子供の水筒を選ぶときどういったところを意識したらよいか悩んでしまうこともおおいですよね。今日は、そんな子供の使う水筒を選ぶポイントについてご紹介していきます。水筒選びで家事の時間短縮に繋がることも多いので是非参考にしてみてください!

子供用水筒を選ぶ時の8つのポイント!洗い方や飲み口の形状にも注意!

目次

  1. 子供の水筒を選ぶ時どうしたらよいか迷ってしまう
  2. 子供の水筒を選ぶときの洗い方や注意する点とは?
  3. 子供の水筒を選ぶときのポイントその①
  4. 子供の水筒を選ぶときのポイントその②
  5. 子供の水筒を選ぶときのポイントその③
  6. 子供の水筒を選ぶときのポイントその④
  7. 子供の水筒を選ぶときのポイントその⑤
  8. 子供の水筒を選ぶときのポイントその⑥
  9. 子供の水筒を選ぶときのポイントその⑦
  10. 子供の水筒を選ぶときのポイントその⑧
  11. 子供の水筒を選ぶ時は洗い方やメーカーなどをしっかり調べよう!

子供の水筒を選ぶ時どうしたらよいか迷ってしまう

なかなか子供が使った水筒などを自主的に洗い場にもってきてくれなかったり、明日までに用意して置きゃなければならないのに、翌朝に急いでやってしまったりという経験をされている方も少なくないと思います。

子供の水筒を選ぶ際にどうやって選んだらよいか悩む主婦の方も多いはずです。年齢を重ねるにつれて買い替えも必要になる為、ますます悩んでしまいます。今回はそんな、水筒について選ぶ上でのポイントなどをご紹介していきます。是非参考にしてみてください。

子供の水筒を選ぶときの洗い方や注意する点とは?

子供の水筒を選ぶ際はなかなか迷ってしまうことが多いはずです。家事の時間短縮なども考えると洗いやすくなおかつ、子供が飲みやすいものを使用すると良いでしょう。メーカーなどはよくありますが最近では百円ショップにもとてもおすすめな水筒なども販売されているため、子供の水筒などを選ぶ際はメーカーなどに拘り過ぎなくても良いと言えます。

水筒とは、主に幼稚園などで使うケースが多く三年間同じ水筒を使用する幼稚園の子供はあまりいません。そのため壊れてもいいものとして購入することを心がけましょう。洗い方なども簡単に行える水筒を買うことによって、家事の時間も短縮できおすすめです。今日はそんなおすすめの幼稚園などで子供が使うための水筒のポイントについてご紹介します。

キャンプで子供が喜ぶ遊びを紹介!大人も楽しめる・盛り上がる遊び方とは? | MensModern[メンズモダン]

子供の水筒を選ぶときのポイントその①

幼稚園で使う際子供の水筒は素材で選ぶ!

幼稚園などで使う子供の水筒にはまず、素材の種類があります。プラスチックとステンレスです。どちらも同じようにメリットデメリットなどがありますので、幼稚園の状況や子供の使い方などに合わせて水筒を選ぶことをおすすめします。メーカーなどはさほど拘らなくても大丈夫です。メーカーではなく子供の好きな柄などで選んであげましょう。

幼稚園で使う子供のステンレス素材のポイント

ステンレスの子供用水筒のいいところは、まず保冷効果が強いところです。冷たいものを冷たいまま飲むことが出来、ステンレスの為腐敗の心配も少ないです。熱消毒も出来る為、おすすめです。ステンレスですので、耐久性もあり幼稚園で子供が乱暴に扱っても大丈夫ですのでおすすめです。ただし、少し重たいので子供の体格などを考慮して選ぶと良いでしょう。

幼稚園で使う子供のプラスチック素材のポイント

プラスチックの良いところは、まず子供の好きなキャラクターなどの柄が多いことです。そして軽いため持ち運びにおすすめです。値段自体もとても安くメーカーが作っているものでもステンレスの物の、1/3の値段で購入できるので、すぐに買い替えなどが可能です。

しかし、保冷効果があまり無い為夏場など冷たくない状態でぬるくなってしまいがちです。メーカーは気にせずどこにでも売っているので購入も場所を選ばずおすすめです。

スタンレーの水筒おすすめ10選!その特徴と魅力をモデル別に紹介 | MensModern[メンズモダン]

子供の水筒を選ぶときのポイントその②

幼稚園で使う際のみ口をしっかりと見る事がおすすめ。

幼稚園などの子供はまだ、起用に細かく物を動かしたりすることが苦手なことも多いです。そのため、飲み口に期を使いどれくらい簡単に飲むことができるかが重要になります。子供の水筒を選ぶ際いくつか飲み口の種類がありますので、ご紹介します。メーカーなどに囚われずとも様々な物がありますので是非おすすめを見つけてみてください。

幼稚園で子供が使う水筒のおすすめのみ口「ストロータイプ」

水筒を選ぶ際のポイントとして、参考にしていただきたいのが飲み口の部分です。まだ直接口をつけてコップなどで水筒を利用することが難しい子供におすすめです。ただし、逆流などがしやすく唾液や口の中の食べ物のカスなどが多く入ってしまい衛生面には注意が必要です。またパーツも細かい為洗い方にはなかなか苦労する方も多いようですが、簡単に飲める為おすすめです。

幼稚園で子供が使う水筒のおすすめのみ口「コップタイプ」

衛生面では、どの水筒よりも優秀なコップタイプです。洗い方などにも気を使うことも少なく、丸洗いや熱消毒といった洗い方が出来ます。そして、コップに注いだりすることがある為腕で支える能力や細かい部分を動かす力が身につきやすいです。その分こぼす危険性もありますが、そういった学習の為に使っている幼稚園も多いようです。

幼稚園で子供が使う水筒のおすすめのみ口「直飲みタイプ」

飲むときにすぐに飲むことが出来、丸洗いできる為洗い方を選びません。しかし、唾液などの逆流や穴が開いているので、何か異物などが入る可能性もゼロではありません。ですが、大容量でしっかりと保冷もできるため身体の大きい子供にはおすすめの水筒になります。

おしゃれで可愛いメンズ水筒特集!おすすめで人気のデザインはコレ! | MensModern[メンズモダン]

子供の水筒を選ぶときのポイントその③

飲む容量を考えて水筒選びをすること。

子供は幼稚園などでは常に動き回っています。汗の量も冬でも夏でも同じくらいかいてしまう為年齢にあった水筒の容量を選ぶ必要があります。年齢に100mlをかけた量が標準的といわれています。容量をしっかり選んで子供の飲む量に合わせて水筒を選びましょう。

しかし、今後大きくなるからといって最初から大きな容量の水筒を買うことやめましょう。なぜなら、子供は思っているよりも物を壊しやすいです。ですので、その年齢にあった水筒を選んであげることが子供の成長にもよく間違って怪我などを避けることにもつながります。

子供の水筒を選ぶときのポイントその④

水筒を部分的に交換が可能かどうか?

たとえば水筒の本体の部分はとても綺麗なんだけど、飲み口のストローの部分をかんでしまって、買い換えるのに部品が必要、と言ったこともおきかねません。ですので、まずはその水筒に簡単に交換できる部品が売っているかどうかなどを確認しましょう。また、ステンレスタイプであれば洗浄する洗剤なども売っていることもありますのでしっかりとチェックしましょう。

もちろん、飲み口と本体をつなぐゴムをパッキンの部分も交換できるものがおすすめです。そういったものを簡単に交換できれば子供の無意味な病気を避けることが出来安全に活衛生的に、子供の水筒を持たせることが出来ます。ですので、部品の部分もしっかりとみて選ぶことが水筒選びにおすすめです。

子供の水筒を選ぶときのポイントその⑤

子供の水筒を選ぶ際デザインが気に入っているか?

子供の好きな柄が書いてある水筒を選ぶことによって、物持ちのよさが決まってきます。気に入っているものは大切に扱いますので、結果的に長持ちするようになります。そして何より、毎日忘れず水分補給をしてくれる為親としては、脱水症状などの危険性がさがりとても安心できると思います。

さらには、気に入っている水筒ですので自分から洗って明日の準備を手伝ってくれるようになるケースもあるようです。ですので、子供の気に入った水筒を選んであげることで家事の時間の短縮にもつながりなおかつ子供もハッピーになれるのです。

子供の水筒を選ぶときのポイントその⑥

購入の際はメーカーも気にすると良い

最近では、メーカーでなくても質の良い商品はいくつもあります。しかし、それでもメーカーに拘る方も多いはず。有名なメーカーの特徴についても駆るご紹介していきたいと思います。水筒選びの基準にしてもいいかもしれません。

水筒メーカー「象印」

基本的によく言われていることが、象印の水筒は汚れに強いと言われています。特殊な加工などがされており傷がつきにくく汚れがつきにくいそうです。

水筒メーカー「タイガー」

タイガーの水筒は、軽く丈夫であるため持ち運びにはかなりの率でタイガーが多いかもしれません。素材が薄い為熱伝導をしてあった買い物を入れるにはあまり向かないものもあるようです。

水筒メーカー「サーモス」

サーモスは、蓋や接続面の部分でとても心強いです。漏れにくく少しの力でしっかりとしまってくれる為、安心してバックの中に入れることが出来るといわれています。

子供の水筒を選ぶときのポイントその⑦

水筒をうっている場所はなるべく家から近いところがおすすめ

水筒を売っている場所は、なかなか遠いとイザと言う時買いに行くことがむずかしく苦労してしまいます。様々な場所で水筒は売っていますが、子供が気に入る柄があるかどうかが重要になってきており、一箇所家から近いところに安定した購入場所があるとおすすめです。

最近では、インターネットでも購入がすすんでおりどこでも購入できるようになっていますがやはり口に入れるものなのでしっかりと、手にとって選びたいのが親心というものでしょう。ですので、近くの車でいける場所などに購入できる場所をいくつか把握しておくと意外と便利なのです。

子供の水筒を選ぶときのポイントその⑧

幼稚園や保育園の基準を満たしているか確認する

実は、最近ではステンレスの水筒などは重たく怪我の原因になる可能性があると言う点から禁止されている保育園や幼稚園もすくなくありません。ですので、まずはしっかりとパンフレットで基準を満たしているか確認を取ることが大切です。ストロータイプやコップタイプが禁止な場合もあります。

様々な原因で、昔に比べ規制が何かと厳しい世の中で選ぶことが大変になりがちですが、子供の毎日の生活がその水筒一つで華やかになることをどうぞお忘れないよう心に留めておきましょう。子供と一緒に水筒を買いに行く日華を作れば自然とお出かけやコミュニケーションがふえるのでおすすめです。

子供の水筒を選ぶ時は洗い方やメーカーなどをしっかり調べよう!

子供の水筒を選ぶ際は、洗い方や容量のみ口のタイプによってしっかりと考えてから選ぶことを意識しましょう。楽しく水筒を選ぶことによってもしかしたら家族でピクニックに行く機会もでてくるかもしれません。家族みんなで水筒選びを一緒にしてみてはいかがですか?

面白い文房具まとめ!便利・ユニークで子供へのプレゼントにも最適 | MensModern[メンズモダン]

評価 4.5/ 5(合計7人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ