キャンプ用ケトルのおすすめまとめ!人気おしゃれアイテムの選び方は?

必ず必要というわけでもないけれど、お湯を沸かすだけでなく風情もあって雰囲気をよくしてくれるケトルは、キャンプにはおすすめのアイテムだ。しかし、そんなおしゃれでキャンプにもってこいのケトルだが、選ぶのも簡単ではない。選び方も含めておしゃれケトルを紹介していこう。

目次

  1. そもそもキャンプに必要?ケトルって何?
  2. ケトルの魅力について知ろう!
  3. キャンプ用ケトルのタイプは3つに分けられる!
  4. キャンプ用ケトルの選び方
  5. 使えば使うほど味が出る!キャンプには欠かせないケトル!
  6. 使いやすさ抜群のキャンプ用ケトル
  7. ソロキャンパーにはちょうど良い大きさ!
  8. ガスや燃料系ストーブと組み合わせて使うならおすすめ
  9. 持ち運びも快適&別売りの鍋との相性も抜群
  10. シンプルなデザインながらもおしゃれで高機能!
  11. 大容量ながらも収納性能も高い!
  12. 熱伝導率抜群!焚き火との相性も抜群!
  13. 北欧の雰囲気を味わえるおしゃれキャンプ用ケトル
  14. 変わり種が欲しいならこちらがおしゃれで個性的!
  15. 自分のキャンプのスタイルや使用するシーンを考えてケトル選びを!

そもそもキャンプに必要?ケトルって何?

そもそもキャンプ用ケトルって何なのか。キャンプに必要なものなのかと感じている人も少なくないはずだ。お湯を沸かすためのアイテムといっても鍋があるのでは?と思ってしまっている人も多いはず。ではそもそもキャンプ用ケトルとは何かを見ていこう。

キャンプ用ケトルとは、みんなが知っている通り湯を沸かすシンプルな道具のことだ。単純にお湯を沸かすための道具であり、鍋があればもちろんお湯を沸かす程度のことはd系てしまう。しかし、最近このキャンプ用ケトルがおしゃれで人気も高まっているのだ。

キャンプにおいて、感らず必要とまで言わないけれど、持っておきたいアイテムとして人気なのだ。ではそんなキャンプ用ケトルの役割は何かというと、お湯を沸かすことはもちろん、キャンプの雰囲気をおしゃれにしてくれて気持ちを盛り上げてくれる効果がある。超重要アイテムであり、あれば何かと重宝するアイテムなのだ。

もちろん、見た目だけでなく、機能も高まっており、今では焚き火と相性のいいキャンプ用ケトルなども沢山あるので、この記事では、そんな焚き火との相性がいいキャンプ用ケトルやおしゃれなぜひキャンプにもっていきたいケトルを紹介していこうと思う。

ケトルの魅力について知ろう!

【キャンプ用ケトルの魅力①】キャンプでも湯沸かしの場面は意外と多い

ではキャンプ用ケトルの魅力についてみていこう。まず大きな魅力は何といってもお湯を沸かす場面だ。キャンプでのお湯を沸かす場面は意外と多いもの。キャンプではインスタント料理を始め、コーヒーを入れたり、アルコールが好きならお湯割りなどを楽しんだりすることもあるだろう。

湯沸かし自体は鍋やコッヘルでもできるのだが、キャンプ用ケトルであれば沸騰するのも早いし、お湯を注ぐときにスムーズに注ぐことができる。ほかの鍋などでは、お湯を沸かすのに時間がかかるし、コップへそそぐときに注ぎ口が特にないものであれば、こぼれてしまってうまく注げないなんてことが起こる。

何かとお湯を利用するシーンは多いのに、機能面では鍋などでは物足りのでいまいち利便性に欠けるのだ。その点、キャンプ用ケトルであれば、キャンプのお湯を沸かすあらゆるシーンで対応でき、しっかりとその性能を発揮してくれる。

【キャンプ用ケトルの魅力②】コーヒー好きには欠かせない

キャンプは現地で止まることももちろんあるだろう。そうすると、翌朝の早朝、静かな空間で、小鳥のさえずりを聞きながらコーヒーをたしなみたい人も中に入るのではないだろうか。そんな時間とコーヒーの好きな方には、この時間は至福の時になるはずだが、そんな空間でキャンプ用ケトルは大活躍してくれる。

やはり、お湯を沸かすのに鍋で沸かすのとケトルで沸かすのとでは雰囲気が違うだろう。この道具へのこだわりは後々自分のキャンプ場での雰囲気に大きくかかわるのだ。コーヒーだけでなく、紅茶などもそうだが、そんなひと時を考えているのならば、あなたの相棒として一役買ってくれるはずだ。

キャンプ用ケトルのタイプは3つに分けられる!

【キャンプ用ケトル①】縦長タイプのケトル

それではそんなキャンプに欠かせないケトルのタイプを見ていこう。キャンプ用のケトルは野外での使用を想定し、頑丈性や軽量さ、コンパクトさなどを考慮して作られている。そのため、タイプは大きく3つに分離され、それぞれの特徴があるのだ。

まずは、縦長タイプだ。縦に長く、側面にハンドルがついていて注ぎやすくなっているので、注ぎやすさにおいてはどのケトルタイプと比べても抜群。その反面、容量の大きいものが多いので、収納サイズはそこそこ場所を取るが、お湯を一気に沸かすことも可能なので、一つあればかなり重宝するだろう。

【キャンプ用ケトル②】やかんタイプのケトル

次に夜間タイプのキャンプ用ケトルだ。バーナーでの使用を想定し、底面に炎が満遍なく当たるよう横広がりな形になっており、湯が沸くのが早めだ。縦長などほかのタイプに比べ、お湯がわく速さはぴか一だろう。お湯を一度に大量に沸かすことは不可能だが、その分コンパクトな大きさがそろっているので、収納も幅を取らず便利だ。

【キャンプ用ケトル③】寸胴タイプのケトル

こちらは、お湯を沸かすだけの機能にとどまらず、調理に使える機能も充実しているキャンプ用ケトルタイプになる。お湯を沸かす機能だけでなく、食材をゆでる機能なども搭載しているので、これ一つあれば最悪鍋が要らないこともあるだろう。しかし、あくまでゆでるなどお湯を使ったものなので、具材を入れて煮込むには向いていない。

キャンプ用ケトルの選び方

【キャンプ用ケトルの選び方①】ケトルの種類で選ぶ

それでは、ケトルの選び方についてみていこう。ケトルは主に使用するキャンプでのシチュエーションで選ぶことがほとんどだ。まず最初に考える選び方としては、先ほども紹介したキャンプ用ケトルのタイプ。大きく分けると縦長タイプとやかんタイプ、寸胴タイプに分かれるが、それぞれの特徴に合わせて使用するキャンプのシーンを想定してタイプを選ぼう。

まず一般的にケトルといわれると想定する縦長タイプだが、こちらはオシャレなデザインが人気のケトルで、持ち手があるので注ぎやすく、容量も大きい。その反面収納サイズも大きくなってしまうが、焚き火での使用も可能なタイプがほとんどなので、オートキャンプなどで荷物が余裕ある人、もしくはキャンプ用ケトルにデザインを重視する人には、おすすめ。

次にやかんタイプだが、こちらは軽量・コンパクトで安定感があり、キャンプにおいてはガスバーナーによる使用を前提とした構造になっているので、そこ面積が広いので夏が伝わりやすい作りになっているのだ。そのため、先ほども振れたが沸騰スピードがとても早い。しかし、こちらは、焚き火での使用は基本的にしないタイプんおキャンプ用ケトルになる。

そのおⓣ区長から登山やトレッキングなど、コンパクト重視の人や少人数でのキャンプなどの場面で大活躍してくれるはずだ。

次に、寸胴タイプだが、こちらも縦長タイプ同様に注ぎ口が付いた形状をしており、鍋としても使用できるタイプのキャンプ用ケトルになる。調理器具をこれ一つで完結させることができるので、大変便利だろう。キャンプでのインスタントラーメンを作るのにも活躍してくれるので、これがあれば雰囲気もおしゃれに変わるはずだ。

オールステンレス製など、焚き火での使用に耐えうる頑丈なものが多くラインなっプされているので、コンパクトで万能。ソロは勿論、大人数のキャンプでも対応できる一品になる。

【キャンプ用ケトルの選び方②】容量と使用用途で選ぶ

どれくらいの容量が自分のキャンプで必要になるのかどうかも重要なキャンプ用ケトル選びにおけるポイントだ。おしゃれさだけを重要視して、容量が足りないなんてことにならないようにしたいところだ。使用する人数や用途によって必要な容量も違う。キャンプで使用するシーンを具体的に想定するといいだろう。

一人でコーヒーを飲むだけなのか、あるいは大人数で一度にカップ麺を作るかどうかでも大きく必要な容量が変わってくる。キャンプ用ともなれば、いくつも同時に湯を沸かすことはできないし、かといって何度もケトルでお湯を沸かすのは何かと手間がかかる。きちんと容量は計算しておきたいポイントだ。

そして、ガスバーナーと焚き火のどちらで使用するのかも想定しておきたいポイントだ。キャンプにおいてケトルを使うなら当然温めてお湯を沸かすわけだが、ガスバーナーを使用する場合は基本どれでも対応できる。しかし、焚き火で使用するには、オールステンレス製のキャンプ用ケトルを選ぶことをおすすめする。

これは、ステンレス製のもの以外が焚き火の熱で溶ける可能性があるからだ。また、ステンレス製でも、持ち手やつまみが樹脂製等の場合、焚き火での使用は溶けるの避けたほうがいい。キャンプ用のケトルの選び方はこういった使用用途を具体的にイメージして選び方を考えたほうがいい。

素材のことで言うと、アルミ製の場合も焚き火は使用可能なのだが、耐久性を考えたキャンプ用ケトルと考えたら、ガンガン使っても耐久度の高いステンレス製の方がおすすめだ。また、焚き火の中で使用するなら、焚き火の中に入れたり吊るしたりしてする場合は、使い込むうちに真っ黒になることも合わせて考えると、後々オリジナル性が出て面白い。

使えば使うほど味が出る!キャンプには欠かせないケトル!

ユニフレーム クッカー キャンプケトル

そえではキャンプ用ケトルの選び方が分かったので、具体的なケトルを紹介していこう。こちらのキャンプ用ケトルは先ほど紹介したように、使えば使うほど味が出るそんなケトルになっている。もちろん機能面も充実しており、注ぎ口には灰などの混入を防ぐ口ブタ付きで何かとうれしい機能のキャンプ用ケトルだ。

またさらに、蓋の落下防止ストッパーなど使いやすい機能が盛り込まれており、キャンプでは何かと便利なケトルといえるだろう。使い勝手もよく外見の評価もおしゃれと高評価。そのままピカピカのまま使用してもいいが、真っ黒にして使い込んでもいい。形と風情に味があるおしゃれなけとるなので、使い込んで楽しむことができるだろう。

使いやすさ抜群のキャンプ用ケトル

スノーピーククラッシックケトル1.8 CS-270

こちらもシンプルなデザインでおしゃれながらも使い込むごとに愛着がわくそんなケトルになっている。携帯性はやや物足りないものがあるが、肝心の容量は確かなものがあり、使いやすさにも定評があるキャンプ用ケトルになっている。

注ぎ口の蓋はロック機能がついており、ガッシリト丈夫なハンドルでキャンプなどのアウトドアに快適に使用でいる作りになっている。吊り下げ用のツルも付いているのでトライポッドなどに吊るして、焚き火の中で使用することもできる。オールステンレス製で頑丈なので、キャンプをより一層便利でおしゃれなものにしてくれるはずだ。

ソロキャンパーにはちょうど良い大きさ!

コールマン パッカアウェイケトル/0.6L 2000010532

こちらはやかんタイプのキャンプ用ケトル。熱効率が高いアルミ製ハードアノダイズド加工のコンパクトケトルで、携帯性に注目した選び方をするならこちらがおすすめだ。最後まで傾けてもふたが外れない構造になっていて、ハンドルは滑りにくいシリコンを採用しているので、操作性にも機能性にも優れていると人気が高い。

別売ではあるが、パックアウェイクッカーセットに収納可能で、とてもアイテム的にもキャンプにおすすめのケトルだ。ケトルを持っていなくてどれを買おうか悩んでいる人にもおすすめできるケトルとなっている。大きさもソロキャンパーに丁度良いものなので、荷物の量も気にならないだろう。

ガスや燃料系ストーブと組み合わせて使うならおすすめ

GSI グレイシャー ステンレスケトル

こちらのキャンプ用ケトルは、耐久性と加熱性に優れたステンレス製のケトルになっている。ガスや燃料系ストーブを使うのならエバニューのチタンポットと相性がいいと評判で人気の商品だ。コンパクトな焚き火台やネイチャーストーブで使うのも相性が良く、口が広いのでガスカートリッジも収納できる。

コンパクトクッカーと重ねればコンパクトで、熱燗やレトルトの湯煎もしやすいし、とにかく丈夫で扱いやすい設計になっている。キャンプ初心者から上級者まで幅広く使えるし、幅広く使用用途も対応しているので、キャンプに最適といえる一品だ。ケトルの中身に小物などを収納できる点も何かとキャンプに便利な機能といえる。

持ち運びも快適&別売りの鍋との相性も抜群

プリムス ライテック・ケトル0.9L 【食品検査済日本正規品】 P731701

キャンプ用ケトルであれば使い勝手の良いものを選びたいがこちらのケトルであれば安定感も抜群で、すぐにお湯が沸くので使いやすいと人気も高い。使いやすさ重視の選び方をしている人であれば、こちらも十分おすすめできるキャンプ用ケトルだ。

表面にハードアノダイズド加工が施されたアルミ製で、こちらも、別売のクッキングセット等の内鍋に収納できるので持ち運びも快適。キャンプでは調理も楽しみの一つになるので、キャンプでの調理を楽しんで思い切り遊びたいと思っている人は、このキャンプ用ケトルもおすすめだ。

シンプルなデザインながらもおしゃれで高機能!

スノーピーク ケトルNo1 CS-068

こちらもキャンプ初心者にもってこいのケトルとなっている。キャンプ歴は浅くとも、コーヒーや紅茶など優雅におしゃれに楽しみたいという人は多いだろう。そんな選び方で探している人には、機能的には幅広く対応できるこちらのケトルがおすすめだ。使いやすく耐久性も抜群と高評価を得ている製品。

オールステンレス製で、シンプルなデザインが特徴、コーヒーのひと時だけでなく、広くキャンプでの料理でも使用することが可能で、そのまま食べる貯めの器としても適しているとなかなかうれしい使い勝手だ。

大容量ながらも収納性能も高い!

キャプテンスタッグ キャンピングクックポット2L M-7701

キャンプであれば、使い勝手もだが容量を重視したい人にはこちらのケトルが人気だ。オールステンレス製ケトルで、ハンドル部分を畳むことができるので収納の邪魔にならないと新設設計。なにより大容量がとてもうれしい。灯油バーナーでも使用できると対応場面でも何かと便利。

もちろんキャンプに欠かせないレトルト料理や、自分で調理を楽しむ際にも、寸胴なデザインなのでパスタを茹でたり温めたりと便利に使うことができる。底が広く熱効率が良いので沸騰するのも早く、全て厚いステンレスなので頑丈で永く使えるとキャンプ愛用者も多い。

熱伝導率抜群!焚き火との相性も抜群!

ファイヤーサイド グランマーコッパ―ケトル (大)

ここ最近人気が空上昇しているケトルが、このコッパーケトル。熱伝導率の高い銅製のケトルで、底面も広く早くお湯が沸くので寒い冬にも重宝すると人気が高い。もちろんアウトドアにもぴったりで、使い込めば使いこむ程風合いが変化して行くのも魅力の一つと言われている。

背面にはハンドルが付いており、大きめサイズのケトルでも楽にお湯を注げるように工夫されており、19世紀のデザインを復刻したクラシックなデザインは置いてあるだけで素敵な空間にすることもできる。

北欧の雰囲気を味わえるおしゃれキャンプ用ケトル

イーグルプロダクツ キャンプファイアーケトル 0.7L

こちらも、近年人気急上昇中のケトルで、北欧ノルウェーのアウトドアブランドだ。底部に熱伝導に優れた銅メッキ加工が施されているので、焚き火にもぴったり! シンプルながらもおしゃれ感が増すキャンプアイテムとして人気が高い。

キャンプの用途や使用する人数に適した容量のケトルもこのケトルのほかにバリエーション豊富にそろっているので、選んで使用することができる。さらに、小さいシリーズのケトルを積み重ねることができるので、複数をスタッキングするのもおしゃれにキャンプが行えるポイントになる。

変わり種が欲しいならこちらがおしゃれで個性的!

杉山金属 キューブケトル 薄型1.1L

キャンプアイテムであれば自分のオリジナル性を出したいと願う人もいるだろう。少しでも変わったキャンプアイテムと集めたいと感じているのであれば、こちらのキャンプ用ケトルもおすすめだ。四角いフォルムが特徴のキューブケトルで、取っ手を畳むとケトルを積み重ねることができ、コンパクト収納が可能な変わった形をしている。

茶こしが付いているのでコーヒーやお茶など、様々なシーンで活躍すること間違いなしだ。キャンプで少し変わった特徴的なアイテムを集めて使っている人からも人気は高い。もちろん、キャンプでは欠かせないスタイリッシュさと機能面も充実しているのとても扱いやすいだろう。

ケリーケトルの魅力とは?その特徴と使い方&お手入れ方法を紹介 | MensModern[メンズモダン]

自分のキャンプのスタイルや使用するシーンを考えてケトル選びを!

キャンプで使う機会の多いケトル。キャンプでは必ずしも必要というアイテムではないが、あれば確実に便利なアイテムなので、キャンプもより一層楽しいくなること間違いなしだ。しかし、選ぶ際にはキャンプのスタイルや、しようするシーンを想定して選ぶことを忘れないように。快適なキャンプに役立つアイテムなので、しっかりと気に入ったものを選ぼう。

コーヒー用ケトルの選び方!おすすめのおしゃれなデザイン&機能は? | MensModern[メンズモダン]

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ