ロゴスの焚き火台は、ピラミッドグリルを始め、おしゃれな人気焚き火台が多く販売されています。アウトドアの雰囲気づくりにも一役買ってくれるアイテムです。そんなロゴスの焚き火台の人気の理由やメリット・デメリットを始め、口コミやおすすめ焚き火台をご紹介していきます。

ロゴスの焚き火台の口コミまとめ!人気の理由やメリット・デメリットを調査

目次

  1. 愛用者いっぱいのロゴスの人気焚き火台
  2. 「丁度いいサイズ感」
  3. 「火力具合と空気の入り具合」
  4. 「収納もコンパクトサイズなので便利」
  5. 「キャンパー初心者でも簡単に設営」
  6. 「火おこしがしやすい」
  7. 「燃えやすい地面での焚き火のときは要注意」
  8. 「ダッチオーブン使用の調理には不便!?」
  9. 「重量は賛否両論」
  10. 【ロゴス ピラミッドグリルEVO-L】
  11. 【ロゴス the KAMADO】
  12. 【ロゴス KAGARIBI】
  13. 【ロゴス ピラミッドTAKIBI】
  14. 【ロゴス クワトロポッド】
  15. ロゴスの人気焚き火台でおしゃれに楽しいアウトドア

愛用者いっぱいのロゴスの人気焚き火台

人気アウトドアブランドであるロゴスから発売されている焚き火台は、ピラミッドグリルを始めとする、おしゃれで高機能な焚き火台が販売されていて、多くのアウトドアファンから高い支持を得ているようです。

以前に比べて、アウトドアの楽しみ方にもこだわりを持つキャンパー達が増えていることもあり、ロゴスの焚き火台のデザイン性にも注目しているキャンパー達も少なくないです。

人気のロゴスの焚き火台も、口コミに寄っては厳しい声もあるようです。ロゴスの焚き火台は、インスタ映えも期待できるおしゃれなデザイン性に優れていて、使いやすさなども人気の理由となっていて注目されています。

サイズも豊富に展開しているロゴスの焚き火台は、家族やグループでキャンプをするかたから、カップルやご夫婦でキャンプをするかたにもおすすめです。キャンプ場での焚き火は、雰囲気づくりにもなりますし、焚き火台を使用して安全に焚き火を楽しむキャンプならではの醍醐味と言っても過言じゃないでしょう。

キャンプ用焚き火台のおすすめを徹底比較!定番・斬新なものなど選び方は? | MensModern[メンズモダン]

「丁度いいサイズ感」

ロゴスの焚き火台の口コミからみた人気の理由やメリット・デメリット①

ロゴスの焚き火台の口コミからみた人気の理由やメリット・デメリット①は、丁度いいサイズ感です。ロゴスの焚き火台ご愛用者の多くのかたが、メリットとして口コミしているのが、サイズが丁度いいという点です。

組み立てると結構大きいサイズになりますが、持ち運びのときは簡単に収納できるのもロゴスの焚き火台が支持されている人気の理由となっているようです。アウトドア料理やアウトドアでの焚き火を楽しむためにも、荷物が多少重くなっても、ロゴスの焚き火台なしではアウトドアは始まらないというかたもいるほどです。

少人数での焚き火を楽しむアウトドアから、大勢で家族やグループキャンプで焚き火を楽しむときにもサイズをそれぞれ選べるのも、ロゴスの焚き火台の嬉しいポイントと言われています。

焚き火台のコンパクトでおすすめは?軽量で持ち運び便利なアイテム紹介 | MensModern[メンズモダン]

「火力具合と空気の入り具合」

ロゴスの焚き火台の口コミからみた人気の理由やメリット・デメリット②

ロゴスの焚き火台の口コミからみた人気の理由やメリット・デメリット②は、火力具合と空気の入り具合です。ロゴスの焚き火台のデザインや構造は、空気が入りやすい作りになっているので、火力も安定感があるという口コミが多いです。

焚き火をするための焚き火台で、火力がすぐに落ちてしまうのは、アウトドアの楽しい時間も台無しになってしまいます。そういったことも、ロゴスの焚き火台は計算しているのか、火力もバッチリ安定感があって安心して使えると言われています。

ロゴスの公式オンラインショップには、焚き火台のセクションに薪3kgも商品として販売しているので、薪も一緒にロゴスで焚き火台と一緒に購入するかたもいらっしゃるようです。

焚き火台のおすすめ10選!人気の定番品から新アイテムまで紹介 | MensModern[メンズモダン]

「収納もコンパクトサイズなので便利」

ロゴスの焚き火台の口コミからみた人気の理由やメリット・デメリット③

ロゴスの焚き火台の口コミからみた人気の理由やメリット・デメリット③は、収納もコンパクトサイズなので便利という点です。ロゴスの焚き火台は、組み立てたサイズも結構大きいという声が大きいですが、収納がコンパクトにまとまるので気にせず使えるという口コミが多いです。

アウトドアを頻繁にするというわけじゃないけど、本格的に焚き火をしたいというかたでも安心してロゴスの焚き火台なら、使わない時には自宅にコンパクトサイズで収納ができるので便利です。

焚き火台を運ぶ際にも、コンパクトに収納ができるロゴスの焚き火台なら荷物がかさばってしまうのを軽減することにつながる期待が持てます。

焚き火台を自作して自分だけのオリジナルを!身近な材料での作り方を紹介 | MensModern[メンズモダン]

「キャンパー初心者でも簡単に設営」

ロゴスの焚き火台の口コミからみた人気の理由やメリット・デメリット④

ロゴスの焚き火台の口コミからみた人気の理由やメリット・デメリット④は、キャンパー初心者でも簡単に設営できる点です。ロゴスの焚き火台は、コンパクトに収納できる分、組み立てとかが複雑なのではないかと心配するかたも少なくありません。

でも、ロゴスの焚き火台はキャンパー初心者でも簡単に設営が出来てしまうので、ここも人気の理由となっているようです。設営に時間がかかってしまうと、せっかくのキャンプもストレスを感じてしまいます。

ロゴスの焚き火台なら、設営だけでなく片付けのときも簡単に撤収できるメリットがあるので、安心して使える優れものとなるでしょう。30秒ほどで設営が簡単にできるという声も多いです。

キャンプにおすすめの料理は?簡単なものから定番までレシピを紹介! | MensModern[メンズモダン]

「火おこしがしやすい」

ロゴスの焚き火台の口コミからみた人気の理由やメリット・デメリット⑤

ロゴスの焚き火台の口コミからみた人気の理由やメリット・デメリット⑤は、火おこしがしやすいという点です。焚き火に慣れていないキャンパーや焚き火台を使用するのが初めてというかたでも、火おこしがしやすいのもロゴスの焚き火台の人気の理由となっているようです。

特に、ロゴスの人気焚き火台の1つである、ピラミッドグリルは煙突のような効果があるせいか、火がおこしやすくなっているという口コミも多いです。火おこしに時間がかかってしまうと、それだけで焚き火をするまでに時間が過ぎていってしまい、楽しいキャンプファイアなどの時間も短縮されてしまいます。

そういった時間のロスを火おこしのせいで起こさないためにも、ロゴスの焚き火台は快適な焚き火タイムへと導いてくれるでしょう。火おこしがしやすいため、アウトドア料理で鍋などする際にも便利という声もあります。

ロゴスのテント人気売れ筋ランキング!おすすめやレビュー・評判を調査 | MensModern[メンズモダン]

「燃えやすい地面での焚き火のときは要注意」

ロゴスの焚き火台の口コミからみた人気の理由やメリット・デメリット⑥

ロゴスの焚き火台の口コミからみた人気の理由やメリット・デメリット⑥は、燃えやすい地面での焚き火のときは要注意が必要なデメリットな点もあるようです。

ロゴスの焚き火台を使用する際に、地面が芝生になっていたりする場所での焚き火には注意が必要です。ロゴスの焚き火台の火をおこしている部分が低めなので、芝生など地面が焦げやすくなってしまう状況になる場合もあると言われています。

冬キャンプの魅力を紹介!装備などの必需品や気をつけたい注意点とは? | MensModern[メンズモダン]

「ダッチオーブン使用の調理には不便!?」

ロゴスの焚き火台の口コミからみた人気の理由やメリット・デメリット⑦

ロゴスの焚き火台の口コミからみた人気の理由やメリット・デメリット⑦は、ダッチオーブン使用の調理には少し不便な点もあるデメリットについてです。アウトドア料理にこだわるキャンパー達が増えている時代なだけに、焚き火台を有効活用して調理するキャンパーも多いです。

ロゴスの焚き火台のピラミッドグリルEVOを愛用されているかたは、ダッチオーブン使用の調理をするときは、網が必要になるためオプション品なども集めないと使いにくいという口コミもあるようです。

ダッチオーブンをそのままロゴスの焚き火台に使用することができないため、安定感のためにもオプション品の準備や工夫などが必要になってくるため手間が少しかかる可能性もあるでしょう。

ダッチオーブンの本格レシピ!キャンプ&自宅両用の人気飯15選! | MensModern[メンズモダン]

「重量は賛否両論」

ロゴスの焚き火台の口コミからみた人気の理由やメリット・デメリット⑧

ロゴスの焚き火台の口コミからみた人気の理由やメリット・デメリット⑧は、重量は賛否両論という点です。収納に関しては、ロゴスの焚き火台はコンパクトに収納できるというメリットの声が高いです。

収納はコンパクトサイズにできても、ロゴスの焚き火台は重量が結構あるから重さの面ではデメリットかもとう声もあるようです。収納がコンパクトサイズにできるからと言って、必ずしも重量が軽いというわけではないため、その点も把握しつつロゴスの焚き火台を選ぶのも失敗しないためのポイントとなるでしょう。

おしゃれなキャンプグッズ特集!テーブルなどセンスが良いアイテムは? | MensModern[メンズモダン]

【ロゴス ピラミッドグリルEVO-L】

ロゴスの人気焚き火台などおすすめ①

ロゴスの人気焚き火台などおすすめ①は、ロゴス ピラミッドグリルEVO-Lです。ロゴスの焚き火台の中でも、特に人気でご愛用者も多いピラミッドグリルシリーズのLサイズです。

ロゴス ピラミッドグリルEVOには、M、L、XLサイズがあります。その中でも、ロゴス ピラミッドグリルEVO-Lはサイズ感も丁度いいと人気のようです。ピラミッド型のスタイルで、6人ほどまでのキャンプの焚き火に適したサイズとなるでしょう。

収納したときは、極薄と言っても過言じゃないほどコンパクトサイズにたためるのも嬉しいポイントです。ロゴス ピラミッドグリルEVO-Lには、専用の収納バッグが付属されているので、持ち運びにも便利です。重量は、3.2kgほどとなっています。

本体は、ステンレス製です。気になるロゴス ピラミッドグリルEVO-Lの価格は、1,0476円(税込み)でロゴスの公式オンラインショップにて販売していて人気です。ちなみに、ロゴス ピラミッドグリルEVO-Mは8,316円(税込み)、ロゴス ピラミッドグリルEVO-XLは14,256円(税込み)で同じくロゴスの公式オンラインショップにて販売しています。

キャンプにあると便利な持ち物リスト!必要な物をチェックしよう! | MensModern[メンズモダン]

【ロゴス the KAMADO】

ロゴスの人気焚き火台などおすすめ②

ロゴスの人気焚き火台などおすすめ②は、ロゴス the KAMADOです。ロゴス the KAMADOは、アウトドア料理をするかたにおすすめの焚き火台になります。

ステンレスとスチールを主に使用しているロゴス the KAMADOは、重量が8.5kgほどで、サイズは51.5cm×51cm×57cmとなっています。焚火台としても、調理用としても使用可能なので持っていると便利なロゴスのアイテムとなるでしょう。

ロゴス the KAMADOは、10インチのダッチオーブンが使用できるようになっています。収納もコンパクトサイズにできるので、自宅にもしまいやすいと評判いいです。気になるロゴス the KAMADOの価格は、21,492円(税込み)でロゴスの公式オンラインショップにて販売しています。

キャンプにおすすめの薪ストーブを紹介!防寒だけでなく調理もできる必需品 | MensModern[メンズモダン]

【ロゴス KAGARIBI】

ロゴスの人気焚き火台などおすすめ③

ロゴスの人気焚き火台などおすすめ③は、ロゴス KAGARIBIです。バーベキューなどもアウトドア料理で考えているかたにもおすすめなのが、ロゴス KAGARIBIです。

サイズは、LサイズとXLサイズがあります。高さがある焚き火台をお探しのかたなら、ロゴス KAGARIBIが一役買ってくれるでしょう。ロゴス KAGARIBI Lは、重量が6.3kgで、サイズは46cm×42cm×66cmとなっています。

ロゴス KAGARIBI XLのほうは、重量が9.2kgで、サイズは57cm×53cm×76cmとなっています。ロゴス KAGARIBIの気になる価格は、ロゴス KAGARIBI Lが20,520円(税込み)で、ロゴスKAGARIBI XLが22,680円(税込み)でロゴスの公式オンラインショップにて販売しています。

アウトドアテーブルで人気なのは?キャンプ以外でもおしゃれな使い方がある! | MensModern[メンズモダン]

【ロゴス ピラミッドTAKIBI】

ロゴスの人気焚き火台などおすすめ④

ロゴスの人気焚き火台などおすすめ④は、ロゴス ピラミッドTAKIBIです。ロゴス ピラミッドTAKIBIは、M、L、XLサイズから選べるロゴスの焚き火台です。

オプション品などを集めて、キャンプギアにこだわりを持った焚き火台をカスタムしていきたいというかたにおすすめなのが、ロゴス ピラミッドTAKIBIです。ロゴス ピラミッドTAKIBIは、五徳も付いているので、アウトドア料理にも最適です。

ロゴス ピラミッドTAKIBIは、ロゴス元祖のピラミッド型の焚き火台と言われており、アウトドアで串焼きなどする際にも便利と言われています。素材は、ステンレスとスチールとポリエステルをメインに使用している焚き火台になります。

ロゴス ピラミッドTAKIBI Mの重量は2.2kgほどで、サイズは36cm×35cm×22cm。ロゴス ピラミッドTAKIBI Lの重量は3.1kgで、サイズは39cm×38.5cm×28cm。そして、一番大きいロゴス ピラミッドTAKIBI XLの重量は5.4kgで、サイズは53.5cm×52.5cm×32cmとなっています。

気になるロゴス ピラミッドTAKIBIの価格は、Mサイズが8,316円(税込み)、Lサイズが10,476円(税込み)、XLサイズが14,256円(税込み)でロゴスの公式オンラインショップにて販売しています。

アウトドアにおすすめのメキシカンラグ特集!キャンプがおしゃれに楽しめる | MensModern[メンズモダン]

【ロゴス クワトロポッド】

ロゴスの人気焚き火台などおすすめ⑤

ロゴスの人気焚き火台などおすすめ⑤は、ロゴス クワトロポッドです。ロゴス クワトロポッドは、ロゴスの焚き火台を使用しながら鍋料理をしたいときに便利な、スチール製の吊り下げ料理スタンドです。

ロゴスの焚き火台ピラミッドグリルにも対応しているので、ロゴス クワトロポッドを一緒に購入してアウトドア料理に挑むかたも多いです。安定感に優れているロゴス クワトロポッドは、4本の脚が鍵となっているようです。

収納バッグも付属されているので、ロゴス クワトロポッドは持ち運びするのにも便利です。ロゴス クワトロポッドの重量は4.1kgほどで、サイズは70cm×70cm×133.5cmとなっています。ロゴスの人気囲炉裏テーブルと合わせて使うこともできるので、ロゴスファンなら持っているかたも多いアイテムの1つと言われています。

ロゴスのクーラーボックスが便利すぎる!性能・評価などおすすめ商品を調査 | MensModern[メンズモダン]

ロゴスの人気焚き火台でおしゃれに楽しいアウトドア

ロゴスの焚き火台は、メリットにあふれていて口コミも良い口コミが多いです。種類も豊富でサイズも選べるロゴスの焚き火台は、アウトドアファンにとって快適にアウトドアで過ごすために必須アイテムとなるでしょう。

是非この機会に、ロゴスの人気焚き火台をチェックしてみてはいかがでしょうか。アウトドアの楽しみの1つである焚き火を、ロゴスの焚き火台と共に素敵に楽しめること願っております。


評価 4.0/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ