ソロキャンプでも快適な時間を過ごしたいものだが、テントは中でも重要なアイテム。しかし、テントの選び方を間違えるとかさばったり扱いにくいものとソロキャンプならではの悩みも。テント選びで間違わないためにも、今回はソロキャンプにおすすめのものを紹介していこう。

ソロキャンプテントのおすすめまとめ!選び方や人気ブランド・種類を紹介

目次

  1. ソロキャンプで失敗しないためのポイントは?
  2. 中でもテント選びは重要!ソロキャンプをより快適にするには!
  3. ソロキャンプ用テントのタイプ別を把握しよう!
  4. ソロキャンプに使えるテント!その選び方
  5. スタイルに合わせても選び方を変えよう!
  6. キャンプ用品といえばコールマン!こだわりのテント
  7. 独自開発の超軽量素材で扱い簡単!ニーモ
  8. 登山用に最適なテント!アライテント
  9. 女性にもおすすめの快適軽量テント!ヒルバーグ
  10. 登山おすすめの中でも最安値で人気!モンベル
  11. 軽量&組み立て簡単構造でおすすめ!ロゴス
  12. 独自自立式テントで抜群の人気を誇る!MSR
  13. 圧倒的コスパ!バンドック
  14. ワンタッチ式で開閉!ドッペルギャンガー
  15. お気に入りのテントを見つけてソロキャンプをより快適に!

ソロキャンプで失敗しないためのポイントは?

ソロキャンプで失敗しないための最大のポイントは、アイテムの軽量化とコンパクト化だ。普段のキャンプで考えると、キャンプ場で快適に過ごすために、少し大きなキャンプ用品を選ぶこともあるだろうが、ソロキャンプといっても、オートキャンプならまだよいが、ツーリングや登山でのキャンプとなると、荷物が少し増えるだけでかなり疲れることになる。

そのため、アイテムはすべて軽量でコンパクトでで収納可能なものである必要がある。いつものキャンプ用品で代用しようと考えていると、オートキャンプでない限り、かなり大変な荷物の量になったり、ソロキャンプではありえないほどの準備の時間を取られる可能性もあり、けっして快適なキャンプの時間の実現には程遠くなってしまうことだろう。

タケノコテントの特徴とは?「カマボコ」に続く人気の品を紹介 | MensModern[メンズモダン]

中でもテント選びは重要!ソロキャンプをより快適にするには!

そして、そんなアイテムの軽量化、コンパクト化には当然ながらテントも大きくかかわってくる。ソロキャンプでは、一人の自由を感じつつも、一人ですべての作業をこなさなければならない。それが意外にもかなりのプレッシャーになるもので、ちょっと欲張って広い快適なテントをと選んでしまうと、設営も大変で快適どころの話ではなくなる。

必要最低限のソロテントを選ぶ必要があるのだ。ソロテント選びを失敗してしまうと、せっかくの自然のなかでの自由や楽しみが台無しになる。失敗できないソロキャンプだからこそ、ソロキャンプ用テントの選び方を熟知して置き、万全の準備をして置く櫃王があるといえるのだ。

ケシュアの人気テントおすすめ10選!世界中で愛され続ける魅力とは? | MensModern[メンズモダン]

ソロキャンプ用テントのタイプ別を把握しよう!

【ソロキャンプ用テントのタイプ①】シングルウォールテント

それではソロキャンプ用のテントの選び方を見る前に、ソロキャンプ用のテントにもいくつか種類があるので、そのタイプを見ていこう。まずは、用とい合ったものを選ぶ必要があるので必ず押さえておく必要がある。まず紹介するのが、シングルウォールテントだ。

シングルウォールは1つの壁で雨風を防ぎテント内の蒸気を逃がす構造になっているテントで、そのため、防水透湿性の素材が使われているのが大きな特徴だ。軽量で設営・撤収が早いという反面、結露しやすい・密閉性が高い・前室がないなどのデメリットがあり、ソロキャンプにおいても、このデメリットをどう克服するかが問われるだろう。

【ソロキャンプ用テントのタイプ②】ダブルウォールテント

次に紹介するソロキャンプ用テントが、インナーテントと防風・防水目的のフライシートが二重構造になっているダブルウォールテントだ。シングルに比べると重量が増すが、ソロキャンプ初心者で、初めての1張目には快適性の面を考えれば、ダブルウォールテントをおすすめする。

【ソロキャンプ用テントのタイプ③】非自立式テン

自立式のテントとの違いはポールを通しただけではテントの形にならないという点だ。ペグや張り網、あるいは、トレッキングポールを使うことで初めてテントとしての形が成り立つタイプのテントになる。設営になれた上級者向きなので、初心者ソロキャンプの人や、まだテント設営を一人でこなすには時間がかかる人にはあまりおすすめできない。

ソロキャンプに使えるテント!その選び方

【ソロキャンプ用テントの選び方①】目的に応じて選ぼう

ソロキャンプにおいて、テント選びは非常に重要であることはわかっただろう。しかし、そのテント選びも、肝心な選び方が今一つわかっておらず、なにに注目して選べばいいのかポイントが絞り込めていないと、実際に使ってみたときにギャップが発生して快適なソロキャンプを味わうことができない。そこで、テントの選び方を見ていこう。

まずは、目的に合わせたテントを選ぶというポイントだ。ソロキャンプ用テントを選ぶ際には、そのキャンプががオートキャンプなのか、登山なのか、トレッキングなのかなどに合わせて、最適なテントを選ぶようにしよう。

【ソロキャンプ用テントの選び方②】テント設営にかかる時間を考えよう

次に考えるべきポイントが、テントを設営する時間の問題だ。ソロキャンプ用テントは、簡単かつ短時間で設営ができる設計になっているものが多く、価格帯が高くなるとより高性能になる傾向にある。設営の時間の目安がわかるものはそれをしっかりと調べ、実際にソロキャンプで使用するシーンを思い浮かべながら参考にするといいだろう。

また、設営のしやすさでいうと設営法にも注目するといいだろう。比較的設営しやすい設営法を採用しているテントはポップアップ式テント、ワンタッチ式テント、ワンポール式テントが、設営の簡単なテントになる。やはりソロキャンプでテント設営に時間を取られるのは難儀なもの。選び方で設営のしやすさも重視するのはいいことだ。

【ソロキャンプ用テントの選び方③】テントのサイズを考えよう!

次にテントを選ぶ際に考えることが、テントのサイズだ。ソロキャンプ用のテントを広げたときのサイズだが、基本的にソロキャンプでは、サイズもコンパクトな物が良い。しかし、一見すると、コンパクトなものが良いとも思われがちだが、実は、横幅が75センチしかないものもあったりとかなり手狭なものも含まれている。

もちろん、その分コンパクトな性能は上なのだが、自分の体型も含めて考えれば、いざ使用してみたときに、想像以上の狭さを感じることにもなりかねない。そうならないためにも、快適な住居と睡眠スペースを確保するためにも、自分の求めるサイズ感を把握しておくことが重要な選び方だ。

【ソロキャンプ用テントの選び方④】テントの軽量性も重要!

ソロキャンプ用テントでもちろん重要なのが、道具の中でも選び方の最重要項目に位置する重量だ。テントは軽いものと重いものでかなり幅があるのも特徴。では、どの部分でそんなに重さが左右されるのかというと、同じ大きさだった場合、テントの軽さに最も影響するのは、ポールの素材に大きくかかわる。

例えば、アルミに比べてジュラルミンの方が強度もはるかに強く軽い素材になる。ただし、ポールの材質が良くなるとその分価格も跳ね上がるので、注意が必要だ。ソロキャンプ用のテントとして、どの素材でどれ暗いの重量であれば自分の許容範囲かを把握しておこう。

【ソロキャンプ用テントの選び方⑤】テントの前室の必要性

ソロキャンプといっても、テントは欲しいものだが、そこで選び方として意外に見落としがちで注目しておいてほしいのが、テントの前室の存在だ。前室部分にはキャンプに必要な道具や、ツーリングのソロキャンプであればバイクを収納する場所に使えたりと何かと便利なスペースだ。

もちろん必ず必要というスペースではないため、重要な選ぶポイントではないのだが、ソロキャンプに余裕を持たせる為にも多少は気にしておきたい選び方になると覚えておこう。

【ソロキャンプ用テントの選び方⑥】価格の安さ

ソロキャンプ用のテントで最も気になるのがやはり価格だろう。これまで実際にキャンプをしてきた人にとっては、ソロキャンプ用のテントを購入するのは、いかに充実なキャンプにしたいからといって、追加の余計な出費になることには変わりない。なので、できれば安く高品質なものを手に入れたいところである。

もちろん高いものは、収納・機能性が高く、あらゆるソロキャンプのスタイルにあうのが特徴だが、必要のない機能やスペックに対して高い金額を払う必要はない。自分に必要な機能を見極め予算と照らし合わせながら、安さを求めてテントを選ぶようにしよう。もちろん上記の選び方も忘れないように、価格と照らし合わせてほしい。

スタイルに合わせても選び方を変えよう!

【スタイル別ソロキャンプ用テントの選び方①】オートキャンプ

ソロキャンプ用のテントの選び方は上記でもふれたが、しかしキャンプのタイプ別でも、そのソロキャンプ用テントの選び方は大きく変わってくる。例えば、重い素材でできたポールのテントをオートキャンプならまだしも、登山キャンプで持ち運ぶにはなかなか骨が折れる。そんなことにならないためにも、適材適所で選び分ける必要があるのだ。

では、各ソロキャンプのスタイルからベストな点との選び方を紹介していこう。まずは、オートキャンプのソロキャンプの場合だ。オートキャンプは、キャンプサイトの中まで乗り入れることができるもの。自分の宿泊するサイトの横に車を停めて、真横にテントを広げることができるため、軽量性や収納性なんかはあまり気にする必要がない。

簡単な設営法のソロテントの中で、十分な開放感のあるサイズのものを選ぶようにしよう。また、ある程度はお気に入りのブランドや使がってなどこだわりを自由に持って選べるのも特徴だ。一人で設営できるようであれば、通常の3~4人用のテントも検討してみてもいいかもしれない。

【スタイル別ソロキャンプ用テントの選び方②】デイキャンプ

次にソロキャンプといっても、デイキャンプの場合は日帰りでのソロキャンプになるため、、設営法が簡単なソロキャンプ用テントを選ぶほうがいいだろう。特に、サンシェードのように陽射し除けとして使う場合や、プライベートゾーンを作るために設営する場合には、ポップアップ式のソロキャンプ用テントやワンタッチ式テントがおすすめだ。

手軽に設営してすぐにキャンプに移れ、また撤収時にはさっと片づけて帰り支度をできるものがいいだろう。キャンプ場で、もしテント泊をしないのであれば、設営・撤収に時間をかけずにキャンプの時間を長く取れることを優先して選ぶと、扱いやすいテントを選ぶことができるはずだ。

【スタイル別ソロキャンプ用テントの選び方③】登山ソロキャンプ

次は、ソロキャンプの中でも登山でのソロキャンプだが、こちらは登山を楽しみつつ夜はテント泊がしたいというアクティブ志向の方には、軽さと収納性を兼ね揃えたタイプのソロテントがおすすめだ。険しい山道が何キロも続く中、全ての荷物を自分の背中で背負うので、少しの重量の違いでもかなり疲労に係る。

やはり重量を優先してこだわりたいところだ。一つ一つが、100グラム、10グラム単位で軽いキャンプ道具を選べば、全体としても2キロ3・キロの差が出てくる。特にテントは全体の中でも重いアイテムなので、軽量性にこだわって選ぶ必要は大きい。その他にも、自転車でキャンプにチャレンジしたい方も、軽さと収納性重視で選んだほうがいいだろう。

【スタイル別ソロキャンプ用テントの選び方④】ツーリングソロキャンプ

次にソロキャンプの中でもツーリングを楽しみたい人には、最も重要視すべきポイントはソロテントの収納性になる。キャンプ場まで移動手段はバイク。移動までも楽しんでしまうツーリングキャンプではバイクに全てのキャンプ道具を載せるので、持っていける量が限られてしまう。しかし、軽さはあまり気にしなくてもいいのがポイントだ。

コンパクトで値段もリーズナブルなものを選びつつ、少々重量があってもとにかく収納性がいいものを選ぶことに専念しよう。これでソロキャンプのスタイルごとのテントの選び方も分かっただろう。おすすめの一品をこれから紹介していくが、それらと情報を照らし合わせながら人気のものを見つけてほしい。

キャンプ用品といえばコールマン!こだわりのテント

コールマン ツーリングドーム ST

それでは具体的におすすめのテント、人気の高いソロキャンプ用テントを紹介していこう。やはりブランドにこだわりたいという人も、このブランドであれば聞いたことがあるだろう、コールマンから紹介する。ツーリングキャンプで重視すべき、コンパクトでリーズナブルなテントになっており、設営も簡単なモデルだ。

ポールをポケットにはめるだけで、設営できるので簡単で人気も高い。前室が広く、雨の際にも十分な活動ができ、前室にはバイクも入れることができるだろう。また、ベンチレーションを採用しており、高温多湿な日本の夏場でも、テント上部から外に空気を流してくれるので、かなりテント内は快適空間を実現できる。

コールマン トレックドームカペラ/75

次におすすめなのが、こちらのソロキャンプ用テント。ポールにアルミ合金を使用しており、わずか1.6キロという驚きの軽さを実現しているテントだ。設営もつりさげ式で簡単で、コールマンの中でもコスパ重視のモデルと人気も高い。コスパ重視の人にはおすすめの一品といえる。

独自開発の超軽量素材で扱い簡単!ニーモ

ニーモ タニLS 1P

次におすすめのブランドがニーモだ。こちらのソロキャンプ用テントは、サブポールを無くすことで、軽量性に特化したソロテントとなっている。荷物を各々で持ち運ぶ必要のある登山での使用におすすめで登山キャンパーから人気の高い商品だ。吊り下げ式のドーム型であることから設営も簡単なのが高ポイント。

ニーモ ブレイズ 1P

できるだけ荷物を少なくしたいツーリングのソロキャンプにもおすすめなのが、こちらのテント。軽量でコンパクトに収納でき、登山やトレッキングでも活躍が見込めるだろう。また、ポールが一体となっていることから、設営を簡単かつ素早く行うことができ、初心者でも扱いやすいので、初心者キャンパーからの人気も高い。

登山用に最適なテント!アライテント

アライテント トレックライズ0

次に紹介するブランドが、開放感たっぷりの居住性重視のソロキャンプ用テントだ。究極の人地用と銘打つだけあり、携帯性に非常に優れた商品で、コンパクトにもまとまるのでソロキャンプにもってこいのブランド商品だ。それでいて、耐久性もかなり高いようなので、突風吹き荒れる山道でも納得の使い心地を実現している。

アライテント エアライズ1

登山のソロキャンプにおすすめの商品がこちらだ、強度も申し分なく、耐久性をもたせつつ驚異の軽さを実現したコンパクトなテント。ソロキャンプ用のテントの中で場ベストセラーをたたき出したブランド商品になる。目的地でのスピーディーな設営も魅力のソロキャンプ用テントだ。

アライテント X-ライズ1

ソロキャンプで快適空間を重視したい人には、こちらのテントもおすすめだ。蒸気を逃がし水を弾く、X-TREKファブリックスを用いたテントで、雨が降るか雪が降るかと判断に困るような天気でも十分対応してくれるテントになっている。初冬や残雪期に有効に使用できるおすすめのソロキャンプ用テントだ。

女性にもおすすめの快適軽量テント!ヒルバーグ

ヒルバーグ エナン

新しい生地をテントに採用したことで有名なブランドのヒルバーグ。このテントも、Kerlon 600 fabricという新しいテント生地を採用したことで、軽量化かつ他ブランドのタープテントよりも、ワンランク頑丈な強度のあるテントとなっている。もちろん使い勝手も抜群だ。

ヒルバーグ ウナ

上記の素材を使用しつつ、さらにこのブランドの特徴である組み立ての速さを組み込んだ、簡単な設営を体現しているテントがこちらだ。一人用とは思えないほどの床面積もあり、快適なソロキャンプを楽し見たい人にも、人気の高いおすすめソロキャンプ用テントになる。

ヒルバーグ ルーガン

風雨に晒された場所での使用にその強度と安定性を発揮するテントとして有名なブランド商品であるこちらのテント。自立式なのでペグ打ちが困難な状況での使用にも適しており、設営もソロキャンプだからこそありがたい簡単タイプだ。登山やツーリングにも対応できるので、人気も高いブランド商品になる。

登山おすすめの中でも最安値で人気!モンベル

モンベル ムーンライトテント1型

登山のソロキャンプの中でも最も価格が安いテントがこちらのテントだ。このブランドもキャンプの好きな人なら何度も聞いたことのあるブランドだろう。ムーンライトテント1型は軽量かつコンパクトなソロキャンプ用テントとなっている。

そのため、ポールにテントを吊り下げる簡単設営方式なので、疲れた状態でテントを張らなければいけない登山やツーリングにもおすすめのテントとなっており、モンベルのソロテントの中でも最も歴史のある定番モデルとなっているので、人気も高い商品だ。

モンベル ステラリッジテント 1型

こちらのソロキャンプ用テントは、モンベルが販売するソロテントの中でも、特に軽量であることを重視しているものになる。1.44キロと通常のソロキャンプ用テントと比べても圧倒的な軽さを誇り、登山客にはとてもうれしいソロキャンプ用テントとなっている。

軽量&組み立て簡単構造でおすすめ!ロゴス

ロゴス LOGOS the tepee 300

組み立て簡単で軽量なワンポールテントとして有名なソロキャンプ用テント。明るい色合いが女性キャンパーにも人気だ。オートキャンプで少し荷物が増えてしまう方にもおすすめのソロキャンプ用テントになっており、ソロキャンプでとにかく設営を早く終わらせたい人にもおすすめの一品だ。

ロゴス neos ツーリングドーム

超軽量なソロキャンプ用テントを探しているのならば。こちらもおすすめ。総重量わずか2.3キロで、超軽量なツーリング用ソロキャンプテントになっており、収納サイズも大変コンパクト。バイクにのせてもバランスを崩す心配がほとんどないのは、ツーリングソロキャンプの人からすれば大変うれしいポイントだろう。

独自自立式テントで抜群の人気を誇る!MSR

MSR Hubba NX

MSRのハバは登山用ソロキャンプとして人気のドーム型ソロキャンプテントになる。常にテントを進化させ続け、最新モデルは超軽量かつ広々とした居住性を実現しており、ポールにはハブ構造を採用し、簡単に設営できるので、急な雨などにも対応できるように設計されている点がうれしい。デザインもスタイリッシュで、オートキャンプに使う人も多い。

MSR フリーライト1

MSRの自立式テントの中で最も軽量なダブルウォールテントとして人気を博しているのがこちらのソロキャンプ用テントだ。大き目のマットレスを2枚敷いてもさらに荷物を置ける十分なスペースがあり、ソロキャンプでも快適なスペース確保を実現したい人にはおすすめの一品。

圧倒的コスパ!バンドック

バンドック ソロ ドーム 1

圧倒的なコストパフォーマンスでソロキャンプ愛好家から支持を集めるバンドック。驚くほどの安さにも関わらず、その性能はソロキャンプに十分なものを備えており、ロールアップで開放することもできるので、夏の暑い夜も通気性抜群で快適な空間を実現できるソロキャンプ用テントとして大変人気の高い商品だ。

ワンタッチ式で開閉!ドッペルギャンガー

ドッペルギャンガーアウトドア ワンタッチテント T2-84

折りたたみ傘のように、ワンタッチ式で簡単設営、簡単撤収が可能なソロキャンプにありがたい機能満載のソロキャンプ用テントだ。少しでも設営時間を短くして、ツーリングやドライブをしたい人向けのテントだ。陽射しをシャットアウトして快適な居住スペースを確保することができるようになっているのもうれしい。

ドッペルギャンガーアウトドア ライダーズワンポールテント

バイクでのツーリングでの使用に特化したソロキャンプ用ワンポールテントとして有名なのがこちらの商品。コンパクトなテントでありながら2ルーム仕様となっており、そのため、タープを持参することなく寝室とリビングの両方を提供してくれるのもありがたい。

ソロキャンプは料理もこだわる!簡単美味しいレシピやおすすめ道具を紹介 | MensModern[メンズモダン]

お気に入りのテントを見つけてソロキャンプをより快適に!

ソロキャンプ用テントにも多くの種類があり、選ぶにはかなりポイントを絞って選ぶことをおすすめする。しかし、選ぶ際には慎重に、自分に必要な機能や、キャンプシーンに合わせて選ぶ必要があり、けっして適当に選んでいいわけではない。自分のスタイルにベストなものを選んで、より快適なソロキャンプを実現してほしい。

ソロキャンプに必要な道具を紹介!初心者にもおすすめの人気アイテムは? | MensModern[メンズモダン]

評価 3.6/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ