シングルバーナーのタイプ別おすすめ5選!選び方のポイントは?

シングルバーナーは、キャンプなどでアウトドア料理を楽しむときにあると便利なアイテムです。アウトドアの定番アイテムとしても、シングルバーナーは多くの人気メーカーから発売されています。そんなシングルバーナーの選び方やタイプ別のおすすめ商品をご紹介していきます。

目次

  1. シングルバーナーは分離型と一体型がある
  2. 「3つのシングルバーナー燃料」
  3. 「1人キャンプなら一体型を選ぶのがポイント」
  4. 「料理中の安定感を求めるなら分離型が便利」
  5. 【プリムス エクスプレス スパイダーストーブ2】分離型編
  6. 【スノーピーク ヤエン ストーブ レギ】分離型編
  7. 【ソト MUKAストーブ SOD-371】分離型編
  8. 【スノーピーク ギガパワーストーブ 地】一体型編
  9. 【ソト マイクロレギュレーターストーブ ウィンドマスター SOD-310】一体型編
  10. シングルバーナースタンドも見逃せない選び方ポイント
  11. シングルバーナーで自慢の料理をアウトドアでおもてなし

シングルバーナーは分離型と一体型がある

シングルバーナーは、アウトドア料理を作るときなどに最適で、キャンプのマストアイテムの1つとしても挙げられています。シングルバーナーには、分離型と一体型があります。シングルバーナーの分離型は、燃料と分離されて作られているデザインで、どちらかというとキャンプ上級者向けのかたに向いているようです。

逆に一体型のシングルバーナーは、キャンプ初心者のかたや少人数でのキャンプをする方達におすすめの、燃料とバーナーが一体になっているシングルバーナーを指します。コンパクトサイズで、収納スペースなどが気になるかたも、一体型のシングルバーナーを選ぶと使いやすいと言われています。

キャンプにおすすめの料理は?簡単なものから定番までレシピを紹介! | MensModern[メンズモダン]

「3つのシングルバーナー燃料」

シングルバーナーのおすすめ選び方ポイント①

シングルバーナーのおすすめ選び方ポイント①は、燃料の種類についてです。シングルバーナーには、3つの燃料があります。シングルバーナーで最も使いやすいといわれる燃料は、CB缶と言われて、鍋料理などの際にも使うガスボンベタイプのものでコスパも優れているものが多いです。

そして、次にシングルバーナーの燃料として使われることが多いのが、コンパクトサイズで使いやすいと人気のOD缶になります。冬でも寒さに負けず火力をキープしてくれる特徴もあるため使用するかたが多いようです。火力調整も出来て簡単なOD缶は、少し価格が高めではあるもののキャンプ好きにはOD缶を選ぶかたも多いようです。

そして、キャンプ上級者向けでもある液体タイプのシングルバーナーの燃料は、要にガソリンのことを指し、低温でもしっかり役目を果たしてくれて、出力も高いレベルですが使い方に関してはやはりコツが必要となるでしょう。

重量も液体のため結構あるため、荷物にこだわるかたは液体タイプのシングルバーナーの燃料は避けたほうがいいかもしれません。

キャンプで美味しいコーヒーを飲みたいなら必見!おすすめの道具と淹れ方! | MensModern[メンズモダン]

「1人キャンプなら一体型を選ぶのがポイント」

シングルバーナーのおすすめ選び方ポイント②

シングルバーナーのおすすめ選び方ポイント②は、1人キャンプなら一体型を選ぶということです。一体型は、コンパクトサイズであり1人キャンプの持ち運びにも便利です。

1人キャンプのときは、なるべく荷物を少なめにしたいかたが多いです。そのため、シングルバーナーも一体型を選ぶことで、大分荷物の重さも軽くなるでしょう。一体型のシングルバーナーは、OD缶をセットすることで、火を起こしやすいと言われています。

シングルバーナーの一体型に関しては、コンパクトでシンプルな作りとなっていて、本格的なアウトドア料理をするというより、お湯やシンプルなアウトドア料理に適したシングルバーナーでもあるようです。

アウトドアにおすすめのストーブランキング!寒い冬キャンプもぽかぽかに | MensModern[メンズモダン]

「料理中の安定感を求めるなら分離型が便利」

シングルバーナーのおすすめ選び方ポイント③

シングルバーナーのおすすめ選び方ポイント③は、料理中の安定感を求めるなら分離型を選ぶと便利なポイントについてです。分離型は、どちらかというと上級者向けと言われていますが、アウトドア料理を数名のキャンプで楽しみたいかたに向いているようです。

定感もしっかりしている作りのシングルバーナーが多い分離型は、アウトドア料理でも鍋重量のある料理をするのに最適と言われています。

火を起こすのに、一体型と比べて時間はかかるものの、本格的なキャンプや荷物の量がそこまでないなら登山にもおすすめのシングルバーナーでもあるようです。冬でも安定感のある火力をキープできる期待が持てます。

冬キャンプの魅力を紹介!装備などの必需品や気をつけたい注意点とは? | MensModern[メンズモダン]

【プリムス エクスプレス スパイダーストーブ2】分離型編

料理にも便利なシングルバーナーのタイプ別おすすめ①

料理にも便利なシングルバーナーのタイプ別おすすめ①は、プリムス エクスプレス スパイダーストーブ2です。プリムス エクスプレス スパイダーストーブ2は、コンパクトサイズの分離型シングルバーナーをお探しのかたにおすすめのアイテムです。

プリムス エクスプレス スパイダーストーブ2は、重量も195gと軽量です。持ち運びに便利なプリムス エクスプレス スパイダーストーブ2専用の収納バッグも付属されてきます。

燃料はOD缶を使用となります。気になるプリムス エクスプレス スパイダーストーブ2の価格は、10,000円ちょっとで通販にて販売していて人気です。

キャンプ道具のおすすめ特集!あると便利な初心者向け必需品リストは? | MensModern[メンズモダン]

【スノーピーク ヤエン ストーブ レギ】分離型編

料理にも便利なシングルバーナーのタイプ別おすすめ②

料理にも便利なシングルバーナーのタイプ別おすすめ②は、スノーピーク ヤエン ストーブ レギです。スノーピーク ヤエン ストーブ レギは、一体型に近い分離型と言っても過言じゃないでしょう。

分離型ならではの安定感をスノーピーク ヤエン ストーブ レギなら叶えてくれるでしょう。キャンプ道具も沢山取り扱っているスノーピークは、シングルバーナーも注目されているようです。4枚五徳で料理も安心してできるようです。

気になるスノーピーク ヤエン ストーブ レギの価格は、10,000円以下で通販にて販売しているようです。スノーピーク ヤエン ストーブ レギは、2015年のグッドデザイン賞も受賞している、デザイン性に優れた人気の分離型シングルバーナーでもあります。

ダッチオーブンの本格レシピ!キャンプ&自宅両用の人気飯15選! | MensModern[メンズモダン]

【ソト MUKAストーブ SOD-371】分離型編

料理にも便利なシングルバーナーのタイプ別おすすめ③

料理にも便利なシングルバーナーのタイプ別おすすめ③は、ソト MUKAストーブ SOD-371です。ソト MUKAストーブ SOD-371は、予熱がなくても火を起こすことが可能な分離型のシングルバーナーです。

燃料は、ガソリン(ホワイト、レギュラー対応)を使用して火を起こすタイプになります。気になるソト MUKAストーブ SOD-371の価格は、参考価格が、17,280円となっていますが、通販サイトのショップに寄っては、16,000円ほどで販売しているショップもあるようなので予めいくつかショップをチェックしてみるといいでしょう。

キャンプで便利なおすすめバーナー比較!人気メーカーの特徴と選び方まとめ | MensModern[メンズモダン]

【スノーピーク ギガパワーストーブ 地】一体型編

料理にも便利なシングルバーナーのタイプ別おすすめ④

料理にも便利なシングルバーナーのタイプ別おすすめ④は、スノーピーク ギガパワーストーブ 地です。スノーピーク ギガパワーストーブ 地は、コスパに優れていて、5,000円以内で通販にて販売している人気シングルバーナーです。

一体型のシングルバーナーであるスノーピーク ギガパワーストーブ 地は、重量がなんと88gという超軽量になっていて、胸ポケットサイズと言われるほどのコンパクトサイズになっています。

スノーピーク ギガパワーストーブ 地は、専用の収納バッグも付属されてきます。一体型ながらも、しっかりと安定感があると評判いいです。カップルやご夫婦の2人キャンプでも、十分にスノーピーク ギガパワーストーブ 地ならアウトドアを楽しめるでしょう。

冬キャンプは鍋料理がおすすめ!簡単人気レシピとおすすめクッカーを紹介 | MensModern[メンズモダン]

【ソト マイクロレギュレーターストーブ ウィンドマスター SOD-310】一体型編

料理にも便利なシングルバーナーのタイプ別おすすめ⑤

料理にも便利なシングルバーナーのタイプ別おすすめ⑤は、ソト マイクロレギュレーターストーブ ウィンドマスター SOD-310です。ソト マイクロレギュレーターストーブ ウィンドマスター SOD-310は、通販でも人気の高い一体型のシングルバーナーです。

ソト マイクロレギュレーターストーブ ウィンドマスター SOD-310は、専用の収納バッグも付属されていて、重量は67gと軽量です。OD缶使用で使えるシングルバーナーになります。

気になるソト マイクロレギュレーターストーブ ウィンドマスター SOD-310の価格は、参考価格が8,640円となっていますが、通販サイトのショップに寄っては、もう少し低価格でお得に販売しているショップも多いようです。

キャンプ用テーブルおすすめブランド特集!折りたたみ式やロール式が人気? | MensModern[メンズモダン]

シングルバーナースタンドも見逃せない選び方ポイント

シングルバーナーを購入したら、シングルバーナー用のスタンドも用意することで、安定感が増すと言われています。キャンプ好きなら、シングルバーナーだけではなく、スタンドも一緒に購入するかたが多いようです。

シングルバーナーを選んだら、シングルバーナーの高さにマッチしたスタンドを選ぶことも大切なポイントとなってきます。シングルバーナーの使用する数に寄っても、多ければそれだけ耐荷重も調べておかないと料理も安心してできません。

また、シングルバーナースタンドの使用方法も、燃料に寄っても十分に注意しないと危険と言われているため、しっかり取り扱い説明書の注意書きも、スタンドに寄ってしっかり確認も必要とされています。特に、OD缶を燃料として使用したシングルバーナーにスタンドを使うときには、ダッチオーブンの使用は避けた方がいいと言われています。

デイキャンプのまとめ!テントなどの必要アイテムと持ち物の注意点紹介 | MensModern[メンズモダン]

シングルバーナーで自慢の料理をアウトドアでおもてなし

キャンプや登山などに欠かせないアイテムと言われるシングルバーナーは、お湯を沸かしたりアウトドア料理を楽しんだりするためにも、環境やキャンプの人数に寄って選び方も変わってくるようです。

シングルバーナーの種類だけではなく、別売りのスタンドなどの使用方法にも注意しながら、安全なアウトドアの料理やお湯を沸かすなど気をつけなければいけないポイントもあります。是非この機会に、シングルバーナーを分離型と一体型どちらにするか、目的別に選び楽しいキャンプにつなげていけること願っております。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ