シーザスターズは英ダービーや凱旋門賞などを勝ち、世界的な名馬として今もその名が伝えられる競争馬です。その輝かしい現役時代はもちろん、種牡馬入り後も多くの活躍馬を送り出しています。今回はそんなシーザスターズの血統や特徴について見ていきます。

シーザスターズの血統・特徴まとめ!凱旋門賞を制覇した海外馬!

目次

  1. シーザスターズは欧州の主要レースを勝ち続けた世界的名馬!
  2. シーザスターズの血統は?
  3. シーザスターズの現役時代は?
  4. さらなる栄冠を求めて英ダービーへ!
  5. 初の古馬との対決もシーザスターズの勢いは止まらず
  6. マッチレースをレコードで制したシーザスターズ
  7. シーザスターズ包囲網もその力の前には無力と化す
  8. シーザスターズ、凱旋門賞での母子制覇
  9. シーザスターズ産駒の特徴
  10. シーザスターズは21世紀最強馬の1頭!

シーザスターズは欧州の主要レースを勝ち続けた世界的名馬!

シーザスターズは現役時代に英2000ギニー、英ダービー、凱旋門賞の3つを勝ち、世界的名馬となった馬です。引退して種牡馬となった後も父と同じく英ダービーを勝ち、親子制覇を果たした馬も生み出しています。ここからはそんなシーザスターズの成績や特徴について見ていきます。

サトノクラウン成績まとめ!2017天皇賞・秋では2位獲得! | MensModern[メンズモダン]

シーザスターズの血統は?

シーザスターズは父ケープクロス、母アーバンシー、母の父ミスワキという血統の牡馬です。父ケープクロスはグリーンデザートの産駒で、現役時代はマイルG1のロッキンジステークスを勝ち19戦5勝という成績の馬でした。また母のアーバンシーは父ミスワキと母アレグレッタという血統で、半弟には2000ギニーを勝ち、エイシンフラッシュの父としても有名なキングスベストがいます。

アーバンシーは現役時代に牝馬ながらも凱旋門賞を勝ち、24戦8勝の成績で繁殖入りすると2018年現在ヨーロッパの絶対的リーディングサイアーであるガリレオをはじめとして母の名前を高める成績の産駒を多く生み出していました。

ネオユニヴァース産駒の特徴・過去成績まとめ!皐月賞制覇の競走馬 | MensModern[メンズモダン]

シーザスターズの現役時代は?

この2頭の間に生まれたシーザスターズはアイルランドのオックス超教師の下に預けられ、2008年7月にデビューから引退まで鞍上を務めることになるマイケル・キネーン騎手を背にデビューをしますが、初戦では4着に敗れてしまいます。しかし2戦目で初勝利を挙げると、返す刀でカラ競馬場で行われたG2のペレスフォードステークスも勝ち、連勝を飾ります。

休み明け初戦の2000ギニーでG1初制覇

明け3歳となったシーザスターズは前哨戦を熱発の影響で調整が間に合わず回避することになり、英2000ギニーに直行することになります。2000ギニーでは連勝を飾っていたものの7か月ぶりの初戦かつ病み上がりだったことから人気を落とし、6番人気でレースに出走することになります。

大外枠からのレースとなったシーザスターズはスタートを決めると前目につけるオーシャンズミンストレルの後ろにつけ脚を溜めると、勝負所から抜け出しを図り、1番人気のデレゲーターとのたたき合いになりますが1馬身半差をつけて2000ギニーを制し、初めてとなるG1タイトルを手にします。

桜花賞の結果まとめ!気になる配当は?レース結果や騎手のコメントも紹介! | MensModern[メンズモダン]

さらなる栄冠を求めて英ダービーへ!

G1馬となったシーザスターズは次走を英ダービーにすることが決定します。ここには2000ギニーで負かした馬はもちろん、2歳時にはシーザスターズと並びクラシック候補と称されたクラウデッドハウスや、エースのフェイムアンドグローリーを筆頭にクールモアグループは6頭出しと必勝態勢を期してダービーに挑んできました。

そんな中でシーザスターズは2000ギニーは制したものの、父ケープクロスが現役時代はマイラーだったことで、ダービーが行われるエプソム競馬場の2400mは距離的に厳しいのではないか、という見方もあり、モンジュー産駒のフェイムアンドグローリーに人気を譲り、2番人気でレースを迎えることになります。

シーザスターズ、2000ギニーとの「ダブル」達成!

レースではゴールデンソードが逃げる形となり、シーザスターズはインコースの4番手を追走、1番人気のフェイムアンドグローリーはぴったりとマークするような形でシーザスターズの直後につけて進んでいきます。ゴールデンソードが単騎逃げの形で飛ばす中、仕掛け所と言われるトッテナムコーナーでは3番手に上がったシーザスターズは600mという長さの直線に向かいます。

直線で必死に追われるゴールデンソードやフェイムアンドグローリーを尻目に、シーザスターズは馬なりのまま前との差を詰めにかかり、残り200m付近で追い出されると残り100m手前で懸命に粘っていたゴールデンソードを捕らえ、2着のフェイムアンドグローリーに1馬身3/4差をつけ1着でゴールに飛び込みます。

愛ダービーは回避も、負かした馬が上位に!

この時シーザスターズが達成した2000ギニーとダービーの2冠は1989年のナシュワン以来20年振りの出来事でした。また6頭出しと必勝態勢だったクールモアグループは掲示板にのる2着~5着を全て独占という形になりました。シーザスターズの次走はアイルランドダービーと決まりますが、この時のカラ競馬場はレース2日目に大雨が降り、馬場が悪化してしまいます。

シーザスターズ陣営はこれを理由にレースを回避しますが、このレースをフェイムアンドグローリーが勝ち、5馬身差の2着にダービー5着のゴールデンソードが入ったため、シーザスターズの評価も連れて上がることになります。

予後不良の意味とは?競走馬を安楽死させる理由【競馬用語解説】 | MensModern[メンズモダン]

初の古馬との対決もシーザスターズの勢いは止まらず

アイルランドダービーを回避したシーザスターズは、サンダウン競馬場で行われるエクリプスステークスへと出走することになります。ここには2000ギニー、ダービー共に4着だったリップヴァンウィンクルや前年のブリーダーズカップターフ勝ち馬のコンデュイットなどが出走していましたが、抜けた1番人気にシーザスターズは支持されることになります。

レースではリップヴァンウィンクルのペースメーカーだったマリブベイが逃げる形になり、シーザスターズはインコースの5番手からレースを進めると、長い直線でも楽な手ごたえのまま少し外に進路を取ると残り300m付近から追い出され、一気に抜け出すと懸命に追い込んできたリップヴァンウィンクルに1馬身差をつけて5連勝を飾ります。

競馬のワイドの買い方とは?効率の良い方法やボックスの使い方まとめ | MensModern[メンズモダン]

マッチレースをレコードで制したシーザスターズ

シーザスターズは夏場も休養にあてず、ヨーク競馬場のインターナショナルステークスに出走します。このレースは4頭立てとなりますが、2頭はクールモアが用意していたペースメーカーだったので実質シーザスターズとマイルG1を連勝していたマスタークラフツマンのマッチレースと見られており、オッズでもシーザスターズとマスタークラフツマンのみが多く売れていました。

レースではエクリプスステークスでも前に行ったセットセイルが逃げ、マスタークラフツマンが3番手、シーザスターズがしんがりからレースを進めるとマスタークラフツマンが先に仕掛け、シーザスターズが追う展開もなかなか差はつまりませんでしたが、残り100mから地力の違いを見せ、1馬身差し切ってレコードとなる2分5秒29の勝ちタイムで連勝を伸ばします。

競馬予想アプリのおすすめランキング!無料で使えるものを紹介! | MensModern[メンズモダン]

シーザスターズ包囲網もその力の前には無力と化す

シーザスターズ陣営は続くレースに地元アイルランドのレパーズタウン競馬場で行われるアイルランドチャンピオンステークスを選びます。ヨーロッパ競馬の主要レースで連勝を続けるスターホースの凱旋を見ようと、当日のレパーズタウン競馬場には多くの競馬ファンが詰めかけ、1.67倍と圧倒的な1番人気に支持されます。

同じく地元であるクールモアグループは、ここでもシーザスターズ包囲網を形成するためにフェイムアンドグローリーやマスタークラフツマンを中心に5頭出しを敢行し、なんとかシーザスターズに一矢を報いようとします。

まさに敵なし、圧倒的な力を見せつける

レースではここでもペースメーカーとして出てきたセットセイルが逃げ、シーザスターズは6番手につけますが前後をマスタークラフツマンとフェイムアンドグローリーに挟まれる形でレースは進み、最終コーナー手前で外からフェイムアンドグローリーが進出、シーザスターズは一瞬前がふさがる形から外に出し、最後の直線を迎えます。

直線では先にマスタークラフツマンとフェイムアンドグローリーのたたき合いになっていて、3頭のマッチレースになるかと思われましたがトップスピードに乗ったシーザスターズは一気にフェイムアンドグローリーを置き去りにし、2馬身半という決定的な差をつけてシーザスターズ包囲網を打ち砕き、地元ファンにその強さを存分に見せつけたのです。

競馬のオッズと倍率について!オッズ表の見方を馬券の4種類別に紹介 | MensModern[メンズモダン]

シーザスターズ、凱旋門賞での母子制覇

シーザスターズ陣営は次走で母アーバンシーも制した凱旋門賞に出走させます。ここにはエクリプスステークスでの敗戦後、「キングジョージ」を制したコンデュイットや無敗牝馬のスタセリタ、幾度となく苦杯をなめさせられていたフェイムアンドグローリーなどG1でも成績を残してきた多くのライバルが打倒シーザスターズを胸に出走していました。

レースではスタート直後は先頭に立ったシーザスターズでしたが、行きたがるそぶりを見せたため中団までポジションを下げ、レースを進めます。逃げたセットセイルらがハイペースを刻む中、最後の直線でも内側を選択したシーザスターズは残り200m付近で先頭に立ち、2着に2馬身差をつけて3歳時無敗での凱旋門賞制覇という成績を残します。

9戦8勝(G7.7勝)という輝かしい成績を残したシーザスターズ

シーザスターズはこの成績により年度代表馬および最優秀3歳牡馬のタイトルを獲得し凱旋門賞を最後に引退、種牡馬入りします。同一馬での2000ギニー、ダービー、凱旋門賞の制覇は初であり、世紀の名馬としてシーザスターズは歴史にその名を成績とともに刻むことになります。

競馬で効率の良い賭け方!初心者にも有効な方法や基本を紹介! | MensModern[メンズモダン]

シーザスターズ産駒の特徴

種牡馬入りをしたシーザスターズの産駒からは初年度産駒から「キングジョージ」を制したタグルーダやドイツダービー馬シーザムーンなどを送り出し、種牡馬としても成功を収めています。そんなシーザスターズ産駒に共通する特徴の一つとして、「2歳時はあまり走らない」という特徴があります。

ここまで活躍した産駒の多くは、3歳になってから成長していくという特徴があり、多くの産駒が3歳、もしくは古馬となってから重賞やG1での活躍をしています。これはシーザスターズの母であるアーバンシーの血統が要因となっているとも言われています。しかしクラシック向きともされ、その特徴はマイナスどころか好意的にとらえられています。

偉大なる母の血統を継ぐものとして

また初年度産駒から活躍馬を出すシーザスターズの馬産地での人気は高く、イギリス・アイルランドのリーディングサイアーランキングでも上位に入る活躍をしていて、兄ガリレオと共に偉大なる母であるアーバンシーの血統を世界に広げることに成功しています。

競馬のインブリードとは?奇跡の配合や近親交配について紹介! | MensModern[メンズモダン]

シーザスターズは21世紀最強馬の1頭!

今回は世界的な名馬のシーザスターズについてご紹介してきました。その成績のみならず、母アーバンシーから続く血統は兄ガリレオと共に世界の競馬で注目を集める存在です。ヨーロッパのクラシック戦線でも種牡馬として活躍を続けるシーザスターズに注目していきたいですね。


評価 4.0/ 5(合計7人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ