子供が産まれたらこの車!おすすめファミリーカーランキング!

子供が生まれたら車の買い替え時期なども考えたうえで、しっかりと家族で乗れて楽しめる実用的な車に変えたいもの。しかし、広さを求めるのか、それとも機能を求めるのか車にもいろいろありわかりにくい。そこで今回は、子供が生まれたらおすすめの車を紹介していこう。

子供が産まれたらこの車!おすすめファミリーカーランキング!

目次

  1. 子供が産まれたら買い替えたい車!
  2. 子供も乗るからこそ!こだわりたい車選びのポイント!
  3. 子供とアウトドアを楽しみたい?車選びは目的に合わせて考えよう!
  4. 予算は?子供のことも将来のことも考えて車選びを!
  5. 将来的なことを考えて車を選ぶなら燃費性能も考えよう!
  6. 10位 大容量のミニバンがおすすめ!トヨタ シエンタ
  7. 9位 子供も快適にのれる! ホンダ ステップワゴン 
  8. 8位 快適な空間で子供もうれしい!安全性能抜群で高機能車!トヨタ ヴォクシー
  9. 7位 価格も良心的!スズキ ソリオ
  10. 6位 親も子供もうれしい充実車種!マツダ デミオ
  11. 5位 乗り心地の良さは抜群!トヨタ アクア
  12. 4位 少人数ファミリーならこちらもあり!ホンダ NBOX
  13. 3位 シートアレンジでファミリーからの支持も厚い!ホンダ フリード
  14. 2位 ベビーカーなどの荷物も安心!スズキ スペーシア
  15. 1位 女性からの人気が圧倒的!ダイハツ タント
  16. 子供も含め家族で楽しめる快適な車選びを

子供が産まれたら買い替えたい車!

車を購入する時にどんな点を重視して選んでいるだろうか。機能や広さなどいろいろな点を考えて車を選ぶと思うが、買い替えるタイミングも重要なポイント。その中でも子供と楽しく乗れる、ファミリーカーとして使える車を選ぶのも重要なタイミングとなるだろう。

子供が産まれたら、これまでの車の大きさではなかなか狭く感じるもの。特に小さな子供のうちはチャイルドシートなどを使うのであれば、広い車であったほうが何かと便利がいい。また、少し大きくなって家族で出かけるならファミリーカーとして活躍してくれるほうがうれしいだろう。

そこでこの記事では、ファミリーカーにおすすめランキングを紹介していこう。ファミリーカーを選ぶうえで重視したいポイントや、どんなタイプがおすすめランキング上位になるのか、今ファミリーカーで悩んでいる人も照らし合わせて考えてみてほしい。

人気どころのシエンタなどのミニバンや、ワゴンタイプもあるが、もし子供が一人だった場合、家族の人数が多い場合など、それぞれのシーンに合わせて選ぶポイントやおすすめランキングも紹介しているので、これからのファミリーカー選びの参考になるはずだ。

コンパクトカースライドカー車人気比較!ファミリー向け人気車は? | MensModern[メンズモダン]

子供も乗るからこそ!こだわりたい車選びのポイント!

【子供と乗りたい車選びのポイント①】あった方が便利!スライドドア

ではファミリーカーの選び方を見ていこう。選ぶうえでもできればあったほうが良い機能や比較液重要なポイントをまとめたいと思う。まずはスライドドアについてだ。この機能はあったほうが大変助かる機能だ。子供の年齢は何歳かという点が、まずは一番の問題で、3歳や4歳くらいになるとわけもなく自分で車ドアを開けてしまう。

家族で買い物に行って突然開けてしまうこともあるだろう。開けるだけでなく、事故や隣に車にぶつける危険性もある。これを未然に防ぐことができるのもいいことだ。かといって、3歳や4歳なんて先の話だと思う人もいるかもしれないが、子供が産まれたばかりの時でもこのスライドドアは大いに役立ってくれる。

子育てを始めてみると、子供を抱っこする機会も多く、抱っこしたまま荷物をもっていると車の鍵を操作する、ドアを開ける動作は何かと不便と感じるものだ。ドアを開けるためだけに荷物をわざわざ降ろすのも億劫だし、なにより汚れる。そんな時でも、このスライドドアは非常に有用だ。

鍵を操作してワンタッチで開閉できるし、最近では車のドア下側に足を入れることでセンサーが認識してドアが開閉してくれる機能もある。これであれば、生まれたばかりの子供の時期でも対応できる車になるだろう。もちろん、少し大きくなってからも無暗に開ける心配もないし、開けても事故の危険性やぶつける危険性も最小限にできる。

機能としては、珍しくない機能だし、なくてもいいかと思いがちの機能だが、あったほうが絶対的に便利なので、子供の産まれた家族で、ファミリーカーを探しているのであればこの機能はぜひある車を選んで方がお得だ。

【子供と乗りたい車選びのポイント②】3列シートもあると便利

子供産まれると、何かと荷物が増えるものだ。特に子供のグッズが増えて全体の荷物が増えることはよくあること。ママパックと呼ばれるものでさえ、パンパンになってすごいこともあるようだ。さらに、車にはチャイルドシートが義務化され、このチャイルドシートの必要面積もばかにならないくらいの幅を取る。

子供が大きくなってから大きなスペースのある車にと思うかもしれないが、じつは生まれたばかりの子供のときでも十分な広さがあるほうが楽なのだ。なので、できれば子供の小さいうちから3列シートのある車だと非常に便利。これだけのスペースがあれば、いろいろなことも車内で対応できる。

もちろんワゴンタイプなどの少し小さい車でも対応できないことはないが、おむつ替えも3列シートでこれだけのスペースがあれば簡単に車内で行える。後ろのシートを倒し、そのスペースでおむつ替えができるのだ。また、これだけの広さがあれば、子供を連れた旅行でも車中泊も気軽にできる。

子供の人数が2人以上になってくると、当然広いスペースがあるほうが魅力的で活用の幅も広がる。その点から見ても、3列シートがある車の便利さは非常に高いといえるだろう。

【子供と乗りたい車選びのポイント③】今の家庭の人数の大きさに合わせて購入しない

車は家選びと同じで、現在の家族の人数に合わせて車を購入すると後々大変なことになるといわれている。子供を1人の予定で軽自動車やコンパクトカーを買ったのに、その後2人目の子供が産まれて乗れなくなる失敗例が多々あるからだ。車の買い替えは、それほど未来を見据えて購入する必要があるのだ。

よほどお金に余裕があれば別だが、お多くの人が車を購入するとなると、しばらくは新しく車を買い替えることはしないだろう。それに対して、子供は、兄弟のことも考えれば2人目を望むのは当たり前のようにあり得る。つまり、数年間で兄弟を産む可能性の方が高く、車が手狭に感じる可能性もあるのだ。

今は1人だからと車を3人家族用で選んでいると、今は良くても翌年には不便な思いをしている可能性があるのだ。もちろん、子供を乗せるだけでなく、車内のスペースをもう少し広く使いたいや、アウトドアに使いたいとながっても購入してからでは遅い。

だからといって、反対に適切なタイミングでもないのに、二人夫婦にもかかわらず大きな車を買うこともまた損でしかない。大きな車はそれだけ維持費や車検代、保険代やガソリン打もかかるもの。適切なタイミングと家族の人数と利用用途を見て、数年後に起こるだろうことを踏まえて購入すれば問題なく快適にファミリーカーとして使用できるのだ。

【子供と乗りたい車選びのポイント④】値段重視で選ばない!

車の購入時に値段を重視して購入しないことも大切なポイントだ。車の購入は、実は家の次くらいに高額な買い物といっても過言ではない。そこで値段重視の選び方をしてしまうと、実は燃費が悪すぎて新車の2倍くらい燃費が悪くガソリン代がかかるケースもある。

さらに、ガソリン代がかかるに加えて、タイヤは摩耗していたりベルトが擦り切れていたりで、車検時の交換部品費用でものすごく値段がかかることも珍しくない。中古車だからといって必ずしもお得な値段で手に入るとは限らないのだ。すべてを合計してみると、結局新車を購入したほうが安いケースもある。

また、覚えておいてほしいのが、購入したときに安い車は、中古車で売るときも買い叩かれるケースが多い。あと10万円出して人気グレードや人気色を選ばなかったばかりに、売るときには何十万円というさが出ることもあるのが車なのだ。

さらに、値段重視で車を購入すると、追加でパーツを交換したいと思うようになったり、思わなくとも必要に駆られて交換しなければならないこともありうる。こんなことがあれば当然高くつくことになりかねないので、本気で注意をしなければならない。

【子供と乗りたい車選びのポイント⑤】どっちがメインで運転する?

車の選び方で重要度が高いポイントとしては、誰がメインで運転するのか、乗るのかという点も考慮すべきだ。ファミリーカーといえども、例えばお父さんが運転するのであれば、SUVや背炭タイプなどを選ぶこともあるかもしれない。通勤で使用するのであれば、なおのことそれに適切な車を選ぶ必要があるだろう。

しかし、例えばお母さんが中心で乗るのであれば、小回りを重視した車の方がファミリーカーとして役に立つかもしれない。こういったポイントも、ファミリーカー選びでは重要で、よく使う人、良く運転する人を中心にして選ばないと、結局購入した後に、どうしてこの車を選んだかでもめることにもなりかねない。

現在のライフスタイルを一度見直し、誰が一番多く乗るのかを考えたうえで、検討するようしよう。スタイリッシュなデザインながらもファミリーカーとして使える車は数多くある。ミニバンと比較するとスペースが狭くとも広々使えるワゴンタイプもあるし、もちろんミニバンも大きくおすすめだ。

購入後にもめないために、そして、使用者のスタイルに一番合ったものを選んだほうが、子供が産まれた後もファミリーカーとして活躍してくれる可能性は大きいといえる。

車の買い替え時期はいつ?損をしないベストな乗り換えタイミングを調査! | MensModern[メンズモダン]

子供とアウトドアを楽しみたい?車選びは目的に合わせて考えよう!

需要度はそこまで高くないが、目的によっては、車購入の時点で気を付けておきたいポイントもある。それがアウトドアで使用したい人だ。子供と一緒にキャンプなどをしたいと思っている人であれば、アウトドアスポーツを楽しめる車を選んでおくのも必要なことだ。

もちろん、最近のミニバンや、すこし小さくとも十分な広さを確保できているワゴンタイプの車でもアウトドアに使えないことはない。しかし、車の機能面でいればアウトドアに特化したオプションのそろっている車も多いし、より快適なアウトドアスペースを確保できる車も登場している。

車の機能が整っていないばかりに、せっかくのアウトドアが楽しくないなんてことにならないためにもこの点は気を付けて、選んでみていいかもしれない。

予算は?子供のことも将来のことも考えて車選びを!

ファミリーカーの検討の際には、当然値段温心配がある。先ほどは、値段を重要視しすぎないと述べたが、かといって全く考えずに、高額な車であればどれも良い機能を持っているとは限らない。なので、購入時の支払い方も含めて、金額にはある程度注意はしなければならない。

もちろん、支払い方法は、現金支払いが最も安くはつくが、先ほども述べたよに、車は家の次に大きなな買い物といわれるもの。支払いはやすく済ませたいが、誰でも一括で現金を出せるとは限らない。そこで選ぶべきなのが支払い方法だ。

通常のローンだけでなく、残価設定型プランという支払い方法もある。さまざまな支払い方法があるので、これらの支払方法をしっかり検討して、できるだけお得にベストな車を購入してほしい。

将来的なことを考えて車を選ぶなら燃費性能も考えよう!

値段にも関わることでいうと燃費性能も検討しておきたいポイントだ。将来的なことを考えるのであれば、ガソリン車なのかハイブリッドなのかで大きく分かれる。特に、近年話題のハイブリッドカーであれば、ガソリン車に比べてランニングコストを大幅に削減することが可能。

その分車両価格が高くなるという傾向はあるが、どれくらい走るのか、トータルで見た時のコストなどといった部分と照らし合わせて検討するとベストな車を手に入れることができるはずだ。

10位 大容量のミニバンがおすすめ!トヨタ シエンタ

それでは、おすすめランキングを発表していこう。けっして大きい車だけがおすすめというわけではなく、適切な人数も合わせて検討しているので、おすすめランキングはミニバンなどの大きな車ばかりになってはいないが、まず10位にランキング入りしたのが、ミニバンの代表的なくるまであるシエンタだ。

このシエンタはトヨタの車で、老若男女問わず売れ筋として販売が伸びている車である。シエンタは乗りやすく、荷物も積みやすい。さらに、シエンタの走行性能もよいので、思い通りに運転して使いやすいと充実している。コンセプト通りシエンタは使いやすさに重きを置かれた車となっているようだ。

シエンターユーザーの中には、お母さん方の声も多く、乗り心地使いやすさ共に良いとの評判も高い。女性ユーザーの声が多いのもシエンタの特徴だ。2015年のフルモデルチェンジにより、ハイブリッドも導入され、シエンタはミニバンの中でもトップクラスでおすすめできる車だ。

9位 子供も快適にのれる! ホンダ ステップワゴン 

ファミリカーと聞いてどんな車を思い浮かべるだろうか、やはり人気が高く、長く支持されている車はファミリーカーとして強い人気を誇る。このステップワゴンもその一つだ。シエンタも乗り心地は高いが、ステップワゴンで一押しの機能が、わくわくゲートという装備だ。

大きく開けて荷物を積んでもよし、小さく開けて小物を取り出したり乗り降りしたりと実用性抜群で、シエンタをしのぐ使い勝手の良さを実現している。これまで、ミニバンの課題であった3列目のシートのアクセスの悪さもこれで一気に解決した。どこに乗っても広いというミニバンならではの実用性にこだわっているおすすめの車といえる。

8位 快適な空間で子供もうれしい!安全性能抜群で高機能車!トヨタ ヴォクシー

おすすめランキングの8位に入ったのが、同じくミニバンのヴォクシーだ。ミニバンで注目される広さとともに、充実しているのが安全性能。広さも使い勝手もよく、質感を求める人にはおすすめの車だ。ヴォクシーには一目で目線を奪うための、そのデザインにもこだわられており、走行性能にもほかのミニバンにないこだわりも備えている。

アクセルレスポンスやトルクという走りを求める方には必要な性能が備わっており、子供が生まれたからミニバンにしたいが、走行にもこだわりたいという人には大変おすすめの車だ。

7位 価格も良心的!スズキ ソリオ

おすすめランキング7位で紹介する車は、スズキのソリオだ。ワゴンタイプのコンパクトカーは近年、著しい進化をしており、広さと走行性能を兼ね備えたものが多く販売されている。なかでもこのソリオは、外装の良さを兼ね備え、機能性にも優れていることで有名。見た目はワゴンタイプ、軽自動車と思われがちだが高級車に負けない中身を持っている。

コンパクトボディながらも、耐衝撃性は申し分なく、ドライバーにとっての安心感は最高レベル。乳幼児を連れてのお出掛けや買い物をする機会が多い家族にとっては、強い味方となるだろう。燃費も良く、カラーバリエーションも豊富なので、好みに合わせて選ぶことも可能だ。

6位 親も子供もうれしい充実車種!マツダ デミオ

コンパクトカーのなかでもおすすめランキング上位に位置するのが、このマツダのデミオ。カーオブザイヤー受賞の実力を持っており、乗り心地は、ドライバーにとっても、同乗車にとっても良いことで有名だ。他のメーカー各社の追随を許さないほどのクオリティを持っており、他のコンパクトカーやワゴンタイプの車とは別格の品質を誇る。

車内は、落ち着いた雰囲気でありながらも、窮屈さを感じさせない設計で、安全性や快適性の確保にも余念がないので、今ではミニバンこそがファミリカーとはならないのだと実感する車だ。

5位 乗り心地の良さは抜群!トヨタ アクア

おすすめランキング5位にランキング入りしたこちらのアクアもコンパクトカーやワゴンタイプの車と比べても乗り心地の良さで人気を集めている車だ。車内インテリアにもこだわっており、見た目にうるさい女性の支持を取り付けることも成功している。

アクアは、コンパクトボディではあるものの、室内高を確保しており、ドライバーや同乗者の快適性を実現させている。また、ラゲージスペースもたっぷりあるので、ショッピングのまとめ買いや子供の送り迎えなど幅広く快適に使用できることだろう。

4位 少人数ファミリーならこちらもあり!ホンダ NBOX

ワゴンタイプの車や軽自動車でも、車種によっては広く使える車も細菌では登場している。もしも、子供も合わせて家族3人程度の人数であれば、こういった軽自動車やワゴンタイプを選ぶことも悪くはない。中でも強い人気を持つのがこのホンダのNBOX。ホンダ軽自動車の代名詞になりつつある種類だ。

車内が広いことが大きな特徴で、子供の乗せ降ろしも快適で、子供を抱えたまま重たい荷物を載せるのも、車高が低く設定されているので、快適にできる。シートアレンジも豊富で、便利な収納もたくさんあるので、快適な使い心地を実現している。

3位 シートアレンジでファミリーからの支持も厚い!ホンダ フリード

おすすめランキングの3位に輝いたのは、ホンダのフリードだ。ミニバンからのおすすめになるが、こちらは、定員6~7名の快適空間と同時に多彩なアレンジシートが人気の車だ。コンパクトボディからは想像できないほどの広さを誇り、5~6人家族にピッタリ。

フリードプラスであれば、さらに車中泊もラクラクできるラゲッジスペースも兼ね備えているので、かなり充実した車中拍にも対応できるだろう。これ以外にも魅力あふれる機能が多彩に盛り込ま画れており、コンパクトな車に凝縮された機能満載でファミリーカーにおすすめなのだ。

2位 ベビーカーなどの荷物も安心!スズキ スペーシア

スズキの軽自動車の中でも主力製品といえるスペーシアは、高さも十分でベビーカーなど大きな荷物を積み込むとき、横に倒さずに縦の状態で積み込むことができたりと非常に快適な車だ。電動のスライドドアも両サイドにつけることが出でき、車高も低く設定されており、3歳ぐらいの子供でも自分で乗り降りしやすい。使いやすいファミリーカーだ。

1位 女性からの人気が圧倒的!ダイハツ タント

女性からの圧倒的人気を誇るダイハツのタントがおすすめランキング1位だ。その人気の理由は後部座席の広さにある。後部座席に男性が一人足を組んで乗っていても十分に余裕があるほどの空間を確保しており、運転席と助手席がベンチシートになっており、夫婦で運転を交代する場合も楽々だ。

この使い勝手の良さを兼ね備えながら、安いグレードであれば120万円未満で購入することができる点もうれしいポイントだ。

中古車の探し方のコツとは?車のタイプ別に役立つおすすめポイント紹介 | MensModern[メンズモダン]

子供も含め家族で楽しめる快適な車選びを

快適なファミリーカーのおすすめランキングを紹介してきたが、気に入った車は見つかっただろうか。もし、自分が検討していた車があれば、その車の選ぶポイントをもう一度見直して、その車が本当にスタイルや使い勝手がいいのかどうかを見つめてほしい。ぜひ快適なファミリカーを見つけて、楽しい生活を送ってほしい。

車を初めて購入する時はローンがおすすめ?支払方法の比較・ポイントを紹介! | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ