モレイラ騎手レースの回顧まとめ!日本競馬での成績やレース考察など

ジョアン・モレイラという騎手をご存知ですか?香港で大活躍をしているトップジョッキーの1人で、日本馬に騎乗し海外G1も勝つなど日本の競馬ファンにも有名な騎手です。今回はそんなモレイラ騎手の戦績や、レースの回顧などをしていきます。

モレイラ騎手レースの回顧まとめ!日本競馬での成績やレース考察など

目次

  1. モレイラ騎手は香港のみならず日本などでも活躍する超一流ジョッキー!
  2. モレイラ騎手のあだ名は「雷神」や「マジックマン」
  3. モレイラ騎手の成績はものすごい!
  4. 2年目以降はその勢いがさらに加速!
  5. モレイラ騎手が日本の競馬ファンに与えた衝撃
  6. モレイラ騎手のレース回顧:チャンピオンズマイル
  7. モレイラ騎手のレース回顧:香港ヴァーズ
  8. モレイラ騎手のレース回顧:ドバイターフ
  9. モレイラ騎手のレース回顧:クイーンエリザベス2世カップ
  10. モレイラ騎手はなぜレースで強い?
  11. マジックマンの活躍はまだこれからも続く!

モレイラ騎手は香港のみならず日本などでも活躍する超一流ジョッキー!

競馬ファンならジョアン・モレイラという名前を、1度でも聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。香港ジョッキークラブに所属している騎手ですが、多くのG1を勝ちその中には日本馬に騎乗して勝ったものもあります。また短期免許で日本でも騎乗している超一流騎手です。ここからはそんなモレイラ騎手について触れていきます。

競馬のワイドの買い方とは?効率の良い方法やボックスの使い方まとめ | MensModern[メンズモダン]

モレイラ騎手のあだ名は「雷神」や「マジックマン」

モレイラ騎手は1983年9月26日生まれで2018年1月現在34歳です。ブラジル出身で14歳の時に見習い騎手として騎手生活を始めています。地元である香港や競馬メディアからは「雷神」や「マジックマン」と呼ばれていますが、このうち「雷神」というあだ名はモレイラ騎手を中国名にした時に「莫雷拉」と表記されることやその勝ち方からついたとされています。

「マジックマン」というあだ名は魔法のような成績から!

今でこそ「マジックマン」と呼ばれるモレイラ騎手ですが、このあだ名がついたのは2013年9月6日のことで、シンガポールのクランジ競馬場で騎乗していたモレイラ騎手は全9レースのうち8レースに騎乗し、そのすべてで勝つという記録を達成したのです。この偉業に対し現地メディアが「Magic Moreira」と報道したことからこのあだ名がついたとされています。

この1日においての8戦8勝という無敗での1日最多勝記録、いわゆるパーフェクト・デイは過去の競馬史上において1度たりとも達成したことのない記録で、2018年1月においてもこの記録が更新されたという事例はありません。

ダービーの意味とは?何を決める為のレースなの?【競馬解説】 | MensModern[メンズモダン]

モレイラ騎手の成績はものすごい!

モレイラ騎手が見習いから正式に騎手となったのは2003年なので、まだ15年しかたっていないことになります。しかしこの15年でモレイラ騎手は多くの勝利を挙げ、リーディングも幾度となく受賞しています。ここからはそんなモレイラ騎手の成績について見ていきます。

モレイラ騎手のシンガポール時代:4年連続のリーディング!

モレイラ騎手はブラジルや南アフリカといった国で騎乗し、わずか6年の間に1000勝以上を挙げる活躍を見せます。そして2009年から競馬が行われている国としては上のランクに位置するシンガポールへと拠点を移します。

しかしモレイラ騎手はシンガポール競馬でもその存在感を存分に見せつけ、初年度こそ環境の変化もあったのかリーディング3位に終わりましたが、その翌年から4年連続でリーディングジョッキーに輝く成績を収めます。

香港移籍後のモレイラ騎手

モレイラ騎手は2012年に香港で行われた国際騎手を招待して行われた競馬で香港での初騎乗をして、そのシリーズで優勝を飾ります。そして翌年の2013年の10月から現在も所属している香港へとシンガポールから拠点を移します。

香港の競馬は9月から7月末を1シーズンとして行われているのでモレイラ騎手が移籍した10月はシーズン途中でしたが、そのハンデをものともせず香港3冠の1戦目である香港スチュワーズカップをはじめ97勝を挙げ、初年度からリーディング2位となります。

香港の出走馬と共に初来日!

このシーズン末にはグロリアスデイズという出走馬で安田記念に参戦します。不良馬場で行われたレースで前目につけたもののジャスタウェイの6着に敗れますが、前で競馬した馬で残った数少ない1頭でした。

他のレースでも2着が最高と勝ち星を挙げることは出来ませんでしたが、トップジョッキーらしい騎乗を見せ、日本の競馬ファンもモレイラ騎手の名を知ることになります。

競馬のオッズと倍率について!オッズ表の見方を馬券の4種類別に紹介 | MensModern[メンズモダン]

2年目以降はその勢いがさらに加速!

香港での2年目を迎えたモレイラ騎手は騎乗する出走馬のレベルもさらに上がり、その成績も一気に加速していきます。この年は香港カップやマイルをはじめ、多くの大レースを勝利した年にもなりました。

この2年目では1年で145勝とそれまでのホワイト騎手の年間最多勝記録(116勝)を大きく塗り替え、2位のパートン騎手(95勝)に大差をつけリーディングを獲得、早くも頂点に登り詰めます。

モレイラの騎手が日本で魅せた衝撃のWSJS

リーディングを獲得した2015年の8月、シーズンオフとなるこの時期にモレイラ騎手は札幌で行われた国際騎手招待競走、第1回のWSJSに参戦するため1年ぶりとなる再来日を果たします。

WSJSが始まる前に日本での初勝利を含む2勝を挙げたモレイラ騎手は、日本だけでなく世界のトップジョッキーも集うこのシリーズの4戦すべてで、レースで騎乗する出走馬が抽選で決まるシステムにもかかわらず2勝2着1回という成績で優勝を飾ります。

競馬の買い目の点数を減らす方法とは?効率よく勝つための絞り方! | MensModern[メンズモダン]

モレイラ騎手が日本の競馬ファンに与えた衝撃

WSJSでは出走馬の抽選に恵まれたという見方をする向きもありましたが、これはモレイラ騎手が日本の競馬ファンや関係者に与えた衝撃の一部にすぎなかったのです。

第1回WSJSが行われた2日間で計20レースに騎乗したモレイラ騎手は7勝2着4回、3着1回という成績を残し、その騎乗技術や「マジックマン」というあだ名は、日本の競馬ファンに強く刻まれることになります。

競馬のインブリードとは?奇跡の配合や近親交配について紹介! | MensModern[メンズモダン]

モレイラ騎手のレース回顧:チャンピオンズマイル

モレイラ騎手のG1勝ち蔵の1つに2016年のチャンピオンズマイルがあります。このレースは4月最終週または5月1週に香港のシャティン競馬場で行われるG1レースで、この時のモレイラ騎手は日本からの出走馬で前年の年度代表馬であるモーリスに騎乗し、前年の活躍もあり圧倒的な1番人気に推されたのです。

スタート直後から4~5番手につけると直線に入ってもまだ楽な手ごたえのまま残り300mすぎあたりから追い出され、残り150m付近で先頭に立つとそのまま押し切り優勝を飾ります。レース後モレイラ騎手は「今まで自分が乗ってきた中で一番か、それに準ずる馬」と語ったと言われています。

牝馬と牡馬はどちらが速いのか?競馬の性別&強さと能力差について | MensModern[メンズモダン]

モレイラ騎手のレース回顧:香港ヴァーズ

2016年の12月、香港国際競争の1つである香港ヴァースでモレイラ騎手は日本からの出走馬でまだG1勝ちがなかったサトノクラウンに騎乗しレースに挑みます。このレースには前年の覇者で世界中のG1レースで活躍をするハイランドリールが出走していて、非常に強力なライバルと見られていました。

レースではハイランドリールがいつものように先手を取り、サトノクラウンは中団後方からレースを進めると直線で後続を引き離し逃げ込みを図るハイランドリールをただ1頭追い込み、ゴール前できっちりと差し切ってG1初制覇を飾ります。

スムーズなコース取りや直線での少しの間が最後の爆発力につながる

サトノクラウンは最後の直線までは終始内側のコースを取り、じっくりと脚を溜めると直線でも先にハイランドリールが差を広げるので普通なら焦るところを、しっかりと前が空くまで待ってから追い出したのが最後の一押しにつながったのではないでしょうか。

競馬は収支表を作るのが勝つコツ?おすすめ管理アプリを紹介! | MensModern[メンズモダン]

モレイラ騎手のレース回顧:ドバイターフ

ドバイターフはドバイワールドカップデイに行われるG1の1つで、2017年のこのレースでモレイラ騎手は前年の秋華賞馬、ヴィブロスに騎乗します。G1勝ちはあるとはいえ牝馬限定戦のもので、実績的にやや落ちるヴィブロスは5番人気でレースに挑むことになります。

ここでも後方から3番手の最内でレースを進めたモレイラ騎手は、直線入り口でもまだ最内にいたものの他馬が外に進路を取ったのを確認してから外に持ち出し、先に抜け出した馬を外から差し切るという離れ業を演じます。スムーズなコース取りと、きっちりとゴール前で差し切れる騎乗技術こそがモレイラ騎手の強みの1つでしょう。

ダート競馬で勝つ方法とは?ダートレース攻略法と芝との違いについて | MensModern[メンズモダン]

モレイラ騎手のレース回顧:クイーンエリザベス2世カップ

クイーンエリザベス2世カップは4月末にシャティン競馬場で行われるG1レースで、日本からの出走馬が出ることも多いレースです。2017年のこのレースではネオリアリズムに騎乗しレースに挑みました。レースではスタート直後から行きたがる馬を抑えて中団につけ追走していましたが、ペースが遅いと見ると残り1000m前から一気に先頭を奪います。

ネオリアリズムが先頭に立ったことでペースが上がり、本来であれば最後の直線で交わされてしまう所を馬の力はもちろん、モレイラ騎手の技術もあり後続を封じ切って押し切ったレースぶりはマジックマンたる所以を存分に見せたレースと言えるのではないでしょうか。

競馬のフォーメーション買い方講座【三連複・三連単】マルチとの違い | MensModern[メンズモダン]

モレイラ騎手はなぜレースで強い?

モレイラ騎手がなぜこんなに勝てるのかは競馬ファンの多くが気になる点ではないでしょうか。モレイラ騎手の乗り方は他の騎手と比べてもフォームがきれいで、なおかつ追い出しを始めても下半身がブレることもほとんどありません。

当然騎手が追う時にフィームが崩れてしまうと重心がズレてしまい、馬が前に進むのを邪魔してしまう事になります。そのためモレイラ騎手のように、馬の邪魔をすることなくしっかりと追うことが出来る騎手はトップジョッキーたる所以とも言えます。

競馬だけで生活できる方法はある?生計をたててる人はいるのか調査 | MensModern[メンズモダン]

マジックマンの活躍はまだこれからも続く!

今回は香港の超一流ジョッキーで、日本でも有名な騎手となったモレイラ騎手についてご紹介しました。日本に短期免許で来日した際はもちろん、香港やドバイでの国際競走などまだまだこれからもモレイラ騎手の名前を見る機会は増えるでしょう。モレイラ騎手のさらなる活躍に注目していきたいものです。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ