「宇宙人」や「超人」などというあだ名で呼ばれるプロ野球選手の糸井嘉男。そんな糸井嘉男の伝説的な天然エピソードは笑ってしまうものばかりなんです。なぜ、糸井嘉男はそんな伝説的なエピソードを残してしまうのでしょう。糸井嘉男の画像とともに伝説を紹介します。

糸井嘉男の伝説エピソードまとめ!天然すぎてスゴイ!規格外な野球選手

目次

  1. 野球界の宇宙人こと糸井嘉男の伝説とは
  2. 糸井嘉男伝説
  3. 糸井嘉男が伝説のエピソードを生み出すまで
  4. すでに伝説的なエピソードを生み出してしまった糸井嘉男
  5. 糸井嘉男の伝説は怪我との戦いでもあった
  6. 大学に進学し糸井嘉男は伝説をスタートする
  7. 投手から外野手になり糸井嘉男の伝説は加速する
  8. 伝説的な人気だった新庄剛志の相棒を押しのけて定着
  9. 糸井嘉男の伝説①すぐ忘れちゃう
  10. 糸井嘉男の伝説②契約更新
  11. 糸井嘉男の伝説③難しいことはダメ
  12. 糸井嘉男の伝説④サインはシンプルでお願いします
  13. 糸井嘉男の伝説⑤言葉はそのまま受け取ってしまう
  14. 糸井嘉男の伝説⑥糸井嘉男のために犬のしつけ方の本
  15. 糸井嘉男の伝説⑦その通りな糸井嘉男
  16. 糸井嘉男の伝説⑧糸井嘉男はルールを知らない
  17. 今年も糸井嘉男は伝説を生んでくれるはず

野球界の宇宙人こと糸井嘉男の伝説とは

野球界に変わった人物は多く、「ミスタープロ野球」と言われた長嶋茂雄もそんな人物の一人でした。そして現在は「宇宙人」と呼ばれる糸井嘉男が新しい伝説を残しながら阪神タイガースで活躍しているんです。

なぜ、糸井嘉男はプロ野球と関係の無さそうな宇宙人というあだ名で呼ばれているのでしょうか。そんな糸井嘉男の伝説的なエピソードと糸井嘉男の画像を見ながら、そのプロ野球選手としての経歴を確認していきましょう。

糸井嘉男伝説

伝説的なエピソードを持つ野球選手の糸井嘉男。そんな糸井嘉男のプロフィールをまずチェックしていきましょう。現在活躍している糸井嘉男もアマ時代は苦労の連続だったんです。

糸井嘉男は1981年7月31日生まれの36歳です。京都府与謝郡与謝野町出身で右投げ左打ち、現在は外野手がメインポジションになっています。

北海道日本ハムファイターズ、オリックス・バファローズを経て、現在は阪神タイガースのチームメイトとして活躍するプロ野球選手ですね。

もともとは投手としてプロ野球選手になったのですが、現在は外野手としてその強肩と俊足、そして巧打を活かしたプレイスタイルが人気の野球選手ですね。そんな、糸井嘉男はどのような人生を歩んで伝説的なエピソードを生み出すことになったのでしょう。

糸井嘉男が伝説のエピソードを生み出すまで

糸井嘉男は中学生時代から野球部に所属しており、毎日野球を頑張る若者でした。しかし、実は当時から天然な部分があったようで、そんな伝説のエピソードはすでに誕生していたようです。

糸井嘉男は3年生のときに、勝てば府大会へと繋がる試合の直前に、練習中ベンチに座り込んでいたところを顧問の教師に見つかり、帰るように怒られてしまったようです。

しかし、顧問としてはもちろんこれは発破をかけるための一言。でも、天然で宇宙人とまで言われる糸井嘉男は、そんな言葉を真に受けてとっとと帰ってしまったのだとか。

すでに伝説的なエピソードを生み出してしまった糸井嘉男

そんなことが関係があったのかなかったのか、チームは試合にも負けてしまい早々と敗退してしまったそうです。糸井嘉男も、チームが注目されなかったこともあり、強豪からの誘いは受けられなかったようです。

結果的に、岩滝町に隣接する宮津市にある宮津高校という高校に糸井嘉男は進学することになります。現在も、糸井嘉男は足に怪我を抱えているのですが、すでにこの中学時代に膝の皿を割っており、高校の入学直前に手術したそうです。

結果的に、糸井嘉男が本格的に高校で野球をプレイできるようになったのは2年生になってからだったようです。当時は、投手として活躍していた糸井嘉男は2年生の春先に登板したのですが、すぐに肩の痛みを発症し、今度は肩を手術することになったんです。

糸井嘉男の伝説は怪我との戦いでもあった

宇宙人や天然というイメージがある糸井嘉男ですが、糸井嘉男の伝説はこういった怪我との戦いの中で生まれていくことになります。とことん野球に対してストイックな糸井嘉男は、怪我と戦いながらプレイできる日が来るまで耐え続けました。

肩の怪我から復帰できたのは高校三年生の春でした。結局まともにプレーできたのはここからの4ヶ月程度だったものの、投手としての能力は評価され、後に移籍することになる阪神タイガースのスカウトからも注目されていたようです。

結果的にはドラフトで名前が挙がることはなかったものの、糸井嘉男はまだプロ野球選手としての夢を諦めずに、近畿大学に進学することになります。

大学に進学し糸井嘉男は伝説をスタートする

近畿大学では後にオリックス・ブルーウェーブに入団する野村宏之や日本新薬に入社する貴志款八の存在もあって、3年生までリーグ戦に出場することができませんでした。

しかし、3年制の秋にリーグ戦でデビューし、4年生の春季リーグ戦でエースとして2度の完封勝利を含む、無敗の5連勝を記録したんです。

その結果、糸井嘉男はリーグMVP・最優秀投手・ベストナインの三冠という伝説級の活躍をし、大学通算で9勝1敗という記録を残し、2003年11月19日に行われたドラフト会議で北海道日本ハムファイターズに自由獲得枠で指名され入団することになります。

投手から外野手になり糸井嘉男の伝説は加速する

プロ野球選手になった糸井嘉男ですが、2年間は一軍に登録されることはなく、二軍で通算36試合で、8勝9敗3セーブの防御率4.86でした。

そして2006年に外野手にコンバートして、糸井嘉男はプロ野球選手として伝説的なエピソードを加速させていくことになります。野手としての高いバイタリティから、一気にプロ野球選手として才能を開花させて、イースタン・リーグの月刊MVPをゲットすることになります。

翌年には外野手として開幕一軍入り、一軍では結果を残せなかったものの、二軍では好成績を残しどんどん注目されることになりました。しかし、度重なる怪我を糸井嘉男を苦しめることになります。

伝説的な人気だった新庄剛志の相棒を押しのけて定着

2009年についに糸井嘉男は野手として固定されるようになり、新庄剛志の相棒として人気だった森本稀哲を押しのけて、糸井嘉男はセンターのレギュラーに定着することができたんです。

月刊MVPを一軍でも獲得、監督推薦でオールスターにも初出場するなど、糸井嘉男はシーズン終了までレギュラーを守り、北海道日本ハムファイターズがリーグ優勝するのに貢献しました。

ベストナインの獲得やゴールデングラブ賞の獲得で、契約更新では3倍以上の年俸6000万円という伝説級の成長を遂げました。なにより、投手入団から野手として活躍するのは並々ならぬ努力の結果だといえますよね。

糸井嘉男の伝説①すぐ忘れちゃう

糸井嘉男は画像のようにユニークな一面もありながら、画像でわかる通り非常に鍛え抜かれた身体をしています。そんな糸井嘉男には様々な伝説級の天然エピソードが存在しているので、それを紹介していきましょう。

まず、投手として活動していたころの糸井嘉男は、ついつい投球に夢中になってしまうことがあるのだとか。投球練習でカーブを投げる練習をしていたものの、投げる直前にロージンを触ったことですっかり忘れてしまって、全力投球の直球を投げてしまったのだとか。

本格派の投手だった糸井嘉男の直球となれば150キロ近いスピードの直球になるはず。もちろん、そんなことをされたキャッチャーには怒られてしまったようですね。

糸井嘉男の伝説②契約更新

せっかくの代打で出場した糸井嘉男は、残念ながら三球三振。記者のインタビューに待球を聞かれたのに、ストレイクを待っていたという風に返してしまうあたりは、糸井嘉男の天然っぷりが表現されていますよね。

また、さきほどの伝説級の年俸アップでも、まったくよく分からないままサインしてしまったようなのです。普通なら3倍近い年俸アップとなるとそれなりのコメントを用意したり、意気揚々とするものですが、自分が何のために球団事務所を訪れたのかも分かっていなかったかもしれません。

そして、2008年の契約更新では、契約更新のためにハンコを押す必要があるのですが、なんと糸井嘉男が持ってきたのはハンコではなく「リップクリーム」だったとか。

あまりにも糸井嘉男の伝説級の天然エピソードには驚きますよね。画像からはかなり真面目な顔つきも多いのですが、どちらかというと笑っている画像のように、緊張する場面でもふわふわしている性格なのかもしれません。

糸井嘉男の伝説③難しいことはダメ

コーチからバッティングのアドバイスとして「何も考えない」というものを助言された糸井嘉男。しかし、糸井嘉男は何も考えないということが気になってしまって、うまくバッティングできなくなってしまったのだとか。

つまり、何も考えないってどういうこと?と何も考えないわけにはいかなくなってしまったんです。そういう意味では、同じく天然の伝説級なエピソードを残したミスタープロ野球の長嶋茂雄と似ている部分もあるかもしれませんね。

バッティングのアドバイスを擬音だけで行ったとも言われる長嶋茂雄なら、糸井嘉男に適切なアドバイスができるのかも。理論よりも本能的な部分で糸井嘉男はバッティングに取り組んでいるのかもしれませんね。

糸井嘉男の伝説④サインはシンプルでお願いします

実は学生時代からそういった要素はあったようで、学生時代に普通は隠すために行われるサインですが、糸井嘉男の場合は、バントならバントとちゃんとポーズで示してあげなければダメだったとか。

普通の野球におけるサインは、身体のいろんな部分に意味を隠しており、相手にはサインの内容が伝わらないようにするのが普通です。しかし、糸井嘉男にはバントのポーズを堂々としないと伝わらなかったんですね。

それでは作戦の意味が無くなる、と思うところですが、糸井嘉男はそのサインをきっちりとこなせる足の速さがあったんです。糸井嘉男の伝説にはその身体能力の高さが無視できないわけです。

糸井嘉男の伝説⑤言葉はそのまま受け取ってしまう

WBCと言われる世界の国と戦う野球の試合において、糸井嘉男はフルイニングで出場。しかし、それだけに試合が終わって日本に帰ってきても、時差などからコンディションを崩す可能性がありました。

監督はそんな糸井嘉男のために、時差が抜けるまでゆっくり休むことを進めると、糸井嘉男はチームに自分が必要ないと感じてしまって、監督に詰め寄ってしまったのだとか。

しかも、時差ボケという事自体分かっていなかったようで、糸井嘉男はそれは勝手にあちらが調整するものだと思っていたのだとか。時差ボケは時計の時間を直せば、自分の時差ボケも治ると思っているあたり糸井嘉男の伝説級の天然っぷりが伝わりますよね。

糸井嘉男の伝説⑥糸井嘉男のために犬のしつけ方の本

画像のようにたくましい身体の糸井嘉男。糸井嘉男の画像は本当に野球選手としてキマってる感じの、かっこいいシーンがとても多いですよね。

コーチにダメ出しをされすぎて、ついに逆ギレしてしまった糸井嘉男。そんな糸井嘉男のことを指導するために、当時のコーチは「子犬のしつけ方」の本を購入して、糸井嘉男の指導の参考にしたのだとか。

宇宙人とも言われる伝説級の天然っぷりの持ち主ですが、コーチからすれば子犬をしつけるような気持ちではないと、意思疎通が取れないほど宇宙人っぷりを披露していたようですね。

糸井嘉男の伝説⑦その通りな糸井嘉男

まだまだ糸井嘉男のインタビューは伝説的なものがあります。その伝説は入団するための球団関係者との会食でも伝説が生まれていました。

記者から会食がどのようなものだったのか感想を聞きたくてインタビューしたところ、糸井嘉男からはまさかの食事のメニューが返ってきたのだとか。

インタビューの答えに「エビフライ」と教えられた記者たちも、たしかにその通りなんだけど…という気持ちになったかもしれませんね。

シーズンの目標にも打ったら走る的な返事が返ってきたこともあるようで、糸井嘉男にはインタビューすると必ず伝説的なコメントが返ってきてしまうようですね。まさに、宇宙人と呼ばれるわけがわかりますよね。

糸井嘉男の伝説⑧糸井嘉男はルールを知らない

多くの伝説を残す宇宙人・糸井嘉男。プロ野球選手として様々なかっこいい画像が存在していますが、その画像だけでは知り得ない伝説的なエピソードがあります。

糸井嘉男は中学時代から野球をプレイしており、野球選手としてルールを理解しているのはもちろんだと思いますよね。しかし、プロ入り6年目の糸井嘉男は伝説的な行動をしてしまうのです。

それは、糸井嘉男が敬遠されたときに起きました。普通は一塁に向かって、プレイがタイムになったあとに代走が出された場合にベンチに戻ることができます。しかし、糸井嘉男は体調不良だったからという理由で、勝手に代走が一塁まで向かってくれると思っていたのだとか。

自分が経験したことがないと仮定しても、敬遠と代走のルールぐらいは知っているはず。でも、糸井嘉男は伝説の宇宙人なのでルールを知らなかったようで、この経験でルールをひとつ覚えたと上機嫌だったとか。

今年も糸井嘉男は伝説を生んでくれるはず

糸井嘉男のシーズンオフの画像を見ていると、筋力アップのためにとても身体が仕上がっているのがわかりますね。画像を見ると、本当に糸井嘉男はムッキムキになっています。

天然や宇宙人と言われるほど、伝説的なエピソードを生み出していますが、野球選手としての成績も充分に伝説的なシーンをたくさん生み出している選手です。

その活躍はファンにとって、充分に伝説クラスの活躍をしてくれています。ここぞという場面で一発を打ってくれる長打力や最年長盗塁王の記録を更新した俊足、そして何よりもランナーを帰させない強肩など、そのスペックは充分に伝説クラスですね。

阪神タイガースの優勝には、この伝説級のエピソードを持つ糸井嘉男の活躍が不可欠です。様々な古傷に苦しめられる部分もありますが、今年も糸井嘉男の活躍を信じて応援したいですよね!


評価 5.0/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ