キャンプやアウトドアであると便利な快適アイテムのテーブル。そんなテーブルの中でも、スノーピークのテーブルが使い勝手も簡単で非常に便利という声が多い。そこで今回は、スノーピークのおすすめテーブルをモデル別の違いや特徴も含めて紹介していこう。

スノーピークのテーブルでキャンプを快適に!モデル別の違いや特徴を紹介

目次

  1. スノーピークのテーブルなら間違いない!?
  2. 脚は折り畳むことができるスノーピークのテーブル!
  3. 保証書要らずの充実保証もスノーピークのテーブルならでは!
  4. スノーピークならでは!種類が豊富で設営簡単なワンアクションテーブルとは?
  5. 料理に最適なアイアングリルテーブルとは?
  6. 焚き火を囲んで使うスノーピークのジカロテーブル
  7. ツーリングや登山におすすめのスノーピーク オゼンライト
  8. ソロキャンプでもペアキャンプでも広く使える!
  9. 脚が短く囲んで使いやすい!
  10. 脚の調節でローテブルでも使用可能!
  11. シンプルな使い方が人気!ワンアクションで簡単ソロテーブル!
  12. 連結したりオプションとの組み合わせで幅が広がる!
  13. 火を囲んで食事を楽しむならこれがベスト!
  14. 超コンパクトでツーリングから登山用にもってこい!
  15. 快適なテーブルを見つけてキャンプをより楽しくしよう!

スノーピークのテーブルなら間違いない!?

アウトドアギアでお馴染みのスノーピークのアイテム。そんなスノーピークからのテーブルはいろいろな種類があるが、どの製品も見た目だけでなく使いやすさにもkだ割ったものが多く、多くの愛用者から高評価を得ている。

また、さまざまな部分にキャンプで使用する上で便利な工夫がされており、いざキャンプで使った時に使いにくかったりすることはなく、さらに、キャンプ地を傷めることもないような作りになっていることが特徴だ大手ブランドバラではの安心感、そして、何より洗練されたデザイン性と魅力が魅力で、オプションなども豊富な点も大きな魅力だ。

さらに、スノーピークのテーブルには、ワンアクションで広げられるものが多くそろえられている。扱いも簡単で、ワンアクションで広げられるので、片付け時にはコンパクトに整理できるものが多い。これもスノーピークのテーブの特徴だ。コンパクト性能も高く、扱いやすいものを探している宇野なら、間違いない製品がそろっている。

キャンプテーブルの自作アイデア集!初心者でも簡単にできる作り方を紹介 | MensModern[メンズモダン]

脚は折り畳むことができるスノーピークのテーブル!

それでは、スノーピークのテーブルの魅力について探っていいこう。まずは、ほとんどのアイテムで、足を折り畳むことができるという点だ。あるいは取り外いし可能なモデルも多い。なので、収納のしやすさや組み立ての手間の少なさについても十分考慮されている設計になっている。

組み立てやすさに関しても、製品によってはテーブルとコンロが一緒になっているものもあり、屋外なのにしっかりとしたキッチンを作ることも可能なので、非常に役立つ一台を手に入れることがd系るのだ。ソロキャンプから、大員数で焚き火を囲いたいときに使うテーブルまでバリエーションも豊富。

そして、どの製品においても、この足を取り外せたり、折り畳める機能を搭載しているので、非常に扱いのしやすい製品やセット内容がそろているというわけだ。これからのキャンプでは欠かせないものばかりだ。

キャンプ用テーブルおすすめブランド特集!折りたたみ式やロール式が人気? | MensModern[メンズモダン]

保証書要らずの充実保証もスノーピークのテーブルならでは!

スノーピークのアイテムには、テントやタープなどのキャンプアイテムもさまざま取り扱っているが、もちろんテーブルも含めて、すべての製品の修理をいつでもしてくれるありがたいサービスもついているのが特徴だ。通常、修理に出すには、保証書が必要であるが、スノーピークの製品に関しては、保証書がそもそもない。

そのため、いつ壊れたりしても修理を引き受けてくれるのが、大きな強みになっており、キャンプやアウトドアで使っている人には非常にうれしいサービスになっている。アウトドアやキャンプで使用していると、いつ壊れるかわからない。また、長期間使用して入ればいつかはどこかが壊れてくるもの。アウトドア製品ならなおさらだ。

そんな急な故障にも、いつでも対応してくれることはキャンプアイテムを使用している人からすれば、誰だって嬉しいサービスだろう。長期間愛用していても、このスノーピークの修理サービスであれば、安心して使用できるというものだ。

スノーピークならでは!種類が豊富で設営簡単なワンアクションテーブルとは?

上記のような魅力あふれるスノーピークのテーブル。そんなテーブルにも、いくつかのモデルがあり、ワンアクションで使用できるテーブルから、焚き火を囲うのにもってこいのテーブル、ツーリングや登山などの手荷物をできるだけ少なくしたいときに最適なテーブルと種類が分けられる。

ここからは、そんなシーンごとに活躍するテーブルのモデルごとの紹介をしていこう。コンパクトに片付けられることだけが魅力ではないことがわかるだろう。中にはオプションも豊富にそろっているものやセット内容も豊富なモデルもあるので、注目してほしい。

まず紹介するのが、設営簡単なワンアクションが魅力のワンアクションテーブルだ。とりあえずキャンプ用のテーブルが欲しいと思っている方にはおすすめのテーブルとなる。ちょっと使いたいときに、簡単に取り出すことができ、片付けも楽々。コンパクトになるので、持ち運びも楽で、ソロキャンプから家族キャンプまで広く対応する。

天板と脚が連動して動くように作られているので、設置の際には天板を広げるだけで足が展開するというのがワンアクションの作りだ。収納の際にも、天板をたたむだけで天板の足が収納されるので、テーブルを裏返して足を収納したり、足が動いてしまわないようにベルトで固定したりといった作業が必要ないのは非常にうれしいポイントだ。

この気軽に広げられるポイントは、ちょっとした作業時や、撤収前に朝ご飯を食べる際などにも、あまり機材を出したくないときでも対応できる。このワンアクションんテーブルであれば、設営・撤収が簡単に行えるので、気軽に使用できる点がとてもうれしいのだ。

なによりも、キャンプは設営や撤収の手間の削減、時間の短縮に力を入れたいところ。ものを出しては片付けが大変となるとなかなか億劫になってしまいがち、そんなときでもこのワンアクションテーブルであれば気軽に使用することができる。他の製品であれば、こうはいかないので、かなり大きな強みといえるだろう。

料理に最適なアイアングリルテーブルとは?

スノーピークが展開するテーブルのモデルの中には料理に最適なアイアングリルテーブルというものもある。こちらはキャンプでも、しっかりと調理を楽しみたいという方にベストなテーブルなのだ。アイアングリルテーブルは、調理台とコンロがセットになっているため、キャンプ場でもちょっとしたキッチンを設営売ることができるのだ。

テーブルの高さは4タイプが用意されているので、お使いの椅子やキャンプのスタイルに合わせて、ちょうどよい高さのものを選ぶこともでき、非常にありがたい。調理を行うコンロ部分については、標準ではガス缶を取り付けて使うタイプのものが付属している。しかし、オプションパーツとして炭や薪が使えるBOXを取り付けることも可能だ。

炭火や焚き火を使いたいという方にも安心のテーブルなのだ。そして、おkのアイアングリルテーブルの魅力は、このキッチンもだがオプションパーツが豊富で使い方も多様化できる点が多きな魅力なのだ。なにかとキッチンはいろいろ機能が欲しくなるもの、使い方を自分でカスタマイズできる点は大きな魅力だろう。

オプションパーツとしては例えば、ブロックを使ってスパイクなどを収納できるようにしたり、ハンガーを付けてタオル掛けに使ったり、トレーを買い足して洗った後の食器を収納できるようにしたりと、かなり豊富なオプションパーツやセットパーツがそろっている。カスタムをするだけでも楽しくなるというものだろう。

オプションやセットパーツの運搬については、スノーピークの収納バッグが付属していないので、アクセサリーとして販売されているトートバッグの収納袋を用意するようにいしよう。また、こちらのオプションは、豊富なのは非常にうれしいのだが、どうしても機能が付属している関係で荷物も多くなりがちで、重量も重くなる。

設営にもプラスで多少時間がかかってしまうことも挙げられるので、スノーピークのこちらのテーブルであれば車でキャンプに行かれる方におすすめだ。基本セットの組み合わせが気に入らないという方は、ユニット別に購入することもできるので、自分のオリジナルアウトドアキッチンとして設計してみるのも楽しいだろう。

焚き火を囲んで使うスノーピークのジカロテーブル

次に紹介するのが、こちらのジカロテーブルといわれる製品。このテーブルは、焚き火台を囲んで使用できるように作られている製品だ。中央部分に焚き火台を入れて使えるようにスペースが空いており、焼肉のお店のようん火を囲んで食事をしたり、食後に火を囲んで飲み物を飲んだりすることもできる。

おしゃれな時間を過ごすのにも大活躍してくれるテーブルとなっているのだ。さらに、こちらもオプションがついており、ユニットブリッジを追加できるようにオプション販売されているのだ。このオプションにより、スノーピークのテーブルはバーナーなども設置することができるのだ。

炭や薪の燃えかすを処分するのが面倒という方には、このオプションを追加するだけで、簡単撤収を行えるようになるので、非常に効率的なユニットとして大活躍してくれるだろう。ジカロテーブルは、展開時には十分な広さがあり、4人程度であれば問題なく火を囲むことが可能。

天板部分が8角形の形状となっているので、頑張ればもう何人かは集まることも可能だろう。しかし、焚き火台ようの開口部の兼ね合いで斜め部分が少々テーブルが狭くなっているので、注意も必要だが、それでもかなり広々と使用できるのは大きな魅力だろう。

とはいえ、もちろんコンパクト性能も充実している。折り畳めば、展開時と比較して半分程度のサイズにまで小さくすることができる。重量も約10キロ程度なので、設営や持ち運びも負担は決して大きくはない。ただ、コンロダイヤバーナーを中央に設置するために、設置の順番だけは間違えないように注意しておこう。

設置の際はまず焚き火台を組み立て、それからテーブルを一辺ずつ取り付けると楽に設置できる。天板同士をロックすることもできるので、設置が終わったらロックしておくとテーブルがずれたり、倒れたりすることを予防できる点もうれしい機能だ。

より安全に使用することができるのは、キャンプでもくつろぎながら食事を楽しみたい方、食事とお酒を一緒に楽しみたいという方は最適な一台となるだろう。スノーピークの製品は良い相方になってくれるものが豊富にそろっているといえる。

ツーリングや登山におすすめのスノーピーク オゼンライト

次に紹介するのが、スノーピークのオゼンライトというモデルのテーブルだ。ツーリングや登山におすすめで、2枚の天板と2本のスタンドだけで、組み立てることができる小型のテーブルになるのだ。何よりも特徴的なのが、スノーピークのコンパクト性能と重量。

総重量270グラムという驚きの軽さを誇り、500ミリのペットボトルの半分程度の重さなので、持っていてもほとんど気にならない。収納時の厚みも5ミリ程度なので、簡単に差し込んで持ち歩くことも可能。登山やソロキャンプ、ツーリングなどにおいては、どうしても気になるの荷物の量。持ち運びを考えるとどうしてもテーブルは困るアイテムだ。

あれば便利なのは間違いないが、持ち運ぶことを考えると、どうしてもかさばるので持っていく優先度は後になってしまう。しかし、このスノーピークのオゼンライトというテーブルであれば、収納時のコンパクト性能が抜群で、さらにすごく軽い。この軽量さは、他のセット商品はもちろん、他メーカーのテーブルでは実現できないだろう。

コンパクトと重量を気にして持ち運びができないという悩みもこのテーブルであれば解決できるはずだ。ワンアクションとまではいかないが、設営も非常に簡単で手間いらずなので、気軽に使うこともできる。これからのソロキャンプや登山、ツーリングの良い相方になってくれること間違いないだろう。

ソロキャンプでもペアキャンプでも広く使える!

スノーピーク ワンアクションテーブル竹

それでは、より具体的な商品を紹介していこう。キャンプにをより快適にしてくれるテーブルばかりなので、ぜひ詳しく見てほしい。まずはこちらのワンアクションのモデルになるテーブル。こちらは、コンパクトなワンアクションシリーズの中でも、少々高さのあるタイプになり、ソロでももちろん便利だが、二人分程度の食器を並べることもできる。

ソロキャンプ以外にも、ペアでキャンプをされる方にもぴったりのスノーピークのテーブルだ。このシリーズはオプションなどはないものの、ちょっとしたタイミングで使える気軽さが最大のメリット。セット内容が豊富なものも少ないが、スノーピークのテーブルの中では、最もコンパクトモデルなので、使い勝手は抜群だ。

脚が短く囲んで使いやすい!

スノーピーク ワンアクションちゃぶ台竹 M

こちらは、日本ならではのちゃぶ台型のワンアクションテーブルだ。キャンプやアウトドアでくつろぎの空間を演出したいときはもちろんロースタイルのキャンプに最適のモデルになる。囲んで使いやすく、脚が短めなので、シートを敷いて地面でくつろぐ用途に向いている。

こちらももちろんスノーピークの持ち味である、コンパクトにたたむことが可能なので、使い勝手も抜群。気の温かさと相まって、ちゃぶ台型のこのテーブルは、くつろぎのシーンを大いに雰囲気作りで貢献してくれるだろう。

脚の調節でローテブルでも使用可能!

スノーピーク ローテーブルラウンド竹

こちらは用途に合わせてロースタイルにも、ハイスタイルにもできるスノーピークのテーブルとなっている。暖かい木の素材はそのままに、美しい円状のデザインがキャンプに生えること間違いなしだ。脚の高さは、ロースタイルで375ミリ、ハイスタイルで610ミリと2段階になる。

ファミリーキャンプであれば子供も座りやすいようにロースタイルがおすすめで、ペット同伴など荒らされないようにするためにもハイスタイルがおすすめだ。もちろんスノーピークの持ち味である、ワンアクションの機能はそのままに設営は非常に簡単なので、キャンプでは大いに活躍してくれることだろう。

シンプルな使い方が人気!ワンアクションで簡単ソロテーブル!

スノーピーク Myテーブル竹

こちらはシンプルに使えるテーブルと人気の高いワンアクションテーブルだ。一人用のテーブルとなっており、天板が中央で折りたためる構造になっているので、持ち運びがとても簡単なのが特徴的だ。もちろん、コンパクトで重量も非常に軽いので、大きめのリュックなら収納して持ち運ぶこともでき、ソロキャンプや登山でも活躍できる。

連結したりオプションとの組み合わせで幅が広がる!

スノーピーク アイアングリルテーブル フレーム830脚セット

アイアングリルテーブルの特徴は、コンパクト性能を実現しているその分解性能にある。いろいろなパーツを組み合わせて組み立てることで、実用的なテーブルをカスタムして作ることができるのだが、その種類は豊富。4種類の脚の長さと、3タイプのフレームを組み合わせ、そこからグリルやテーブルなどのオプションを選ぶことで作り上げるのだ。

なかでもこちらのテーブルは、830ミリの足と3ユニットスペースのフレームのテーブルセットとなっている。テーブルを連結したりオプションを組み合わせることで自分のお好みの調理台にカスタムが可能となっている。アイアングリルテーブルの脚シリーズには830脚のロングサイズのほか、ショートサイズもある。

スノーピーク マルチファンクションテーブル竹

こちらは、スノーピークのテーブルの肝心な天板部分になるものだが、標準サイズのアイアングリルテーブルの拡張用テーブルとなる。標準テーブルのほかにロング・ハーフタイプ・コーナーなどのジョイントパーツが豊富で、このスノーピークには5種類あるので、使い分けて選ぶのも楽しい。

火を囲んで食事を楽しむならこれがベスト!

スノーピーク  ジカロテーブル

火を囲んで食事を楽しんだり、焚き火を囲んでおしゃれにティータイムを楽しみたいのなら。こちらのスノーピークのテーブルがおすすめだ。人の座る部分は幅広設計になっており、ゆったりと食事を楽しむことができるように作られている。設営も簡単で、脚を出し各テーブルを組み合わせるだけで簡単に組み立てることができる点もうれしい。

スノーピーク ジカロテーブル1ユニットブリッジ

オプションも紹介しておこう。こちらはスノーピークのユニットブリッジで、バーナーなども設置することのできるオプションだ。炭や薪の燃えかすを処分するのが面倒という方はこちらのユニットはおすすめで、こういったアイテムで使う幅が広がるのはうれしい。

超コンパクトでツーリングから登山用にもってこい!

スノーピーク テーブル オゼン ライト

登山やツーリングにベストなテーブルであるオゼンライトのテーブルからは、こちらのテーブルを紹介しよう。超コンパクトテーブルで、広げるとA4サイズ程度の大きさ。一人の食事ならばこの大きさで充分置くことができる。もちろん、通常キャンプでもセットでほかのテーブルと組み合わせても快適な使い方ができるのだろう。

スノーピークのローチェアがキャンプで人気!おすすめできる魅力を紹介! | MensModern[メンズモダン]

快適なテーブルを見つけてキャンプをより楽しくしよう!

スノーピークのテーブルは、快適なものが豊富にそろっている。それは広げたときもだが、持ち運びなどのタイミングでも快適なものがそろっている。単独で使うときはもちろん、セットでほかのテーブルと久美和合わせて使えばより快適になるオプションアイテムも豊富なので、ぜひ使い勝手のよいセットや一品を見つけて快適な時間にしてほしい。

スノーピークの焚火台が選ばれる理由とは?人気の秘密を調査! | MensModern[メンズモダン]

評価 3.5/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ