焚き火テーブルまとめ!ユニフレーム&囲炉裏型などの魅力とおすすめとは?

キャンプにあると便利なグッズとしておすすめなのが焚き火テーブルなんです。ユニフレームタイプや囲炉裏型などその種類もいろいろあるんです。色も黒っぽいものがメインですが、焚き火テーブルのデザインにも注目してみましょう。焚き火テーブルのおすすめな点を紹介します。

目次

  1. 焚き火テーブルにおすすめなユニフレームや囲炉裏型
  2. 焚き火テーブルは焚き火を安全にする道具
  3. 囲炉裏テーブルのユニフレームとは
  4. 焚き火テーブルの特徴
  5. 囲炉裏テーブルとコンロをあわせる
  6. 焚き火テーブル以外の使い方もおすすめ
  7. ユニフレームの焚き火テーブルの利点
  8. 焚き火テーブルの選び方のポイント
  9. 焚き火テーブルと合わせるのにおすすめなもの
  10. 焚き火テーブルを扱いやすくするために
  11. 焚き火テーブルに着火用の道具は必須
  12. 火がつきやすい炭をつかう
  13. 焚き火テーブルを使い終わったら
  14. 焚き火テーブルをアレンジ
  15. 焚き火テーブルで自然をのんびりと楽しむ

焚き火テーブルにおすすめなユニフレームや囲炉裏型

もーえろよもえろーよという感じで、キャンプにおいて焚き火というのは思い出に残るシーンです。しかし、いくらキャンプ場と言っても火の扱いには気をつけなければなりません。

そんな悩みを解決してくれるのが、焚き火テーブルなんです。火の魅力ははるか古代の時代から変わりません。神秘的なその火の魅力を堪能出来るのは、やはりキャンプならではだといえますね。

もちろん、気温が変化しやすいキャンプ場において焚き火は暖を取るのにもおすすめです。そんなシーンで活躍できておすすめなのが、焚き火テーブルなんです。ユニフレームや囲炉裏タイプの焚き火テーブルを紹介します。

キャンプ用ランタンのおすすめ特集!初心者向けの選び方・使い方を紹介 | MensModern[メンズモダン]

焚き火テーブルは焚き火を安全にする道具

そんなときに活用したいグッズが、焚き火テーブルになります。焚き火テーブルが無いとなかなか焚き火を安全にするのは難しく、また焚き火の火を安定させるのは工夫が必要です。

焚き火テーブルがあれば、焚き火をしながらテーブルとして使うことが出来るので、その場所でお酒を飲んだり食べ物を食べたりすることができるんです。

焚き火を直接、椅子で囲むようなことは危険ですがユニフレームのものや囲炉裏のものであれば、危険なことはなく楽しむことができます。黒い汚れも目立たないのもポイントです。

キャンプ初心者のお役立ち情報!必要な道具や場所の選び方など徹底解説 | MensModern[メンズモダン]

囲炉裏テーブルのユニフレームとは

ちなみに、ユニフレームとはこういったキャンプで使う焚き火テーブルやグリル、ダッチオーブンなどを販売しているブランドの名前になります。

このユニフレームというブランドは、実は日本のメーカーで、新潟のブランドなんです。このメーカーの名前の由来は「ユニークな炎(フレイム、フレーム)を創造」するという意味なんです。

それだけに、キャンプグッズなどの中でも特に火に関係する商品が中心になっており、テント以外にもガスバーナーや焚き火テーブルが中心です。また、ファイヤグリルやダッチオーブンなどもユニフレームの商品は人気がありますね。

ユニフレームはサビに強い製品が多く、天候が変わりやすいアウトドア用品でとてもおすすめですね。そして、できるだけ木を部品に使うなど、アウトドアの中でも雰囲気を壊さない製品をユニフレームは開発しています。

キャンプ用ケトルのおすすめまとめ!人気おしゃれアイテムの選び方は? | MensModern[メンズモダン]

焚き火テーブルの特徴

焚き火テーブルの特徴は、焚き火を設置しやすいようにテーブルの中央部分が開いているんです。そのため、囲炉裏の形をしたテーブルという感じですね。

この焚き火テーブルという商品はユニフレーム以外にも、スノーピークやロゴス、またキャンパーズコレクションなどのブランドからも販売されていますね。

例えばロゴスの焚き火テーブルの場合は囲炉裏にそのまま足がついたような形になっています。あまり高さはないので、その点をしっかりとチェックしておきましょう。

キャンプ用焚き火台のおすすめを徹底比較!定番・斬新なものなど選び方は? | MensModern[メンズモダン]

囲炉裏テーブルとコンロをあわせる

サイズは「76.5×76.5×27cm」となっており、折りたたみ式の焚き火テーブルになっています。そのため、車に乗せての持ち運びが簡単なのがおすすめの点ですね。組み立て方もロックを止めるだけなので、キャンプ初心者でも簡単に設置できます。

また、同じロゴスのダッチオーブンと合わせることで、かなり本格的な焚き火テーブルが出来上がります。バーベキューに使用したり、そこで焚き火をしたりと、テーブルと合わせたときの相性は完璧なのでおすすめです。

薪ストーブでキャンプの秋冬シーズンを暖かく!おすすめ5選と使い方紹介 | MensModern[メンズモダン]

焚き火テーブル以外の使い方もおすすめ

キャンパーズコレクションの焚き火テーブルの場合は、囲炉裏として使うだけでなく、部品をばらして使うと、ベンチやミニテーブルとしての使用もできます。

昼間はばらした状態でテーブルとミニベンチにして使って広々と使いましょう。そして、焚き火テーブルとして、みんなで囲んでつかうテーブルにするのがおすすめの使い方ですね。

他にも黒っぽいスチール製の焚き火テーブルもあります。こちらの素材の方が焚き火テーブルとして、水や熱に強いので長く使いやすいかもしれませんね。黒い汚れも目立ちにくいので黒っぽい素材の焚き火テーブルはおすすめです。

キャンプファッションのおすすめは?おしゃれに楽しむメンズコーデ特集 | MensModern[メンズモダン]

ユニフレームの焚き火テーブルの利点

ユニフレームの中には囲炉裏ではなく、単純な焚き火テーブルも存在します。テーブルの上に鍋などを置いて使う形なので直接焚き火を置くことはできませんが、上で焚き火をするということは出来るタイプのテーブルですね。

特殊エンボス加工のため、ダッチオーブンを直接置いても黒い汚れがつくことも少ないです。熱に強い素材なので、分離型バーナーの使用も可能です。

コンパクトにたたむことが出来るので、その状態で荷物おきにしておいても良いですね。多少乱暴に扱っても問題がないのは、キャンプ道具としては安心できます。

メスティンの使い方とレシピ特集!キャンプの最強クッカーで簡単炊飯&調理 | MensModern[メンズモダン]

焚き火テーブルの選び方のポイント

改めておすすめの焚き火テーブルの選び方を紹介します。焚き火テーブルはブランドで選ぶのもいいですが、まずは基本的な性能としてチェックしておくべき点を理解しておきましょう。

まずは、焚き火テーブルとして使用するのを目的としているので、熱に強く、高温になっても変形しづらい耐久性のあるものにしましょう。焚き火テーブルという名前になっているものはある程度、高温に対応していますが、その中でも素材によって多少違いますね。

次に確認したいのは、組み立てやすさです。焚き火テーブル用意するのに手間取るようでは雰囲気も台無しです。また、組み立て安いということは収納のしやすさにも直結します。車への収納や自宅での収納が簡単かどうかチェックしておきましょう。

無印の木製ローテーブルが使いやすい!折りたたみ式も便利で優秀 | MensModern[メンズモダン]

焚き火テーブルと合わせるのにおすすめなもの

では、焚き火テーブルと合わせるのにおすすめなものを紹介します。やはり焚き火テーブルというだけあって、焚き火を簡単に安全で使えるものが欲しいですよね。

そういぅったときにおすすめなのが「ファイヤグリル」です。使い方としては焚き火以外にも、バーベキューやダッチオーブンとしての使い方ができます。

サイズも通常とラージサイズがあるので焚き火テーブルとのサイズを合わせて購入しましょう。基本的には通常サイズで十分です。

もちろん、焚き火テーブルを使用しなくてもファイヤグリル単体で使用することができます。価格も1万円を切るような価格で耐久性があるものを購入することができます。

おしゃれなキャンプグッズ特集!テーブルなどセンスが良いアイテムは? | MensModern[メンズモダン]

焚き火テーブルを扱いやすくするために

焚き火テーブルを快適に使うために、焚き火用の道具も用意しておきましょう。焚き火の熱に対応した、グローブを用意しておくと便利です。

ダッチオーブンや火バサミなどは熱に対応していますが、どうしても使っていると熱を持ちます。そういったときに焚き火グローブがあると火傷せずに済みますね。

しっかりと熱から手を守ってくれるのに、指も動かしやすいように作られているのでおすすめです。お鍋などの移動時も使えますし、バイクのときに代用品として使う人も多いようです。

ちょっとぐらいの炭なら燃えている状態でも掴んで、空気の調整をすることもできます。焚き火テーブルを使用するなら、火傷して慌てることがないように焚き火グローブを必ず用意しておきましょう。

アウトドアテーブルで人気なのは?キャンプ以外でもおしゃれな使い方がある! | MensModern[メンズモダン]

焚き火テーブルに着火用の道具は必須

炭の火おこしに使う道具に「チャコスタ」というものがあります。このチャコスタの使い方も紹介しておきます。

チャコスタは三角形の口で長方形にのびた筒の容器です。底が網目状になっているので、中に炭を入れて置くと火が底から上部へと吹き上がりやすい形になっているんです。

焚き火台の上に着火剤を置いて、チャコスタに炭をセットしたら着火剤に火を付けましょう。着火剤がちゃんと燃えたのを確認したら、焚き火台にチャコスタを乗せればOKです。10分ほど経過すると、チャコスタの中の炭を焚き火台の上にあければ、火おこしは完了です。

この作業のときにも、先程の焚き火グローブを使用するのがおすすめですね。火ばさみで炭を掴むといっても、熱い火がついているのでやけどする可能性があるからです。

サイドテーブルはDIYで簡単!100均材料での作り方・アイデアまとめ! | MensModern[メンズモダン]

火がつきやすい炭をつかう

炭と薪では基本的には薪の方が大きな炎になります。油をよく含んだ木を薪として使うのがおすすめですね。

キャンプ場にも薪は売っていて、ナラの木を使った薪が火がつきやすいようです。また、最初の火をつける時点では、スギが勢いのある火が付きやすいので、最初につかう薪としておすすめです。

炭には練炭や豆炭、石炭などがありますが、普通の木炭を使えば充分です。むしろ、ファイヤーライターと言われるような着火剤をしっかりと用意しておくことが重要です。黒い木炭がしっかりと火がついて火おこしも簡単にできます。

安くておしゃれな北欧風ダイニングテーブル!予算は5万円以下! | MensModern[メンズモダン]

焚き火テーブルを使い終わったら

焚き火テーブルは強い熱とファイヤグリルなどによる油が付着します。そのまま放置してしまうと黒い炭汚れのようなものが残って汚いですよね。

少しでも焚き火テーブルを長く使えるように、使用した後はしっかりと汚れを拭き取って黒い汚れが残らないようにしましょう。洗剤を付けた雑巾などで拭いてあげるといいですね。

焚き火テーブルとして使ってすぐ拭くとまだ熱くて火傷する可能性もあるので気をつけましょう。また、焚き火テーブルは使っているうちに、ある程度は熱によって変形します。よっぽどバランスが悪くならない限りはそのまま使用できるので、そういった変形は我慢しましょう。

キャンプ用テーブルおすすめブランド特集!折りたたみ式やロール式が人気? | MensModern[メンズモダン]

焚き火テーブルをアレンジ

焚き火テーブルはそのまま使うのもいいですが、少しアレンジして使うのもおすすめです。汚れが目立たないように黒っぽい塗装をすることで、黒い汚れを目立たなくする方法もあります。

また、焚き火テーブルの両端の部分は様々なアレンジが行いやすいです。道具を引っ掛けるように金具を付ける人がとても多いようです。キッチンペーパーホルダーをつけたり、トングをかけたりといった簡単なアレンジがおすすめです。

そういったアレンジをしやすいタイプの焚き火テーブルを選ぶのも、選び方の一つだといえますね。キャンプ道具は自分の使いやすいように、いろいろカスタマイズすることで、さらにキャンプを楽しむことができるようになります。

さらに仲間内で焚き火テーブルを複数用意することで、連結させるということもできます。ユニフレームで販売されている真ん中が空いていないタイプの焚き火テーブルなら、複数横につなげることで、大きなテーブルを作り出すこともできます。

ヘリノックスのテーブルが欲しくなる!豊富なバリエーションと特徴を紹介 | MensModern[メンズモダン]

焚き火テーブルで自然をのんびりと楽しむ

焚き火テーブルについて紹介しました。かつてのキャンプと違って、現在はこういったテーブルも非常に便利なものがでているわけなんです。

囲炉裏型のテーブルなら、高さも低いのでキャンプで使うような小さなイスや岩を使って使いやすいです。また、通情のテーブルサイズの焚き火テーブルなら、キャンプベンチでみんなでテーブルを囲んで食事をすることができます。

なにかと黒い汚れが目立つ炭関係の道具ですが、焚き火テーブルならそういった汚れもつきにくいです。他の道具を最大限に有効活用出来るテーブルなので、1つ、できれば2つ用意できればキャンプの楽しみも増えますね。

キャンプという非現実な空間で、焚き火テーブルを使えば焚き火の雰囲気を存分に楽しむことができます。いままでキャンプでテーブルに困っていた人は、ぜひ焚き火テーブルを利用してみてください。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ