運動は健康にどんな効果がある?寿命を延ばす身体の動かし方

運動と言われても、いったいどんな健康的な効果があるのかやいったいどんな事をしたら良いのか分からない方も多いはずです。今回は運動をすることで自然と寿命を延ばし、精神的な面でも健康になれる方法についてご紹介していきたいと思います。

目次

  1. 健康になるためには「運動」が大切?
  2. 運動とは具体的にどんなことを指すのか?
  3. 運動しない病気になりやすい身体になるのか?
  4. 有酸素運動はどんな健康効果を身体に与えるのか?
  5. 無酸素運動はどんな健康効果を身体に与えてくれるのか?
  6. 運動を行うと身体の健康や寿命にどんな効果があるのか?
  7. 運動による血糖値や血圧、血液内の脂質異常の改善効果
  8. 運動による心の健康を改善し寿命を延ばす
  9. 運動が骨粗しょう症やがんの予防に繋がり健康になる
  10. 運動で運動機能の改善や加齢に伴う身体の健康寿命を延ばす
  11. 運動によって加齢と共にある生活機能低下を防ぐ
  12. 有酸素運動と無酸素運動を組み合わせると効果的!
  13. 運動という枠組みに囚われずまずは歩く事が大切!
  14. 運動だけでなく食事の生活習慣を見直し健康寿命を延ばす
  15. 運動だけでなく日々の健康的習慣によって寿命が延びる

健康になるためには「運動」が大切?

運動をする事が身体の健康寿命を延ばすには大切であるという事をご存知ですか?実際運動が身体にいい事は良く知っていますが、どのような健康効果があるのかをご存知の方は少ないと思います。有酸素運動や無酸素運動の違いなどの使い分けも、健康寿命を延ばすには大切になります。年を重ねると、身体の筋肉が思うように動かなくなってしまいがちです。

今回は実際運動自体どのような事をしたら良いのか、習慣的に運動をする事によってどんな健康的な効果が実感できるのかなどについて詳しくご説明してきます。年を重ねるにつれて体がどんどんと老化していくので、運動がとても大切になります。そんな運動の大切さや身体の健康寿命についてもご説明していきます。

運動後の食事で疲労回復!プロテインを飲む絶好のタイミングは? | MensModern[メンズモダン]

運動とは具体的にどんなことを指すのか?

運動と聞くと息を切らして汗を流すイメージがありますが、今回は加齢に伴う身体の衰えをいかにして止め健康寿命を長くするかという点に着目して、運動についてご説明します。普段イメージされている息を切らす有酸素運動などではなく、身体の寿命や健康自体の寿命を延ばす習慣を身につける為の運動法です。

運動とは基本的は汗をかいて細胞内でのエネルギーを燃焼させる事がメインになり、酸素と結びつく事が多く体が酸化します。これの酸化の進行度は運動の強度にもよるのですが、そこまで激しい有酸素運動などはしなくても良いです。まずは、歩くなどの軽い有酸素運動を習慣化させる事が大切であり、習慣にする事によって寿命を延ばす事ができるのです。

アウトドアにおすすめの座椅子ランキング!フェスや運動会で大人気 | MensModern[メンズモダン]

運動しない病気になりやすい身体になるのか?

運動が人間にとって大切という事は、誰でもなんとなく想像できることだと思います。人間は日々生きている中で無意識に有酸素運動をしていますが、年齢を重ねるにつれどんどんとこの自然に習慣化している有酸素運動すらも出来なくなってしまいます。ですので、意識的に身体を少しでも動かす事が大切なのです。

基本的に運動をしないと、基礎的な筋肉の量が体が使わないと判断するとどんどんと減っていきます。その結果片足だけで、椅子から立ち上がる事が出来なくなったり寝転んでいる状態から、立ち上がる事が困難になります。そして、基本的な筋肉量が減るという事は代謝が下がってしまい、基礎体温が低下するので病気に対する免疫がなくなっている事に等しいのです。

血液の流れが悪くなり認知症などの可能性も

運動しなくなるという事は、身体の中で上手く血液が循環しなくなってしまうという事です。つまり、必要な酸素などを運ぶ時に上手く運ぶ事ができず、身体の部分は上手く機能できなくなってしまう事とまったく同じなのです。脳にも血液がいきにくくなり、脳の病気にかかることも増えます。

運動をしないことが必ずしも不健康になるわけではないですが、運動している事で健康に近づくことは確実に出来るのです。日々の病気に負けない身体を作る為にも、運動は必ず必要になります。

腹筋の消費カロリーはどのくらい?運動効果と効率よく鍛える方法を紹介 | MensModern[メンズモダン]

有酸素運動はどんな健康効果を身体に与えるのか?

有酸素運動は主に、呼吸を意識して一定のリズムと少ない負荷(重りなど)で行う運動の事です。有酸素運動の良い所は、酸素を多く取り入れる為全身の筋肉や細胞などにしっかりと酸素がいきわたり血流がよくなることで、脳卒中など生活習慣病の予防にも繋がるのです。他にも、身体の代謝機能を改善してくれる為汗などが出やすくなりデトックス効果もあります。

他にも、適度な有酸素運動は心筋梗塞のリスクを軽減してくれる効果も持っており、有酸素運動を習慣的に取り入れる事は、自然と寿命を延ばす事に繋がるのです。有酸素運動といっても、何も身体に無理やり鞭を打って行うわけではありません。自分自身の出来る軽いウォーキングなどから始める事がおすすめです。

スポーツデートを2人で楽しんでリフレッシュ!運動不足やストレス解消にも! | MensModern[メンズモダン]

無酸素運動はどんな健康効果を身体に与えてくれるのか?

無酸素運動とは、基本的にある一定の負荷を掛けてそれを持ち上げる瞬発的な運動の事です。主に、筋肉トレーニングや短距離の陸上などが挙げられますが、年を重ねてくるとなかなか負荷をかけての動きが難しくなります。しかし、負荷といっても重りをつけたりする必要は無いのです。自分自身の体の重さで十分です。

無酸素運動は主に、身体の生活機能を改善してくれる効果をもっています。日常的な動作などのほかに、車などを運転しているときの細かな動きをコントロールしやすくする効果も与えてくれます。さらには、無酸素運動は簡単に日常生活に組み込む事ができるので、無理なく続ける出来体の筋肉などの機能を改善してくれます。

運動を行うと身体の健康や寿命にどんな効果があるのか?

実際運動しているとどのような健康的な効果があり、また寿命などはどういったことで延びるのかという点についてご紹介していきます。基本的に、運動においては身体的に健康になる効果と精神面での健康を改善してくれる効果をもつという事を覚えておいてください。年齢関係なく精神的なストレスなどが多い場合怪我や、病気などのリスクが格段に上がってしまいます。

人間は仕事を辞めたり普段行っている習慣的なことが無くなってしまうと、すぐに体調を崩してしまうのです。実際、仕事を辞めた後に何もする事がなくなってしまい精神的に弱くなりうつ病にかかるリスクが、仕事をしている人に比べると倍以上高くなってしまうのです。そういった点も、意識しながら健康寿命について考えると良いでしょう。

運動による血糖値や血圧、血液内の脂質異常の改善効果

運動する事によって、血糖値が改善されます。これは、運動する事によってインスリンの働きを正常にし分泌量も調節する事ができるため、血糖値を健康に保つ事ができるのです。血液内の糖分の量を減らす事ができれば、脳卒中や心筋梗塞などといった病気を予防できます。しっかりと、血糖値を保つ事で血管内の血液もサラサラになります。

他にも運動することによって、全身の血流がよくなり効率よく筋肉などの細胞に栄養素を運べるようになり基礎代謝が上昇します。これによって、血圧が下がり血管内の脂質異常値も改善される為身体のだるさなども、改善でき脳にも血液がたくさん通う為認知症の予防にも繋がるのです。

運動による心の健康を改善し寿命を延ばす

運動によって、交感神経が刺激され脳みそがアクティブな状態になります。その状態で汗を流したり運動したりする事によって脳の中にエンドルフィンという物質が分泌される事によって、気持ちが高揚しいい気分になります。身体の機能自体も改善する事が脳みそにも作用し結果的に心のケアに繋がるのです。

運動を多く行う事で、水分をしっかりと取る事によって体が動いたり物事を前向きに考えたりするような思考に切り替わります。これによって、運動を習慣化していることで精神面から健康になる事ができ自然と身体的にも健康な効果を実感できるようになります。そしてどんどん笑顔が増える為人とのコミュニケーションも増えていきます。

運動が骨粗しょう症やがんの予防に繋がり健康になる

年を重ねるにつれて、骨などが弱く脆くなってしまうことも大きな問題とされています。骨粗しょう症などの病気は基本的に、運動などを全くしない寝たきり状態の人などになりやすい病気と言われています。運動を日々している人は常に骨に刺激を与えているので骨粗しょう症になりにくいと言われています。運動によってかなり多くの病気が改善する事が可能です。

他にも、運動を習慣にしておらず普段から運動をしていない人には体内からストレスや、喫煙などによって活性酸素という物質が分泌されています。普段の運動している人にも分泌はされているのですが、ストレスなどを感じている人に多く分泌され、活性酸素は自分自身の細胞を傷つけ心筋梗塞やがん細胞を増やしてしまうのです。

運動で運動機能の改善や加齢に伴う身体の健康寿命を延ばす

運動を行う事によって、病気などの面で改善する事が分かり健康的な生活を送る事ができるという事が分かったところで、加齢と共に一番失ってしまうのが、身体的な運動能力の部分です。この部分が低下する事によって前に出来ていた事すらできなくなってしまい、余分な精神的ストレスを感じてしまうのです。

簡単な運動をするだけでもいいですが、無理をする事はあまりよくありません。座った状態でゆっくりと足を上げたり下げたりするだけでも十分な運動になります。一番ダメな事は動けないと諦めてしまうことなのです。そうしてしまうと、精神面でも一気に老化していき立ち上がれなくなってしまいます。

運動によって加齢と共にある生活機能低下を防ぐ

生活機能の低下とはどのような事か想像できるでしょうか?基本的には、普段の生活において不便を感じてしまう事です。例えば普通に上れていた階段自体が苦に感じるようになってしまい、二階の寝室まで歩いてあがらないようになってしまったなど、さまざまな問題が発生してきます。このように生活機能の低下が一番恐ろしいのです。

運動によって生活機能の低下は防ぐ事が出来ますが、無理に行うと逆に寝込んでしまう事がありますので無理は禁物です。運動にも様々な運動があり杖を使って歩いて行うものもありますので一概に、息を切らして汗を流す必要はありません。普段使わない筋肉をゆっくりと動かしほぐして、使ってあげればよいのです。

有酸素運動と無酸素運動を組み合わせると効果的!

上記でご紹介した有酸素運動と無酸素運動ですが、これはどちらか片方をやるだけでもとても効果的なのですが、両方をバランスよく取り入れる事で、より効果的に日々を生活できるようになります。といってもなかなか有酸素運度をやった後に無酸素運動をするのではなく、無理なく両方を使い分ける事が大切なのです。

動いたりするのが困難な日は、有酸素運動ではなく無酸素運動にして自重(自分の重さだけ)でゆっくりと動かす運動をしましょう。そうする事によって、身体の運動機能を落とすことなく毎日の運動を習慣にする事が出来るようになります。無理なく続ける事が一番大切にと言えます。

運動という枠組みに囚われずまずは歩く事が大切!

運動運動といっていますが、簡単に始められる事からやってみる事が一番です。まずは、散歩がてらゆっくりと家の付近を散歩してみてください。運動という硬い言葉に囚われることなく、趣味の一つとして組み込む自然なやり方が一番おすすめなのです。杖などをつかってもいいです。むしろ、杖を使う事によって歩く事が増やせるのであればどんどん使用しましょう。

毎日の生活を楽しくする上でも、動けるということは一番の幸せです。ストレスの解消も動けるからこそ行えるものが多いです。まずは、どれが自分に一番出来そうか考えてみるのがよいでしょう。無理に周りがやっていることを真似て、やる必要はありません。自分自身にあっているやり方を見つけてみましょう。

運動だけでなく食事の生活習慣を見直し健康寿命を延ばす

運動だけでも十分健康的にも良く寿命を、延ばす事ができるのですがそこに食事を意識してメニューを考えて取り組むと、効率よく健康に近づく事ができます。日々の運動の習慣も大切ですが、食事をしっかり取り入れる事でより一層運動にも健康的な効果がえられ、効率的に年齢に負けない体作りが出来るようになります。

朝ごはんも一日のスタートとなり、しっかりと栄養補給ができればおのずと怪我が減り、精神的にもストレス無く内側と外側から健康になる事ができます。バランスの取れた食事を毎日意識する必要はありませんが、せっかく運動を習慣として取り入れたのであれば、食事も意識してみる事をおすすめします。

自宅でできる有酸素運動15選!その効果は?おすすめ簡単ダイエット! | MensModern[メンズモダン]

運動だけでなく日々の健康的習慣によって寿命が延びる

運動といっても、まずは自分に出来る範囲の事から始めてみる事が大切です。無理をして体を壊してしまっては元も子もありません。日々の小さな運動などの健康的な生活習慣によって、寿命を延ばす事ができます。少しずつ出来る事が増えてくればますます人生が楽しくなります。

人生が楽しく感じてきたとき精神面でも健康に慣れている証拠です。どんどん新しい事にチャレンジできるモチベーションを手に入れることができ、年齢に負けない若々しい身体が出来上がります。運動だけでなく食生活の改善を同時進行で始めると、より効果的と言えます。運動を利用してこれからの人生を明るく楽しいものにしましょう。

一人趣味がおすすめ!運動などストレス解消になる一人で楽しめる趣味14選 | MensModern[メンズモダン]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ