンプの雰囲気をぐっと上げてくれる!

ランドポート ソーラー式エコライトソーラーパフ

テント内を照らしてくれるランタンとしてはこちらも雰囲気を上げてくれる。使用するときはさっと引っ張るだけでサイコロ型のランタンが完成するこちらのキャンプランタンは、収納時は上から軽く抑えるだけで折り紙の風船のようにコンパクトに収納可能で、フル充電で一晩点灯してくれる優れもの。

キャンプ等では野外でも使用でき、とても便利だ。もちろんこのデザインを活かして、キャンプ以外でも部屋のインテリアとしても大いに活躍してくれるだろう。またLEDなので熱くならないので子供がいるご家庭でも安心して使える点がいい。キャンプ初心者にも使い方選びもでき、人気が高い。

携帯性能抜群!キャンプの様々な場面で活躍!

ドッペルギャンガー アウトドア ポップアップ 2WAY LEDランタン

こちらも何かとキャンプでうれしい機能がついているランタンだ。キャンプでは携帯して使うシーンもあるだろう。そんな携帯性能が抜群に高い。また、さまざまな光を1台で演出することもできるキャンプランタンなので、扱いやすさも兼ね備えている。

キャンプではランタンとしていい感じの柔らかい光がうれしく、光量も十分で、小さいながらもキャンプの光源として十分な光だ。キャンプ以外でも家では懐中電灯として使え、値段共に満足のいく使い方ができることだろう。

キャンプの場面で役立つ!ランタン用アイテムも検討しよう!

コールマン ランタンスタンド3

キャンプでランタンを使うには、ランタンの周辺アイテムにも注目しておきたいところだ。なかでもこちらのキャンプアイテムは、高さ100~220㎝で28段階調節できるランタンスタンドで、剛性も強くランタンを2つ掛けしても安定している優れもの。キャンプで吊るすところに困るランタンであれば、これ一つあれば安心だろう。

ITEM スノーピーク ランタンハンガー

こちらは、タープのポールなどに巻き付けて固定するランタン用のハンガーで、こちらもキャンプのランタンを使ううえで何かと便利なアイテム。この道具自体はシンプルな構造だが、ランタンの重みでかっちりとポールに固定することができるので、とても使いやすい。キャンプのお供に一つあればかなり便利だ。

ハリケーンランタンのおすすめランキング12選!キャンプに◎安全&暖かい | MensModern[メンズモダン]

キャンプ用ランタン選びを楽しんでより便利なキャンプにしよう

ランタンにもいくつも種類があり、キャンプのシーンによって、またキャンプにおける使用用途によっては、ランタンによって活躍の場が異なる。自分の必要なシーンに合わせて使い方を吟味しながら選んでほしい。また、デザインや雰囲気も重視したいという人には、キャンプシーンに適したものもあるので、厳選して使いこなしてほしい。

ハロウィンのかぼちゃランタンの作り方!使用する種類や由来も紹介 | MensModern[メンズモダン]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ