料理上手になるにはレシピにはないコツがある?上達する10の方法

料理上手になるにはどうすれば良いのか、上達方法やレシピのコツについてまとめました。味をちゃんと決められる料理上手になるには上達方法のコツを取り入れてレシピを参考にするのがおすすめ。好きな味に仕上がる料理上手になるにはどうするか上達方法をチェックしましょう!

料理上手になるにはレシピにはないコツがある?上達する10の方法

目次

  1. 料理上手になるにはどうすれば良いか知りたい
  2. 1.まずはキッチンを片付けよう
  3. 2.味の基本を覚えるのが上達のコツ
  4. 3.切ることを上達させるコツを取り入れよう
  5. 4.調理方法の基本を覚えて上達をする
  6. 5.レシピではなく調理方法の工程を覚えるのがコツ
  7. 6.上達のために失敗をすることを恐れない
  8. 7.料理上手になるには目標を明確にする
  9. 8.外食で味の研究をしてみる
  10. 9.便利な調味料を活用して味の幅を増やす
  11. 10.献立をまとめて考えて整理する

料理上手になるにはどうすれば良いか知りたい

上達するコツを知ることが料理上手になるには大切

料理上手になれれば、自分が食べたいものを美味しく作れるのが良いですよね。家族や友人、恋人にも美味しい料理を振る舞うことができるので、充実した食生活を楽しめるようになるのではないでしょうか。料理上手になるには上達するためのコツを知っておくことが大切になります。上達のコツをつかめば、料理上手になるのはそこまで難しいことではありません。

「料理上手になるにはどうすれば良い?」「どういったコツを取り入れれば良いのか知りたい!」という場合に役立つ料理上手になるには何をすれば良いのかまとめました。料理上手になるにはコツを取り入れて慣れていくことが重要になります。みんなが美味しいと言ってくれるような料理を作れるように料理上手になるにはどうすれば良いか学んでいきましょう。

1.まずはキッチンを片付けよう

料理上手になるには環境を整えることが大切

それでは、料理上手になるにはどうすれば良いのかチェックしていきましょう。料理上手になるには、基本的なところからしっかりと整えていくことが大切になります。まずはキッチンの環境を整えていくことが重要なポイント。キッチンが汚れていたり、使い勝手が悪かったりすると、どうしても効率が悪くなって料理の手際も悪くなってしまいます。

調味料類や調理道具を取り出しやすく整理したり、必要な整備を整えたりといったことは料理をするためには必要なこと。そういったことを省いていきなり料理上手になろうとしても、結局は挫折をしてしまいます。どういった空間であれば自分が料理をしやすいのかを整えていくことが料理上手になるには必要となるのではないでしょうか。

料理をしたくなる空間をつくるのがコツ

キッチンをきれいにしていくだけでなく、料理をしたくなるような空間にしていくことも大切です。例えばおしゃれな調理道具を取り入れるだけでも「料理を頑張ろう!」というモチベーションが高まりますよね。料理をすることが楽しくなるように必要な道具を揃えたり、おしゃれなキッチン空間にしたり、といったことが基本的には重要になります。

ナチュラルキッチンで暮らしをお洒落に!100円インテリア雑貨を紹介! | MensModern[メンズモダン]

2.味の基本を覚えるのが上達のコツ

味付の基本を知る方法が料理上手になるには大切

キッチン周りを整えることができたら、料理に取り掛かっていきましょう。料理上手になるには味の基本を知ることが大切になります。どういった調味料と調味料を組み合わせれば、どういう味に仕上がるのか基本的な調味料の使い方を把握していきましょう。「この料理を作るにはこの調味料が必要」といった目安をつけることができれば、料理もぐっと簡単になります。

どの組み合わせがどんな味になるのか知ろう

どの調味料の組み合わせであれば目指す味になるのか知っておかないと、常にレシピを見ないといけなくなってしまいます。いちいちレシピを見ながら料理をしていたら効率が悪いですし、レシピに頼りきりになって自分の味を作れなくなってしまうので味を追求することはとても大切なポイント。醤油やみりん、酒など基本的な調味料の使い方に慣れておきましょう。

どういった組み合わせであれば理想の味になるのか把握することができたら、味付けは適当でもそれなりに美味しくなります。逆に味付けの組み合わせがわからないとイマイチの味になってしまうため気をつけましょう。料理上手になるには感覚的に調味料を使いこなせるようになることが重要になります。

調味料さしすせその意味を紹介!順番に入れると料理が美味しいのは本当? | MensModern[メンズモダン]

3.切ることを上達させるコツを取り入れよう

包丁で切ることに慣れるのが上達のコツ

味も大切ですが、包丁でカットできるようになることも料理上手になるには大切になります。「包丁を使うのは面倒だな」と感じた場合でも、包丁を使えないと料理上手になることはできないので頑張りましょう。最初は包丁を使いなれていないと失敗することもあるかもしれませんが、そういったことを繰り返しながら料理が上達していくので頑張ってくださいね。

包丁が苦手でも料理上手になるには大切な方法

「包丁を使うのが怖い」といったように苦手意識を持っていたとしても、使っていくうちにどんどん慣れていきます。最も良くないのが包丁を使うのがいやだからといって使わないようにしていること。そうなるといつまでも上達せず、料理も十分に作ることができません。包丁を使うことになれれば料理もぐっと簡単になるので、ぜひチャレンジしていきましょう。

4.調理方法の基本を覚えて上達をする

炒める、煮るなどの基本の調理方法を学ぼう

炒める、煮る、揚げるといった料理の基本的な調理方法を知ることも料理上手になるには欠かせません。まずは初心者でもやりやすい炒める・茹でる・煮るといった調理方法にチャレンジしてみましょう。こういった調理方法も慣れが必要になります。慣れてきたら揚げ物にチャレンジするなど段階を踏んでいけば徐々に調理のコツをつかむことができるのではないでしょうか。

料理上手になるには火加減を知るのもコツ

料理上手になるには調理の過程で火加減を知っていくことも大切になります。「この料理だと弱火くらいが良い」「これだった強火でさっと火を通したほうが良い」といったように料理を積み重ねていくことによって徐々に火加減がわかってくるので慣れが大切。

「火加減がわからない……」と思い込んで料理をしていないと、いつまで経ってもコツはつかめないので何度もチャレンジする中で食材に最適な火加減をつかんでいきましょう。最適な火加減なら美味しい料理が作れます。

スキレットで作る料理レシピ10選!おかずからデザートまで紹介 | MensModern[メンズモダン]

5.レシピではなく調理方法の工程を覚えるのがコツ

レシピに頼り切りならないのが料理上手になるには必要

レシピに頼りきりになれないことも、料理上手になるには意外と重要なポイントになります。もちろん、最初はレシピがないと料理が作れないかもしれませんが、慣れていくうちにレシピから巣立ちをしていくことも上達するには大切なポイント。

何度も作るのが上達の方法として効率的

同じレシピを何度も作って慣れていくうちに、火加減や味の具合、調理工程が身についていきます。そうすればレシピがなくても料理が作れるようになりますよね。このように何度も繰り返すことでレシピに頼らない方法を取り入れるようにしましょう。

6.上達のために失敗をすることを恐れない

味や調理などを失敗しても繰り返しチャレンジ

料理初心者だと失敗はつきものです。味付けに失敗したり、火加減に失敗したり、切るのに失敗したりといったように最初は当たり前のように失敗をするので落ち込まないようにしましょう。料理上手になるには失敗も大切です。失敗をすることで「次回はこうすれば良いんだ」という気づきになり、徐々に料理に慣れるようになるので失敗を恐れないようにしてくださいね。

7.料理上手になるには目標を明確にする

レシピや味を掲げて目標にする

ただなんとなく料理を作っているだけでは目的意識が薄れて飽きてしまうことがあります。そうならないように目標とするレシピや味を設定してみましょう。「これを完璧に作れるようになる!」といったような目標があれば、料理をするのも楽しくなるのではないでしょうか。

段階を踏んでいけば自然に上達する

料理上手になるにはいきなり難しい料理にチャレンジしても意味がありません。初級の料理からはじめて徐々に段階を踏んでいくことが大切になります。段階を踏むことで料理の腕も上達し、目標へどんどん近づいていくので頑張ってみてくださいね。

一人暮らしの食事事情は?安くて簡単な料理を自炊で作ろう!節約レシピ特集 | MensModern[メンズモダン]

8.外食で味の研究をしてみる

料理上手になるにはいろいろな味を知ることが大切

いろいろな味を知ることは料理上手になるには大切。外食に出かけた時はどういった味付けをしているのか学んでみるのもおすすめです。

味の組み合わせも勉強してみよう

「この組み合わせがこんなに美味しい料理になるんだ!」といった気づきができるのも外食の魅力。プロの味から取り入れられるポイントを活用して、自分の料理に生かしてみてはいかがですか。

9.便利な調味料を活用して味の幅を増やす

だしの素やめんつゆなどの調味料を活用

だしの素や中華だしの素、めんつゆといった便利な調味料を使うことも大切。こういった調味料を使うことで時短になり、料理に対する負担を減らすことができます。

面倒な工程を省くのも料理上手になるには必要

一からだしをとったりするのはとても大変ですよね。そういったことを手間に感じて料理をするのがいやになってしまっては意味がありません。それを避けるためには面倒な工程を省くことも重要なポイント。便利な調味料も活用しながら自分の味を探してくださいね。

10.献立をまとめて考えて整理する

1週間分の献立を考えておけば、毎日考えなくて良い

1週間分の献立をまとめて考えておけば、毎日メニューを考えてる手間を減らせます。献立が事前にわかっていることで頭の中を整理しやすいのも嬉しいポイント。

まとめ買いもできて効率的

献立がはっきりしていれば、1週間分のまとめ買いもできます。このように効率も考えながら調理をしていくことが料理上手になるには大切なのではないでしょうか。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ