ダイソーのスキレットが優秀と評判!人気の理由とおすすめレシピも紹介

使いやすいと評判を集めているダイソーの人気商品・スキレットの特徴やおすすめレシピをまとめました。評判の高いダイソーのスキレットは幅広い世代から人気を集め、おすすめレシピもバラエティ豊か。人気のおすすめレシピでダイソーのスキレットを活用してみましょう。

ダイソーのスキレットが優秀と評判!人気の理由とおすすめレシピも紹介

目次

  1. ダイソーのスキレットの評判やおすすめレシピを知りたい
  2. 人気のダイソースキレットとはどんなもの?
  3. 使いやすいと評判!ダイソーのスキレットの詳細
  4. ダイソーのスキレットを使っている人の評判
  5. ダイソーのスキレットを使う前にしておきたいお手入れ
  6. 使用後もダイソーのスキレットをシーズニングしよう
  7. ダイソーのスキレットの注意点
  8. ダイソーのスキレットを使ったおすすめレシピは?
  9. こんなおすすめレシピにもダイソーのスキレットで挑戦
  10. ダイソーのスキレットで料理を楽しもう

ダイソーのスキレットの評判やおすすめレシピを知りたい

人気を集めているダイソーのスキレット

おしゃれな食卓作りを気軽に楽しめると人気を集めているスキレット。スキレットと一口に言ってもさまざまなメーカーから発売されていますよね。そんな中でコスパ抜群と評判なのがダイソーのスキレット。ダイソーといえば100円均一ショップとして知られていますが、そのダイソーから出ているスキレットが優秀で使いやすいと人気を集めています。

ダイソーでリーズナブルに購入することができるのであれば、スキレットが気になっている人も気軽にスキレットのある食生活を楽しむことができそうですよね。高価なスキレットだとなかなか手が出ないですが、ダイソーのスキレットであればそういった心配がないのが嬉しいポイントです。ダイソーのスキレットで料理を楽しんでみてはいかがですか?

ダイソーのスキレットの評判をチェックしよう

「ダイソーのスキレットとはどんなもの?」「実際にダイソーのスキレットを使っている人の口コミをチェックしたい!」という場合に役立つダイソーのスキレット情報についてまとめました。便利で使い勝手が良いと評判のダイソーのスキレットは何枚か取り入れておくと便利です。ダイソーのスキレットの魅力や使い方のポイントをチェックしていきましょう。

人気のダイソースキレットとはどんなもの?

格安スキレットのブームになったダイソーの100スキ

それでは、そもそもダイソーのスキレットとはどんなものなのでしょうか?近年ではニトリから発売されたスキレットをはじめとしたコンパクトサイズでリーズナブルなスキレットが人気を集めていますが、そんな中で登場したのがダイソーのスキレット「100スキ」です。100円で購入できることから100スキと名付けられ、多くの人から評判を集めました。

リニューアルした200スキや300スキも大人気

最初は100円価格でスタートしたダイソーのスキレットですが、その後にリニューアル期間を経て200円・300円台の価格で再発売されました。新しく発売されたダイソーのスキレットは200スキや300スキと呼ばれ、100スキよりも使い勝手が良くなったと人気に。定番の丸型の他に四角い形もあるので、お好みの形を選べるのもダイソーのスキレットの魅力的なポイントです。

100スキでもやすかったですが、200円、300円のスキレットも十分に安いですよね。「スキレットが欲しいけれども、高価なものは手が出しにくい」という方もダイソーのスキレットであれば気軽に使うことができるようになるのではないでしょうか。リーズナブルで使い勝手の良いダイソーのスキレットを活用してみましょう。

スキレットの使い方と基礎知識を紹介!おすすめのメーカーは? | MensModern[メンズモダン]

使いやすいと評判!ダイソーのスキレットの詳細

コンパクトに使いやすいサイズ

それでは、ダイソーのスキレットの詳細についてチェックしていきましょう。ダイソーのスキレットは気軽に使いやすいコンパクトサイズです。角形の場合、12.5cm×10.5cmに深さ2.5cm、持ち手7cmほど。目玉焼きなら2個分、ソーセージなら5本ほど焼くことができるサイズです。

ちょっとした調理をしたい時にぴったりなサイズ感ですね。スキレットを器代わりにしてそのまま食卓に出せばおしゃれな雰囲気に仕上げることができます。小回りの効くコンパクトサイズのスキレットが欲しい時に最適ではないでしょうか。

2枚以上あればさらに便利

ダイソーのスキレットは2枚以上あるとさらに便利です。スキレット同士を重ねることができるので、もう1枚のスキレットを蓋代わりにできるのが嬉しいポイント。スキレットを蓋にすることによって密閉性が高まり、素早く食材を調理することができるようになります。

また、お皿のような感覚でスキレットを使えるのも魅力。スタッキングもできるので収納場所も大きなスペースをとりません。何よりもリーズナブルな値段なので、何枚か購入しても家計の負担にならないのが嬉しいですね。家族の人数に合わせて最適な数を揃えてみてはいかがですか。

ダイソーのスキレットを使っている人の評判

安くて使い勝手が良い

それでは、ダイソーのスキレットを実際に使っている人たちの口コミをチェックしていきましょう。スキレットを使っている人たちの間で多く見られた口コミが、安いのに使い勝手が良いということです。ダイソーのスキレットはとても安い価格で購入できますが、それ以上に使いやすい工夫が詰まっているのが魅力。

適度に底が深いのでさまざまな料理に使うことができ、ほど良いサイズでバリエーション豊かな活用方法を考えられるのも魅力。安いので何枚か持っておくのも良いですし、器の代わりとしてテーブルコーディネートに取り入れるのにもぴったりです。いろいろなシチュエーションで使えるようになっているのが良いですね。

アウトドアで大活躍すると人気

ダイソーのスキレットは屋内だけでなく屋外でも大活躍。コンパクトサイズで持ち運びしやすいので、アウトドアに持って行って調理道具として使うことができます。大きなフライパンだとなかなかアウトドアに持っていくのは大変ですが、コンパクトなダイソーのスキレットなら気軽に持っていくことができそうですね。さまざまなアウトドア料理に活用することができます。

ダイソーのスキレットを使う前にしておきたいお手入れ

使用する前にシーズニングをしよう

ダイソーのスキレットは使用する前にシーズニングという作業をしておく必要があります。スキレットには錆止めがついているので、それを落としてから使うことによって使い勝手良く活用できるので忘れずに行ってくださいね。シーズニングをしておかないと錆が出てきたりといった弊害も出てくるため気をつけましょう。シーズニングをしておけば、さらに使いやすくなります。

簡単にできるシーズニング方法

シーズニングの方法はとても簡単です。まずは中性洗剤でスキレットの全体を洗って錆止めをとっていきましょう。水で洗い流したら、スキレットを火にかけて水分を蒸発させます。水分が蒸発したら、オリーブオイルをはじめとした植物系のオイルを塗り込みましょう。スキレットの内側だけでなく、外側や取っ手の部分など全体にオイルを塗ってくださいね。

オイルを塗ることは錆止めにつながるので、しっかり行いましょう。オイルを塗ったら再び火にかけて煙が出るまでしっかり加熱します。煙が出たら火を止めて再びオイルを塗り込む、という作業は3回ほど続けてください。最後に粗熱がとれたスキレットにオイルを塗り込んで完了です。

使用後もダイソーのスキレットをシーズニングしよう

スキレットを水洗いして乾かす

スキレットを使った後もシーズニングをしていきましょう。まずはぬるま湯や水でスキレットを洗って汚れを落とします。汚れが落ちたら火にかけて水分を飛ばしましょう。

オイルをぬり込んだらOK

水分がしっかり飛んだら、オイルを塗り込みます。これでシーズニングの完了。簡単な作業なので、スキレットを使った後は行っておいてくださいね。ちゃんとシーズニングをしていれば焦付きを防ぐことができ、錆止めの高価も発揮してくれます。

スキレットの手入れとシーズニング方法まとめ!半永久的に使う為には? | MensModern[メンズモダン]

ダイソーのスキレットの注意点

洗剤で洗わない

スキレットを使った後、ついつい洗剤で洗いたくなりますよね。スキレットの場合は洗剤で洗うのはNG。せっかく塗り込んだオイルが落ちてしまうためです。なので、洗剤は使わずにぬるま湯や水で洗いましょう。

たわしを使うと汚れが落ちやすくなりますが、金属系のたわしは傷の原因になるので使わないでくださいね。なかなか汚れが取れない場合は水をスキレットの中に入れてお湯を沸かすと落ちやすくなります。

湿ったままにしておかない

スキレットを湿ったままにしておくのもNGです。錆が出る原因になってしまうので気をつけましょう。また、スキレットに料理を入れたまま長時間保存するのもおすすめできません。スキレットが傷む原因になってしまうので、使い終わったらすぐに洗って乾かしておきましょう。

ダイソーのスキレットを使ったおすすめレシピは?

定番レシピのパンケーキがおすすめ

スキレットを使ったレシピならパンケーキがおすすめ。パンケーキミックスを使って生地を作り、スキレットで焼いたらそのまま食卓に出すことができます。

お酒と相性ぴったりなチーズダッカルビ

チーズダッカルビもおすすめ。しょうゆやみりん、酒、豆板醤で甘辛く味付けした鶏肉にチーズをトッピングしてとかせば完成です。お酒との相性もぴったり。

スキレットで作る料理レシピ10選!おかずからデザートまで紹介 | MensModern[メンズモダン]

こんなおすすめレシピにもダイソーのスキレットで挑戦

おしゃれレシピとして評判のアヒージョ

アヒージョをスキレットで作って食卓に出してみてはいかがですか。オリーブオイルをたっぷり入れて、ニンニクやマッシュルーム、エビなどお好みの具材を煮込みます。塩で味を整えたらバゲットを添えて完成。

ハンバーグも美味しい

スキレットでハンバーグを焼くのも良いですね。合挽き肉・刻んだ玉ねぎ・パン粉・牛乳を混ぜ合わせたら形を整え、スキレットで焼けばできあがり。スキレットを蓋にして蒸し焼きにすれば、ふんわりジューシーな味わいになります。

スキレットを使ったステーキの焼き方紹介!お店の味を楽しめる調理法とは | MensModern[メンズモダン]

ダイソーのスキレットで料理を楽しもう

ダイソーのスキレットはリーズナブルで使いやすいと高い人気を集めています。お手入れ方法もチェックして、ぜひダイソーのスキレットを使ってみてはいかがですか。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ