能年玲奈(のうねん・れな)さんといえば『あまちゃん』で大ブレイクをした人気女優ですが、実は現在は悲惨な状況なのではないかと話題になっているようです。ある時からメディアの前に姿を見せなくなり、芸能界を引退するのではないかと言われるほどに仕事を干されていたようですが、なぜ人気絶頂の能年玲奈さんが干されるような状況になったのでしょうか。この記事では能年玲奈さんの現在が本当に悲惨なのかの真相と、干されていた原因をご紹介します。

女優・能年玲奈の現在が悲惨?のんに改名して仕事の量が減った?

目次

  1. 能年玲奈の悲惨だという現在を徹底調査!
  2. 能年玲奈のプロフィール・経歴をチェック
  3. 能年玲奈の現在が悲惨という噂の真相は?
  4. なぜ能年玲奈は仕事を干されたのか
  5. 能年玲奈の厳しい出演条件も干された理由?
  6. 仕事を干された間に公開した画像には賛否両論
  7. 「のん」に改名するも仕事の量が少なくて悲惨?
  8. 現在悲惨な状況から復活中の能年玲奈の活動をチェック
  9. 現在でも「のん」こと能年玲奈の再ブレイクが期待されている

能年玲奈の悲惨だという現在を徹底調査!

女優・能年玲奈さんといえば大流行したNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で主演を演じてブレイクし、テレビでその姿を見ない日はないほどの国民的女優として注目されていました。しかし、能年玲奈さんのさらなる活躍が期待されている中、ある時から全くテレビに登場しなくなり、ファンのみならず多くの人々を驚かせています。

原因となった騒動が発覚してからは1年ほど芸能界での活動をしておらず、干されたのではないかと噂になっていた能年玲奈さんですが、現在は芸名を「のん」に改名し、再びCM出演などの芸能活動を再開したことが話題になっています。また、タレントとしての活動だけでなく、歌手として音楽活動を新たに始めているようです。

芸能活動を再開したとはいえ、国民的なアイドル女優として活動していた頃からは仕事の量が減り、現在は悲惨な状況にあるとの話がある能年玲奈さん。今回はそんな能年玲奈さんについて、現在悲惨な状況にあるのかの詳細や現在の活動、さらには本当に芸能界の仕事を干されたのか、その真相を徹底調査しました。

能年玲奈のプロフィール・経歴をチェック

能年玲奈の現在のプロフィール

本名:能年玲奈(のうねん・れな)
生年月日:1993年7月13日
現在年齢:25歳
出身地:兵庫県神崎郡神河町
血液型:A型
身長:166cm
活動内容:女優、ファッションモデル、芸術家、歌手
事務所:元レプロエンタテインメント
出演作品:連続テレビ小説『あまちゃん』、CM『カルピスウォーター』等

芸能界に入ったきっかけは新垣結衣への憧れ

能年玲奈さんは、13歳の頃にニコラモデルオーディションに応募し、グランプリを獲得してモデルとしてデビューしました。幼い頃はお笑い芸人になりたかったそうですが、当時ニコラでモデルをしていた新垣結衣さんに憧れてオーディションに応募したそうです。

2010年まではニコラの専属読者モデルとして活動していました能年玲奈さんですが、2010年に映画『告白』に桐谷修花役で出演したことで女優デビューをし、月9ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』や『高校生レストラン』に出演するなど徐々に活動の場を広げて行きます。さらに、2012年には人気女優への登竜門とも言われているカルピスのCMキャラクターに起用され、世間からの能年玲奈さんへの注目が集まっていました。

朝ドラ『あまちゃん』で大ブレイクした能年玲奈

2013年に能年玲奈さんはNHKの連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロイン・天野アキ役に抜擢され、ドラマの巧みな脚本や能年玲奈さんの熱演から世代を選ばずにファンが増え、一気に国民的女優としてブレイクしました。『あまちゃん』の中で能年玲奈さんがよく口にしていたセリフである「じぇじぇじぇ」はその年の新語・流行語大賞にノミネートされ、年間大賞に選ばれるほど、能年玲奈さんが演じる天野アキの存在感は大きなものだったようです。

また、能年玲奈さんの演技力は『あまちゃん』に限らず高く評価されており、東京ドラマアウォード2013主演女優賞やエランドール賞新人賞、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞など多くの賞を獲得しています。能年玲奈さんが国民的女優と呼ばれ、現在まで続く人気を誇っているのは、その可愛らしさや清楚な雰囲気だけでなく、高い演技力にも要因があるようです。

能年玲奈の性格は人見知りで不器用

能年玲奈さんは実は人見知りをする性格であるようです。能年玲奈さんご本人も「人と話をする際に上手に話せなかったり、内容が噛み合わないこともある」と語っていますが、最初は人見知りをしても一度心を開けば甘えるタイプなのだそうです。また、普段からテンポが遅いなど不器用な点があるそうですが、その不器用さと能年玲奈さんの爽やかな印象が『あまちゃん』のヒロインに起用された理由です。

『あまちゃん』のオーディションに参加し、1953人の中からオーディションに勝ち抜きました能年玲奈さんですが、オーディションの合格発表では、最終審査として呼び出された場で合格通知を渡されるというサプライズが仕掛けられていたそうです。

しかし、能年玲奈さんは「ヒロインは能年玲奈さんに決定した」という内容を見てもサプライズに気付かず、合格通知を台本だと思って読み上げたそうです。番組プロデューサーから合格を告げられて初めてサプライズを仕掛けられたことに気づくなどの純粋な一面も、能年玲奈さんが多くのファンから愛されている要因でしょう。

能年玲奈の髪型のオーダー方法をご紹介!ショートからロングまで! | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

能年玲奈の現在が悲惨という噂の真相は?

『あまちゃん』でのブレイクにより多くのファンを獲得していた能年玲奈さんですが、突如テレビからその姿を消し、ブログの更新のみをしていた時期があります。当時は能年玲奈さんが引退するという報道もあり、多くの人々が人気絶頂にあった能年玲奈さんを待ち望んでいました。

一方で、能年玲奈さんは映画『海月姫』での主演を最後に女優としての活動を停止し、能年玲奈さんが出演しているテレビCMやラジオ番組が次々と終了するなど、仕事がなくなったことから現在悲惨な状況にあると言われていました。しかし、芸名を「のん」と改名して以降は少しずつ芸能活動に復帰しているため、現在は全く活動のなかった時期よりも悲惨な状況ではないようです。

主役を演じたアニメ映画が大ヒット

悲惨な生活をしていると思われていた能年玲奈さんですが、「のん」に改名後はLINEで動画をライブ配信したり、『あまちゃん』の舞台となった岩手県久慈市のイベントに参加したりとメディアへの露出が増えています。そんな能年玲奈さんの「のん」としての一番大きな活躍は、劇場版アニメ『この世界の片隅に』で声優として主演を演じたことでしょう。

こうの史代さんの漫画を原作とし、片渕須直さんが監督を務めたこの映画は、当初ミニシアター系作品として公開されましたが、SNSで口コミが広がり、累計400館を超える映画館で公開されています。2016年11月に公開されて以降2018年も継続して上映されており、異例の大ヒット映画となりました。2018年12月には新しいバージョンである『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が公開されることが決定しており、能年玲奈さんが再び主人公・すず役を演じるようです。

監督が能年玲奈さんの声に惚れ込んだことから主演として抜擢された能年玲奈さんですが、声優としての演技力は高く、キネマ旬報日本映画ベスト・テン1位を獲得し、第38回ヨコハマ映画祭審査員特別賞、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、第11回声優アワード特別賞など多くの賞を受賞しました。受賞をきっかけとしてアニメ『鬼平』にゲストとして出演するなど、声優としての仕事の幅を広げているようです。

現在は歌手としても活躍中

中学生時代には友人とバンド活動をしていたという能年玲奈さんですが、2017年にクラウドファウンドサービスのサポートの元、音楽レーベル「KAIWA(RE)CORD」を立ち上げ、現在まで音楽活動をしています。ライブイベントへの参加のみならずCDも発表しており、ファーストアルバムはオリコン初登場30位にランクインしています。また、2018年9月には4都市ツアーを開催するなど、現在の能年玲奈さんは音楽活動へ熱中しているようです。

能年玲奈の女優としての活動は?

能年玲奈さんは声優としても評価されていることからも伺える通り、若手女優として非常に高い演技力を誇っていました。その演技力と爽やかな姿から、かつて活躍していた時のように、また女優としての能年玲奈さんをテレビや映画で見たいと思っているファンの声も多く聞こえています。

そんな能年玲奈さんですが、現在はLINEモバイルのCMやタワーレコードの「NO MUSIC, NO LIFE.」のポスターなどでタレントとしての姿をファンの前に表すことが増えてきました。さらに、ネットドラマではありますが、2018年9月から配信が始まったLINE NEWSオリジナルドラマ『ミライさん』の主演に抜擢されています。LINE NEWSの月間利用者数は6300万人にものぼり、「のん」として女優業に復活した能年玲奈さんは多くの人の注目を集めています。

なぜ能年玲奈は仕事を干されたのか

「のん」に改名をした現在は徐々に仕事に復帰しつつある能年玲奈さんは、改名前は全く芸能活動を行なっていなかった時期があります。事務所とのトラブルがあったことから、芸能界の仕事を干された能年玲奈さんですが、トラブルの真相は個人事務所の設立が原因だったようです。

事務所からの引退騒動が引き金で仕事を干された

能年玲奈さんは2006年のデビュー当時から芸能事務所であるレプロエンタテインメントに所属していました。しかし、2015年4月に、レプロエンタテインメントに無断で、能年玲奈さんの個人事務所「株式会社三毛andカリントウ」を設立していたことが発覚し、ワイドショーや新聞で報道が加熱してきました。

個人事務所を立ち上げている芸能人は多いですが、所属事務所から勝手に独立をすることはタブーとされており、事務所と能年玲奈さんの間の信頼関係に問題があるとして仕事を干されたようです。能年玲奈さんは設立した個人事務所は、能年玲奈さんが生活費を稼ぐために絵本やイラストを販売するためのものだと主張していましたが、当時の所属事務所であるレプロエンタテインメントでは受け入れられませんでした。

仕事を干された原因には洗脳騒動も

能年玲奈さんが所属事務所を独立するという騒動と同時に、独立を考えたのは能年玲奈さんが演技指導を受けていた滝沢充子さんに洗脳されていると報道されだと話題になりました。滝沢充子さんは劇団「the Misfits」を立ち上げ、演技指導や振付師として活動しています。能年玲奈さんにも演技指導をしており、「女優をしないなら生ゴミ」と指導中に言ったことから、能年玲奈さんに「生ゴミ先生」と呼ばれて親しまれていました。

しかし、能年玲奈さんが2015年に設立した個人事務所の取締役として滝沢充子さんの名前があったそうです。また、滝沢充子さんが能年玲奈さんの東京での育ての親と言われていたことから、能年玲奈さんは滝沢充子さんに洗脳されて個人事務所を設立したと報道されたようです。

能年玲奈さんや能年玲奈さんの母親は洗脳の事実を否定していますが、演技指導などを通して考え方に影響を受けていたと言われています。無断で個人事務所を立ち上げたことに加え、洗脳というショッキングな報道の影響から、能年玲奈さんが出演していたCMは次々に終了しました。所属事務所との協議も進まず、2015年から「のん」に改名をすると発表があるまで、能年玲奈さんは芸能界の仕事を干された悲惨な状況だったようです。

能年玲奈の厳しい出演条件も干された理由?

能年玲奈さんは独立騒動、洗脳騒動の影響で仕事を干されたと言われていますが、どうやら能年玲奈さんのメディアへの出演条件が厳しかったことも仕事が干された一因となっていたようです。出演条件は事務所に対して能年玲奈さんが提案したようですが、能年玲奈さんの悲惨だった状況の一因となった出演条件とはどのようなものなのでしょうか。

ドラマ、映画など演技に関わる出演条件

能年玲奈さんは、女優としてドラマなどに出演をする際、出演するための条件が設定されていたそうです。キスシーンなどの演技はNGとなっていたそうなので、清楚なイメージを守るため、ラブシーンが絡んでくる演技が必要なオファーは断りたかったようです。また、出演する際の役柄として犯罪者や妊婦などNG役柄に細かな指定があったり、共演者にもNGが指定されていたために能年玲奈さんを起用しにくく、結果として能年玲奈さんが仕事が干された状況となったようです。

能年玲奈はバラエティへの出演NG

能年玲奈さんは『あまちゃん』でブレイクした後、多くのバラエティ番組へと出演していましたが、その時にバラエティ番組へのオファーが殺到したことがトラウマとなり、現在ではバラエティ番組への出演を断っているようです。トーク番組やロケに出る番組はもちろん、番宣のための出演もNGとなっていることからも、能年玲奈さんのバラエティ番組へのトラウマは根深いもののようです。

能年玲奈さんは「のん」に改名後に自身は大きな組織に所属することは得意でないと語っています。「株式会社三毛andカリントウ」を設立していたことから始まった独立騒動を経て、現在は個人事務所である「株式会社non」に所属している能年玲奈さんですが、現在の事務所では仕事を選ぶ際、自分にあっている仕事なのかを自ら精査して仕事のオファーを受けているそうです。

独立騒動の前の能年玲奈さんがバラエティ番組へ数多く出演しなければならなかったように、事務所に所属している場合、事務所の判断でオファーを受ける仕事が決まります。自分自身で仕事を選べないことも能年玲奈さんが事務所を独立した要因の一つでしょう。

仕事を干された間に公開した画像には賛否両論

能年玲奈さんは『あまちゃん』視聴者やファンからは清楚で純粋な女性のイメージを持たれています。独立騒動の影響から仕事を干された能年玲奈さんは、その間ブログで近況を報告するなどファンとの交流をしていましたが、ブログに掲載された画像にファンからも戸惑いの声が多いものがありました。

掲載された画像は屋根裏部屋にいる能年玲奈さんを下から見上げたアングルのものです。屋根裏部屋へと続くはしごに足をかけているポーズですらりとした足が見えていたため、能年玲奈さんの清楚なイメージが崩れてしまうとの声が多く上がっています。画像自体は能年玲奈さんのかわいらしい様子が伺えますが、騒動の後に掲載された画像だったためにセクシーさを売りにして注目を集めようとしているのではないかとも言われていたようです。

「のん」に改名するも仕事の量が少なくて悲惨?

2016年7月に芸名を本名の「能年玲奈」から「のん」へと改名することを発表した能年玲奈さんですが、「のん」へと改名後もほぼ干されたのと同じ状況で仕事の量はあまり多くはありません。復帰をした現在は『この世界の片隅に』での声優活動や音楽活動、CMなどの仕事が徐々に増えていますが、テレビへの出演が難しいなど様々な苦労をされているようです。

本名・能年玲奈名義は現在は使用不可能

改名をして芸能界へと復帰した能年玲奈さんですが、元所属事務所であるレプロエンタテインメントとの契約で、「能年玲奈」名義を使用するにはレプロエンタテインメントの許可が必要となっているそうです。

事務所と交渉をすることで名義を使用することもできたそうですが、契約の終了後に「能年玲奈」名義を使用することでトラブルが発生することを恐れ、「のん」へと改名しています。能年玲奈さんの独立騒動を知らなかった人は、話題になっている「のん」という名前の新人タレントをチェックしたら人気女優・能年玲奈さんの話だったと驚く人が多かったようです。

現在でもテレビから干されたまま?

芸能界への復帰後も能年玲奈さんはテレビドラマやバラエティ番組への出演はしていません。元所属事務所からの圧力によりテレビへの出演が難しいのではと言われていましたが、「のん」に改名した直後に金曜ロードショーで能年玲奈さん主演の映画『ホットロード』が公開されたことから、現在でも能年玲奈さんのテレビ出演の可能性が完全に絶たれているのではないようです。

しかし、能年玲奈さんが声優として主演・すず役を務めた『この世界の片隅に』が2018年7月から実写版のテレビドラマとして放送されることが決まった際、ファンからは能年玲奈さんの起用を望む声が大きかったにも関わらず、すず役には松本穂香さんが選ばれました。

SNSでは能年玲奈さんが「のん」として起用されなかったのは元所属事務所の圧力だと言われていますが、独立騒動中に能年玲奈さんサイドがBPOへ申し立てることを仄めかせたことも原因であるようです。さらに、能年玲奈さんの出演条件が厳しく決められていることも、テレビから干された原因として現在でも影響があるという話もあります。

また、大ヒットしたアニメ版『この世界の片隅に』のことや能年玲奈さんが声優として出演していることがテレビであまり話題にならないことも、元所属事務所からの無言の圧力とともにテレビ局から事務所への忖度の一面もあるようです。能年玲奈さんの情報が報道されないのは、能年玲奈さんご本人だけでなくファンにとっても悲惨な状況です。

元所属事務所は独立を認めていない

能年玲奈さんはレプロエンタテインメントとの契約が終了した2016年6月までは実質的に仕事を干された悲惨な状態でしたが、騒動発覚後に仕事が無かったのは能年玲奈さんが交渉に応じなかったためとして、契約の延長をレプロエンタテインメントから要求されています。そのため、改名をした2016年6月以降も事務所の公式ホームページに所属タレントとして能年玲奈さんの名前が残っていました。

能年玲奈さんとレプロエンタテインメントとの契約問題は現在も継続しているとのことですが、2018年4月に公式ホームページから能年玲奈さんのプロフィールページは削除されました。しかし、大手の芸能事務所であるレプロエンタテインメントとトラブルがある能年玲奈さんをテレビ局や番組プロデューサーは起用しにくい状況が続いているそうです。

能年玲奈・本名なのに名前が使えない!事務所に批判殺到って本当? | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

現在悲惨な状況から復活中の能年玲奈の活動をチェック

元所属事務所・レプロエンタテインメントとの契約終了後、「のん」として広告やCMに出演している能年玲奈さんの活動をいくつかご紹介します。徐々に活動内容を広げている能年玲奈さんの最近の様子をチェックしましょう。

JR西日本・ホーム転落防止キャンペーン

JR西日本のキャンペーンに能年玲奈さんがイメージキャラクターに抜擢されており、ポスターやドラマ仕立ての啓発動画が公開されています。JR西日本の駅や電車の車内ディスプレイで能年玲奈さんが出演する動画を見ることができるようです。

横浜元町チャーミングセールのイメージキャラクター

横浜市中区元町で開催されている元町チャーミングセールのイメージキャラクターに「のん」名義で能年玲奈さんが起用されています。元町チャーミングセールの公式ホームページには能年玲奈さんが出演するWEB CMが公開されており、変わりない能年玲奈さんの姿がファンの間でも好評です。

女優復帰作『ミライさん』

LINE NEWS初のオリジナル連続ドラマとしても注目されている『ミライさん』の主演・今野ミライ役に、「のん」として能年玲奈さんが出演しています。映画『進撃の巨人』のアルミン役など多くの映画で活躍されている本郷奏多さんも出演するなど、若い世代からの人気が高いドラマです。

現在でも「のん」こと能年玲奈の再ブレイクが期待されている

以上、今回は女優・能年玲奈さんにスポットを当て、能年玲奈さんの現在についてご紹介しました。独立騒動が起こってからはテレビではあまり能年玲奈さんの姿を見ることはできませんが、騒動以降も多くのファンに愛されており、再びブレイクすることが期待されているようです。

現在も仕事が少なく悲惨な状況なのではないかと心配の声もありますが、徐々に露出が増えてきています。声優として抜擢された大ヒットアニメ映画『この世界の片隅に』は2018年12月には新しいシーンを付け足した新バージョンが公開予定ということもあり、今後はさらに「のん」への注目が集まるでしょう。仕事を干されていた悲惨な状況を乗り越えた能年玲奈さんの動向にこれからも注目です。

能年玲奈の水着画像まとめ!かわいいグラビアショットをご紹介! | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

評価 4.9/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ