キャンプ初心者には誰もが一度は経験がるといったお役立ち情報があるもの。うっかり忘れもののトラブルや大きな問題など、誰もが同じような所で悩んでいるのだ。そこで今回は、そんなキャンプ初心者に役立つ必要アイテムの数々や選び方などお役立ち情報をまとめていこう。

キャンプ初心者のお役立ち情報!必要な道具や場所の選び方など徹底解説

目次

  1. キャンプ初心者にはいろいろなことが起こる!
  2. キャンプ初心者はここで躓く?キャンプには何を持っていけばいいの?
  3. キャンプ場の選び方や魅力について
  4. キャンプ初心者でもこれさえ覚えておけば安心!キャンプテクニック
  5. キャンプ初心者でもアウトドア料理を楽しもう!
  6. キャンプ初心者には片づけるコツも理解しておこう!
  7. キャンプ初心者にありがち!テントを忘れた時の対策
  8. 初心者は慣れるまでテントやタープの設営に手間取るもの!
  9. キャンプ初心者あるある!炭に火がつかない
  10. 灯りの重要性を理解していなかった!夜暗い!
  11. キャンプ初心者の準備不足が起こす!寒くて寝れない!
  12. 暑くて寝れない!
  13. 起きたら背中が痛い!疲れが取れていない
  14. 初心者におすすめ!便利道具をご紹介!
  15. お役立ち情報をもとにスムーズなキャンプにしよう!

キャンプ初心者にはいろいろなことが起こる!

キャンプをこれから始めようとしている人はどこまで準備をしているだろうか。実は誰しも初心者の時には失敗はつきもので、予測していなかった事態がキャンプ場に来てから起こってしまい、あたふたするものなのだ。そんな数々の失敗を乗り越えて、初めてのキャンプからいろいろなものを学んでいくのだが、かといって大きな失敗はしたくない。

家族で行くファミリーキャンプなどであれば、そんな失敗が続けば、せっかくの楽しいキャンプも台無しだろう。そこでこの記事では、そんなキャンプ初心者さん必見のお役立ち情報をまとめていこう。キャンプ場の選び方や、必要が道具など、そして、そんな道具を忘れてしまった時の対策など、小さなテクニックを紹介したいと思う。

キャンプ初心者にありがちな、道具忘れなどもなくすように、万が一のことも考えて、これさえ知っておけば対応できるといった情報をまとめていくので、今後のキャンプにぜひ生かしてほしい。

キャンプ初心者はここで躓く?キャンプには何を持っていけばいいの?

では、まずキャンプを始めようと考えたときに、気になるのがいったい何を持っていけばいいのかという点だ。道具は沢山種類がるが、どんなキャンプ用品をそろえておけば安心なのか、必要なのかはキャンプ初心者にはなかなかわかりにくいもの。そこで基本となる道具をまとめていこう。

キャンプでは道具をそろえる際に、必ず必要なものと、家にあるものである程度代用できるものできて後回しでもいいものがある。最初から全部をそろえるとなると経済的な負担も増すので、何かと気になるし、結局購入してもすべて使うかというとそうではないものも多い。なので、必要最低限な道具をまずは押さえていこう。

では、そんな必要最低限な道具とはいったいなにかというと、まずはテントだ。一緒にマットもあると寝心地や座り心地もアップさせることができるので、購入を検討しよう。次にタープ。そしてランタンだ。テント設営には欠かせない道具といえるだろう。ランタンはテント内だけでなく、持ち運んで使ったり、テントの外で使うことも考えると複数欲しい。

そして焚き火台だ。この時、トング軍手はやけど防止に役立つので、用意しておくことをおすすめする。次にテーブルとイスだ。くつろぎ空間をどのように演出するか、また食事をとるときにも使うので、そんなスタイルがいいかは自分のキャンプスタイルを想定して決めよう。

次に寝袋。快適な睡眠取るには寝袋の存在は大きい。もし寝袋ではなく自分でマットを購入して寝心地のいいベッドを作りたいというなら、自作で作る方法もあるが、その分手間や荷物の量も増えるので、気になるのならば寝袋が確実だ。その際季節も考えて準備しないと、寒すぎて寝れないなんてことになる恐れもある。そしてクーラーボックスも用意しておこう。

何かと食材を保存して置くにも使えるし、帰りには片づけのボックスにも使える。次に無理にそろえなくてもいい、家のもので代用できる道具を紹介しよう。基本的に調理器具は自宅のものを代用できるので、ガスコンロも携帯性の高いものがあればそちらを代用する形でいいだろう。

また、もしマットなどもアウトドアタイプのものがあるのであればそれを代用しても構わない。こういった代用の聞くものを使いながら、キャンプ初心者でも無理なく道具を集めてキャンプを楽しんでほしい。

キャンプ場の選び方や魅力について

【キャンプ初心者も安心!キャンプ場の選び方①】自宅から近いキャンプ場

必要な道具は道具は異常だが、しかしキャンプで道具と同じくらい欠かせないものといえばキャンプ場だ。このキャンプ場選びもとても重要なのだ。まずキャンプ初心者であれば、このキャンプ場選びで大切にしておきたいポイントがある。それが自宅から近い場所だ。

キャンプ初心者であれば、自宅から2時間以内の場所でキャンプ場を探すことをおすすめする。それ以上遠くなると、移動時間がかかってしまい、結果的にキャンプ場で過ごす時間が少なくなることも考えられる。また、キャンプ初心者であれば、作業や準備時間で時間が取られてしまい、思ったような計画で用意が進まないことも大いにある。

移動に時間をかけるよりも、少し身近な位置でキャンプ場を探し、そこでゆっくりと準備や時間をかけて楽しんだほうが最初のうちは楽しめるだろう。準備だけで時間が終わってせっかくのファミリーキャンプを楽しめないなんてことのないようにしたい。

【キャンプ初心者も安心!キャンプ場の選び方②】水洗トイレ・お風呂があるキャンプ場

次に水洗トイレやお風呂がるところも抑えておこう。女性やお子さんが気になるのは、トイレの清潔さや水回りの設備だろう。水洗トイレやお風呂やシャワーなどの設備は、キャンプ場によって実は様々で、おh路付きのところもあれば、全くないところもある。また、トイレも水洗トイレではなく、和式トイレだけのところもあるので、注意しておきたい。

もちろん、そこまできれいでなくても、居心地のいいキャンプ場は沢山あるが、これからファミリーキャンプを恥じえる人には、家族全員が満足できるような必要最低限の水回り設備を持ったところを選ぶことをおすすめする。

【キャンプ初心者も安心!キャンプ場の選び方③】売店・レンタル用品が充実している

キャンプ初心者にありがちなのが忘れ物。そんな忘れ物時に対応できるのが、施設内の売店だ。これがあればさっと対応できるのでとても便利だ。さらに、キャンプ場によっては、道具のレンタルが可能だったり、バーベキューの食材などもそろえてくれるキャンプ場もあったりと何かと便利なところも多い。

キャンプ場の選び方をかんがえるのならば、こういった気軽にキャンプを始められるかという点も選び方のポイントとして覚えておくといいだろう。

【キャンプ初心者も安心!キャンプ場の選び方④】オートサイト・電源付きサイトの有無

次に、キャンプ場の選び方で確認しておきたいのが、オートサイトがあるかどうかだ。オートサイトとは、テントを張る区画内に車も停められるサイトのことで、車を近くに止めることができれば、荷物の出し入れ時に運ぶ手間がかからず、とても簡単に設営に取りかかることができる。

必要なのか不要なのか微妙な道具たちも全て車に置いておけるので、キャンプサイトをすっきりさせることにも一役買ってくれるだろう。また、予想外の天気の変化など、どうしてもテントで寝れないばあいでも、すぐ車へ避難できる点も安心材料の一つだ。

しかし、注意点もあり、車の異動がかのうなので、衝突の危険性がるということ。いくら必要な道具のためとはいえ、他のキャンプのお客さんもいる中で、運転しての移動は大変危険なので、注意しよう。

【キャンプ初心者も安心!キャンプ場の選び方⑤】スタッフ常駐の安心なところ

キャンプ場によっては、スタッフが常駐しているところもあることを知っているだろうか。24時間常駐しているキャンプ場もあれば、日中のみいる所もあったりとその時間帯は様々。しかし何か緊急事態が起きたときに、見知らぬ土地での対処は何かと不安だし手間のかかるもの。そこで頼りになるのがキャンプ場のスタッフだったりする。

テントの設営や、火おこしなど、ランタンの使い方から、いろいろな道具の選び方やアドバイスなど、サポートをしてくれたりする。スタッフが駐在しているキャンプ場であれば、いざという時に初心者だけのキャンプでも安心して楽しめるというわけだ。

キャンプ初心者でもこれさえ覚えておけば安心!キャンプテクニック

ペグ周りのテクニック

キャンプ初心者にありがちな悩みでテントの設営がうまくいかないというものがある。そんなテント設営に役立つテクニック情報もまとめていこう。まずは、テント設営で悩む場合は、手持ちのペグやロープを見なおしてみよう。特に、今後キャンプに慣れてくると、ハードルが高い環境にも対応できるようになりたくなるもの。しっかり準備しておくのは大切なことだ。

また、テクニックとしては当たり前だが、ペグを打ち込むときは指輪やネイルといった手につけるアクセサリーは外しておこう。また、バングルや腕時計なども外しておくと安心だ。そして、肝心のペグだが、安全性確保に欠かせないのが、頑丈なペグだ。テント購入時に付属品として付いてくるものは、固い石や岩場の地面には刺さらないものが多い。

なので、強度の確かなものを選んで必要であれば買いたそう。おすすめなのが、強度だけで選ぶなら、鍛造ペグだ。プラスチック・ジュラルミンなど様々な材質がある中、最強ペグとして名高いのが鍛造製で、岩をも打ち砕くというその強度は圧倒的。砂浜など軟い地面には不向きですが、その他ほとんどのキャンプサイトでタフに大活躍してくれるので非常におすすめだ。

もちろん、長さの使い分けやクロス打ちなどのテクニックも同時に覚えておこう。ペグの長さは様々で、一般的にテントには15~20cm、タープには30cm以上が必要といわれている。テンションがかかる場所ほどしっかり固定する必要があるので、テントの隅打ち・テントの張りあみ・タープの順番で長いものを選ぶ方法が必要だ。

また、打ち込み方としては、地面が柔らかい砂浜や風が強くて抜けてしまうのが心配という時は、ペグを2本クロスさせて打ち込むのが効果的な方法になる。場所に応じて使い分けることができるようになろう。ペグを多めに持っておいてもいいかもしれない。

ロープ周りのテクニック

ロープ周りにもテクニックがあるので覚えておこう。初心者や子供でなくても、ウッカリ何度も引っかかってしまうのが、サイトに張り巡らされたこのロープだ。なので、夜間は得意危険だ。視認性を上げるグッズを導入してつまづきを回避しよう。

そんな視認性をあげるためにも、ペグに風船を巻きつけるという方法が手軽でおすすめだ。ふくらませたり最後に割る行程で、子供も楽しめるとい面も併せ持つ。しかし、最も危険なのは夜だ。暗くなってからテントまわりをチェックする時、つまづきがち。

そこで、トリップレスライトなど、電池式で手軽なライトがあると便利だ。子供が自分のサイトを見つけやすいというメリットもあるので、テントを広げる場所選びに制約がかからないこともうれしい。

キャンプ初心者でもアウトドア料理を楽しもう!

キャンプ初心者でも楽しみたいという人が多いのが、アウトドア料理。美味しい料理があればそれだけでキャンプがさらに楽しくなるというものだろう。そんなアウトドア料理で活躍するのが、ダッチオーブンだ。おいしさがたくさん詰まったアウトドア料理ができること間違いなしだ。

また、近年では、薪ストーブで暖を取るのと兼ねて使える調理機能を持った薪ストーブも登場している。これらのアウトドア調理器具を使用すれば必ずアウトドアを楽しみつくすことができるだろう。しかし、当然荷物の量が増えるので、注意も必要だ。

キャンプ初心者には片づけるコツも理解しておこう!

【キャンプの片づけのコツ①】前日までにできること

キャンプでてこずるのは、なにも事前準備だけではない。そこには片付けも腹案れており、これに手間取るとまた変える時間が伸びたりといいことは何一つない。そんな片付けにもあるテクニックや事前知識を持っておくと、必ず今後のキャンプの時間節約にもなるので、覚えておこう。まずは前日までにできることから押さえていこう。

まずはゴミの分別からだ。ごみの分別は最初からしっかりと行っておこう。初心者のキャンプで失敗しがちなのがゴミの分別なのだ。分別ができてなくてその場で仕分けるなんて時間のロスを防ぐためにも、サイトで出たゴミはキャンプ場のルールに沿って、最初からしっかり分別しておこう。

次に、バーべキューコンロはアルミホイルでカバーしておくのも一つの手だ。見た目はイマイチになってしまうが、汚れ落としが面倒なバーべキューコンロにはアルミホイルを敷いておくという手ある。消火後に残った炭や灰をホイルごと丸めて捨てるだけと簡単なので、この方法はおすすめだ。

ただし、使用するアルミホイルは、通常のものだと燃えてしまうので、熱による燃えや穴あきに強い厚手のものを使用するようにしよう。さらに、片付けられるものは、前夜に片付けておくというのも大切なポイントだ。翌朝使用しないものは夜のうちにさっさと片付けておこう。朝食によっては、バーべキューコンロやダッチオーブンなどは片付けられる。

余分なテーブルやチェア同様に片づけられるだろう。翌朝の状況を考えつつ、前夜に片付けられるものは片付けてしまうのがスムーズ撤収のコツになる。

【キャンプの片づけのコツ②】当日

もちろん最終日の当日も片づけはスムーズに行えるようにしておこう。コツとしてはどんどん使わないものはレジャーシートの上に置いていくことだ。一箇所に集めることで効率よく片づけができるようになるだけでなく、車へも積み込みやすくなる。

また、一晩使った寝袋は汗で湿気を含み、テントの底も湿っていいるもの。この2つはそのまま収納してしまうとカビの元になるので、即効で寝袋やテントを乾かそう。簡単に、速攻で片づけたいと思うならば朝食も簡単に終えることもコツの一つだ。

キャンプ初心者にありがち!テントを忘れた時の対策

キャンプのメイン道具としてのテント。しかし、キャンプ初心者であればつい忘れてしまったなんてこともあり得る。そんなあらゆるトラブルに遭遇したときの対処法についても解説していこう。テントをwスレてしまった時の対策としては、レンタル用品や売店が充実しているキャンプ場所を選んでおくことだ。

また、こういった忘れ物を未然に防ぐ置くためにも、持ち物チェックリストも準備しておきたいところだ。

初心者は慣れるまでテントやタープの設営に手間取るもの!

次にテントやタープの設営に時間が手間取ることも大いに考えられるわけだが、そんな時の対策が、キャンプの前に試し張りをしておくことだ。自宅で取扱説明書を熟読し、その後、川原や公園など広いスペースのあるところで設営してみると、意外にどこでつまずくかがわかる。予習をしておけば当日キャンプの場所で慌てることもない。

キャンプ初心者あるある!炭に火がつかない

炭に火がつかず、思った以上の時間が取られることもあるだろう。事前に予習をしておくことも難しい。こちらの対策としては、初心者のうちから備長炭を使わないことだ。高級炭である備長炭は火持ちがよく火力も安定しているが、着火しにくい。黒炭と呼ばれる炭の方が着火しやすく扱いやすいので初心者のうちはこちらのほうがおすすめだ。

灯りの重要性を理解していなかった!夜暗い!

そもそもランタンを用意していなかったり、用意していても携帯用の異動に向いているものを用意していないケースもある。トイレなどの場所に移動時にこれがないようでは何かと不便。そこで、サイトを照らすランタンのほか、ヘッドライトや手持ちのライト、小型のランタンなどの用意をしておこう。スマホのライト機能もいざというとき心強い明かりになる。

キャンプ用ランタンのおすすめ特集!初心者向けの選び方・使い方を紹介 | MensModern[メンズモダン]

キャンプ初心者の準備不足が起こす!寒くて寝れない!

準備不足の極みともいうべき、睡眠環境の整備につてだが、夜寒い時期は冷え込んでろくに寝れないこともある。そうならないためにも、マット類、ブランケット、防寒着をできる限り持って行くのがおすすめだ。マット類がなければ段ボール、新聞紙などでもいいだろう。

暑くて寝れない!

逆に暑さが厳しい時期のキャンプであれば、苦しくて夜中に頻繁に目が覚めて、ほとんど寝ることができないだろう。そんなことにならないためにも、キャンプの場所選びから注目していこう。標高が高いキャンプ場は朝晩冷え込みが激しいし、逆に防寒対策が必要なこともある。また、場所も直射日光が当たる草原サイトよりは、木陰が確保できる林間サイトが快適だ。

テントはすべての窓をメッシュにし、中に電池式の小型扇風機を置くのがおすすめ。昔ながらの打ち水も効果があるだろう。また、虫など気にならない人はテントを飛び出し、タープの下、コットで就寝するという方法もある。

起きたら背中が痛い!疲れが取れていない

快適な睡眠は、なにも暑さや寒さだけではない。それは床にも影響する。いくら場所選びを気を付けても、なかなか背中を預けてもいいほど快適な床は自然には存在しないだろう。そこで対策が、テント設営前に地面に落ちている石や枝などデコボコの元を取り除くこと。そして、テント内にはインナーマットや段ボールなどを重ね敷くことだ。

もちろん就寝時には、コットやエアーベッドを用意してその上でねると、いくら凸凹の場所でも、痛い思いをせずに寝ることができる。ある程度テントを張る場所の自由度も増すので、こおコツは覚えておこう。

キャンプマットのおすすめ10選!快適な寝心地と睡眠の為に必須なギアは? | MensModern[メンズモダン]

初心者におすすめ!便利道具をご紹介!

【おすすめ便利道具①】テント編

それでは、具体的におすすめの道具も紹介していこう。まずは、スノーピーク テント ランドブリーズ4 SD-634などがおすすめだ。ドーム型は設営が簡単なので初心者の方でも安心だし、悪天候時の水の侵入や春先、冬場の冷気の侵入をしっかりと防いで室温管理がしやすい点も高評価ポイントだ。

【おすすめ便利道具②】タープ編

ターブであれば、ドッペルギャンガー ワンタッチリビングタープ TT8-401がおすすめだ。運動会や行楽でも使用したい人におすすめで、ワンタッチなので、どなたも迷うことなく設置可能といううれしい機能付き。風よけのサイドパネルが初めから付いているのがうれしいポイントだ。

【おすすめ便利道具③】シュラフ編

快適な睡眠を得るためにもシュラフにはこだわりたいと思っている人にはこのコールマン 寝袋 パフォーマー がいいだろう。こちらは、家で寝ている感覚で寝ることができると評判がよく、つなげて使用することもできますし、通常の布団のように上にかけて寝ることもできる。広げてマットの代わりにもなる優れモノなので、何かと重宝するだろう。

【おすすめ便利道具④】ランタン編

定番中の定番だが、こちらのランタンがおすすめだ。コールマン ワンマントルランタンは明るさもばっちりで、耐久性も折り紙つきと初心者でも扱いやすい代物。メンテナンスをしていけば一生ものの相棒になってくれる点もうれしい。メンテナンスも決して難しいものではないので一台あれば何かと便利だ。

キャンプ用枕のおすすめを紹介!ぐっすり眠れる最高のアイテムは? | MensModern[メンズモダン]

お役立ち情報をもとにスムーズなキャンプにしよう!

キャンプをしていれば、特に初心者であれば、忘れ物やトラブルなど、想像もしていなかったことを引き起こすもの。しかし、事前に準備としっかりとテクニックやコツを覚えておけばたいていのことは対策を練ることができる。焦らず、しっかりと対応できるようにしておくためにも、お役立ち情報をもとに楽しいキャンプにしてほしい。

キャンプ道具のおすすめ特集!あると便利な初心者向け必需品リストは? | MensModern[メンズモダン]

評価 4.9/ 5(合計7人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ