アウトドア好きや登山好きな方にはおなじみのソフトシェルですが、一般の方にはあまりなじみがないようです。ソフトシェルはアウトドア用のアウターレイヤーです。今回はソフトシェルのおすすめメーカーやおすすめのブランド、また着こなしポイントについてまとめてみました。

ソフトシェルのおすすめブランド特集!使い方・選び方や特徴を調査

目次

  1. ソフトシェルの使い方や特徴を知りたい!
  2. ソフトシェルってどんなもの?
  3. ソフトシェルの選び方
  4. ソフトシェルは洗濯もできる
  5. ソフトシェルを洗濯機で洗いたい!
  6. ソフトシェルのおすすめブランドその1:マムート(MAMMUT)
  7. ソフトシェルのおすすめブランドその2:モンベル(mont-bell)
  8. ソフトシェルのおすすめブランド3:ホグロフス(HAGLOFS)
  9. ソフトシェルのおすすめブランド4:パタゴニア(patagonia)
  10. ソフトシェルのおすすめブランド5:アークテリクス(Arc'tryx)
  11. ソフトシェルのおすすめブランド6:カリマー(Karrimor)
  12. ソフトシェルのおすすめブランド7:ザ・ノース・フェイス(The North Face)
  13. ソフトシェルのおすすめブランド8:コロンビア(Columbia)
  14. ソフトシェルのおすすめな着こなし
  15. ソフトシェルのおすすめブランド特集!使い方・選び方や特徴を調査まとめ

ソフトシェルの使い方や特徴を知りたい!

ソフトシェルという言葉を聞いてピンと来る人は、アウトドアや登山が好きな人が多いのではないでしょうか。ソフトシェルとは、アウトドア用のアウターレイヤーの種類の1つなのです。ここではソフトシェルのブランドや選び方、アウトドアだけじゃない使い方などに触れていきます。

ソフトシェルってどんなもの?

ソフトシェルとは素材として伸縮性があるものを使っていて、撥水性や防風性を備えたウェアのことを指します。また保温性があるにもかかわらず通気性もあるのが特徴で、水分を外に出してくれて蒸すこともなく快適な着心地です。

アウターレイヤーには他に、ゴアテックスなどの素材を使い完全防水となるハードシェルがあります。こちらはアウトドアの中でも特に寒い場所や、登山といったようなロケーションで使われるものです。大雨や雪が相手でも中に着ているベース・ミドルレイヤーが濡れることがないので、ロケーションごとにアウターレイヤーの選び方があります。

マウンテンパーカーという別名もある

ソフトシェルだけでなくハードシェルにも共通した呼び方となってしまいますが、登山などの時に上に着るアウターウェアなので、マウンテンパーカーという呼び方もされる事もあります。しかしマウンテンパーカーと言っても、本格的にアウトドア用に作られたものだけでなく、あとでご紹介するようにタウンユースとしても使えるようなファッショナブルなものまでさまざまな種類があります。

ソフトシェルの選び方

ソフトシェルは各メーカーによって、それぞれの特徴が違います。そのため、選び方を考える際には各メーカの特徴やデザインのほか、機能性や着心地など何を重点に置くかを考える必要があります。またどういったシーンで着用するかによっても選び方は変わります。

ソフトシェルの選び方1 選ぶ時の注意点

ソフトシェルの選び方で、注意することが2つあります。1つ目は完全防水ではない点、そして2つ目は長時間着用する時に、急な天候の変化が予測される場合には不向きという点です。伸縮性・揮発性・防風性や保温性があるソフトシェルですが、完全防水ではないため、水に濡れることはもちろん、着用中の突然の大雨で体が濡れてしまうことが予測されるためです。

ソフトシェルの選び方2 試着をしてみよう

ソフトシェルは多くのブランドが様々なものを作っています。そのためどれがいいのか、選び方で悩む人が多いようです。ですがソフトシェルは基本的にアウトドアで使うものなので、自分に合ったものを選ぶ必要があります。よさそうなブランドや気に入ったソフトシェルが見つかったら、まずは試着をしてみることをおすすめします。

試着をする時にはまず普通に着るだけでなく、腕を上げたり少し動いてみるようにします。この時に素材が体にごわごわしたり、少しでも動きづらいな、と思ったらデザインが良くても、ソフトシェルの選び方としてはその人には合っていないと言えます。またしっかりとフロントジッパーを閉め、フードもかぶってみましょう。

さらに腕を動かしたときに、腕の部分が手首から10㎝程度出てしまったりするのも注意が必要です。この場合は手袋をしていても、その部分の素肌が出てしまったり、日焼けをしてしまったりする可能性が高いためです。

ソフトシェルは洗濯もできる

ソフトシェルを汚してしまったけれど、洗えるのかわからずクリーニングに出す人もいることでしょう。ソフトシェルは基本的に選択のできるアイテムです。しかし、洗濯手順がありますので、しっかりと手順を守りましょう。間違った洗い方をすると、型崩れや変色の可能性があります。

ソフトシェルの洗濯方法

ソフトシェルの洗濯方法ですが、最初に首回りや袖口の汚れに、『酸素系液体漂白剤と重曹と食器洗剤』を『1:1:1』で混ぜた洗剤を汚れ部分に塗ります。その後に柔らかいスポンジで洗剤を塗った部分を擦り洗いします。

擦り洗いが終わったら普通の洗濯洗剤を水に溶かし、ソフトシェルを2時間程度つけおきます。時間が経ったら洗濯機で軽く注いで、薬局で購入できるクエン酸を混ぜた水で軽く洗って脱水を行います。

ソフトシェルを洗濯機で洗いたい!

上で洗濯の仕方をご紹介しましたが、それでも洗濯機でなんとか洗濯できないか?と考える方もいるでしょう。実は素材や洗濯機で洗濯する方法など、いくつか注意する点をクリア出来れば洗濯機でも洗濯する事が可能です。ここからは洗濯機でソフトシェルを洗濯する時の注意点に触れていきます。

洗濯機での注意点1 洗剤

洗濯機でソフトシェルを洗濯する時に、普段使っているような洗剤を使うのはNGです。生地に洗剤が残りやすいだけでなく、生地を傷めたりウェアの効果が薄れたりする可能性があるからです。そのため専用の洗剤を使う必要があります。

ソフトシェルに使える洗剤には、「GRANGER'S」と「NIKWAX」の2つがあります。GRANGER'Sはソフトシェルブランドの「パタゴニア」や「アークテリクス」が推奨しており、さらに素材としても有名な「ゴアテックス社」も公認をしています。またNIKWAXからはブーツを始めとしたアウトドア用品の防水や、クリーニングに使えるスプレーなどが販売されています。

GRANGER'SもNIKWAXもいくつかの種類がありますので、ソフトシェルの状況に合わせた洗剤を購入する必要があります。しかし専用となる洗剤ですので、そこそこ値段も高いです。1度着て毎回専用の洗剤を使って洗濯するのは、コスト的にかなりかさむので時間とお財布と相談しながら選ぶ必要があります。

洗濯機での注意点2 洗濯機の設定他

まず洗濯をする前にフードは広げ、ファスナーは閉じておくなど洗濯中に痛めたり、洗剤が残留したりするのは前もって予防しておきましょう。また洗濯機のコースはすすぎを多めに、かつ脱水なしに設定する必要があります。また洗濯をする前に必ずウェアの洗濯表示には目を通しておきましょう。見ないで洗濯してダメにしてしまった、なんてことは避けておきたいですね。

そして「洗濯機だから何も考えなくていい」ではなく40℃くらいのお湯を用意して、洗濯機に使います。これを使うことで洗剤の残留が防げるだけでなく、汚れの落ち方もよくなるんです。洗濯が終わったら乾燥機にかけます。乾燥時間や温度は、使われている素材ごとに変わりますので注意してください。詳しくはウェアの洗濯表示の所にも書いてありますので、よく見る必要があります。

乾燥機がない場合は水気を絞って陰干しをします。その後布を当てながらアイロンで仕上げてください。直にアイロンを当ててしまうと、生地が傷んでしまうので要注意が必要です。

ソフトシェルのおすすめブランドその1:マムート(MAMMUT)

マムートはスイスに本社を置く登山用品専門のブランドです。登山用ロープから始まり、世界で初めて縦横にストレッチする素材を使ったソフトシェルを作ったメーカーとも言われています。マムートはドイツ語でマンモスを指していて、名前の通りマンモスのロゴが入っているのも特徴の1つです。

ソフトシェルのおすすめブランドその2:モンベル(mont-bell)

モンベルは大阪に本社を置く、日本のアウトドア総合ブランドです。「Light & Fast(軽量、迅速)」と「Function is Beauty(機能美)」という2つのコンセプトで、機能性やコストパフォーマンスの高い製品が多いです。そのため日本国内でもかなり人気の高いブランドです。

ソフトシェルのおすすめブランド3:ホグロフス(HAGLOFS)

ホグロフスはスウェーデンに本社を置くアウトドア用品メーカーです。品質はもちろん、素材にもこだわりを持ち、何より耐久性に強いという使う人に嬉しい物を多く作っています。ソフトシェルジャケットにも軽くて丈夫なものが多く、日本国内でも知名度が上がってきているブランドと言えます。

ソフトシェルのおすすめブランド4:パタゴニア(patagonia)

パタゴニアはアメリカのブランドで、登山やアウトドア用品だけでなく、衣料品やサーフィン用品なども製造しているメーカーです。スノーボードやサーフィンと言ったアウトドアスポーツに力を入れているので、乾きやすくストレッチ性も高いものが多くあります。

ソフトシェルのおすすめブランド5:アークテリクス(Arc'tryx)

アークテリクスはカナダのノースバンクーバーに本社を置く、衣料品やアウトドア用品を作っているメーカーです。メーカー名は「始祖鳥」から名付けられていて、ロゴにも始祖鳥が描かれています。ソフトシェルジャケットのデザインはシンプルながらも洗練されていて、様々な使い方をすることが出来ます。

またソフトシェルジャケットの種類によっては腕にもファスナーポケットがついているものもあり、細かいものを収納したりすることも出来ます。

ソフトシェルのおすすめブランド6:カリマー(Karrimor)

カリマーはイギリスのアウトドア用品メーカーです。スポーツとしての登山を指すアルピニズム発祥の国のブランドですので、機能性の高いカリマーブランドの商品はクライマーの間で人気を誇っています。またエベレスト遠征隊がこのブランドのものを使用したことも複数回あります。

またシンプルながらもスタイリッシュなデザインや配色は男性はもちろん、女性にもおすすめできるアイテムが多いブランドです。

ソフトシェルのおすすめブランド7:ザ・ノース・フェイス(The North Face)

ザ・ノース・フェイスはアメリカの登山やアウトドア用品のメーカーです。衣料品でも有名なメーカーの1つで、名前を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。デザインは人間工学に基づいた設計がされているので、とても動きやすいものが多く作られています。

ソフトシェルのおすすめブランド8:コロンビア(Columbia)

コロンビアはアメリカのスポーツウェアメーカーです。コロンビアが開発したものの中にはアウターとインナーがジッパーで一体化していて、季節によって着脱可能なインターチェンジシステムがあります。これによってコロンビアはアメリカでも有数のトップブランドになりました。

コロンビアのソフトシェルの特徴に「オムニシールド」と言うものがあります。これはソフトシェルジャケットでありながら、紫外線を98%もカットしてくれる特徴を持っているんです。そのためアウトドアはもちろん、寒い時期でのランニングなどの時に着るアウターとしてもいい使い方が出来ます。

またサッカーも好きな人なら知っているかもしれませんが、コロンビアにはイングランドのプロサッカーチーム、マンチェスター・ユナイテッドと、オフィシャルアウトドアアパレルパートナー契約を結んでいます。なので中にはマンチェスター・ユナイテッドのロゴの入ったソフトシェルもあります。

ソフトシェルのおすすめな着こなし

ソフトシェルの使い方は、普通は登山やアウトドアで使われるものです。しかしそれ以外でもソフトシェルを使ってみたいと思ったことはありませんか?ここからはソフトシェルのおすすめな着こなし方を見ていきます。

ソフトシェルのおすすめな着こなし1 運動時のアウターとして使う

運動やランニングを普段からしている人は経験があるかもしれませんが、シャツだけだと寒いという時に、ウインドブレーカーを着たりすることもあることでしょう。しかしウインドブレーカーでは風は通すものの蒸れてしまう事もよくあります。そんな時にウインドブレーカーの代わりとしてソフトシェルを着る使い方もあるのです。

ソフトシェルは通気性はもちろん、吸湿・拡散性が高いので蒸れることもなく、動きやすいという特徴を備えているので、ウインドブレーカーの代わりに上に羽織ると寒くなく、また汗をかいてもさわやかでいられます。さらにポケットも多く配置されているため、タオルを入れておいたりと、アウターとしてのソフトシェルの使い方はメリットも多いです。

ソフトシェルのおすすめな着こなし2 普段着としての使い方

ソフトシェルを普段着としての使い方が出来ないかな、と考えたことはありませんか?しかしソフトシェルを普段着として使う際には、気を付けておいたほうがいい点があります。ソフトシェルはカラフルな色をしているものも多くありますが、コーディネイトに自信がない人がこれを選んでしまうと、見た目的に浮いてしまったり、ひどい時には明らかにアウトドア品を着ているとバレてしまいます。

こんなポイントを避けるために注意しておきたい点として、まず色合いは黒やネイビーといった落ち着いた色がおすすめです。またカーキ色もミリタリージャケットのような使い方が出来るので、こちらもいいですね。またなるべくシンプルなものを選ぶほうがいいでしょう。

大雨が降ったりするとさすがにアウトですが、パラパラと小雨が降るくらいであれば、ソフトシェル1枚でこと足りてしまうのは特徴であり、強みです。たまには気分を変えたファッションをしたい時や、少し普段着ているのでは寒いかな、と思うような日にはソフトシェルを着てみるという使い方はおすすめです。

ソフトシェルのおすすめブランド特集!使い方・選び方や特徴を調査まとめ

アウトドアでのアウターウェアとしてだけでなく、スポーツや普段着としてでも使えるソフトシェルは、その懐の深さも特徴で魅力的なものです。自分で気に入ったデザインのものがあったら、ぜひ試着してみて1着は着てみてはいかがでしょうか。幅広い使い方にファッションの幅が広がるかもしれませんよ。


評価 3.7/ 5(合計3人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ