サラリーマンの平均年収は?手取りなど年齢別の比較まとめ!

サラリーマンの平均年収って気になる方が多いのではないでしょうか。平均年収の推移は、気になっている方が多いものの同僚に聞いても教えてくれないですよね。そこでここでは、統計調査を元にしたサラリーマンの年収の推移をご紹介していきます。ぜひ参考にして下さい。

サラリーマンの平均年収は?手取りなど年齢別の比較まとめ!

目次

  1. サラリーマンの平均年収ってどれくらい?
  2. サラリーマンの年齢別の平均年収の推移とは
  3. サラリーマンの業種別の平均年収の推移とは
  4. サラリーマン平均年収の手取り額の意味とは?
  5. サラリーマン年収の手取り額の平均は?
  6. サラリーマンの平均年収が高い企業発表!
  7. 20代のサラリーマンの平均年収と生活レベル
  8. 30代のサラリーマンの平均年収と生活レベル
  9. 40代のサラリーマンの平均年収と生活レベル
  10. サラリーマンの平均年収まとめ!

サラリーマンの平均年収ってどれくらい?

サラリーマンの自分の年収って多いのか、それとも少ないのであればどのくらいの位置にいるのか気になりませんか。同僚や友人になかなか聞くわけにもいかないし、聞いたところで教えてくれない繊細な話題ですよね。

そこでここでは、自分の年収がどのくらいの位置にいるのか気になる方に、統計によるサラリーマンの年収や手取り額はどのくらいなの?という部分を詳しくお届けしていきます。

日本のサラリーマンの平均年収や、年齢別の年収、企業別の年収、月収はどのくらい?というところまで、徹底的に解説していきます。誰もが気になる平均額を、ぜひこの機会にチェックしてみて下さい!

40代男性の平均年収は?平均貯金額やお小遣い額などお財布事情を徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

サラリーマンの年齢別の平均年収の推移とは

ではまずサラリーマンの年齢別の平均年収の推移を見ていきます。「19歳以下」から「70歳以上」という幅広い範囲で見ていきますので、参考にして下さい。またここでご紹介する年収の統計は、国税庁の平成28年度の統計をもとに参考にした数値です。最新版の数値ですので、なにかと参考になるはずです。まず「19歳以下」の男性の場合の平均年収は157万円です。

そして女性が131万円となっています。次に「20〜24歳」の平均年収が、男性が275万円、女性が258万円、次に「25〜29歳」の平均年収が男性が383万円、女性が351万円、「30〜34歳」の男性が457万円、女性が403万円、「35〜39歳」の男性が512万円、女性が433万円、「40〜44歳」の男性が563万円、女性が460万円

「45〜49歳」の男性が633万円、女性が494万円、「50〜54歳」の男性が661万円、女性が504万円、「55〜59歳」の男性が、649万円、女性が494万円、「60〜64歳」の男性が479万円、女性が378万円、「65〜69歳」の男性が387万円、女性が306万円、「70歳以上」の男性が368万円、女性が298万円でした。

またこれらの年齢の全体合計でみると、男性が521万円、女性が422万円です。男性や女性ともに、開きはあるものの、サラリーマンの50〜54歳がもっとも多い年収を得ていることがわかりました。

パナソニックは年収はどれくらい?大卒や高卒の給料を比較・ランキング | MensModern[メンズモダン]

サラリーマンの業種別の平均年収の推移とは

さきほどは、サラリーマンの年齢別の平均年収の推移でしたが、続いてはサラリーマンの業種別の平均年収の推移をご紹介していきます。国の政策で働き方改革を進めていますが、サラリーマンの業種で見るとその恩恵をどの業種が受けているのでしょうか、見ていきましょう!

まず「建設業」の平均年収が、473万円、「製造業」の平均年収が、493万円、「卸売業・小売業」の平均年収が、364万円、「宿泊業・飲食サービス業」の平均年収が、234万円、「金融業・保険業」の平均年収が、626万円、「不動産業・物品賃貸業」の平均年収が、441万円です。

次に「電気・ガス・熱供給・水道業」の平均年収が、769万円、「運輸業・郵便業」の平均年収が、423万円、「情報通信業」の平均年収が、575万円、「医療・福祉」の平均年収が、389万円、「学術研究・専門・技術サービス・教育・学習支援業」の平均年収が、503万円、「複合サービス事業」の平均年収が、422万円

「サービス業」の平均年収が、341万円、「農林水産・鉱業」の平均年収が、294万円、これらの業種を合計した全体平均年収は、422万円となっています。これらの結果から見ると、前年比で平均年収が上昇したのは「宿泊業,飲食サービス業」、「金融業・保険業」、「情報通信業」、「複合サービス事業」、「農林水産・鉱業」にとどまる結果となっています。

有名ユーチューバー人気ランキング2017!気になる年収もチェック! | MensModern[メンズモダン]

サラリーマン平均年収の手取り額の意味とは?

ここまでサラリーマンの年齢別と業種別の年収を見てきました。ここでは、年収から見ることのできるサラリーマン年収の手取り額について見ていきます。もう一度手取りとは、どのような収入のことを指すのでしょうか、詳しく見ていきましょう。まず、ざっくりと手取り額についての説明です。

手取りとは、「給料から税金や保険料が引かれて、実際に手元に残るお金のこと」を言います。次にあげるものが、引かれる対象となるものです。「税金」では、所得税、住民税、「社会保険」では、健康保険、介護保険、厚生年金、雇用保険、「その他」としては、組合費などです。

給料を見ると、手取り額がすぐに見えるので、何が給料から引かれているかあまり把握していない人もいるかもしれませんが、ざっと見て、このような費用が引かれているということです。すごい引かれると感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、これが日本のルールですので、仕方がないですね。

エンジニアの年収・給料を調査!職種での比較や平均についても解説! | MensModern[メンズモダン]

サラリーマン年収の手取り額の平均は?

では平成28年度の国税庁の調査を元に、サラリーマンの年収の手取り額の平均を見ていきましょう。手取り額ですので、前章でお伝えした社会保険料や、所得税などが引かれた額のことです。これを計算すると、平均年収の手取り額は約323万円となっています。

このうち、男性の平均手取り額が約416万円、女性が約230万円ですから、手取り額にも、多くの差があることがわかりますね。年収が高いからと入って、どうしても手取り額もそれと連動するとは限りません。またお住まいの地域によっても変動する場合もあるので、ぜひこのあたりも含めて参考にしてみて下さい。

錦織圭の年収はいくら?手取りや賞金の金額と気になる私生活も! | MensModern[メンズモダン]

サラリーマンの平均年収が高い企業発表!

ここでは、サラリーマンの平均年収が高い企業をランキング形式で10位まで発表していきます。果たして、日本でもっとも多い年収をもらっている方はどの企業に在籍しているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。まず、第10位が「住友商事」で平均年収が、1256万円、平均年齢が42.9歳です。

次に第9位が、「日本経済新聞社」で平均年収が1262万円、平均年齢が43.2歳です。第8位は、「ヒューリック」で平均年収が、1295万円で平均年齢が、40.9歳、第7位が「毎日放送」で平均年収が、1321万円で平均年齢が44.4歳、第6位が、「三井物産」で平均年収が、1363万円で、平均年齢が42.4歳

第5位が「伊藤忠商事」で、1383万円で41.5歳、次に第4位が、「三菱商事」で平均年収が、1446万円で平均年齢が、42.6歳、次に第3位が、「朝日放送」で1518万円で平均年齢が42.6歳、第2位が「ファナック」で平均年収が1571万円で平均年齢が42.9歳です。

そして第1位が「キーエンス」で平均年収が、1777万円、平均年齢が36.1歳です。平均年収が高い企業が羨ましい限りですね。あなたの年収はいかがですか、年齢別や業種別では、あなたの年収は、平均値と比べていかがですか。思うところは、いろいろあるはずですが、あくまでも平均値として参考にして下さい。

かっこいい職業ランキング!モテる男性が多いのは?女性必見の年収まで調査 | MensModern[メンズモダン]

20代のサラリーマンの平均年収と生活レベル

続いては、20代のサラリーマンの平均年収と生活レベルについて見ていきます。ここでは、DODAが調査した2016年平均年収ランキングを参考に見ていきます。20代の平均年収を見てみると、約354万円となり、このうち男性が約374万円、女性が約324万円です。これらの年収を分析すると、20代のうちは、あまり男女間に開きはないように感じます。

また、時期的に見れば20代後半からは、少しずつ出世をする時期でもあり、このあたりから、周囲との差がついてくるころだと言われています。また、20代の平均年収の手取り額を扶養家族なしでの場合でシミュレーションすると、約290万円という結果になります。男性の場合が約306万円、女性の場合が約266万円です。

また、ボーナスの支給額にもよりますが、月収の手取り額は、約20万円〜約24万円、男性のみの場合では、約21万円〜約25万円、女性の場合が約18万円〜約22万円といったところです。20代はまだ、社会人になったばかりですし、給料も全体年齢別から比較すれば、低いという印象です。

コンサル企業ランキング!年収・生涯賃金などの魅力について調査! | MensModern[メンズモダン]

30代のサラリーマンの平均年収と生活レベル

続いては、30代のサラリーマンの平均年収と生活レベルについて見ていきます。30代のサラリーマンの平均年収は、約467万円となり、このうち男性の平均年収は約501万円、女性の場合が平均年収390万円となっています。20代と比較をすると、結婚や出産、そして子育てと何かとライフスタイルに変化が多いのが、30代です。

だからこそ、30代のサラリーマンは20代と比較をすると平均年収にも差が出やすいと言えるのです。また、30代は20代と比べても、昇進などの役職につく方が多いのも事実です。責任のあるポストにつく方もいらっしゃるので、どうしても給料に差が開きやすいということです。

30代の平均年収の手取り額を、シミュレーションしてみると約378万円ということになるのです。このうち、男性の手取り額の年収が約403万円、女性が約319万円となり、月収にしてみると約28万円〜約32万円、男性で約30万円〜約34万円、女性の場合が約23万円〜約27万円となっています。

結婚して共働きになる、持ち家を持つなどの傾向が見られるのも、30代のサラリーマンの特徴と言えます。人生において、大きな変わり目を見せているのが、30代です。

年収300万円の手取りはいくら?楽しく生活できて結婚もできる? | MensModern[メンズモダン]

40代のサラリーマンの平均年収と生活レベル

続いては、40代のサラリーマンの平均年収と生活レベルについて見ていきます。40代のサラリーマンの平均年収は、約564万円となり、男性が約616万円、女性が約425万円です。この事実を見ると、30代と比較をすると40代のサラリーマンは、比較的に年収的には恵まれてきているように感じるでしょう。

30代以上に仕事に責任が生じることになりますし、仕事への負荷がかかる時期でもあります。ただ、40代も30代と同様に子育て世代が多い時期ということもあり、男性と女性のサラリーマンの年収の差は開きがちな印象を受けます。

最近では、女性の社会進出という言葉がしきりに言われていますが、全体の業種から見ると、女性自身が子育てが落ち着いて、会社に復帰しても元のポジションには戻れないこともあり、それによって年収にも影響が出てしまうということです。

サラリーマンとして、出世しやすい時期に、現場を子育てで離れてしまい、元のポジションに戻れないとなっては、精神的にも苦痛ですし、男女間の年収の差も当然開きますよね。40代のサラリーマンは、平均年収では30代よりも上がるものの、子育てや持ち家の購入などもあり、ライフイベントは多い印象ですね。

中田ヤスタカの年収はいくら?音楽プロデューサー・DJ活動もチェック! | MensModern[メンズモダン]

サラリーマンの平均年収まとめ!

みなさんここまでいかがでしたでしょうか。サラリーマンの年収は、年齢や業種、企業によって大きく開きがあることがわかりましたよね。国の経済対策などもまだ、十分とは言えない現状が続いています。一部の大企業は、経済効果を実感している反面、中小企業や零細企業はまだまだ実感できていない状況です。

おそらくサラリーマンの皆さんの年収も上がらない、上がったなど非常に意見が別れたはずです。今後の国の経済対策がどうなるかはわかりませんが、一刻も早くサラリーマンの平均年収が潤う日がくることを心待ちにしたいものです。今回ご紹介したサラリーマンの年収は、あくまでも目安ですので、ぜひ参考程度に見てみて下さい。

コンサルタントの年収を調査!業界の平均相場や給与も紹介! | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ