湯たんぽはレンジで温める時代!コスパや使い方を考慮したおすすめ10選!

寒い冬を温かく過ごすアイテムとして便利な湯たんぽ。最近はレンジで温めて使う湯たんぽが主流になってきているようです。今回はおすすめのレンジ用湯たんぽや使い方をご紹介します。簡単で便利なレンジ用湯たんぽで、寒い冬を温かく快適に過ごしてくださいね。

目次

  1. レンジ用湯たんぽが人気!
  2. レンジ用湯たんぽとは
  3. レンジ用湯たんぽの中身は?
  4. レンジ用湯たんぽの選び方
  5. 「白元アース レンジでゆたぽん」
  6. 「桐灰 チンして!ゆたんぽ」
  7. 「アイスジャパン 湯たロン」
  8. 「富士商 Nukuton」
  9. 「ドウシシャ ポカタン」
  10. 「ホット&スチームパッド おなか用」
  11. 「桐灰 あずきのチカラ 首肩用」
  12. 「中村 エコリラポット」
  13. 「湯たんぽ ハリネズミ」
  14. 「ハガブル エコウォーマー」
  15. レンジ用湯たんぽで温まろう!

レンジ用湯たんぽが人気!

寒い冬には温かくて便利な湯たんぽを使っている方も多いのではないでしょうか。しかし、毎回お湯を沸かして入れるのは面倒ですよね。そんな方におすすめなのが、レンジで温める湯たんぽです。お湯を使わないので安全で簡単に使うことができます。

今回はレンジ用湯たんぽの使い方や、おすすめのレンジ用湯たんぽをご紹介します。中身の違いや選び方のポイントもご紹介しますので、たくさんあるレンジ用湯たんぽの中からご自身に合った湯たんぽを選んで使ってみてくださいね。

無印の湯たんぽのおすすめな使い方!無印湯たんぽのメリットは? | MensModern[メンズモダン]

レンジ用湯たんぽとは

レンジ用湯たんぽの使い方

普通の湯たんぽは沸かしたお湯を入れて使いますが、レンジ用湯たんぽはお湯を沸かす必要がなく、レンジで温めるだけで使うことができます。湯たんぽは毎回お湯を沸かして入れるのがめんどくさいという方には、お湯を使わずに簡単に温められるレンジ用湯たんぽがおすすめです。

レンジ用湯たんぽを使用する時の注意点

レンジで簡単に温めることができるレンジ用湯たんぽですが、使用方法やレンジでの温め方を間違えると危険です。特に注意していただきたいのが、やけどです。湯たんぽに肌が長時間当たると低温やけどをする可能性もありますので、直接肌に当たらないように付属のカバーに入れて使用してください。

レンジでの温め方にも注意が必要です。最近の電子レンジは便利になっていて、オート機能など自動で温めてくれる機能もありますが、そういった機能は使わず指定された加熱時間を守って温めてください。温めすぎると破裂して内容物が飛び出してしまう可能性があり、とても危険です。

正しい使い方をすれば安全で便利に使えるレンジ用湯たんぽですが、使い方を間違えると大変なことになってしまいます。商品に付いている取扱説明書や注意事項をよく読んで、正しく安全にお使いください。

電子レンジのおすすめランキング!人気メーカーの性能など徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

レンジ用湯たんぽの中身は?

レンジ用の湯たんぽはお湯を入れる湯たんぽと違って、中に保温剤が入っています。その保温材の種類は、ジェル、水、小豆・セラミックビーズの主に3種類あります。今回はその3種類の保温材のメリットやデメリットをご紹介しますので、湯たんぽを選ぶ際のご参考にしてみてくださいね。

レンジ用湯たんぽの中身①ジェル

レンジ用湯たんぽの中で、一番よく使われている保温剤がジェルタイプです。ジェルタイプのメリットは、安さにあります。ジェルタイプの湯たんぽは安く購入できる商品が多く簡単に手に入りますので、初めて湯たんぽを使われる方にもおすすめです。

一方でジェルタイプのデメリットは、破れやすいということです。ジェルタイプのものは、破れてしまうと中身が飛び出してやけどをする可能性もあります。ジェルタイプのものを選ぶ場合は、カバーがプラスチックなどの丈夫なものを選ぶと長く使えそうですね。

レンジ用湯たんぽの中身②水

お湯を入れて使うような湯たんぽを使いたい方におすすめなのが、水タイプの湯たんぽです。沸かしたお湯を入れる代わりに、水を湯たんぽに入れてレンジで温めることでお湯にする仕組みになっています。そのため、お湯を入れて使う湯たんぽと、使用時間や使い心地が変わらないのが水タイプのメリットです。

カバーもシリコンのものが多いので使い心地も良く、体にフィットするのでどの部分にも使うことができます。ただデメリットとしては、お湯を沸かさなくて良いものの、水を入れる必要がありますので、それが面倒という方もいるようですね。

レンジ用湯たんぽの中身③小豆・セラミックビーズ

小豆・セラミックビーズタイプの保温材は、水分を含んだ小豆やセラミックビーズをレンジで加熱することで、水蒸気が発生する仕組みになっています。水蒸気によって自然に近い温かさを体感できるのが小豆・セラミックビーズタイプのメリットです。

水蒸気は体の芯から温めてくれますので、冷え症の方には特におすすめです。また水蒸気は温めながら乾燥も防いでくれるので、保湿効果もあります。しかし、温かさはあまり持続しないので、長時間使用できないことが小豆・セラミックビーズタイプのデメリットです。

玄米カイロとは?作り方や冷え性対策にもなる効能をご紹介! | MensModern[メンズモダン]

レンジ用湯たんぽの選び方

レンジ用の湯たんぽにも、大きさやデザインなどたくさんの商品があるので、選ぶのに迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。使う人や場所によっても選ぶ湯たんぽは変わってきますので、今回ご紹介するポイントをご参考に最適な湯たんぽを選んで使って見てくださいね。

レンジ用湯たんぽの選び方①大きさで選ぶ

様々な大きさがあるレンジ用湯たんぽですが、使用する場所や目的によって使うサイズを変えると便利です。例えば寝る時に布団に入れて使うのであれば、布団全体を温められるように大きめのサイズを選んだ方が良いでしょう。大きい方が保温時間も長いことが多いので、朝まで温かさも持続しますのでおすすめです。

様々な場所で使いたい時には、小さいサイズの軽いものがおすすめです。ちょっとしたときに気軽に使いたい時にも、小さいサイズですとすぐに使うことができるので、手で持ちやすいサイズのものを選ぶのが良いのではないでしょうか。

使用する部分によってもサイズや形を変えるのがおすすめです。目元用、肩用、腰用、足用など専用の湯たんぽもありますので、温めたい場所が決まっているのであれば、専用の湯たんぽを使ってみるのも良いかもしれませんね。

レンジ用湯たんぽの選び方②保温時間で選ぶ

必要な保温時間は使う目的によっても変わってきますので、購入の際には保温時間にも注目してみてください。例えば寝る時に使用するための湯たんぽであれば、長時間温かい方が良いので保温時間が6時間~8時間続くものを選ぶことをおすすめします。

レンジ用湯たんぽの選び方③カバーで選ぶ

湯たんぽは直接肌に当たるとやけどしてしまう可能性があるので、カバー選びも重要なポイントになってきます。また、可愛いデザインのものもたくさんありますので、カバーのデザインで選ぶ方もいるそうです。カバーをつけることでやけど防止にもなりますし、保温時間が長くなる効果もありますので、必ずカバーをつけるようにしてくださいね。

カバーではなく湯たんぽの素材ですが、最近はシリコン製の湯たんぽが人気のようです。シリコンは柔らかいので触り心地も良く、体にフィットしてくれます。また、シリコン製のものはお湯を直接入れてもレンジで温めても良いというものが多いので、どちらでも使えて便利です。

レンジ用湯たんぽの選び方④冷やしても使えるものを選ぶ

レンジ用湯たんぽの中には、ジェルタイプのものなどで冷やして使えるものもあります。シリコン製のものもどちらでも使えるものが多いのでおすすめです。冬場は温めて夏場は冷やしてくれる便利なアイテムですので、どちらも使えるものを選ぶのも1つのポイントかもしれませんね。

扇風機と保冷剤の涼しさ効果を調査!100均材料で自作する方法は? | MensModern[メンズモダン]

「白元アース レンジでゆたぽん」

おすすめのレンジ用湯たんぽ①

最初にご紹介するレンジ用湯たんぽは、安くて様々な種類がある「白元アースのレンジでゆたぽん」です。サイズ違いや首肩用のものもありますので、用途に合った湯たんぽを選ぶことができます。コスパも良いので、いくつか買って使い分けても良さそうですね。

この湯たんぽはジェルタイプの湯たんぽで、2分~3分ほどの加熱時間で、約7時間温かさが持続し、薄くて幅広い形ですので布団の中全体を温めてくれます。ふわふわのカバーが肌触りも良く洗うこともできますので、清潔に使い続けることができるのも人気のポイントではないでしょうか。レンジ用の湯たんぽを初めて使う方におすすめの商品です。

「桐灰 チンして!ゆたんぽ」

おすすめのレンジ用湯たんぽ②

次にご紹介する湯たんぽは、安さが魅力的な「桐灰のチンして!ゆたんぽ」です。お値段は安いですが、洗って清潔に使えるカバーも付いています。安いだけでなく湯たんぽとしての機能も魅力的なので、コスパが良いことで人気になっています。

この湯たんぽもジェルタイプになっていて、2分半~3分半程度の加熱時間で布団の中で使えば約8時間温かさが持続します。短時間の加熱で長時間使うことができるので、気軽に使うことができるのも人気のポイントです。カイロでも有名な桐灰の商品ですので、温かさには定評があります。

電気ストーブの電気代は?vsエアコンで暖房器具を比較!驚きの節約術とは | MensModern[メンズモダン]

「アイスジャパン 湯たロン」

おすすめのレンジ用湯たんぽ③

次にご紹介する湯たんぽは、特殊な保温材を使っている「アイスジャパンの湯たロン」です。常温時は固形ですが、温めると液体になります。透明な袋に入っているので、加熱されているのを目で確認できて安心です。また、洗えるカバーも付いていますので、長く衛生的に使っていただけます。

3分~4分程加熱すると、約42℃の温かさを8時間持続してくれます。他の商品と比べると少し価格は高いですが、熱すぎず丁度良い温かさを朝まで持続してくれる優れた商品です。日本製正規品なので、安心してお使いいただけるのではないでしょうか。

「富士商 Nukuton」

おすすめのレンジ用湯たんぽ④

次にご紹介するのは、シリコン製の湯たんぽ「富士商のNukuton」です。大きさは大と小の2種類ありますので、使用目的によって選ぶことができます。どちらも他の商品と比べると小さいサイズですので、持ち運びに便利な湯たんぽです。またシリコンでできているので、夏は水を入れて凍らせて使うこともできます。

シリコンの湯たんぽにもハートのデザインがされていて、可愛ニットのカバーも白とピンクの2色から選ぶことができるので、特に女性に人気の湯たんぽです。シリコン製なので柔らかく、温めたい部分にフィットしてくれるのも嬉しいポイントではないでしょうか。

「ドウシシャ ポカタン」

おすすめのレンジ用湯たんぽ⑤

次にご紹介する湯たんぽは、レンジでもお湯でも氷でも使えるシリコン製の「ドウシシャのポカタン」です。様々な使い方ができることで、人気になっています。この湯たんぽもシリコン製ですので、体にフィットして使い心地の良い湯たんぽです。また、口が広くなっていますので、中が洗えて清潔に使うことができます。

シリコン製の湯たんぽを入れるカバーのデザインも豊富で、色はイエロー・パープル・ピンク・サックスブルーの4色から選ぶことができます。ディズニーデザインや、キャラクターのぬいぐるみのカバーもありますので、お気に入りのカバーを見つけることができるのではないでしょうか。

足元用暖房のおすすめは?キッチン・オフィス用の人気フットヒーターまとめ | MensModern[メンズモダン]

「ホット&スチームパッド おなか用」

おすすめのレンジ用湯たんぽ⑥

次にご紹介する湯たんぽは、癒し系のくまが可愛いおなか用の湯たんぽです。手のひらサイズの小さい湯たんぽですので簡単に持ち運ぶことができて、どこでも気軽に使うことができます。小さいので保温時間は20分程度しか持続しませんが、ちょっと温めたい時に便利な湯たんぽです。

中身は特殊な人工セラミックビーズが入っていて、温めると蒸気が出てくる仕組みになっているので、優しくおなかを温めてくれます。本体は手洗いすることができるので、カビが発生することもなく清潔に使えるのも魅力的です。加熱時や使用中に破裂することもなく、安心して使っていただくことができる湯たんぽになっています。

「桐灰 あずきのチカラ 首肩用」

おすすめのレンジ用湯たんぽ⑦

次にご紹介する湯たんぽは、小豆の自然な温かさで首と肩を温めてくれる「桐灰のあずきのチカラ首肩用」です。100%小豆の天然蒸気で首や肩を温めることで、全身まで温かくしてくれます。繰り返し使えて約250回使うことができるそうです。

この湯たんぽは首・肩に密着する形になっていて、25分間じんわりと温めてくれます。こった首や肩をほぐしてくれる効果もありますので、疲れたときのリラックスタイムにおすすめです。デスクワークやパソコンで疲れた首・肩に使ってみてはいかがでしょうか。

肩こり解消のストレッチ方法!一人でできる簡単なほぐし方を紹介 | MensModern[メンズモダン]

「中村 エコリラポット」

おすすめのレンジ用湯たんぽ⑧

次にご紹介する湯たんぽは、今までとは違ってプラスチック製で丈夫な「中村のエコリラポット」です。中身がジェルの湯たんぽはちょっとした衝撃で破裂しやすいのがデメリットでもありますが、この湯たんぽはプラスチックで覆われていますので、ちょっとした衝撃では壊れることはありません。

加熱時間は6分ほどかかりますが、保温時間が10時間も持続する省エネな湯たんぽです。丈夫で保温時間も長いということで、ペット用の湯たんぽとして使われている方も多いそう。少し価格は高いですが、丈夫さや長時間の保温、約700回の使用回数など機能的に素晴らしい湯たんぽです。

「湯たんぽ ハリネズミ」

おすすめのレンジ用湯たんぽ⑨

次にご紹介する湯たんぽは、室内で飼っているペット用の湯たんぽとして人気の「湯たんぽ ハリネズミ」です。ジェルタイプの湯たんぽで、可愛いハリネズミのカバーが付いています。カバーはマイクロファイバーでできているので、ふわふわで肌触りも良く、ペットも喜んでくれるのではないでしょうか。

中身のジェルは食べると有害なエチレングレコールが入っていないので、万が一留守の間に湯たんぽを壊して中のジェルを食べてしまっても害はありません。この湯たんぽは可愛さだけでなく、大切なペットが冬を快適に過ごせるように考えられていますので、安心して使うことができる湯たんぽです。

一人暮らしで犬を飼う時の注意点は?ペットを飼う前の準備や育て方 | MensModern[メンズモダン]

「ハガブル エコウォーマー」

おすすめのレンジ用湯たんぽ⑩

最後にご紹介する湯たんぽは、ぬいぐるみのようなデザインが特徴的な湯たんぽです。見た目はぬいぐるみに見えますので、部屋に飾っておくだけでも可愛いと人気があります。また、コットン100%でできているので肌触りが柔らかく、気持ち良い湯たんぽです。

レンジで90秒温めるだけで約30分程温かさが持続し、ほのかなラベンダーの香りが疲れを癒してくれます。冷蔵庫で冷やせば、夏場も使うことができるので、一年中活躍してくれる湯たんぽです。可愛くて機能性も高いので、プレゼントとしても喜ばれるおすすめのアイテムになっています。

レンジ用湯たんぽで温まろう!

今回はレンジ用の湯たんぽについてご紹介しましたが、レンジ用湯たんぽは便利で使いやすいものがたくさんあります。商品によってそれぞれ特徴がありますので、レンジ用湯たんぽの選び方をご参考にご自身に合った湯たんぽを見つけて使ってみてくださいね。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ