高校生にとって勉強というのは将来の分かれ目になるものです。そんな高校生はどれぐらいの勉強をしていて、睡眠時間はどれぐらいなのでしょうか。高校生の平均の睡眠時間から、勉強を効率的に行う方法を紹介します。高校生に必要な睡眠時間を把握して、勉強に励みましょう。

高校生の平均睡眠時間は?勉強の効率が上がるには何時間が理想的?

目次

  1. 高校生の平均睡眠時間はどれぐらい?
  2. 高校生が取るべき睡眠時間とは
  3. 睡眠時間が高校生の勉強効率を上げる
  4. 高校生の平均睡眠時間は6時間以下!?
  5. なぜ高校生の睡眠時間は短いのか
  6. 高校生が最低限取るべき睡眠時間
  7. 高校生なら睡眠時間をまず確保
  8. 高校生の睡眠時間は土日で補う
  9. 高校生の睡眠時間の質を高める
  10. 短時間睡眠も一つの方法
  11. 高校生の睡眠時間の質を高める方法
  12. 毎日の生活を少し気をつけるだけでOK

高校生の平均睡眠時間はどれぐらい?

高校生となると部活に勉強となかなか睡眠時間が取れないこともあると思います。しかし、しっかりと効率よく睡眠時間を取ることは、勉強の効率もあげることにつながるんです。

そんな、高校生の平均の睡眠時間や、必要な睡眠時間はどれぐらいなのでしょう。また、効率の良い睡眠時間のとり方はどうなっているんでしょうか。

高校生が取るべき睡眠時間とは

まずは、高校生の平均の睡眠時間の前に、高校生が取るべき睡眠時間をチェックしておきましょう。必要な睡眠時間をしっかりと確保できていないと、身体のバランスは崩れてしまって、勉強も効率的に行えなくなってしまうんです。

まず、高校生に必要な睡眠時間は「7時間から8時間」と言われています。ここには、勉強にも関わる脳の働きが関係しているんです。

勉強を効率よく頭の回転を安定させるには、脳にある前頭連合野という部分がしっかりと働くことが重要です。しかし、その前頭連合野という部分はしっかりとした睡眠が取れていないとだめなんです。

睡眠時間が高校生の勉強効率を上げる

この前頭連合野は、脳の情報を集めて組み合わせる働きをする集合場所のようなものです。そして、勉強に関わるポイントは、この前頭連合野が人間の意識や記憶に関わる部分だからなんです。

前頭連合野はしっかりと働くにはしっかりとした睡眠時間が必要です。そして、日頃からしっかりと睡眠時間を撮っておくことで、脳がしっかりと働くようになるんです。

必要とする記憶をしっかりと取り出してくれるようになるので、時間が限られている試験のときなど、必要な記憶が効率よく引き出せることにつながるんです。

高校生の平均睡眠時間は6時間以下!?

平均で7時間から8時間の睡眠時間が必要とされている高校生。しかし、最近の子供は実はその平均睡眠時間を大きく下回る睡眠時間だと言われているんです。

どうやら最近の高校生の平均睡眠時間はなんと「6時間以下」と言われているんです。これはあくまで平均睡眠時間のため、これよりも長い睡眠時間の高校生もいれば、もっと短い高校生もいるわけです。

中にはこの平均睡眠時間の半分の3時間ほどの睡眠時間しか取れていない高校生もいるのだとか。これほど短い睡眠時間では、勉強の効率が下がるのは当たり前ですよね。

なぜ高校生の睡眠時間は短いのか

では、なぜ高校生の平均の睡眠時間はそれほど短くなってしまっているのでしょうか。完全に睡眠時間が不足している原因を考える必要があります。

高校生の睡眠時間が削られる理由には、部活の存在があります。部活で遅い時間に帰ってきてからご飯を食べて、ゆっくりと自分の時間を過ごす。そういう生活をするとどうしても寝る時間になると、0時を回ってから布団に入る人も多いでしょう。

他にももちろん勉強していることもあれば、ついついスマホを触ってしまって時間が経っていることもあります。これらはメリットもデメリットもある存在なので、リフレッシュするために必要な時間ともいえます。

高校生が最低限取るべき睡眠時間

このように実際に必要といわれている睡眠時間と、高校生の平均の睡眠時間には大きな差があることがわかりました。

そういった中で、最低限高校生が取るべき睡眠時間は「6時間」だといえます。これは高校生にかかわらず大人になってからも同様といえるので、たとえ0時に布団に入っても朝の7時まで寝ることができるなら6時間ぐらいの睡眠を確保することができるわけです。

睡眠時間が減れば減るほど、せっかく勉強した内容も頭に入りませんし、集中力や勉強に対するやる気も薄れてしまうんです。

高校生なら睡眠時間をまず確保

うとうとしながら、中途半端に勉強しても非効率的です。眠いならちゃんと寝て睡眠時間を取って、次の日頑張るほうが、よっぽど勉強した内容が頭に入ってきます。

一つの方法として、夜はしっかりと寝て、少し早起きして勉強をするという方法の方が良いといえますね。太陽の光を浴びることは、身体の体内時計をリセットしてホルモンをしっかりと分泌してくれます。

体調が良くなると勉強の効率も上がりますし、前向きに勉強に取り組めますよね。しっかりとこれを習慣化させれば、日中に眠くなることも無くなります。夜の静かな時間の勉強も良いですが、朝の少しずつみんなが起きる時間の中で勉強するのもおすすめです。

マフラーの巻き方5選!高校生メンズに合う制服別の簡単な結び方 | MensModern[メンズモダン]

高校生の睡眠時間は土日で補う

ひとつの方法として、平日の睡眠時間が短くなるのは仕方ないですが、土日はしっかりと睡眠時間を確保する方法です。平日の疲れは、土日でまとめて回復させるという方法ですね。

平日は6時間ぐらいの睡眠時間で、土日は2時間ぐらい長い7時間から8時間睡眠を取るようにしましょう。部活動を卒業してからなら、土日の休みは睡眠時間を確保できますよね。

実際は塾などがあって、土日もゆっくりできないという高校生も多いかもしれませんが、長時間の勉強時間が本当に自分に合っているのか考え直してみるのもおすすめです。

スタバで勉強が禁止に!迷惑をかけないで勉強できるところは? | MensModern[メンズモダン]

高校生の睡眠時間の質を高める

もし、睡眠時間を長く取れないという場合は、睡眠時間の質を高めることがおすすめです。例え睡眠時間が短くても、質の高い睡眠を取ることができれば、身体を休めることができるんです。

睡眠の質を高めるには、寝る前にはできるだけスマホなどの液晶画面は見ないこと。寝具を自分の身体にあったものを選ぶなど、小さな工夫が睡眠の質を高めます。

そして、やはり寝るのは夜にするべきです。太陽が出る時間に合わせて起きることが睡眠の質を高め、生活リズムを安定したものにしてくれます。しっかりと深い眠りにつけるように、部屋をある程度暗くして、余計な音がしないほうがいいですね。

高校生ファッションのおすすめコーディネートまとめ!冬のメンズカジュアル | MensModern[メンズモダン]

短時間睡眠も一つの方法

別の方法として、短い睡眠時間で頭をスッキリさせるという方法です。やはり、1番は長い睡眠時間をしっかりと取ることですが、なかなかそうはいかないときもあります。

実は「15分程度」の睡眠時間を取ることは、頭をすっきりさせて眠気を飛ばす効果があると言われているんです。それ以上長い時間寝てしまうと、深い眠りのリズムに入ってしまうので、起きにくかったりぼーっとした目覚めになってしまうんです。

このタイプの睡眠は、他の睡眠と違ってお昼ぐらいに取るのがおすすめです。お昼休みの時間に軽く仮眠を取っただけなのに、午後はすっきりと勉強に取り組めたという経験もあるかもしれません。

海外などでは、お昼に睡眠を取る文化がある国があるほどで、それはこういった短い睡眠を取ることで頭をすっきりさせて午後に集中するという意味があるからなんです。平日でも休日でも、お昼ごろに15分だけ芽をつぶって休憩するだけでも、大分違いありますよ。

ネクタイの結び方高校生編!男子の簡単な締め方まとめ3選! | MensModern[メンズモダン]

高校生の睡眠時間の質を高める方法

では、高校生でもできる睡眠時間の質を高める方法をさらに紹介しましょう。まず、高校生でもやってしまいがちなのは、カフェインの摂取です。

スタバなどで勉強しながらコーヒーやカフェラテなどを飲んでカフェインを摂取すると、なかなか眠れなくなります。そのため、カフェインは「寝る4時間前まで」にするようにしましょう。

コーヒーに含まれるカフェインは覚醒作用があるため、睡眠の質が下がってしまうんです。その上、カフェインは利尿作用もあるので、飲んで寝るとトイレのために目覚めてしまう可能性もあって、深い眠りを妨げてしまうんです。

カフェインが含まれる飲み物として、コーヒーやココア、そして紅茶や日本茶に緑茶が代表的です。もちろん、エナジー系のドリンクにもたくさんのカフェインが含まれているので気をつけるようにしましょう。

高校生の誕生日プレゼントランキング!本当に欲しい人気のものは? | MensModern[メンズモダン]

毎日の生活を少し気をつけるだけでOK

他に食事も寝る3時間前、また温かいものや辛い食べ物はほどよく食べることが重要です。身体が暖まってから下がっていくときは眠りやすいことと、深い眠りにつけるためおすすめなんです。

そして、部屋の明かりやスマホの液晶は少しずつ暗くしていきましょう。なかなかスマホを見ないというのは難しいので、液晶の画面を暗くしていくことで目を少しずつ眠る方向に持っていきましょうね。

このような方法でもし睡眠時間が取れなくても、質の高い睡眠をとって、勉強の効率を高めるようにしましょう。しっかりと寝て、起きたら集中して勉強に取り組むのがもっとも良い勉強方法だといえますね。


評価 4.4/ 5(合計5人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ