自己紹介はいろんな場面でする機会がありますよね。面接などで自己紹介する場合は周りと差をつける項目が欲しい場合もあります。こちらでは、自己紹介の基本項目、上手なプロフィールづくり、伝え方などをまとめてご紹介します!自己紹介が苦手な方は参考にしてみてくださいね。

自己紹介の基本項目まとめ!上手なプロフィールや周りに差をつける質問など

目次

  1. 自己紹介の項目って?
  2. 自己紹介の基本項目の後には一言添える
  3. 自己紹介は伝え方が大切
  4. 自己紹介の項目に共感を得られるものをいれる
  5. 大学や合コンなど気軽な自己紹介はどのようにする?
  6. 就活での自己紹介は基本項目と自己PRへの伏線
  7. 仕事関係の自己紹介は自分を覚えてもらう項目を加える
  8. 文字で伝える自己紹介はどんな項目でまとめる?
  9. 周りに差をつける自己紹介の項目は?
  10. 上手な自己紹介をマスターしよう

自己紹介の項目って?

就活では自己紹介や自己PRという項目がありますが、違いが分からない方もいるのではないでしょうか?まず、自己紹介というのは、名前、所属、趣味・特技などの基本項目です。自己PRというのは自分が持っている強み、その強みを得た経験、その強みを会社でどう活かせるかなど自分をアピールすることです。自己紹介で自己PRまでしてしまわないように気をつけましょう。

自己紹介はあくまでも簡潔に自分のことをまとめ、一言加えるにしても、のちに話す自己PRへの伏線を張る程度にとどめるようにしましょう。自己紹介は自分を知ってもらうための目次を簡単に伝えるようなイメージです。色々盛り込みすぎてしまうと話も長くなり、聞いているほうも退屈で頭に入ってきません。

こちらでは自己紹介の項目、プロフィールのまとめ方、シーン別の自己紹介のやり方、自己紹介の上手な伝え方などをお伝えします。就活、職場の異動などで自己紹介を控えている方、自己紹介が苦手な方は参考にしてみてくださいね。

面白い自己紹介で人気者になろう!合コンや面接・プレゼンにも使えるネタ集 | MensModern[メンズモダン]

自己紹介の基本項目の後には一言添える

基本項目の前に挨拶をする

自己紹介はまず挨拶から始めましょう。おはようございますと挨拶をした後に自己紹介を始めると印象に残りやすいです。挨拶をしたら、名前、所属を伝えます。面接なら大学、異動なら「~からこちらに配属になりました」、転職の場合は「以前は~という会社で~を担当しておりました」と伝えます。前職の内容は面接先で役に立つ内容をアピールしましょう。

所属を伝えたら、一言添えます。趣味や特技、抱負、自分を一言であらわすような言葉などです。この一言で印象が大分変ります。就活なら特技や自分の強み、職場での自己紹介なら親しみやすい自分のキャッチコピーやあだ名など、シーンによって使い分けましょう。

就活の面接での逆質問の仕方は?的確に答える方法・回答実例まとめ | MensModern[メンズモダン]

自己紹介は伝え方が大切

自己紹介の項目よりもその人のコミュニケーション能力が見られる場合も

自己紹介は内容も大事ですが、相手に好印象を持ってもらうことが大事です。自分の強みなどアピールできることがあっても、視線がキョロキョロしていたり、ボソボソ小さい声で話していては相手に伝わりません。姿勢をよくし、しっかり前を向いてはっきりした口調、笑顔を心がけて自己紹介しましょう。

相手が複数人の場合は一点を見つめるのではなく、全員に話しかけていることを意識しましょう。緊張すると早口になる方もいるので、自己紹介前に深呼吸をし、ゆっくり話すことを意識しましょう。面接の場合は、内容よりもコミュニケーション能力などを見られている場合もあります。言うではなく、相手に伝えることを意識しましょう。

スタバのバイト面接に受かるには?服装や質問内容を攻略しよう | MensModern[メンズモダン]

自己紹介の項目に共感を得られるものをいれる

後から質問されるような自己紹介に

自己紹介は基本項目の最後に一言を添えることをお伝えしましたが、そこに出身地をいれるのもおすすめです。「東北出身なので寡黙ですが仕事はきっちりやるタイプです」や「豪快で情熱的な九州男児なので営業でお役に立てるはずです!」や「生粋の関西人なので笑いにはうるさいです」など出身地に合わせた自己紹介をすることで相手に印象を残すことができます。

同郷の人からは喜ばれるかもしれません。他には熱中している趣味や特技などを伝えて、同じ趣味の方がいれば声をかけてくださいというのもおすすめです。自己紹介後に声をかけやすい、質問したくなるような内容を心がけましょう。自己紹介といえど、人との関りなので相手に興味を持ってもらうことが大切です。

趣味を履歴書に書くときのポイントは?人事の心を掴む書き方&例文まとめ | MensModern[メンズモダン]

大学や合コンなど気軽な自己紹介はどのようにする?

興味を引くプロフィールを意識して

大学のサークル、ゼミ、合コンなどでも自己紹介をする機会がりますよね。こういったシーンではかっちりした自己紹介より、親しみを持ちやすい自己紹介がおすすめです。名前、所属の後にあだ名を言ったり、自分を一言であらわす言葉を言ったりと、とにかく印象に残るような自己紹介にしましょう。

相手に興味を持ってもらえるように、自分自身を知ってもらえるような自己紹介にするのもおすすめです。趣味やハマっていること、「~のようなところがありますが、あたたかく見守ってください」などあえて短所を伝えてみるのも印象に残りやすいです。

合コンは自己紹介でキマる!面白いネタや女の子にウケる項目など紹介 | MensModern[メンズモダン]

就活での自己紹介は基本項目と自己PRへの伏線

質問されたいことを上手にアピール

就活での自己紹介は1分間くらいでできる簡単な内容にまとめます。先程お伝えした、名前、所属、一言の基本項目で構成します。この一言は後に質問されるであろう自己PRの伏線になるようにしましょう。例えば「~で培った忍耐力を御社で活かしたいです」と一言添えれば、忍耐力を得た経験を質問されるはずです。

面接での自己紹介で注意したいのが、先に提出している履歴書の内容とかけ離れた自己紹介をしないことです。履歴書は面接官も目を通しています。内容が違えば、あなたという人間がブレて見えてしまうので、面接官からの印象が悪くなってしまいます。送った履歴書はきちんとコピーを取って、面接前に再度チェックしておきましょう。

就活での自己紹介の例文集!1分間の効果的な回答で好印象を与える方法 | MensModern[メンズモダン]

仕事関係の自己紹介は自分を覚えてもらう項目を加える

上手にアピールして自分の顔を覚えてもらう

職場での自己紹介、取引先への挨拶を兼ねた自己紹介をする場合は、相手に好印象を持ってもらう必要があります。職場はこれから先一緒に仕事をする仲間なのでいい印象を持ってもらうことで仕事を円滑に進めることができます。取引先の相手には自分の顔を覚えてもらう、印象をよくすることで仕事上で可愛がってもらう目的があります。

仕事関係の自己紹介は真面目さと親しみやすさをアピールしましょう。「丁寧な仕事を心がけるので時間がかかるかもしれませんがご容赦ください」と長所と短所を織り交ぜて伝えるのもありです。取引先の方にはマメであることをアピールするために「通いすぎてこの濃い顔を見るのは嫌になるかもしれませんがよろしくお願いします」と冗談交じりにするのもいいかもしれません。

就活の自己PRの書き方を調査!説得力のある書き方のコツと例文紹介 | MensModern[メンズモダン]

文字で伝える自己紹介はどんな項目でまとめる?

上手な伝え方は結論から伝える

自己紹介は履歴書、ネット関係のプロフィール紹介など、直接相手に伝えるものじゃないこともあります。文字で伝える自己紹介は読みやすいことが大前提です。ダラダラ長い自己紹介は読みづらく、頭に入ってこないからです。書き方として、結論から書くようにしましょう。例えると「自分の強みは~です」と言い切ってから「なぜなら~」のように説明を後から付け足します。

これは面接でもそうですが、先に伝えたいことを言い切ってから説明に入ると、この人はこれからこの話の詳細を話すのだなと分かるので聞き手は内容が頭に入りやすいです。自分のプロフィールを知ってもらうためにも、上手な伝え方をマスターしましょう。

プロフィールの書き方まとめ!ビジネスや婚活で使える例と同時に紹介! | MensModern[メンズモダン]

周りに差をつける自己紹介の項目は?

印象に残る上手な自己紹介をするために

複数人で自己紹介をする場合、みんな似たような自己紹介になってしまうことがありますよね。似た話をずっと聞かされると聞き手も飽きますし、自己紹介した人の区別がつかなくなってしまいます。ちょっとした小技ですが、自己紹介の基本項目に入る前に自分のキャッチコピーやこの場にくるまでの出来事を話すと相手の印象に残ります。

「先程、人と言う字を3回飲んできました~と申します」「圧がすごいので抑えて喋れと友人にアドバイスされた~です」「今朝、自動販売機で当たりが出たので今日はついている気がしている~です」など、場が和むようなほっこりした内容を付け加えてみましょう。ジュース当たった子ね!と覚えてもらえるかもしれません。

プロフィール画像作成無料アプリ・サイト10選!SNSで映えるものを紹介! | MensModern[メンズモダン]

上手な自己紹介をマスターしよう

自己紹介は苦手な方もいるかもしれませんが、自分を知ってもらうチャンスでもあります。ちょっとした工夫で相手に自分を印象づけることができるます。何度も行うことで自分なりの自己紹介が出来上がってくることもあります。自分なりの自己紹介をマスターして、相手に自分を知ってもらいましょう!

職場の人間関係で失敗しないためには?改善させる方法も紹介! | MensModern[メンズモダン]

評価 4.7/ 5(合計9人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ